Search

検索したいワードを入力してください

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

Author nopic iconmori
カップル / 2018年05月29日
ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活ってなに?ママ活の実態とは?

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活と聞いてピンとくる人はまだ少ないのではないでしょうか。どんな人がママ活をしているのか、どんなことをするのか、解説していきます。

ママ活ってなに?どんなことするの?

皆さんはママ活という言葉をご存知ですか。

つい最近、パパ活という言葉が流行しましたが、ママ活というものも最近ひそかに流行ってきています。簡単にいうと、パパ活の男女の立場が逆になったものがママ活です。

年下男子が年上女性と食事やお買い物、ドライブなどのデートをしてその対価としてお小遣いをもらいます。最近、はやりのママ活ですが、現状はママ活する女性よりも、ママ活したい男子の方が大勢います。

パパ活と聞くと援助交際のようなイメージがありますが、ママ活はパパ活よりも健全なイメージがあります。肉体関係はありません。お金に困っていたり、夢に向かって頑張るお金を貯めたい男子がママ活をしています。

ママ活の実態とは?

ママ活は主に、大学生や専門学生など20代前半ぐらいの男の子が、40代以上の女性とデートをすることで成り立っています。デートをして男の子はお小遣いをもらいます。

なぜ女性はデートをしただけでお小遣いを渡すのでしょうか。女性にとってそのお小遣いは、ホストクラブなどで払うサービス料金と同じ意味があります。ママ活では身体の関係にはなりません。男性にお小遣いを渡すことで、食事やドライブなどのサービスをする・してもらう関係であることを、はっきりとさせています。

ママ活ができる男子とできない男子の違いとは?

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活は「若いから」「大学生だから」といって誰でもできるわけではありません。ママ活には金銭のやりとりが発生します。ママ活は相手を援助・育てる目的もありますので、それなりに応援したくなるような生き方をしている男の子である必要があります。それでは、どんな男の子がママ活に向いているのか解説していきます。

ママ活向きの男子とは?

ママ活に必要な男の子の要素は3つあります。「イケメン」「一緒にいて楽しい」「応援してあげたくなる」です。夢に向かって頑張っていて、それを応援してあげたくなるような要素も持ち合わせた男の子です。

お小遣いを渡してでも一緒にいたい・援助したいと感じてもらえるような男子になりましょう。楽しい時間を相手に提供できるように、サービス精神や旺盛な気配りが必要です。なおかつ、夢に向かって一生懸命に生きているイケメン男子が、ママ活には向いています。

だからといって自分に自信がない人も、あきらめないでください。人の好みは十人十色なので、ちょっと口下手な子が好きなママや、イケメンすぎない方がいいというママもいます。相性の良いママを見つけられるように頑張りましょう。

ママ活におすすめのマッチングアプリを紹介

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

パパ活には専用サイトがありますが、ママ活にはありません。そこで、最近流行しているマッチングアプリを使って、ママ活の相手を募集しましょう。ここでは、ママ活にぴったりなアプリを紹介していきます。

ママ活アプリ1:Poiboy

恋活アプリは数多くありますが、その中でもPoyboyは「イケメンと出会える」ことで有名です。女性は無料で利用できます。男性は月額2400円でメッセージ会員になることができます。恋活アプリは、他のマッチングアプリよりも低料金で利用できます。

Poyboyは「女の子が気軽に男の子を選べる」がコンセプトの、女の子主導のアプリです。女性が気に入った男性を選び、メッセージを送るという仕組みです。アクションは起こせる立場は女性だけなので、男性は待つしかありません。女性から選ばれない男性は、Poyboy上でやり取りをすることはできません。

ママ活アプリ2:Tinder

Tinderとは、世界的に使われている位置情報を利用したマッチングアプリです。Tinderは、これからママ活を始めたい人にぴったりのアプリです。プロフィール欄に「ママ活してます」などのわかりやすいアピール文を書き、マッチングを待ちます。

有料のアプリでは、せっかくマッチングしてメッセージを送っても、どちらかが有料会員でないために一向に返事がこないというケースがあります。Tinderは男女ともに無料で利用できます。メッセージの返事がこない場合も、料金は発生しないので安心して利用できます。

Tinderは無料で使用できるので、マッチングは比較的、起きやすくなります。ママ活を初めて行う方に、おすすめのアプリです。

ママ活って具体的にどうすればいいの?

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

初めてママ活をする人は、不安があることでしょう。ここでは、ママ活の流れを説明していきます。大まかな流れを以下に示します。

①出会う
②メッセージをやりとりして内容を決める
③デートをする
④お小遣いもらったり、食事をごちそうしてもらったりする

アプリを使ってマッチングができたら、メッセージのやりとりをしてデート内容(食事、ドライブ、お買い物など)を決めます。お互いに気が合えば、長期的な関係になることもあります。初めてのデートが肝心です。気に入ってもらえるように頑張りましょう。

気に入ってもらえて、今後の予定を話し合えるようになることが、ママ活の理想です。ここからがママ活のスタートです。デートを重ねて、今後も定期的に会う関係になれるようにがんばりましょう。

知りたい!ママとの出会い方って?

ママとの出会いで一般的な方法が、マッチングアプリです。皆さんがよく利用しているSNSでもママ活ができます。『ツイッター』がおすすめです。「#逆サポ」や「#ママ活」のタグで検索してみてください。募集している人のツイートがたくさん出てきます。

ツイッターやアプリでママ活の相手に出会う際に注意すべき点は、いきなり最初のメッセージで「ママ活したいです」や「金欠です」のような、あからさまな表現をしないことです。

初対面の人からいきなりこのようなことを言われて、良い気分になる人はいないはずです。あくまでも普通に、気になっている人にメールをする感覚で、女性をデートに誘うようにメッセージを送ってみてください。

地域によってママ活の方法ってちがう?

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活をするにあたってママを探す方法は、ネットやアプリがほとんどです。Web上なので、地域による違いはありません。自分の住んでいる地域に近い女性を、マッチングアプリを使って探してみてください。

ママ活をしている女性には主婦やキャリアウーマンが多いので、人口的にみても、都心の方がママ活に成功させる可能性が高いです。だからといって地方在住男子も、あきらめずにママ活の相手をさがしてみてください。地方にも、若い男の子を支えてあげたい主婦はたくさんいます。

地方でもママ活を成功させるには?

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活の出会いの場は地方に行くほど少なくなるので、マッチングアプリを使ってママを探します。マッチングアプリを使って近くに住む主婦やキャリアウーマンを探しましょう。地方へ出張に来ている女性と出会える可能性もあります。

普段は都心に住んでいて、月に1回や年に数回、地方へ出張のあるママもいます。出張に来るたびに、定期的にお付き合いできる可能性があります。そんなときは、ママに地元を案内してあげて、出張の疲れを癒して楽しませてあげましょう。楽しいと感じてもらえたら、出張のたびに連絡がもらえる可能性があります。

そのためにも、地元の名物スポットやドライブコース、女性の好きそうなお店やレストランなどを、常にリサーチしておきましょう。

気になるママ活の相場ってどのくらい?

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活は、デートをして1回だいたい2~3万円ぐらいが相場です。ママ活の男子は高学歴、長身、筋肉質な人に人気があります。

1か月で3~4人ぐらいとママ活をすれば、大学生の1か月分のアルバイト料金が稼げます。中にはママ活だけで生活をしている大学生もいます。今までアルバイトにあてていた時間を勉強に使い、ママ活で効率よく生活をしています。ママ活をする女性は、そのように頑張る学生を見るとさらに応援したくなるそうです。

ママ活の体験談

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

ママ活を実際に体験した、大学生2人のお話をご紹介します。これからママ活をしてみようという方は、参考にしてください。

ママ活初体験:大学生Mくん

Mくんは21歳の大学生です。ママ活を始めた理由は、バイト料だけでは生計が立てられないため、生活の足しになればと考えたからです。Mくんが初めてのママ活で出会ったママは、42歳の主婦の方でした。清潔感のあるきれいなママでした。

普段は行かないような高級焼き肉店で食事をさせてもらい、ドライブをして別れたそうです。年上の女性と普通にデートをする感覚で、初めてのママ活をおこなうことができたということです。

ママ活歴半年:大学生Sくん

Sくんは22歳の大学4年生です。ママ活を始めた理由は、就職までの間に短期留学に行くための、お金が必要だったからです。最初は年上の人と接することに緊張したSくんでしたが、ママのリードですぐに打ち解けることができたそうです。ママと一緒に食事や買い物に行き、留学資金を貯めました。

ママ活のママは?

ママ活のママの体験談もあります。ママ活をするママは、ホスト感覚の方が多いです。ホストクラブは高額で自分で料金を決めることができません。ママ活はホストクラブに比べると低額で、自分の好みの相手が自由に選べる点がママたちに好評です。

アプリでマッチングした相手と所定の場所を決めて直接、会います。食事や買い物、ドライブに付き合ってもらって、お小遣いを渡します。寂しいときや話し相手が欲しいときなどに、ママ活を利用して英気を養う女性が増えています。孤独感やストレスが埋められるママ活は、ときには相手の子の相談に乗って育てる感覚も手に入れられる、便利なマッチングです。

ママ活をしようかなと思うあなたへ

ママ活のおすすめのやり方・方法・相場・体験談|アプリ

今回はママ活について、いったいどのようなことをするのか詳しくご紹介しました。

ここまで読んでみて、ママ活に興味を持った方も少なからずいるのではないでしょうか。1回のデートでお小遣いがもらえるママ活は、学業に多くの時間を割かれる大学生にとって効率の良いバイトと同じです。

まずはママと出会えるマッチングアプリに登録して、どんな感じか試してみましょう。ママ活を成功させたい人は、女性を普通にデートに誘うようなメールをすることを心がけてください。

準備ができたら、早速ママ活を始めてみましょう。ママにモテる、応援してあげたくなるような男の子を目指してがんばってください。ママ活を通して、夢や目標を叶えていきましょう。

関連記事

Related