Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】おすすめのシャツインコーデ・やり方|かっこいい

Author nopic iconまる
コーディネート / 2018年12月27日
【男女別】おすすめのシャツインコーデ・やり方|かっこいい

メンズ・レディース別おすすめのシャツインコーデ

「シャツイン=ダサい」というイメージを抱いている人は多いでしょう。また、世間的にも、シャツインスタイルはどこか根暗な印象を抱かせるものとする考えが根強く残っています。

マイナスのイメージが強いシャツインですが、実は着方によっていくらでもおしゃれに変身することが可能です。ここでは、そんなシャツインコーデを、男女別でご紹介します。

メンズ:ワイドパンツコーデ

メンズのシャツインコーデは、ラフなズボンでゆるく仕上げると、ダサくなりにくいです。ぴっちりしたボトムスに完全にシャツをインしてしまうと、どうしても体型が目立ってしまったり堅苦しく見えてしまうことがありますが、ゆるいボトムスならシャツがカチッとしていても真面目になりすぎないのでおすすめです。

ボトムスはワイドパンツ系でも良いですが、初めから幅の広いパンツは手が出しにくいという場合は、チノパンがおすすめです。ラフでありながら、ビジネスの場にも着て行けるコーデに仕上がります。

メンズ:ジャケットコーデ

シャツとボトムスの2つのアイテムだけでかっこよくコーデするのが難しい場合は、ジャケットやコートなどの羽織物を利用しましょう。シャツとボトムスだけでは、インするとモロに体型が浮き彫りになってしまいますが、ジャケットなどを羽織ればそういった欠点を上手くカバーすることができます。

特に、Tシャツやポロシャツなどの襟のないシンプルなデザインのシャツのときに、羽織物があると便利です。夏場など暑い時期は、薄手のリネン素材のアウターを着るのがおすすめです。

メンズ:同系色コーデ

色の組み合わせが難しい場合は、画像のように上下を同系色でまとめるのがおすすめです。同系色コーデはシックでかっこよく仕上がり、またシャツインが目立たないのでダサくなりにくいのが特徴です。

同系色の中でも黒や紺といった暗色は、特にシャツインの境目を目立たなくしてくれるのでおすすめです。色を足したいという場合は、靴などの小物やベルトの色を変えるなど、細かな箇所で工夫するようにしましょう。

レディース:モノクロコーデ

シャツインコーデ初心者の人には、白黒のモノクロコーデをおすすめします。シャツインコーデは色の組み合わせが難しく、合わせ方によっては野暮ったく見えてしまうこともありますが、白黒はシンプルですが失敗しにくい王道の組み合わせなので、難しいシャツインコーデでも大活躍するテクニックです。

上下をどちらの色にしても良いですが、爽やかに見せたい場合は、トップスを白にするのがおすすめです。画像のように上下はっきり分かれているパターンでも良いですし、メインとなる色を決めてコーデをするのもOKです。

レディース:ボーイッシュコーデ

レディースのシャツインコーデも、ベルトを使うとおしゃれ度に差が出ます。特に、シンプルなカラーでぺたんこの靴を履く場合は手抜き感が出てしまうことがあるので、ベルトでエッジを効かせるのがおすすめです。

ボトムスは、ビジネスなどのカチッとした場面ではスキニータイプをおすすめしますが、プライベートでカジュアルに仕上げたいときは、ワイドパンツ系のゆるいボトムスがぴったりです。

レディース:前だけインコーデ

シャツインコーデは、シャツの裾をすべてインしてしまうものばかりではありません。画像のような、前の一部分だけをインするやり方は、オールインに飽きてしまった人におすすめのコーデ術です。

前だけインは、オールインよりもゆるさが出て体型隠しにもなります。ゆるさが増す分、ボトムスはカッチリしたスキニータイプのズボンがおすすめです。また、ヒールを履くとゆるさと堅さのバランスをとることができます。

特徴別おすすめのシャツインコーデ

先ほども言いましたが、シャツインはコーデの仕方によって、いくらでもイメージを変えることが可能なスタイルです。ここでは、かっこいい・可愛い・おしゃれなど、イメージごとにおすすめのシャツインコーデを分けてみました。

かっこいい

白シャツとジーンズの組み合わせは、かっこいいシャツインスタイルの定番です。シャツをインするだけで爽やかさが出せるので、夏の暑い時期に特におすすめのコーデです。

白シャツとジーンズだけでは体型が気になるという場合は、デニムジャケットなどのハードな羽織物で腰回りなどをカバーしましょう。下半身太りが気になる場合は、ワイドパンツ系をはくのもおすすめです。

おしゃれ

シャツを前だけインするスタイルは、シャツインコーデのおしゃれ度をワンランク上げたい人におすすめのコーデです。前だけインはどの組み合わせでもこなれたおしゃれ感が出せますが、ハイウエストのアイテムと合わせると、上級者のファッションさながらの仕上がりになります。

ハイウエスト自体が脚長効果が期待できるアイテムですが、そこに前だけインをすることにより、さらに脚をすらっと長く見せることができます。ヒールを合わせると、大人っぽく仕上がるのでおすすめです。

可愛い

シャツインコーデは、少し大きめのサイズのシャツを使うことにより、程よい抜け感が出て可愛いコーデになります。基本的に、シャツインコーデは大きいサイズのシャツを使うと野暮ったく見えてしまうことがありますが、可愛く見せたい場合はビッグサイズのシャツとワイドパンツ系を合わせるのがおすすめです。

さらに、画像のように柄物のシャツや派手なベルトを使用することにより、おしゃれな雰囲気も出すことができます。

チェックシャツ

「チェックシャツイン=ダサい」というイメージを持っている人も多いでしょうが、着方によっては、チェックシャツはインすることによって何倍にもおしゃれなコーデにすることができます。その一例が、デニムとチェックシャツの組み合わせです。

デニムの中でも、特にデニムスカートとの相性が抜群で、可愛いカントリー調のファッションに仕上がります。オーソドックスですが外れのないコーデなので、迷ったらこの組み合わせにするのがおすすめです。

Tシャツ

Tシャツは、インすることによって個性的なファッションアイテムに変わります。特にシンプルなデザインのTシャツの場合は、インするだけであっという間におしゃれなアイテムになります。シンプルなデザインのTシャツには、少し派手なデザインのボトムスを合わせるのがおすすめです。

すべてインするとダサく見えるという場合は、前だけインさせるスタイルがおすすめです。小物にもデザイン性の高いアイテムを使用することで、Tシャツの素朴さをカバーすることができます。

スカート

スカートコーデの場合でも、シャツはインすることで清楚で可愛い雰囲気を出してくれるアイテムになります。特に、先ほども紹介したデニムスカートやロングスカートは、インすることでレトロで可愛らしい印象が強いコーデになります。

また、シャツをインすることでウエストラインがはっきりするので、着やせして見える効果も期待できます。シャツインに慣れていない人は、最初はシンプルな白シャツからトライしてみるのがおすすめです。

スーツ

男性の場合、スーツと言ったらシャツはインするのが常識とされていますが、女性の場合は入れる人もいれば出す人もいたりとまちまちです。しかし、スーツでシャツをインするスタイルは、真面目な印象や仕事ができるイメージが出るので、女性でもシャツをインするのがおすすめです。

ピシッとしたブラウスでも良いですが、堅苦しいのが苦手という場合は、柔らかい素材のシャツを着るのがおすすめです。あまり裾を出し過ぎるとだらしなく見えてしまうので注意しましょう。

おしゃれに見えるシャツインのやり方・コツ

コーデがいくとおりもあるシャツインコーデも、一歩間違えるとダサいファッションになってしまいます。そうならないためにも、おしゃれなシャツインコーデにするためのコツややり方をしっかり押さえておきましょう。

ゆるめのズボンを合わせる

上手くシャツインコーデができない場合は、ゆるめのボトムスと合わせるのがコツです。スキニータイプのボトムスと合わせると、体型が目立ってしまったり堅苦しさが勝ってしまうことがありますが、ゆるいボトムスなら抜け感が出て親しみやすさを出すことができます。

シャツも、完全にインしてしまうのではなく、裾の部分に少し余裕を持たせるのがポイントです。一度シャツをボトムスにインして、そのまま1回バンザイをすると、丁度いいゆるさになります。

前だけイン&ハーフイン

シャツインコーデでどうしても堅苦しさが抜けないという場合に仕えるテクニックが、前だけインとハーフインスタイルです。前だけインは先ほどから紹介しているとおり、裾の前の一部分だけを入れる方法で、ハーフインとは、裾の半分だけを入れてもう片方を完全に出す方法を指します。

前だけインをやる際は、入れる裾は5cm程度を意識し、出す部分を適度に調整するのがポイントです。ただ入れるだけではおしゃれにならず、残念なコーデになってしまうので注意しましょう。

前だけインやハーフインは、柔らかい素材のシャツでやるときれいな形になりやすいです。ビジネスやパーティーなどの場では不釣り合いなので、TPOをわきまえてコーデをするようにしてください。

小物を使う

シャツインコーデだけではなかなかおしゃれにならないという人も多いでしょう。そんなときは、小物を使っておしゃれなコーデにするのがポイントです。小物の中でも、特にベルトや靴は初心者でもコーデがしやすいのでおすすめです。

ベルトはウエストに巻く普通のタイプでも良いですが、パンツスタイルのときは、サスペンダー式も可愛く仕上がるのでおすすめです。サスペンダーはシャツインのときこそ使えるアイテムで、基本的にはどんな種類のパンツでもおしゃれになるので、味気ないなと感じたら取り入れてみてください。

シャツインはダサくない!

シャツインスタイルは、どうしてもダサいというイメージが強く避ける人も多いですが、着こなし方次第ではシャツ出しではできない個性的なファッションになる可能性を大いに秘めているコーデです。また、個性的なだけではなく、真面目にも清楚にもいくらでも自分のイメージを変えることができるスタイルでもあります。

シャツインコーデを避けてきた人や、着方がイマイチわからなかった人は、紹介したコーデの方法を参考に、今日から新たなスタイルに挑戦してみましょう。