Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのほうれい線を消す方法・化粧品・メイク術・整形

Author nopic iconkujiraniku
メイク・コスメ / 2018年12月29日
おすすめのほうれい線を消す方法・化粧品・メイク術・整形

ほうれい線はなぜできるの?

ほうれい線は小鼻の横から口の端までにできる溝のようなシワです。笑顔になったりと表情を変化させるとと年代問わずできます。しかし、ある年齢になると、表情を変えなくても目立ってきてしまいます。30代から徐々に気になり始める人が多いです。加齢とともにシワは増えていきますが、そのシワの中で最も多い悩みがほうれい線といわれています。

ほうれい線は、初対面の女性の年齢を判断するときに見る箇所であるともいわれています。ほうれい線があるだけで、見た目年齢が上がり、実年齢よりグッと老けて見え、疲れた顔・老け顔に見られてしまいます。

ほうれい線はなぜできるの?

ほうれい線は、どうしてできるのでしょうか。

ほうれい線ができる理由は、頬のたるみが主な原因です。また、肌の乾燥、むくみ、肌のハリ不足も原因に挙げられます。頬のたるみは加齢による頬の筋力の低下によりおこる物です。頬には多くの筋肉があり、意識して使わないと年齢に関係なく衰えてしまうこともあります。頬の筋力の低下が、表情のクセで作られたシワを固定してしまいます。

若い筋肉は柔軟性や伸縮性がありますが、加齢とともに筋肉は硬くなってしまい、伸縮性も減少していきます。そのため、皮膚がたるみシワができてしまいます。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンの減少による肌のハリ不足、肌の乾燥、むくみも大きな原因です。

ほうれい線は30代から50代の女性の最も多い悩みであるとされています。女性なら誰もが消したいでしょう。

おすすめのほうれい線を消す方法

ほうれい線を消す一番のアプローチは、顔の表情筋を鍛えることです。身体の筋肉と同様、顔の筋肉も鍛えることができます。筋力を鍛えることに年齢は関係ありません。

ほうれい線を消すには表情筋を鍛えること、血流やリンパの流れを促進し肌のハリを良くすること、保湿などの対策があります。具体的にどのような方法があるのでしょうか。ここでは、ほうれい線を消すさまざまな方法を紹介します。

ほうれい線を消すツボってあるの?

ツボ押しは健康に良いです。ツボ押しは血流を促進し、リンパの流れを良くし、老廃物を排出する効果があります。ほうれい線に対処するツボはあります。

そのツボを押すことで、血流を良くし、リンパの流れもスムーズに行われ、代謝をアップさせ肌の活性化を助けます。顔の表情筋を鍛えるトレーニングも併用して行うと、より効果的です。

ほうれい線に効くツボは巨りょう、地倉とよばれている箇所です。

巨りょうとは、頬骨の下にあるツボで、「笑顔のツボ」と呼ばれています。巨りょうは肌のハリアップにも効果ありです。巨りょうの位置は黒目から真下に下ろした線と小鼻の外側の線が交わる点にあります。指の腹で左右同時に5秒ほど押しては離すを繰り返します。

地倉は口の端のほうれい線ができる場所にあります。地倉は胃にもつながっているツボで、ほうれい線を消すだけではなく、顔のむくみをとり口角もアップさせる効果があります。

ほうれい線を消す顔の体操など

ほうれい線を消すための顔の体操はさまざまです。

表情筋を鍛えるならどのようなトレーニングでも良いですが、おすすめは「舌回し運動」です。1番シンプルで難易度が低い体操ですが、ほうれい線を消すのに効果てきめんです。

やり方は、歯茎をなぞるように、口の中で円を描くように舌をまわします。右回り左回り各20回程度ずつ行います。これを1日3回ほど行いましょう。早くて数日でほうれい線を消す効果があらわれる人もいます。

ほうれい線を消すおすすめの化粧品は?

ほうれい線に効く美容液が多く販売されています。美容液は乾燥でできたほうれい線に効果があるといわれています。そのため、ほうれい線に効く美容液は、まず乾燥を防ぐ保湿性が高いものでなければなりません。

そして、肌のハリを良くするための成分が配合されているものも重要です。エイジングケアにおいて美容液は重要です。美容液は肌に栄養を与える役割があるからです。

では、ほうれい線を消すためにはどのような美容液を選ぶと良いのでしょうか。エイジングケアに効果的な美容液を取り上げました。

ほうれい線を消す美容液

ほうれい線に効く美容液の成分は、ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲン、プラセンタエキス、セラミド成分、ヒアルロン酸など、アンチエイジング成分が配合されているものを選びましょう。これらの成分は肌のハリを良くし、高い保湿性を保つ効果があります。ほうれい線を消すためには、肌のハリを良くし、乾燥を防ぐことが重要です。

ドモホルンリンクル 美肌活エキス

ドモホルンリンクルはシワ、シミ、ハリ不足、くすみに対処する化粧品です。肌質や悩み別、季節ごとに使い分ける製品がないことが特徴です。

ドモホルンリンクルは、まだアンチエイジングという言葉が認知される前に、日本で始めてコラーゲンを配合された基礎化粧品です。ドモホルンリンクルはコラーゲンの品質にもこだわっており、自然で安全、かつ高品質なコラーゲンが配合されています。

ドモホルンリンクルの美肌活エキスはメラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐ美白力を引き出し、肌の角層深部にたくさんの成分を浸透させ、透明感のあるみずみずしい肌へと導きます。また、保湿力も高いので、ふっくらとした肌を取り戻せます。

Blockquote firstBlockquote second

今年の夏から使い始めました!
使い始めて、お肌が明るくなった気がします!

アスタリフト ジェリー先行美容液

アスタリフトジェリーにはうるおい成分であるWヒト型ナノセラミド、アスタキサンチン、リコピン、3種のコラーゲンが配合されています。これらの成分はハリのある肌を作る助けをします。

Wヒト型ナノセラミドはヒト型ナノセラミドとヒト型ナノアシルセラミドをダブルで配合しています。アスタキサンチンとは、うるおい成分で、ヘマトコッカスプルビリアス油のことです。リコピンとはトマトの果実エキスです。

これらの成分をさらに富士フィルム独自の技術でナノ化しています。そのため、成分がしっかりと肌のすみずみまで浸透していきます。また、3種類のコラーゲンも配合されており、肌にみずみずしさを与えてくれます。

アスタリフトのジェリーは洗顔後、他のスキンケアに先行して使います。ジェリー先行美容液は肌にみずみずしさとハリを与えてくれるアンチエイジング美容液です。

Blockquote firstBlockquote second

ドラッグストアの試供品を使って良かったので購入しました。吸収が凄い。ちりめんジワがなくなり、化粧のノリも良くなりました。

ビーグレン レチノA美容液

ビーグレンは薬学博士が開発したサイエンスコスメです。

ビーグレンは肌のすみずみまで速く浸透させる独自のテクノロジーQuSome®を開発の結果生み出しました。QuSome®が肌の中に浸透し、ほうれい線やたるみにアプローチします。たるみやほうれい線を消す効果も検証されています。また、QuSomeリフトはコラーゲンをサポートする成分が配合されており、肌のハリアップにもアプローチします。

ビーグレンレチノAは気になる部分にピンポイントでアプローチする美容液です。ハリのある肌へと導く2種類のビタミンA・レチノールプラス、レチノイン酸トコフェリルが配合されています。

コクがある濃厚な美容液が、肌の内側に浸透していき、なめらかで弾力のあるみずみずしい肌へと導きます。

ほうれい線を消すおすすめのメイク術

ほうれい線を消すおすすめのメイク方法を紹介します。メイクのやり方によって、ほうれい線を目立たせてしまう場合があります。

まず、自分の肌より白いファンデーションは避けましょう。白すぎると、シワやくすみを消すことができません。ほうれい線も目立たせてしまいます。肌よりワントーン暗い色がおすすめです。

そして、ハイライトとチークを効果的に使いましょう。ハイライトをほうれい線のスタートラインなど、影になっている場所にのせ、肌を明るく見せましょう。チークも、いつもより高めの位置にのせることで、頰を高く見せられます。

最後にリップですが、口元に目線が向けられてしまう赤みの強い色のものは好ましくありません。口元のまわりのほうれい線やシワをかえって目立たせてしまいます。ナチュラルなピンク系の色を選びましょう。

ほうれい線を消すテープ

ほうれい線を消すテープも多く販売されています。表情のくせによって刻まれてしまったほうれい線にテープを貼り、シワをのばすという方法です。横向きで寝る方は、ほうれい線の跡がつきやすいので、貼って寝ることをおすすめします。テープを貼ることにより、シワを伸ばし表情筋を固定します。おすすめのシワを消すグッズです。

シワ対策テープ

「シワ対策テープ」は、シワの上に貼るテープです。貼付時間は8時間が目安ですので、就寝中に使用すると良いでしょう。テープは肌に優しい低アレルギー性弱粘着剤を使用しています。4,000円でシール200枚も入っているので、お得です。

シワのばしテープNO.3

「シワのばしテープNO.3」は就寝中に貼る、目尻のシワとほうれい線専用シワのばしテープです。剥がすときに負担の少ない素材を使用しています。面積が小さいので、細かいところに貼ることができるのが特徴です。

男性におすすめのほうれい線を消す方法

男性でもほうれい線に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。男性も、ほうれい線が目立つと実年齢より老けて見られます。ほうれい線は、男女問わずその原因は同じです。ただ、男性の場合は女性よりもほうれい線ができやすい原因があります。

その原因とは、日焼けと、喫煙と姿勢です。男性の場合、中には美容に気を使っている方もいますが、日焼け対策やスキンケアをしていない方がほとんどです。紫外線はほうれい線を作る原因の1つです。

そして、姿勢です。長時間のデスクワークで姿勢が前かがみになり、猫背になると、顔の筋肉にも影響し、たるみが出やすくなります。猫背の人はほうれい線が出やすいと言われています。

最後に、喫煙も大きな原因です。喫煙は体内からビタミンCを消費させ、血行不良を招き、ほうれい線をできやすくしてしまいます。

ほうれい線への対処方法は女性と同じ!

男性の場合、ほうれい線を消すには、まず、日焼け対策をすること、姿勢を良くすること、喫煙習慣の見直す必要があります。その上、表情筋を鍛えるトレーニングと、スキンケア対策が必要です。

男性も女性と同じようにこまめにエイジングケアをすることが望ましいです。ケアは面倒だという男性は多いですが、ほうれい線を消すには、根気が必要です。

ほうれい線を消す整形術

手っ取り早くほうれい線を消したい方は、プチ整形という方法もあります。

プチ整形とは、ヒアルロン酸をほうれい線に直接注射するという方法です。ヒアルロン酸注射は、持続性は個人によってさまざまですが、3ヶ月~4ヶ月ほどで、効果がすぐに実感できるという特徴があります。注射の時間も5分ほどの短時間でできること、効果の実感と即効性が大きな利点です。

ただ、デメリットもあります。持続性が3ヶ月程度ですので、それ以上の期間が経過すると元の肌に戻ってしまうため定期的なメンテナンスが必要なこと、値段が高価であることです。ヒアルロン酸駐車は一回数万円ほどの費用がかかってしまうので、定期的に通うにはかなり高額な費用が必要です。

ほうれい線を消す化粧品人気ランキングTOP3

ほうれい線を消す対策におすすめの化粧品を紹介します。ここで紹介するのはシワ、シミ、たるみなどに対処するエイジングケア用の化粧品です。シワを消すには、表情筋を鍛える運動だけでなくスキンケアも大切です。シワを消す対策にいかがでしょうか。

SKⅡ

SKⅡは1970年代からスキンケアの研究を始め、ピテラ™という成分を発見しました。SKⅡの製品はこのピテラ™が核となっています。ピテラ™を使い続けることによって透明感のあるクリアな肌を手に入れることができます。

SKⅡはエイジングケアでは定番の化粧品で、効果も高いといわれています。エイジングケア用の化粧品もあり、化粧水、美容液、クリーム、パックなどが販売されていますが、どれも高品質で評価は高いです。ほうれい線を消す化粧品としておすすめです。

アスタリフト

先にもアスタリフトの美容液を紹介しましたが、アスタリフトの化粧品はほうれい線を消すエイジングケアにおすすめです。 ナノ化した成分が肌に浸透し、みずみずしい肌に導いてくれます。

アスタリフトはジェリーが1番のおすすめですが、ローションや美容液、クリームも保湿性が高く濃厚な液体で、肌の調子を整えてくれる優れた化粧品です。

POLA リンクルショット

POLAリンクルショットは、日本で初めて承認された、シワを消す薬用化粧品です。

世界初のシワのメカニズムの発見により生まれた新しい美容液です。シワを消す目的で作られた画期的な化粧品です。

使い方は化粧水のあと、シワが気になる部分に伸ばします。その後クリームを塗ります。POLAリンクルショットはシワを消すおすすめの化粧品です。

Coyori

Coyoriは、「美肌の湯」と呼ばれる温泉水を使用している化粧品です。Coyoriは年齢肌への効果が高い化粧品として多くの人に支持されています。その成分も自然由来のエキスを配合されており、自然派エイジングケアの化粧品として多くの女性が愛用しています。

エイジングケアを考えている方で、自然派スキンケアにも興味のある方におすすめです。

ほうれい線は消せる!

ほうれい線は、年齢とともにどうしても目立ってきてしまいます。加齢はどんな人でも逆らうことができません。ほうれい線の原因は加齢によるものですので消したいけど諦めるしかないと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ほうれい線は努力で消すことができます。若い頃と同じような肌を取り戻すことは難しいですが、日々の丁寧なスキンケアなどのお手入れ、意識して顔の表情筋を鍛えることで、ほうれい線を薄くしたり、消すことは十分可能です。

ほうれい線を消すさまざまな方法を実践し、若々しい顔を取り戻しませんか。