Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】メンズにおすすめのオーバーオールのコーデ・店|安い

Author nopic icon24773
メンズファッション / 2018年12月28日
【季節別】メンズにおすすめのオーバーオールのコーデ・店|安い

オーバーオールってどんなファッション?

オーバーオールとは、日本語に訳すと「つなぎ」を意味し、工事現場で働く方や汚れやすい作業などを行う方が着用する仕事着のような物です。ファッションとして好んで使用する方も多く、日本では「オーバーオール」をおしゃれのためのファッションとして認識している方がほとんどです。

特徴は全身を覆う事のできる広い布地と胸当て、肩につるすために取り付けられたサスペンダーです。作業着の利便性やデザイン性・圧着しない気安さを残しながらおしゃれさを追求したアイテムが多く、メンズだけでなく妊娠中の女性などにもたいへん重宝されるファッションとなっています。

メンズにおすすめのオーバーオールの着こなし方

オーバーオールは多種多様なデザインがあり、最近ではレディース専用ファッションのイメージがありますが、メンズの方も着用する機会は少なくありません。1着だけでいろいろな着方にアレンジする事ができるので、メンズの方でも飽きずに着まわす事ができるでしょう。

メンズに特におすすめしたいオーバーオールは、デニム生地の物です。デニムはどのような顔のメンズにも似合う上に、オーバーオールとしての存在感を持たせる事ができます。インナーやアウターなどの工夫により楽しみ方がどんどん増えていくので、コーデを探求したい方には持って来いと言えるでしょう。

ストリート系

オーバーオールのファッションは、デニム生地などに頼るとストリート系のイメージが強く現れる傾向にあります。特に色味の強いインナーと合わせたり、オーバーサイズのアイテムを着用しているとストリート感が増して、こなれたファッションを楽しむ事ができます。

ストリートを目指す際はオーバーオールを肩口に欠けて着用せず、腰元に胸の生地やサスペンダー部分を垂らしておく、片方のサスペンダーのボタンをはずして片方だけでつるすようにするなどするとそれらしくなります。着崩れやサイズのチグハグ感がストリート系の醍醐味なので、目指す方はこれらの着方を意識してみましょう。

カジュアル系

パーカー・トレーナーと言ったカジュアル感のあるインナーなどとオーバーオールを併用すると、万人受けするカジュアルファッションにコーデを仕上げる事ができます。やはりこの時もデニム生地が良い印象を生み出しやすいでしょう。メンズのオーバーオール=デニム生地と言う印象が強い日本では、デニム生地が無難な選択肢だと言えます。

また身体のコーデだけでなく、髪型や帽子・靴の選び方もオーバーオールを着こなす際には必要になってきます。ベレー帽やつば広帽・ニット帽と言った目立ちやすい帽子はオーバーオールに似合います。足元や身体のコーデとの兼ね合いを考えながら、決めていきましょう。

ダサいと思われがちなオーバーオールのコーデは?

上半身と下半身をつなぐオーバーオールの利点は着やすさと雰囲気の作りやすさでしょう。実際多くのメンズの方が好んでオーバーオールを使用しています。しかしそんな便利なオーバーオールにも、実は大きな落とし穴ある事をご存知でしょうか。

ここからは、メンズが陥りやすいオーバーオールのダサいコーディネートについて紹介していきます。自分がダサいと思われるようなコーデになっていないか、また周りから失笑を買うようなコーデをしていないかをチェックしていきましょう。

キャラクターチック

オーバーオールの第一の欠点は、着用する事でキャラクターっぽくなってしまう所です。実際にオーバーオールを来たアニメや漫画・ゲームなどのキャラクターは多く存在しているため、少しでも雰囲気が似ていると「○○に似ていてダサい」と思われてしまいます。

オーバーオールを着ているキャラクターと言えば、スーパーマリオの男性キャラやミニオン・おさるのジョージなどがあります。レディースの方が許されてもメンズの方がそれに似るのは許せないと言う意見も多いので、メンズの方はオーバーオールの着用の際、キャラクターチックなファッションにならないよう気を付けましょう。

メンズっぽくない

オーバーオールはどちらかと言えば、小さな子供やレディースの方が似合うファッションです。そのためコーデ次第では子供っぽかったり、フェミニンな印象を与えるものになってしまうでしょう。顔つき次第ではそのようなキッズ・レディースライクなものが似合わないと言う方も多いので、コーデを決める際には注意してください。

特に原色系の面積が多いインナーは子供っぽいと思われがちです。メンズの方がオーバーオールを使用するのであれば、原色は差し色にする・原色以外の色を基調とする・足元や帽子は大人っぽくと言った一工夫を加えると良いでしょう。

メンズのオーバーオールを売っているお店

メンズのオーバーオールを使用したファッションはレディースのファッションと比べると種類が少ないため、お店自体も取り扱っている場所が限られます。特に大きいものやメンズ向けのデザインを探すには少し苦労するでしょう。試着して購入したいと考えているのであればなおさらです。

そんな悩みを解決するために、ここからは、メンズのオーバーオールを取り扱っている店舗を二つ紹介していきます。自分に似合うオーバーオールを見つけたいと考えている方達のために、この二店舗がどのような点で優れているのかをご紹介します。

大きいサイズ

比較的大きいサイズのメンズ用オーバーオールを取り扱っている店と言えば、ワーク系の老舗ブランドである「Dickies」です。アメカジやB系などにも精通したファッションが多く、海外ブランドながら日本人に良く親しまれているブランドであると言えるでしょう。

そんな人気ブランドDickiesは、大きいサイズを購入したいと言う方におすすめです。インポート品と言う事もあり、海外の人間のサイズに合わせて作られています。その為、比較的身体の小さい日本人が着用すると、ややオーバー気味のサイズになります。ダボッと余裕を持って着たいと言う方は、こちらのブランドを検索してみましょう。

安い

安くオーバーオールを解体と言うメンズの方におすすめのブランドは、「G‐PASSIO」です。比較的ファッションの中では値段の高いオーバーオールでも、このブランドであれば4000円ほどで購入する事が可能となっています。

ちなみにこのブランドが提供するオーバーオールはユニセックスとなっているため、女性でも購入する事が可能です。彼女とおそろいのコーデを楽しみたいと言うメンズの方にもおすすめします。色は寒色系3色に白1色を加えた計4色で、デニム生地の良さを最大限に生かしたものがそろえられています。

季節ごとのメンズ・オーバーオールのおすすめコーデ

ここからは、季節別に見るメンズのオーバーオール着用例とおススメコーデについて紹介していきます。オールシーズン使用する事のできるオーバーオールだからこそ、毎回どのようなコーデをすればよいのか悩んでいると言う人も多いはずです。そのような方達のために、その季節ごとにぜひ参考にしてほしいメンズ・オーバーオールのコーデ例をいくつか挙げていきます。

冬が終わり暖かくなってくる頃の春は、程よい色付きや清潔感のあるコーデが望ましいでしょう。「春らしさ」を意識してコーデを決めていくと、どのようなメンズのファッションの場合でもその季節に合ったコーデを見つける事ができます。

春と言う芽吹きの季節にぜひおすすめしたいメンズ・オーバーオールのコーデと言えば、インナーをカッターシャツやネルシャツにした春感あふれる爽やかなコーデです。襟のあるきちっとしたアイテムにオーバーオールのようなストリート感やカジュアル感のあるものを合わせると、少し引き締まったカジュアル系コーデを楽しむ事ができます。

夏のような暑い季節には、清涼感のある白いシャツやマリン系カラーのインナーシャツがメンズのオーバーオールにピッタリです。特にデニム生地のような青みがかったアイテムは、より一層清涼感や清潔感を感じさせます。

夏場は胸元まで布が伸びているオーバーオールよりも、みぞおちの高さあたりでサスペンダーを留めてあるようなやや浅めのオーバーオールがメンズの方には似合います。インナーシャツが少しだけ多く見えている方が、涼しい印象になります。デニム生地の中には熱を閉じ込めてしまうものもあるので、熱中症にならないように気を付けてください。

少し肌寒くなってくる頃の季節である秋は、長袖のインナーを使用して寒さ対策をする・その上からジャケットを羽織るなどの工夫が必要になってくるでしょう。インナーは秋色に合わせたテラコッタ系や紺・白などの落ち着いた色が望ましいです。

また、少し厚手のパーカーなどをインナーにしてもバランスの取れたコーデになります。ブランドのロゴが入っているものは、オーバーオールに隠れないように出すとおしゃれになります。片方のサスペンダーだけ外す・腰で履くと言ったアレンジもメンズコーデの良いアクセントになるでしょう。

冬は寒いので、アウターやマフラー・帽子と言った小物が重要になってきます。アウターはブルゾンやMA-1、ジャケットなどと言った少しカジュアル目のものが似合います。コートのようにかしこまったものはカジュアル感の強いオーバーオールには似合わない可能性があるので、メンズの方は注意が必要です。

帽子やマフラーなどの小物は、差し色として赤や黄色と言った目立つ色を加えると上手くまとまるでしょう。厚手のオーバーオールだと着ぶくれしてシルエットが悪くなることもあるので、引き締める目的で差し色を使うと程よいまとまりが生まれます。

メンズもオーバーオールを楽しもう!

メンズのコーデが多様化してきた今日、オーバーオールと言う作業着から生まれたファッションは広く親しまれるようになりました。さまざまな柄・デザイン・生地などで作られたそれらは、メンズだけでなく多くのレディースの方にも親しまれています。

日本人になじみ深いファッションとなったオーバーオールの魅力を発信するため、自らの知恵とアドバイスを駆使しながらコーデの開発を行ってください。着心地が良い・楽・どのような体型の方にもフィットすると言った利点の多いオーバーオールを楽しみ、コーデの幅を広げていきましょう。