Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

Author nopic iconmi07
相性占い / 2018年04月12日
【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

気にする人もいれば、気にしない人もいる厄年の過ごし方ですが、初詣に行ったりするとつい見てしまう厄年年表で「あっ、前厄やった」と気付いた人もいるでしょう。厄年は気を付けてと言われているものの、何にどう気を付けたらいいのか分からないという事が大半です。

実際に、厄年の過ごし方について、どのように過ごすべきかをお伝えしていきます。

男性・女性別の厄年の過ごし方

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方として男性、女性とで厄年の時期が違いますし、厄年に対しても捉え方も違うのではないでしょうか。特に女性は占いや厄年、開運、パワースポットの信仰心や興味関心が多いのではないでしょうか。反面、男性は信仰心が薄い方の比率が高いでしょう。またご自身で事業展開されいる方や、飲食店経営者の方は縁起担ぎで意識される方が多いです。

では実際、男女別に厄年の過ごし方はどう違うのかをお伝えします。

男性の厄年の過ごし方

厄年の過ごし方で男性としては、男性の厄年が25歳・42歳・61歳と言われており、大厄が42歳となります。働き盛りのタイミングで厄年が巡ってくるということです。特に大厄の42歳は責任の重い仕事を任されている年齢でもあり、上司と部下の狭間でストレスが溜まりやすい年代でもあります。

厄年の過ごし方としては2パターンあります。人生の転機と言われる、結婚・転職・引っ越し・住宅購入など新しい生活環境にすることを避けるべきだというパターンと、真逆に敢えて特別なことをして災いを封じ込めるというパターンがあります。地域によってと捉え方が違うのでご自身の地域性を調べるのもいいです。

女性の厄年の過ごし方

厄年の過ごし方で女性としては、女性の厄年が19歳・33歳・37歳と言われており、大厄が33歳となります。男性と違い、女性は30代に集中しており、前厄・後厄も含めると30代は6年間も厄年が存在します。特に大厄の33歳は結婚・出産をご経験される方が多いでしょう。

男性と同じく転機となる行動は避けるべきであるようですが、ただただジッと6年間を過ぎ去るのを待つのは、なかなか難しいでしょう。「子を授かれば厄を落としてくれる」という言葉も存在しますから、過敏に反応しなくてもいいでしょう。

転職

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

男性も女性も厄年の年齢は、人生の節目にあたることもあり、今後の人生について考えるのではないでしょうか。その人生について考える中で転職は切っても切り離せない内容です。本来なら新しい事をするのは避けた方がいいと言われる時期なので、躊躇しますが厄年を過ぎ去るのを待つと、転職先があるのかという疑問や不安がどうしても押し寄せます。

厄年の過ごし方として実際、転職は正解・不正解のどちらになるのでしょうか。人によって色々ですが、人生設計をした中で厄年のタイミングで転職しなければという設計なら転職すべきではないでしょうか。厄年で不安があるなら、年始から節分までの間で自宅から近い神社で「厄払い」を受けるなど、不安を払拭してはいかがでしょう。

ただし、冷静に考えて転職するべき時期が今なのかという事は見極める必要はあります。いつも以上に時間と頭を使い、慎重に行動することがおすすめです。

恋愛

厄年の過ごし方は、できる限り穏やかに過ごし、人生の転機は避けるべきだと言われますが、なかなかそう思うようにいかないでしょう。特に恋愛は自分だけの問題ではありません。相手がいて成り立つので、タイミングが難しいでしょう。

厄年のタイミングで恋愛に何か変化がある場合は、早めの対処を心掛けるといいのではないでしょうか。例えば、いつもなら喧嘩して1週間、連絡を取り合わない事が多いとすると、喧嘩した日に話し合いをして解決というように、早めに対処することでストレスを溜めない、ストレスから身体を壊す必要もないというようにリスクを最小限にできます。

結婚

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方として、「前厄」「本厄」「後厄」の間に結婚をすることは果たしてどうなのでしょうか。答えとしては2つあります。厄年を避けて結婚をするか、敢えて厄年中に結婚するかです。冒頭でもお伝えしたように、厄年に結婚と出産は厄落としになると言い伝えられていることも事実です。

結婚という新しい生活環境にすることで、何か行動を起こすときは慎重になり、細心の注意を払うことで、災難を最小限にすることができます。結婚は人生の中で、大きい決断を要します。貴方とお相手のタイミングや状況に応じて、話し合いを行い、判断されるといいでしょう。

お金

厄年の過ごし方として、お金の使い方はとても重要です。もし何か起きた時のためにお金を使えるように無駄な消費を避けるべきでしょう。特に本厄にあたる年齢は何が起きても不思議ではありません。自分に何か起きることもあれば、家族や配偶者に何か起きることが予想できます。散財するような使い方をするのではなく、必要なときに必要な分だけ使うようにしましょう。

また、厄年にお金を貯めにくいと言われています。理由としてはお金が出ていく事象が多く出てくるからです。厄年前にしっかりと貯蓄をしておき、厄年の際にその貯蓄を使うことができるように計画しておくと一番ベストです。

もし貯蓄がない場合は、普段の生活から節制をすることを心掛け生活していくと良いでしょう。

引越し

厄年の過ごし方として、住宅の購入や転居は行動に移していいものか悩むところです。特に住宅の購入は決して安い買い物ではない分、決断するにも勇気が必要です。しかし、住宅の購入も現金一括ではない限り、ローンを組む方が多い中、年齢が上がってからのローンをスタートすると、返済金額が上がるか返済期間を伸ばすかというリスクが大きく感じます。

タイミング的に厄年と被ってしまった場合は、購入や転居を決断するまでに、書類の確認や返済計画の見直しを徹底的に行い、確認の確認をした上で購入や転居をすると万が一、良くない事に遭遇してもリスクを最小限にできるでしょう。

やってはいけない間違った厄年の過ごし方

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方でやってはいけない間違った厄年の過ごし方は、「厄年を気にしすぎて、チャンスを逃す」ということです。厄年の過ごし方を穏やかに過ごそうと意識することは問題ありませんが、仕事、恋愛、結婚、出産などその時にしか訪れないできごとを厄年だからといって逃してしまうのは、本末転倒です。

物事を進める際、慎重に冷静に判断することを意識すると、いつもなら気付けない事も気付く事もあります。女性の33歳、男性の42歳は人生で1回しかありません。どちらの年齢も色々と状況が変化しやすいのも事実です。上手く事が運ばないことを厄年に結び付けず、大きな病気をせず、健康に過ごせることに感謝することをおすすめします。

厄年の過ごし方あるある

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方で、よく散見される過ごし方があります。厄年の過ごし方として定番な行動をみてみましょう。

厄年の過ごし方あるある①

厄年の過ごし方で一番多くの方が行う行動としては「厄払い」ではないでしょうか。昔から言い伝えられており、厄払いしなければならないと周囲からも言われることもあり、厄払いを信じる信じないではなく、とりあえず行くという方もいるでしょう。また商いをしている方は縁起担ぎの意味合いもあり、厄払いされるということもあります。

厄年の過ごし方あるある②

厄年の過ごし方であるある行動として、「パワースポット巡り」に行くことです。厄払いや厄落としで有名なスポットへ行かれる方もいれば、成就祈願でパワースポットに行かれる方もいるのではないでしょうか。その際にお守りを購入するという行動も厄年の過ごし方あるあるの一つです。

厄年の過ごし方体験談

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方として、実際どんな生活をしているのでしょうか。周囲に聞いてもどんなことをしているのか今一つ分からないでしょう。厄年を乗り切った方々の厄年の過ごし方体験談をご紹介します。

厄年の過ごし方体験談

今まで厄年の過ごし方を意識したことがなかったが、八方塞がり状態に陥り、何をしても上手く事が運ばない、「なんで自分だけが」と感じ始めた際に初めて厄年だと気付き、普段の生活からガラリと変化させました。

「旅行に行かない」「勉強する時間を作る」「断捨離を定期的にする」「一人の時間を意識的に作る」ことを実行しました。何をしても上手くいかない時に、新しい事をするのは怖いと感じるため、自分の内面を高める=スキルUPを意識して、生活することを実行しました。普段の生活でも良くない事は起きますが、「そういう時もある」と思うようにしています。

厄年の過ごし方としては、自分の内面を成長させることに意識して、行動することで慎ましい生活にあると共に、厄年を乗り切った後に成長させた部分が活用していくように行動へ移すことができれば、厄年の期間も辛いし苦しいですが、実を結ぶことができるのでしょう。

厄年の過ごし方体験から学ぶこと

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方は、災難が起きた時に「なぜ、その災難が起きたのか」という事を考えることが重要ではないでしょうか。例えば、健康面に何か起きた時は、生活習慣が悪かったのではないか、仕事が上手くいかない時は、スキル面で問題がないのか、自分自身の身の回りに起きる悪いことは、それを改善した方が良いと教えてくれているのでしょう。

自分自身の能力を上げるのは、愚直にコツコツ努力を積み重ねるしかありません。一晩や二晩で身に付くスキルはないので、厄年の過ごし方として、静かに過ごすことが大事な時期にスキル面を向上させるように生活してみるのも一つの方法です。厄年を突破した時には、自分自身の新たな可能性が導き出すための準備期間と捉えてみましょう。

意識しすぎないことが大切

【男女別】厄年の過ごし方・間違った過ごし方|転職/恋愛/結婚

厄年の過ごし方としては、意識しすぎないことが大切になります。意識して委縮してしまい、ネガティブになってしまうと余計に気分も滅入ってきます。冒頭でもお伝えしたように年齢的にも人生の転機になる事が多く、転機は困難なことが多いことも事実です。厄年ではない状態でも重要な決断を迫られることもあります。

自分自身のスキルを上げることを考え、慎ましく生活することが大事です。厄年は誰でも訪れます。悲観的にならず、厄年の人生を豊かにするための勉強期間と考え、前向きに乗り切ることをおすすめします。

関連記事

Related