Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

Author nopic iconとと
カテゴリ:ヘルスケア

初回公開日:2018年04月07日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2018年04月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

男女別骨格診断の方法を紹介します!

好きな服を着ていても、なんだか野暮ったく見える、太って見える、そんな、悩みをもつ女性も多いでしょう。そんな時には、「骨格診断」がです。骨格診断をすることで、太っても痩せても一生変わらない自分の「骨格」を知ることで、自分に似合う服を知ることができます。骨格は骨の形だけでなく、体の質感やラインの特徴のことです。

自分の骨格に合った服を着ることで、あか抜けた印象になり、着やせして見えるようになります。骨格診断で自分の骨格のタイプを知り、自分の魅力をより一層引き出すことができます。

まずは、骨格診断の方法を紹介していきます。

女性の骨格診断方法は?

骨格診断の方法は2つあります。

1つ目はプロのアナリストに骨格診断をしてもらう方法です。インターネットで調べると、骨格診断をしているサイトがいくつか見つかります。そこで予約をして実際にサロンやコーディネーターの方の自宅へ行って診断を受けます。

診断はボディータッチで体の質感や全体のバランスを見ていきます。手首や胸元、腰、膝が特徴が出やすい箇所なので、その辺りの質感を触って、骨格のパターンを調べます。

2つ目は自己診断です。インターネットで調べると、セルフチェックの方法が書いてあります。体の部位ごとにいくつかの特徴が書かれていて、その中から自分の体の特徴に近いものを選び、その選んだ項目の多いタイプが自分の骨格タイプになります。

サイトによって項目は少しずつ異なりますが、「額、輪郭、肩、鎖骨、ウエスト」の特徴からセルフチェックをしていきます。

男性の骨格診断方法は?

男性の骨格診断の方法も女性と同様で2とおりです。プロの骨格診断アナリストに診断してもらう方法と、チェックシートで自己診断する方法です。

プロの骨格診断アナリストに診断してもらう時は、男性でも診断を受け付けているかどうかを確認するようにしてください。女性専用でしか診断を行っていないところもあるので気を付けましょう。診断方法は女性の場合と同じく、特徴の出やすい部分をボディータッチして診断します。

自己診断の方法も女性の場合と同じです。体の特徴が出やすい部位は男女関係ないため、女性と同じ診断方法です。

骨格タイプの種類と特徴って?

骨格タイプは「ストレートタイプ」「ナチュラルタイプ」「ウェーブタイプ」の3種類に分かれています。これは、男女ともに共通しています。

それでは、骨格タイプとその特徴について詳しく紹介していきます。

ストレート

ストレートタイプの人の体の特徴は、「下半身に比べ、上半身が太い」「体の大きさに比べ、手足が小さめ」「ひざ下が細い」「筋肉がつきやすく落ちにくい」「鎖骨が目立たない」「バスト位置が高い」「はと胸」です。男性は「筋肉質」「体の厚み」「メリハリのある上重心」という特徴があります。

有名人で言うと、女性は小泉今日子さん、藤原紀香さん、松嶋菜々子さん、米倉涼子さん、上戸彩さん、新垣結衣さん。男性は佐藤浩市さん、堤真一さん、香取慎吾さん、松本人志さんがスレートタイプです。

ナチュラル

ナチュラルタイプの人の特徴は、「骨格がしっかりしている」「肩幅がある」「体の大きさに対し、手足が大きい」「指の関節が目立つ」「胸やお尻が目立たず、肉感を感じさせない」というフレームのしっかりしたスタイリッシュな体型です。

有名人でいうと、梨花さん、天海祐希さん、中谷美紀さん、吉瀬美智子さん。男性は織田裕二さん、草彅剛さん、江口洋介さん、オダギリジョーさんがナチュラルタイプです。

ウェーブ

ウェーブタイプの人の特徴は、「下半身が太い」「筋肉が落ちやすい」「首が長い」「二の腕が細い」「バスト位置が低い」「胸板がうすい」「足が短く見えやすい」など、線の細い緩やかな体型で、体の厚みがなく、下重心な体の特徴があります。

ウェーブタイプの有名人は、佐々木希さん、松田聖子さん、戸田恵梨香さん、杉本彩さん、押切もえさん、神田うのさん、篠原涼子さん。男性は、羽生結弦さん、向井理さん、浜田雅功さん、二宮和也さんがウェーブタイプです。

骨格タイプ別の髪型は?

骨格タイプによって似合う髪型も違ってきます。骨格タイプに合った髪型で、より魅力的な自分にスタイルアップしてください。

ストレート

ストレートタイプの人髪型を紹介します。

ショート

ストレートタイプの人には、上品でシンプルな髪型が似合います。前髪はワンレンや流してあげると、上品な印象がアップします。似合う長さは「ショート」と「ロング」です。

ストレートタイプは首が短いのが特徴なので、首元にボリュームを出した髪型にすると、首が短く見え、野暮ったい印象になってしまうので注意が必要です。同じ理由で、ミディアムやセミロングの髪の長さは野暮ったく見えてしまいます。長いか短いかはっきりとした髪の長さで、すっきり上品な印象になりましょう。

ショートの場合は、シルエットがひし形になるようにすると、垢抜けた印象になります。首回りをすっきりさせます。

ロング

ロングの場合は、ふんわりと広がるのではなく、ボリュームを抑えたサラサラロングヘアーで縦長のIラインを作ってあげると、すっきりとした印象になります。髪を結ぶときも、きちんとまとめてあげると上品な印象になります。無造作感のある髪型はただの乱れた髪という印象になってしまいます。

ナチュラル

ナチュラルタイプの人に髪型を紹介します

ショート