Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】親離れできない原因・する方法・時期・年齢|寂しい

Author nopic iconライム
人の心理 / 2018年04月05日
【男女別】親離れできない原因・する方法・時期・年齢|寂しい

男女別に見る親離れができない理由

高度経済成長の時は地方から汽車に乗り、集団就職をしてきた世代にとってはバブル世代やミレニアム世代、ゆとり世代の親へ対する接し方はもちろん、仕事への取り組み方や結婚への願望などの面で理解に苦しむことが多いでしょう。

団塊の世代は仕事も結婚もじぶんで切り開いていかなくてはならなかったので、現代の親離れは理解できない部分もあるでしょう。

親離れできないのは親と子供両方ができていない場合が多く、男女別に考えても同じくらいに親離れできていないので、特別な家庭の問題ではなくなってきています。独身の方が人生を楽しめますが、その後の人生においては独り立ちできなければ、社会では生きていけないので、悩んでいる親が多いと言えます。

女性の場合

現代社会では核家族がなくなりつつあるので、両親の面倒を見るという意味で一緒に住んでいる親子は存在します。女性は結婚するまで、親と一緒にいる間にずるずると一緒にいる時間が長くなっている女性も多いです。

また結婚しても離婚して子供を親に預けて仕事をするために、親元で暮らしている人もいるので雇用形態や社会構造自体を変えないと親離れの問題が解決できないこともあります。

女性の場合は「箱入り娘」として育てられた場合や、体が弱かったりする場合もあるので、一概には親離れできていないとは言えないでしょう。

男性の場合

いわゆるマザコンと呼ばれる男性は少なくなりましたが、親元で暮らす人は増えました。親元にいれば、車や他の趣味にお金を回せるので、自由に行動できます。親元で暮らすことはじぶん本意の理由ありますが、男性の場合は結婚相手が見つからないや経済的に自立が難しい人に親離れできない人が多いと言えるでしょう。

親離れするには本人がこれではいけないと気づいて、親元を離れることをしないと無理と言えます。

子離れの本当の意味とは

子離れというのはある程度の年齢を過ぎれば、自然に子供は巣立っていくことを指すので、いつまでも親元にいる場合は親と子供、お互いに子離れ、親離れできていないことになります。

子離れをするには親が子供の自立心を養うような育て方をしてきたのかが、問題になってきます。じぶんの子を崖から突き落とすやり方をよしとしない、親が増えて来たのでなかなか子離れができない親子が増えて来たと言えます。

嫁がいない場合いる場合の違いとは

息子に嫁がいない場合はどうしても、仕事をする息子のサポートをしなければいけなくなります。嫁がいない息子を心配して結婚相談所の集まりに代わりに参加したり、考えられないことが起きています。

嫁になる世代の女性も高望みする女性が多いので、悩んでいる男性は多いです。時代が平和になるとそれだけ人の考え方は軟弱になります。男女共に結婚に対する感覚を変えることが必要になってくるでしょう。簡単には結婚ができない世の中になっているので親離れは難しいでしょう。

寂しい感情を優先してしまう場合

親が子供がいなくなり、寂しくなるという感情はどの親でもある感情です。ある程度の年齢を過ぎれば、寂しいという感情を押し殺して、一歩前に踏み出すことを応援しないと子供のためにはならないでしょう。

寂しいと感じるのは一時的な感情なので、じぶんの子供が大切と思うならば、親元を離れることを勧めた方があとあと子供のためにもなります。世代別に持っている感覚の違いはありますが、同じ人として考えるとそんなに大きくは変わりません。

とにかく親離れしたくない場合

親離れしたくない場合は、家に生活費を入れさせることを決めたり、結婚するまでと期限を決めた方が良好な関係を築けます。親離れしたくないと考える子供も親も、じぶん勝手な考えになるのでなるべく、他人が頭をかしげるような親子関係にしておかないことも必要です。いざ結婚や就職となっても、本人への負担が減るので、親離れはどうしても必要です。

どうしても親離れしたくない場合は期限を決めて、親元にいるようにするしかないでしょう。

親離れをする良い方法はあるのか

友達の意見を聞いたり、早く結婚相手を見つけて家を出たり、じぶんの環境を変えることが必要です。親離れをするにはそれなりの覚悟が必要なので、長くいてなかなか親離れができなくなるよりも結婚や就職をきっかけに親元を離れることが必要です。

会社の先輩などに親元を離れる必要性などを聞いてみるとよいでしょう。親元にいつまでもいることはじぶんにとってプラスになるのかマイナスになるのかをよく考えてみるべきでしょう。

運転免許を取らせて自立心を養わせる

18歳になったら、親御さんは子供を合宿免許などで免許を取らせることをしましょう。大学や高校や専門学校へ入っても、学生寮を利用することで自立心が養えます。

運転免許を取得すれば、就職活動にも有利になるだけでなく、本人の自信にも繋がります。親離れをするにはまったく違う環境で暮らすことをしないと、親離れをする必要性は学べないでしょう。運転免許を合宿で取ることは手っ取り早い、親離れの方法と言えます。

親離れをする時期に適齢期はあるのか

若い頃に親離れができないとずるずると親元にいることになります。親元を離れる適齢期自体は人それぞれですが、大学や高校を卒業してから、一人暮らしを始めたり会社や学校の寮に入ることが本人のためになるでしょう。

親離れができないのは本人の意思もありますが、一人では生活が成り立たなかったり、子供が生まれて働くために親元に戻る場合もあるので、親元で暮らすことすべてが親離れできておらず、甘えている行動とはいえなくなってきています。

親の老後の面倒も見る覚悟で親元にいるのならば、親離れを強制的に進めることをしない方が良いこともあります。

一人暮らしをする場合

地方から上京したり、結婚や就職のために一人暮らしを始めるという例はたくさんあります。一人暮らしを始める際もいつでも、親元に戻れるような距離を保ち一人暮らしをすれば、一人暮らしを始めやすいです。

一人暮らしを子供に勧めたり、子供が自発的に一人暮らしを始めるようならば、何も言わず家を出してあげるようにしましょう。子供の将来を親の一時期な感情で左右するようなことはしないようにすることが必要です。一人暮らしをしたいと子供が言って来たら、迷わず家を出ることを許可しましょう。

大学生になり環境を変えるようにする

大学生になると高校生までの物事の考え方では通用しなくなります。成人してからも学生をするので親離れは必要になります。大学生になればひとりでに親元を離れるような教育を幼い頃からしていくべきでしょう。

子供の自立心や夢を叶える気持ちを高めるために、幼い頃から自発的に物事に取り組むようなことをさせていくことです。学級委員やクラブ活動でのリーダーやボランティア活動に参加するなど幅広い物の考え方ができるような子供に育てることが必要になります。

会社へ入社してから一人暮らしをする場合

会社へ入社してから、一人暮らしを始めても遅くはないです。会社で勝ち残っていくには男性でも女性でも一人暮らしを経験して強くなければ生き残るのは無理でしょう。

一人暮らしをすれば、結婚相手も探しやすいので親離れと結婚の問題は一人暮らしをすることで解決しやすくなります。

一人暮らしをする場合は親の都合で引き止めることはしないようにして、子供の意思を尊重するようにすることが必要になるでしょう。一人暮らしすれば子供の友人も増えることになるので余計な心配をすることもなくなります。

ズバリ親離れ度チェック!

子供が30代40代を越えても家にいる場合や子供が結婚しない場合は親離れ度が低いです。また生活費を入れさせないで、洗濯や食事を用意している場合は常に子供のことを考えているので親離れ度が低いです。

一緒に住んでいて子供の世話をしているばかりでは、なかなか子供は親離れできないでしょう。どこへ行くにも子供へ同伴をしていたり、孫の世話をしている場合も親離れ度が低いことになります。

雇用形態で親離れできない場合もある

派遣社員や契約社員、アルバイト言う雇用形態で仕事をしているとどうしても親と同居しやすくなります。経済的に自立が難しいからです。本人の問題ではなく、社会構造の問題もあるので、どうしても改善したい場合は協力できることも最低限にしてなるべく親元で暮らさなくても済むようにしてあげることが必要になります。

雇用形態の不安定は現代の問題になっています。親離れできない理由は本人が望まないことで親元で生活している場合もあるので、子供ばかりを責めることはできないでしょう。

少子高齢化が進んでいる現代の問題

女性が男性を頼らなくても自力で生活ができるようになったので、晩婚化が進み結婚をしても子供を作らない家庭が多いのも、親離れを加速させている理由になっています。

価値観の多様化も親離れと関係がないとは言えなくなってきています。時代に合わせて人のライフスタイルも変わってくるので、ある程度常識を守り、最低限じぶんの生活を守れる生活を送れるようにしましょう。

過保護な親が増えている

会社面接や学校の面接に親が同伴したり、運転免許の教習所に親が同伴したり、過保護な親の形はさまざまです。過保護に育てた親は過保護をやめようとはしません。子供に注意されない限り、過保護を続けるようになります。

受験戦争と言われた80年代は過保護な親が増えて、家庭内暴力も増えました。うまくいかないのは親のせいだと勘違いした子供の身勝手な行動です。

子供の将来を考えた場合、ある程度の距離を保ち子育てをした方がお互いによい結果になることは明白なので、できるだけ過保護にしないようにしましょう。

親離れをするようにするのは儀式になっている

親離れは自然にしていくものですが、親離れの瞬間を捉えたテレビ番組や特集本なども登場しているので、親離れ自体が一種の儀式になっています。

昔は自然にできていたことなのに、今は大きな決断がないと難しいです。動物でもじぶんの子供のことを考えて自然に子離れ、親離れをしているのに、人間ほど高度な知能を持った生き物が動物に劣っています。

親離れや子離れは儀式ではなく、自然に訪れるように子育てをしておかないと後々苦労することになります。

今日から親離れ子離れを始めよう!

子供と同居している親も、孫の面倒を看ながら、子供と住んでいる親も今日から親離れ、子離れをすることを目標にして行動を始めましょう。

ある程度年齢が過ぎたら、親元から離れることは無理でしょう。結婚をする環境を作るためにも一人暮らしを始めることを勧めてみてください。

親はいつまでも子供の側にいることは不可能です。子供が困らないようにするには親の何気ない一言も必要になってくるでしょう。便利な世の中になっているからこそ、厳しい親になることが必要になってきています。

関連記事

Related