Search

検索したいワードを入力してください

女上司の性格の特徴・おすすめの対処法|言い方/感情的

Author nopic iconwako
仕事の悩み / 2018年03月29日
女上司の性格の特徴・おすすめの対処法|言い方/感情的

女上司の言い方の特徴

女上司は男上司とどのような話し方や言い方の違いがあるのでしょうか。女上司特有の言い方を心得ておくことでスムーズな会話を目指しましょう。

言葉がキツイ

女上司と話していると言葉がキツイと感じたことはないでしょうか。なんとなくとっつきにくい、なんとなく怖いというイメージを持たれがちな女上司はいます。でもなぜ言葉がキツイのかを考えてみれば、女上司の気持ちも少しは理解できるのではないでしょうか。

女性が社会で活躍するようになったり男性と同じように管理職に就けるようになってきたのはごく最近のことです。2016年に女性活躍推進法が施工され2020年までに女性管理職を30%にという試みが始まりました。

このようにこれまでにも働く女性というのは存在しましたが、管理職になるというのはとても狭き門でした。そのため、男性に負けないように働いてきた女上司はどうしてもしっかりしなければという意識が働きます。その意識が女上司の言葉をきつくさせている原因の一つでもあります。そう考えると、言葉がキツイことも納得して受け止められるのではないでしょうか。

会話の中に嫌味がある

女性は口数が多く、おしゃべりが好きという印象はないでしょうか。女子会やママ会など女性が集まるとずっと会話が絶えないという場面を目撃することもあります。もちろんその人個人の性格によって口数が少ない人もいますが、基本的に男性より女性のほうが口数が多いと感じるのではないでしょうか。

そんなおしゃべり好きな女性は会話の中にさらっと嫌味を入れるのも上手です。笑顔で会話しているのに会話に嫌味が含まれることもしばしば。その嫌味を間に受け過ぎると自分が辛くなってしまいます。女上司の嫌味はある程度聞き流すようにしましょう。

女上司の性格の特徴

女性と男性は肉体的にも精神的にも異なった部分があるように仕事をするうえでの性格も変わってきます。女上司の性格の特徴をあらかじめ知っておくと円滑に仕事を進めることができます。

相手によって話し方が変わる

女上司が話しているのを観察していると相手によって話し方が変わると感じたことはないでしょうか。これは、女上司が今の役職に就くまでに身に着けた処世術でもあります。相手に媚びていると捉えてしまうとそれまでですが、相手に気持ちよく仕事をしてもらうために対応を変えていると考えれば納得がいきます。

感情的

女性は男性と違い感情的になってしまうことがあります。それは男性と女性の体力や体の構造の違いも関係してきます。女性は生理の時にイライラしたりする場合も多く、また貧血などの体調不要に陥る場合もあります。

また、他にも男性と女性では体力や力の強さも違うため男性と同じように力仕事をしようとしても敵わないという場面も出てきます。これは男性に負けたくないという意識が強い女上司の焦りの原因にもなります。

このように女性特有の原因や身体の構造上の理由や焦りで女上司も感情的になってしまうことがあります。

自分に厳しく周りにも厳しい

大勢の男性の中で今の役職に就いている女上司はこれまでたくさんの努力をし、女性らしいというよりはストイックに仕事に打ち込んできた人が多いです。つまり自分の仕事にしっかりと責任をもって頑張っている人が多く、それが当たり前だという意識があります。

そのため、周りにも同じようにストイックに仕事に打ち込む姿勢を求めるので周りからは厳しいと感じられることがあります。もちろん自分に甘く周りに厳しいとついていきたいという気にはなれませんが、女上司の仕事に対するストイックさは見習うべき点ではないでしょうか。

女上司と男上司の違い

女上司と男上司、性別が違えば性格も違い働く上で気を付ける部分も変わってきます。女上司ならではの気を付けるポイントを知って仕事にいかしましょう。

小さなミスも見逃さない

女性は細かいところまで気を配ったり注意深く見ている傾向があります。そのため、男上司より女上司の方が小さなミスに対しても気になることが多いです。女上司も一度のミスでしつこく咎めることはしませんが、あの時こんなミスをしたというように記憶の中にはしっかりと残ります。

もちろん一回のミスはその後挽回すればいいのですが、同じようなミスを重ねてしまうとあの時と同じようなミスだと昔のミスを持ち出されてしまいます。もちろんミスした人を悪者にしたいということではなく、気を付けてほしいという気持ちからの注意ですが、細かいこともしっかり記憶する傾向が強いのでミスに対するしつこさは男上司より強いものとなります。

清潔感を大事にする

女性という立場上、女上司は身だしなみにも気を遣っています。もちろんビジネスマナーとしての身だしなみは重要なものですが、女性は清潔感を大事にします。ファッショナブルな格好を求めているわけではなく、その人にあった清潔感のある服装や髪形であれば問題ありません。

女上司から生理的に受け付けないと思われないようにするためにも身だしなみには注意を払うようにしましょう。

馴れ馴れしさ

女上司というと、少しとっつきにくいとか、どう対応したらいいのかとちょっと腰が引けてしまうという人もいます。そして女上司も部下たちの気持ちを感じ取っています。そこで女上司も円滑な仕事をするために人間関係をよくしよう自分から積極的に話しかけたり、仕事以外の話をしてみたりと努力しています。

しかし、それを馴れ馴れしいと感じ取られてしまうこともあります。仕事をするうえで仲良しこよしをしなければいけないということではありませんが、ある程度仲間意識や仕事を円滑に進めるためにもお互いのことを知っておくのは有益です。

女上司が話しかけてきたら馴れ馴れしいと距離を置くのではなく、腹を割って話してみると新しい一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

女上司へのおすすめの対処法

ではここまでの女上司の性格や特徴を踏まえたうえで、女上司とどのように接していけば仕事を円滑に進めることができるのかを考えていきましょう。

一旦賛成する

女上司とうまく接するにはコツがあります。それは違うと思ってもいったんは賛成する言葉を投げかけるということです。

特に女性は共感されることで安心感を覚えるので、自分が反対意見だとしても一度「なるほど、そういう考え方もあるのですね」というふうに賛成したうえで「私は○○とおもうのですがいかがでしょうか」というように提案してみましょう。否定から話を始めるより効果的で、意見を聞いてもらいやすくなります。

褒める

多くの男性の中で負けないようにと仕事をバリバリこなしている女上司も一人の女性です。どんなに仕事ができても不安になることもあります。そんな時周りの人間が褒めてくれたら頑張ろうと思えるし、周りの人たちの大切さにも改めて気付くことができます。

ほんの些細なことでも女性は褒められるとうれしいです。仕事のことだけでなく、服装や髪形なんでもいいです。褒めることで会話も広がりより円滑な人間関係が構築できます。

味方につける

女上司というだけで苦手意識をもったり、とっつきにくいと感じてしまってはいないでしょうか。女上司の性格や特徴を理解したうえで接してみると、案外すんなりと受け入れられるでしょう。

苦手だと壁を作る前に、まずは女上司の懐に飛び込んでみましょう。女性というのは元々面倒見がいいものなので、一度飛び込んでしまえば頼りになる上司になってくれるはずです。

女上司は怖くない

女上司と聞くと仕事がしづらい、とっつきにくいというイメージを持ちがちですが実はそんなことはありません。女性特有の目の付け所であったり、身だしなみや立ち振る舞い心遣いなど学ぶべき点はたくさんあります。

女性と男性では性格や特徴は違いますが、男性であっても女性であっても今の地位を得るまでに仕事で功績を残してきたのは間違いありません。女上司だからといって身構えるのではなく、自分から学び取るという姿勢で頑張れば、きっと仕事も人間関係もうまくいきます。

関連記事

Related