Search

検索したいワードを入力してください

できる人の特徴・できない人との違い|仕事/勉強法/習慣

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
性格・タイプ / 2018年03月24日
できる人の特徴・できない人との違い|仕事/勉強法/習慣

できる人とできない人の違い

世の中にはできる人とできない人が存在します。できる人とできない人の違いは何があるでしょうか。できる人とできない人は主には仕事で例えられることが多いですが、仕事以外でもできる人とそうでない人の日常生活に注目してみましょう。

あらゆるシーンでできる人とそうでない人とでは何かが違い、できる人になるにはその違いを把握し改善にいたる必要があります。今はできる人でない人でもできる人になれる可能性もあります。

同じだけの時間をかけてできる人とそうでない人とでは成果が明らかに差がつきます。どうせならできる人になって少しの努力や所要時間で同じことができるようになりたいと望む人は多いのではないでしょうか。

できる人の特徴

できる人は周囲の人から尊敬のまなざしを受け憧れられていることが多いです。とてもかっこよくて頼りになる存在です。できる人の特徴としては、ものごとの良い悪いをはっきり区別できており、優先順位をつけることが上手です。そして、とても行動的で自ら何かをするタイプが多くリーダー的存在の方が多いです。

できる人の特徴としては、とても器用で何でもまんべんなくこなせることが多く、初めてすることでもうまくこなせることがあり頭の中のイメージを行動にアウトプットすることがうまいです。できる人は努力もおこたらずムダのない動きで物事を進めていけます。

仕事

できる人は仕事でその実力を発揮することが多いです。それに比べできない人はなかなか仕事で成果を残すこともできず、あまり目立つこともありません。存在価値が薄く注目されることが少ないです。できる人は仕事のなかで提案力が素晴らしく、日々の改善にも貢献しています。

仕事は利益を生み出すことに意義があり、仕事に対する考え方の費用対効果の意識が強く、できない人に比べ収益の計算にも優れています。それに比べできない人は、費用対効果を考えることにとぼしく誰かに指示されたことをとりあえずこなしていくという仕事のスタイルの方が多いです。

営業

営業は仕事をするなかで欠かせない重要な職務です。できる人は他社に対する営業力が素晴らしいことはもちろんですが、できない人に比べ優れている営業力があります。その営業力とは社内営業です。営業にとって他社に対する営業はあたりまえですが、会社のなかでうまく潤滑させるためには社内営業も欠かせません。

他社に多大な信頼をえているだけではうまく仕事がはかどらないことも多く、社内からの信頼をえて他部署からの力もかりつつ成果につなげています。人1人の力だけでは達成できないことをきちんと理解し、できる人が中心となりうまく社内を回していく力があります。

休日

できる人は休日はゴルフやプライベートの遊びでとても充実していることが多いです。休日と仕事のときのオンオフがはっきりしています。ゴルフは仕事関係で行くこともありますが、仕事関係でのコミュニケーションをよくするためにプライベートでのお付き合いも大切にしています。

それに比べ、できない人の休日はあっというまに過ぎてしまい、何をしていたのかわからないまま終えてしまうことがあります。有意義な時間を過ごすことができず、休日をムダにしてしまうことがあり、気づいたら週末があけまた仕事が始まるというパターンが多いです。

できる人の勉強法

できる人は頻繁に勉強をしています。しかし、社会人になるとなかなか勉強をする時間を取ることが難しくなります。できる人はながら勉強や、少しの時間を利用して勉強していることがあります。この勉強法はとても効率がよく特別に時間を作らなくてもよいため誰にでもできます。

しかし、この勉強法は独学に限り、講習やクラスを受けたりすることはできません。例えば、人との待ち合わせの際に10分だけ早く行きその10分で少し勉強をしたり、相手が来るまでの時間を利用して勉強に励みます。また、電車の移動時間を利用して参考書などで勉強することもできます。

できる人は少しの時間も無駄にすることがありません。

できる人がしている習慣

できる人は常日頃からできる人になるためのよい習慣を身に付けています。その習慣はあらゆる小道具を使ってメモを取ったり、大切なことを記録したりしています。習慣とは日常生活のなかで頻繁に行う行動のことを言います。

自分の苦手なことであっても毎日することで習慣づけられ、いつの間にか苦じゃなくできるようになります。この習慣はとても大切なことでちりも積もれば山となるということわざのように、小さい習慣がその内に、大きく身となることがあります。

できる人は小さな努力もおこたらず、見えないところでも常日頃からステップアップを目指しています。

手帳

できる人は必ず手帳を持っています。手帳にはアポイントメントの管理をしたり、大事なことをメモしたりといろんなことに活用しています。手帳は常に持ち歩いており出先であってもすぐに確認できる態勢を取っています。いくらできる人であっても記憶できることは限られておりメモを取ることで忘れるということを防止しています。

当たり前のことですが、これは習慣がないとできないことです。新しいことが入ったらすぐに手帳に書き記すという習慣はとても大事なことです。また、手帳で確認することによりダブルブッキングやすっぽかしなどを防ぐことができます。

ノート

できる人はとても向上心があり、やりたいことやそのために何が必要かなどを常に考えています。何かひらめいたときにはノートに書き残しすぐにできないことでも、計画をたてチャレンジすることが多いです。

このようなチャレンジノートややりたいことノートのように、ノートに書き残し、できたらその部分を消していくということで何事にもチャレンジしてクリアしていきます。よいことやヒントをひらめいたときに書き残すことで、次回へのレベルアップを望んでいます。

アプリ

最近ではスマホやiphoneのすさまじい発達によりアプリがとても便利になっています。

アプリは遊びや友人とのコンタクトを取るために利用されることも多いですが、できる人は仕事に関することでもアプリを利用して今までは時間がかかっていたことを簡素化したり、スマホに全て収めることにより物や仕事道具をコンパクトにおさめ、忘れ物をなくすことができています。

アプリは無料のものがほとんどでコストをかけることなく現代にみあったビジネスの習慣をつけています。例えば、スケジュール管理などパソコンとスマホのアプリを連動させてオフィスでもパソコンを使用できない環境でも確認することができます。

できる人になるために役立つ本の紹介

できる人になるためには、まず仕事ができる人とできない人と違いを把握しましょう。そのためにおすすめの本は「仕事ができる人 できない人: 「答え」は15分で出る!」です。この本はとても読みやすく読書が苦手な方にもおすすめです。

そして、できる人とできない人の違いをピックアップするだけでなく、答えまでもが書き出されているため改善にうつす手前までの情報を得ることができます。おもったらそのときに行動にうつすことはできる人の基本なので、本を読み終えたと同時にできる人になるための行動に走ることができます。

できる人が診断できるチェック項目

できない人の項目をチェックするよりも、できる人になるためにはできる人がもっているポイントと自分を比べて、チェックしていくことが重要です。できないことばかりをピックアップするのではなく、必要なものをピックアップするということです。

では、いくつかチェック項目をご紹介しますので、自身のできる人診断を行ってみましょう。あてはまるポイントが多ければ多いほど、できる人である可能性が高まります。

行動力はあるか?

できる人にとても大事な部分が行動力です。いくらすばらしい発想や提案があってもそれを行動にうつす力がなければ何もなかったことと同じです。最終的には行動力が全てであるといわれるぐらい行動力はとても大事なことです。

何でも先送りにしてしまう日本人の病気といわれる「先送り病」であるとできる人になることは難しいです。外国人から少し皮肉の意味を込めて「先送り病」と言われることがあります。

1人旅の経験がある?

旅行は大半の人に好まれる趣味、遊びですが、1人旅を好む人とそうでない人がいます。できる人に多い傾向は1人旅の経験があることです。誰にも頼らずわが道を行くタイプの人が多いため、1人旅を好む傾向が強いです。

はやりに敏感である?

できる人ははやりにも敏感です。はやりを意識するということはメディアやSNSにも興味があり、最新でホットな話題からヒントを探しています。はやりの話題を入手することにより、誰よりも先にその次の一手をだすことでビジネスでの成果を残すこともあります。

はやりのものやでき事を収集し時代にあわせて臨機応変に対応する能力があります。

趣味がある?

できる人が行動力以外にも持続力や耐久性にも優れています。ときには耐えることや我慢することの大切さも知っています。そのなかで、長きに渡り続けている趣味があることが多いです。趣味は娯楽やスポートやコレクションなど、何でもよいのですが周囲に趣味であるといえるぐらいの継続年数とレベルを持っていることが多いです。

失敗が怖い?

失敗に恐れないことはできる人にとても大事な精神力です。日本人はとても計画的でその計画はときに失敗したと仮定してしまい、行動にうつす前から、失敗を恐れてしまいチャレンジしない人になってしまうことがあります。しかし、できる人が失敗を恐れることはありません。

なぜなら、失敗は悪いことと考えていないからです。プライドの高い日本人は失敗をすること、それを周囲に知られることを恥ずかしいことと捉えてしまうことがあり、失敗を激しく嫌う傾向が強いです。

失敗を恐れていると何もできなくなります。とても保守的な方は、必ず成功することしかやらない傾向が強く、自分のキャパシティーを広げることが難しいです。

できる人が会社を辞めると言われる理由

できない人に比べ、できる人は会社を辞めてしまう傾向が強いです。それらにはきちんと理由があり、決してできる人たちは会社がいやになり辞めていくわけではありません。では、できる人が会社を去る代表的な理由をいくつかご紹介します。これらの理由を知れば会社を去る理由も納得できます。

転職

できる人は何度も転職を繰り返すことが多いです。それは他社からのヘッドハンティングを受けることがあるからです。ヘッドハンティングとは、その人の業績を認めて自社でもその力を活かしてほしいと自社への転職をオファーをすることです。

これは、今の会社以外にも業績を認められていることとなり、とても名誉なことです。ヘッドハンティングされるときは、現状の条件よりもよくなる場合が多く、例えば収入がアップしたり福利厚生の条件がよかったりします。

ステップアップ

続いてのできる人が会社を去る理由の1つは、自身のステップアップです。現状の職場を離れ新しいことにチャレンジすることで、自身のレベルや視野を広げることができます。ステップアップを望むには環境を変える必要があることがあります。

同じ環境でいるとどうしても当たり前化がでてきて、仕事においてもマンネリ化してしまいます。そのため、会社をやめ転職や自身で独立にチャレンジする方も少なくはありません。

高収入

できる人が会社を去る理由には、収入アップを望んでいることがあります。現状の会社の収入に満足しておらず、さらなる高収入を望んでいる場合、会社を辞めて企業したりサラリーがよい会社に転職したりすることがあります。

仕事はやりがいや充実感、満足感も大切ですが、金銭的なものがなければ1番の目的となります。収入のために自身の力を使い、稼ぎにつなげることはできる人に共通する発想の1つです。

できる人の話し方

できる人は周囲に影響力を与え、納得させられることが多いです。そのように振舞うためには話す内容も大事ですが、話し方も大事なポイントとなります。できる人の話し方の特徴としては、強弱が強いことがあげられます。どこがポイントかわかりやすく大事なポイントを強く話し、それに付属することは軽く話します。

このような話し方は相手の興味をひき、おもしろいと感じさせることができるため、納得させる上に魅力を感じさせることさえもできます。なので、できる人はプレゼンテーションもとても上手です。企画の提案の趣旨をうまく説明して周囲を巻き込み、立案者だとしても周囲の力をかりることができます。

周囲にも仕事の楽しさやわくわく感を与え、全てがよい方向へと向わせることができます。

できる人はかっこいい

できる人の特徴のご紹介はいかがでしたか。できる人はやはりかっこよく憧れの存在です。

関連記事

Related