Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

Author nopic iconとと
ヘルスケア / 2018年04月07日
【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

男女別骨格診断の方法を紹介します!

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

好きな服を着ていても、なんだか野暮ったく見える、太って見える、そんな、悩みをもつ女性も多いでしょう。そんな時には、「骨格診断」がおすすめです。骨格診断をすることで、太っても痩せても一生変わらない自分の「骨格」を知ることで、自分に似合う服を知ることができます。骨格は骨の形だけでなく、体の質感やラインの特徴のことです。

自分の骨格に合った服を着ることで、あか抜けた印象になり、着やせして見えるようになります。骨格診断で自分の骨格のタイプを知り、自分の魅力をより一層引き出すことができます。

まずは、骨格診断の方法を紹介していきます。

女性の骨格診断方法は?

骨格診断の方法は2つあります。

1つ目はプロのアナリストに骨格診断をしてもらう方法です。インターネットで調べると、骨格診断をしているサイトがいくつか見つかります。そこで予約をして実際にサロンやコーディネーターの方の自宅へ行って診断を受けます。

診断はボディータッチで体の質感や全体のバランスを見ていきます。手首や胸元、腰、膝が特徴が出やすい箇所なので、その辺りの質感を触って、骨格のパターンを調べます。

2つ目は自己診断です。インターネットで調べると、セルフチェックの方法が書いてあります。体の部位ごとにいくつかの特徴が書かれていて、その中から自分の体の特徴に近いものを選び、その選んだ項目の多いタイプが自分の骨格タイプになります。

サイトによって項目は少しずつ異なりますが、「額、輪郭、肩、鎖骨、ウエスト」の特徴からセルフチェックをしていきます。

男性の骨格診断方法は?

男性の骨格診断の方法も女性と同様で2とおりです。プロの骨格診断アナリストに診断してもらう方法と、チェックシートで自己診断する方法です。

プロの骨格診断アナリストに診断してもらう時は、男性でも診断を受け付けているかどうかを確認するようにしてください。女性専用でしか診断を行っていないところもあるので気を付けましょう。診断方法は女性の場合と同じく、特徴の出やすい部分をボディータッチして診断します。

自己診断の方法も女性の場合と同じです。体の特徴が出やすい部位は男女関係ないため、女性と同じ診断方法です。

骨格タイプの種類と特徴って?

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

骨格タイプは「ストレートタイプ」「ナチュラルタイプ」「ウェーブタイプ」の3種類に分かれています。これは、男女ともに共通しています。

それでは、骨格タイプとその特徴について詳しく紹介していきます。

ストレート

ストレートタイプの人の体の特徴は、「下半身に比べ、上半身が太い」「体の大きさに比べ、手足が小さめ」「ひざ下が細い」「筋肉がつきやすく落ちにくい」「鎖骨が目立たない」「バスト位置が高い」「はと胸」です。男性は「筋肉質」「体の厚み」「メリハリのある上重心」という特徴があります。

有名人で言うと、女性は小泉今日子さん、藤原紀香さん、松嶋菜々子さん、米倉涼子さん、上戸彩さん、新垣結衣さん。男性は佐藤浩市さん、堤真一さん、香取慎吾さん、松本人志さんがスレートタイプです。

ナチュラル

ナチュラルタイプの人の特徴は、「骨格がしっかりしている」「肩幅がある」「体の大きさに対し、手足が大きい」「指の関節が目立つ」「胸やお尻が目立たず、肉感を感じさせない」というフレームのしっかりしたスタイリッシュな体型です。

有名人でいうと、梨花さん、天海祐希さん、中谷美紀さん、吉瀬美智子さん。男性は織田裕二さん、草彅剛さん、江口洋介さん、オダギリジョーさんがナチュラルタイプです。

ウェーブ

ウェーブタイプの人の特徴は、「下半身が太い」「筋肉が落ちやすい」「首が長い」「二の腕が細い」「バスト位置が低い」「胸板がうすい」「足が短く見えやすい」など、線の細い緩やかな体型で、体の厚みがなく、下重心な体の特徴があります。

ウェーブタイプの有名人は、佐々木希さん、松田聖子さん、戸田恵梨香さん、杉本彩さん、押切もえさん、神田うのさん、篠原涼子さん。男性は、羽生結弦さん、向井理さん、浜田雅功さん、二宮和也さんがウェーブタイプです。

骨格タイプ別のおすすめの髪型は?

骨格タイプによって似合う髪型も違ってきます。骨格タイプに合った髪型で、より魅力的な自分にスタイルアップしてください。

ストレート

ストレートタイプの人おすすめの髪型を紹介します。

ショート

ストレートタイプの人には、上品でシンプルな髪型が似合います。前髪はワンレンや流してあげると、上品な印象がアップします。似合う長さは「ショート」と「ロング」です。

ストレートタイプは首が短いのが特徴なので、首元にボリュームを出した髪型にすると、首が短く見え、野暮ったい印象になってしまうので注意が必要です。同じ理由で、ミディアムやセミロングの髪の長さは野暮ったく見えてしまいます。長いか短いかはっきりとした髪の長さで、すっきり上品な印象になりましょう。

ショートの場合は、シルエットがひし形になるようにすると、垢抜けた印象になります。首回りをすっきりさせます。

ロング

ロングの場合は、ふんわりと広がるのではなく、ボリュームを抑えたサラサラロングヘアーで縦長のIラインを作ってあげると、すっきりとした印象になります。髪を結ぶときも、きちんとまとめてあげると上品な印象になります。無造作感のある髪型はただの乱れた髪という印象になってしまいます。

ナチュラル

ナチュラルタイプの人におすすめの髪型を紹介します

ショート

ナチュラルタイプは、自然でラフな感じが似合います。くしゃっとした無造作ヘアーでも、だらしなく見えないのがナチュラルタイプの人の特徴です。似合う髪の長さは、「ショート」から「ロング」までどの髪型でも似合います。どの髪型の場合でも、毛先にボリュームを出し、Aラインを作ると、体全体のバランスが整います。

ナチュラルタイプに似合うショートは、外国人風パーマのような無造作な雰囲気のものが似合います。スタイリングはきっちりとするのではなく、手ぐしで根元からふんわりとさせてあげましょう。前髪も自然な仕上がりになるようにするとなじみます。

ロング

このようにロングでも、ストンとしたシルエットではなく下にボリュームを出します。ナチュラルタイプの人は、骨格がしっかりしていて肩幅も広いので、シルエットの小さいすっきりした髪型にすると、体が大きく見えてアンバランスになってしまいます。髪が長い方が全体のバランスがとりやすいです。髪を結ぶときはきっちりまとめるのではなく、無造作感を出しましょう。

ウェーブ

ウェーブタイプの人におすすめの髪型を紹介します。

ショート

やわらかで優しい雰囲気の似合うウェーブタイプ。大きめのゆるふわパーマでキュートな魅力がいっそう引き立ちます。前髪も動きを付けてあげるといいでしょう。似合う長さは、「セミロング」か「ロング」です。

ウェーブタイプは、首が長く華奢な骨格なので首回りや胸元をすっきりさせてしまうと、貧相な印象を与えてしまいます。ボリューム感を出して、華やかな雰囲気を作りましょう。

ウェーブタイプの人に似合うセミロングは、たっぷりとボリュームを出したひし形のシルエットのゆるふわパーマです。首のまわりにふわっとしたボリュームを作ると、華やかな印象になります。

ロング

ロングの場合も胸元にボリュームを出し、下重心のひし形を作りましょう。髪を結んだ時は、髪の毛が首の回りにくるように、巻いてあげるとエレガントな印象になります。ストレートタイプの人に似合う、かっちりとしたまとめ髪は、顔を小さく見せてしまうため、バランスが悪くなります。

骨格タイプ別のおすすめメイク!

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

服や髪型だけでなく、メイクの仕方も骨格タイプによって似合うものが違ってきます。骨格診断では、体型だけでなく、肌の質感にもそれそれ特徴があります。

ストレート

ストレートタイプの人に似合う服は、上品でベーシックなものなので、メイクもシンプルなものが似合います。もともと肌につやがあるタイプなので、さらにツヤ感を出してしまうと、テカテカしてしまいます。ファンデーションはマット系のものを選びましょう。アイシャドウはギラギラしたラメは避け、パール系の落ち着いた雰囲気のものを選ぶと、服とバランスがとれます。

ナチュラル

ナチュラルタイプの人は、自然な雰囲気が魅力的なので、メイク感が出ないようなメイクをするようにしましょう。コンシーラーで気になるところを隠したら、ベースは軽めにします。アイメイクも色や光は控えます。ナチュラルメイクでも、華やかで女性らしい印象になるのがナチュラルタイプの特徴です。

ウェーブ

ツヤと相性がいいのでクリームファンデでツヤを出したり、グロスで唇にツヤを出したりすると、やわらかい雰囲気ともマッチします。シアー、グロス、パールなど、とにかく光を取り入れてあげることで、若々しい印象になります。

骨格タイプ別おすすめのファッションコーデ!

【男女別】骨格診断方法・骨格タイプの種類と特徴|ストレート

骨格タイプ別のおすすめファッションを紹介していきます。似合う服装を選ぶことで、自分の魅力をさらにアップすることができます。

ワンピース

骨格タイプ別ワンピースの着こなしを紹介します。

ストレート

ストレートタイプの人に似合うワンピースは、V開きでシンプルなデザインです。ベルトをジャストウエストの位置で絞りすぎず、ゆるすぎず、ちょうどいい絞り具合にしてあげることで上品な印象になります。Iラインを意識することで、すっきりと着やせして見えます。

素材も、高級感のあるものを選ぶことで、さらに上品な印象が際立ちます。

ウェーブ

骨が細く平面的な体型のウェーブタイプの人は、ふわっと裾が広がるスカートがおすすめです。ウエストをベルトでしめるとスタイルアップして見えます。

ナチュラル

骨格がしっかりしているナチュラルタイプの人は、体のラインが出るぴったりした服だと、がっしりと見えてしまいます。そのため、ゆったりとしたワンピースがおすすめです。個性的なデザインが似合うのもナチュラルタイプの人の特徴です。マキシ丈で下の方にボリュームを出すことでバランスがとれます。

スカート

骨格タイプ別のスカートの着こなしを紹介します。

ストレート

ストレートタイプの人はお腹にお肉がつきやすい傾向があります。Aラインの裾が広がるスカートやゴテゴテと飾りのついたスカートだと、太って見えてしまいます。そのため、Iラインのシルエットのすっきりとしたデザインのスカートだと着やせして見えます。

ウェーブ

ウェーブタイプの人は、Xラインを作ると、全体のバランスがよく見えます。肌の質感はふわふわしていて柔らかい印象なので、素材も軽くてふんわりとしたものを選ぶと、ウェーブタイプの人の雰囲気によく合います。

ナチュラル

アシンメトリーのロングスカートは、ナチュラルタイプの人におすすめのスタイルです。カジュアルな雰囲気が似合います。Aラインで重心を下げて見せることで、上半身とのバランスをとることができます。素材も、麻や綿などの天然素材を選んであげると、カジュアルな雰囲気にぴったりと合います。

コート

骨格タイプ別コートの着こなしを紹介します。

ストレート

ストレートタイプの人はベーシックなトレンチコートが似合います。素材も高級感がありハリのあるものが似合います。前のボタンは開けて、縦のIラインを作ってあげると着やせして見えます。

ウェーブ

ウェーブタイプの人は重心が下にあるので、短めのコートがおすすめです。リボンでウエストを絞ってあげるとすっきりして見えます。素材が軽くてソフトなものが似合います。

ナチュラル

テロンチは、ナチュラルタイプの人のしっかりとしたボディラインをカバーするのにぴったりです。大きめのサイズのコートをさらっと羽織ることでルーズなシルエットを作ってあげましょう。

パンツ

骨格タイプ別パンツの着こなしを紹介します。

ストレート

ストレートタイプの人は重心が下がって見えるので、裾が広がったパンツは着太りして見えてしまいます。そのため、センタープレスのあるきれいめのパンツがよく似合います。

ウェーブ

ウェーブタイプの人は、ふんわりした素材のガウチョパンツで華やかな印象がアップします。ウエストにベルトを巻くことで、メリハリのついたスタイルになります。

ナチュラル

ゆったりとしたガウチョパンツは、ナチュラルタイプの人にとっても似合います。ガウチョパンツとロングカーディガンと合わせても、だらしなくならずエレガントに着こなせます。

小物

骨格タイプ別の似合う小物を紹介します。

ストレート

ストレートタイプの人が苦手とする首が短く見える詰まった襟の服を着る時、ロングネックレスを付けることで、Iラインを作ることができます。視線を下に下げてあげることで、すっきりとした印象になります。ボリューム感の出ない、シンプルなデザインのものがよく似合います。

ウェーブ

首元が寂しくみえてしまうウェーブタイプの人におすすめなのが、ビジューのネックレスです。胸元が開いた服やシンプルなニットを着た時など、ボリューム感のあるネックレスを付けると華やかな印象になります。同じ理由で、寒い時にはファーのスヌードもおすすめです。

ナチュラル

天然の素材が似合うナチュラルタイプの人には、大振りで長めのネックレスがおすすめです。みぞおちにくるくらい長いネックレスは、しっかりとした骨格のナチュラルタイプの人にぴったりです。個性的なデザインのものがよく似合うのも、ナチュラルタイプの人の特徴です。反対に、ツヤのある素材や光る素材は服の雰囲気に合わないので、避けた方がいいでしょう。

骨格タイプを知ってもっと魅力的な自分に!

自分の骨格タイプを知ることで、似合う服や似合う小物がはっきりとわかるようになります。お店で服を選ぶ時にも、自分に似合う服のタイプを知っていれば、迷ったり買って失敗したりすることがなくなり無駄を減らせます。骨格タイプを知り、自分に似合う服を着て、さらに魅力的な自分になりましょう。

関連記事

Related