Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】面長の顔に似合うおすすめのショートボブ|ひし形

Author nopic iconシャッサー
ヘアスタイル / 2018年04月11日
【年齢別】面長の顔に似合うおすすめのショートボブ|ひし形

ショートボブってどんな髪型?

ショートボブは、ボブやショートカットなどと差が曖昧になりやすいです。実際に美容室や美容師などによって解釈が違う場合もあります。

一般的なボブの定義は、毛先が重めになっていてあまりレイヤーが入っていないヘアスタイルを指す事が多いです。特に顔や首回りに厚みがある印象があります。

ショートボブは、ボブよりも髪の毛が短くすっきりした印象がありますが、顔回りの髪の毛の毛先が重ためになっている事が多いです。全体的に短めで毛先が重たいヘアスタイルもショートボブと言われることもあります。

自分のしたいショートボブがある場合は、写真や画像などを見せるのがおすすめです。

年代別面長の顔に似合うおすすめのショートボブ

面長な方は、髪の毛を短くしたりショートボブにしてしまうと顔の長さが強調されると思いがちですが、髪の毛が短い方が小顔に見えやすい場合があります。

面長の方におすすめのショートボブを年代別に紹介していきます。

20代

20代の面長の方におすすめのショートボブは、前髪のあるショートボブがおすすめです。

髪の毛を短くしてしまうと、ロングのと時に着ていた服などがに合わなくなる場合がありますが、ショートボブは顔回りに重さがあるので女性らしい印象を残したままにできることが多いです。面長な印象が気になる方は、前髪をぱっつんにしたり短くする事で顔の面積を狭くする事ができるので小顔効果が望めます。

幼い印象になりすぎるのが嫌な方は、毛先を散らしたりする事で大人っぽい印象になるので良いでしょう。

30代

30代の面長な方におすすめのショートボブは、大人っぽい印象が出る前髪が長めの方が似合いやすいです。

前髪の長さを顎のラインよりも少し上にする事で、サイドとの流れを残したままにできるので毛流れが自然で、落ち着いた雰囲気になります。面長な印象が気になる方は、前髪を外側に流すか分け目を中心ではなく左右のどちらかに寄せるのが良いでしょう。

毛先を巻きすぎたりボリュームを出しすぎると、ボーイッシュな印象になりやすいので注意が必要です。

40代

40代の面長な方におすすめのショートボブは、30代と同じように前髪を流すヘアスタイルか、TOPにボリュームを出すヘアスタイルが似合いやすいです。

40代は、毛質が変わってしまう方もいるのでロングよりもショートボブの方が髪の毛を自由にセットしやすい場合が多く、髪の毛の負担も減るので人気があります。TOPにボリュームが出やすくなるので、面長な方でも小顔に見えやすく上品な印象になりやすいです。

50代

50代の面長な方におすすめなのは、襟足の部分がスッキリしているショートボブです。

襟足の部分がスッキリとしているとボーイッシュな印象になりやすいですが、ショートボブお場合は前にボリュームがあるのでシルエットが綺麗に見えやすくなります。TOPから後頭部にかけてボリュームが出るようなラインにする事で、頭の形が綺麗に見えます。

ショートボブは、面長な印象がなくなるだけではなく若く見える効果もあるのでおすすめです。

特徴別面長の顔に似合うショートボブの髪型

面長な方に似合うショートボブを特徴別に紹介していきます。

ひし形

ひし形のショートボブは、よこにボリュームが出せるので面長な方でも顔が長く見えにくく、小顔効果があります。

面長な印象を気にしている方は、毛先ではなく中間にボリュームを出す事がおすすめです。毛先だけにボリュームを出してしまうと、目線が下に下がりやすいので顔が長く見えやすくなります。TOPから中間にかけてボリュームを出すと、全体的な雰囲気が整いやすいです。

黒髪

黒髪の場合は、全体的に髪の毛が重たく見えやすいのが特徴です。ショートボブやショートカットにする事で、黒髪でも雰囲気が重たくならずに済みます。

黒髪の場合は、髪の毛を巻いたりワックスで散らす事で全体の雰囲気が明るくなりやすいです。前髪の流れをサイドと繋げる事で、清楚で清潔感のある印象にする事ができます。

スッキリと下印象にしたい場合は、襟足のボリュームを抑えるのが良いでしょう。

ストレート

面長な方は、ヘアスタイルをストライプのにしてしまうと顔が強調されてしまう場合がありますが、ショートボブはTOPがぺたんこになりにくいのでおすすめです。

ストレートでも、髪の毛が短いのでTOPがどうしても浮きやすくなります。くせなどがない方は、ブローをするだけで自然にボリュームが出るので忙しいでも簡単にヘアセットしやすいです。縮毛矯正などでストレートにしている方は、キツく当てすぎると地毛との境目がわかりやすくなってしまうので注意が必要になります。

前髪無し

前髪の無いショートボブは、大人っぽい雰囲気になりやすくおすすめです。

面長な方は、前髪をセンターで分けてしまうと顔の面積が広く見えるので左右のどちらに分けるのが良いでしょう。上手に前髪がわかれない方は、前髪の毛先を巻いたりする事で全体のバランスを整える事ができます。

前下がりのショートボブなどは、女性らしい印象になりやすいので幼く見えるのが嫌な方にも向いています。

前髪あり

前髪があるショートボブは、比較的幼く見えやすいですがアレンジをする事で印象を変える事ができます。

前髪で顔の面積を減らす事ができますが、前髪が無い場合と同じようにセンターで分けてしまうと顔の面積が増えるので、左右どちらかに分けるのが良いでしょう。片側だけ前髪を作る事で、全体的にすっきりした印象にする事ができるのでおすすめです。

前髪が重たい方や、伸びかけの方は毛先を細かく分けて巻く事で重たく見えにくくなります。

パーマ

髪の毛を巻くのが苦手な方におすすめなのがパーマです。ショートボブなどの髪の毛が短い場合は、巻き方を失敗してしまうと誤魔化しにくい事が多いので時間がかかります。

パーマは髪の毛が傷むイメージがありますが、毎日髪の毛を巻く方などはコテやアイロンで傷むので時間も短縮できるパーマの方がおすすめです。パーマにも美容室によって色々な種類があるので、自分の髪質に合う物を選ぶと良いでしょう。

面長のショートボブに似合いやすいメイク

面長な方のショートボブに似合いやすいメイクをタイプ別にポイントを紹介していきます。

ナチュラル

ショートボブは、ナチュラルなメイクと相性が良いです。ショートボブの場合は、顔周りの髪の毛が短いので首との境目がわかりやすくなります。

ナチュラルなメイクをする時のポイントは、顔と首の逆目をわかりにくくするのがポイントになります。顔の方が首よりも白い方の場合は、ローライトなどで調節するのがおすすめですが、髪の毛の影がないので自然にする事が重要です。ファンデーションをする前にローライトを入れると、比較的ナチュラルになりやすいです。

小顔

ショートボブで面長な方は、チークを入れる場所も重要なポイントになります。

チークは、頬よりも高い位置に入れるのが面長な方の基本です。高い位置に入れるだけではなく、横に広く入れるのもポイントになります。あくまで範囲を横長にするだけで、縦に広く入れてしまうと全他的なバランスが崩れてしまう事があるので注意が必要です。

少し上に向かってチークを入れる事で、面長な印象がなくなります。

ショートボブに使いやすいワックス

面長でショートボブの方に使いやすいワックスを紹介していきます。

ツヤ

ツヤの出やすいワックスを紹介していきます。

SPICE

髪の毛にツヤを出したい方は、ウェットタイプのワックスなどがおすすめです。髪の毛が明るい方などは、比較的髪の毛がパサついて見える事が多いのでショートボブでもきちんと女性らしい印象にしたい方は、艶のあるワックスを選ぶのが良いでしょう。

面長な方は、TOPのボリュームを無くしてしまうと顔が長く見えてしまう場合があるので、全体にワックスを付けるよりも毛先などの部分的に付けるのがおすすめです。

SPICEのワックスは、ツヤが出やすいので人気があります。

Blockquote firstBlockquote second

チープな香りですが決して嫌な香りではないです。むしろ爽やかですし、この香りが嫌いな人ってあんまりいないと思います。ですが匂いは長続きしないですしむしろヘアセットして家をでる時には香りません笑 これを使うと艶がでるので必需品です。

アレンジ

アレンジのしやすいヘアワックスを紹介していきます。

サロンスタイル

毛先を散らしたりしたいショートボブの方は、少し硬めのワックスがおすすめです。

前髪や毛先などにも使いやすく、髪の毛の中間を散らすのにも向いています。面長な方は、前髪を散らしたりすると小顔に見えやすいのでワックスを使って自然にセットするのが良いでしょう。肌が弱い方などは、肌に触れないように表面の髪の毛にだけワックスを付ける事をイメージしながらすると上手にできます。

サロンスタイルのヘアワックスは、自然なアレンジがしやすいのでおすすめです。少し硬いワックスの方が、無造作なヘアスタイルが作りやすいので使いやすく人気があります。

Blockquote firstBlockquote second

3年ぐらいは愛用しています。店先から消えた商品。品切れというか、製造停止したのかな・・・残念

キープ

キープ力の高いワックスを紹介していきます。

ルシードエル

髪の毛を細かく巻いたり、猫毛の方はキープ力のあるワックスがおすすめです。

雨の日やクセの強い方は、巻いた髪の毛が取れてしまう事があります。スプレーの場合は、パリパリになってしまう場合があるので、毛の流れや雰囲気が自然になりにくいです。ワックスの場合は、小さい物であれば持ち運びができるので髪の毛を直す事ができます。

ルシードエルは、キープ力が高いので使いやすいです。ワックスを付ける前に、ドライヤーの冷風で少し髪の毛を冷やすとヘアスタイルが崩れにくくなります。

Blockquote firstBlockquote second

何度もリピートしています。自然にくしゅっと…ベタつかず大変満足している商品です。

面長の顔に似合うショートボブのアレンジ方法

面長なショートボブの方に似合いやすいヘアアレンジを紹介していきます。

編み込み

面長なショートボブの方に似合いやすいヘアアレンジは、編み込みです。

ショートボブの場合は、面長の髪の毛の長さが短くないので編み込みがしやす事が多いので向いています。全体を編み込むのが難しくても、片側を編み込むだけですっきりと下印象にできておすすめです。

バレッタ

ショートボブの場合は、髪の毛を止めやすいのでピンやバレッタなどのヘアアクセサリーを付けるのもおすすめです。付けるアクセサリーによって雰囲気を変える事ができるので、コーディネートなどに合わせて使い分けるのが良いでしょう。

ハーフアップ

面長のショートボブの方は、ハーフアップもおすすめです。ハーフアップは、ショートボブでも大人っぽい雰囲気になりいやすいのでワンピースなどのコーディネートに向いています。

ハーフアップにする事でヘアセットの時間も短縮できるので、時間のない日にもおすすめです。

面長な印象をボブで変えよう

ショートボブにも色々なシルエットがあり、アレンジ次第で色々な雰囲気を楽しむ事ができます。髪の毛が早く乾いたり、髪の毛が短い方が小顔に見えやすいなどメリットがたくさんあります。

面長な方でもショートボブは似合いやすいので、この記事を参考に今までロングヘアしか挑戦したことがない方でも挑戦してみてください。