Search

検索したいワードを入力してください

眉毛エクステのやり方・セルフでもできるのか・もち・資格

Author nopic iconひめらぼ
メイク・コスメ / 2018年12月29日
眉毛エクステのやり方・セルフでもできるのか・もち・資格

眉毛エクステとは?

眉毛エクステとは、自分の眉毛一本に対して眉毛エクステ一本を専用のグルー(接着剤)でつけて眉毛を増やす方法です。サロンによっては、眉毛のないところにエクステをつけれるところもあります。眉毛を思いどおりに減らすことは、自分で抜く・剃るといった方法で簡単にできます。しかし、思いどおりに生やすことは不可能です。

柔らかい印象を与える太い眉や、意思のある強い眉がブームになりつつある今、眉毛が薄い人、眉毛にムラがある人、眉毛の形が左右違う人など、女性だけではなく男性にも眉毛エクステはおすすめです。

しかしその一方で、まだメジャーではないので技術者が少なく、施術サロンが少なかったり、料金が高めであったり、もちが悪かったりとやりたくてもなかなかできないのも現状です。

そんな眉毛エクステのメリット・デメリットをみていきましょう。

メリットとは?

まず最大のメリットは、眉毛を増やすことができることです。

【眉を増やせる】ボリュームが出て濃くなります。

【すっぴんでもOK】旅行などのお泊りでも眉をキープできます。

【メイク時間短縮】朝の忙しい時間にお仕事をされてる人にも、ママにも役立ちます。

【自分の理想の眉に】立体的でカラーも選べるので、自然に仕上がります。

【男性にもおすすめ】男性でも施術できます。

このようなメリットがあり便利です。

デメリットとは?

便利なものである一方、デメリットもあります。

【もちが悪い】一時的な処置になってしまい、マツエクと比較するともちが悪いです。

【値段が高め】まだ技術者が少ないので施術サロンも少なく、料金も高めです。

【眉毛に負担】元々薄い方はエクステすることにより、生えにくくなることもあります。

【仕上がりに不満】理想との差が生じることもあります。

【肌荒れの心配】敏感肌の方はかゆみがでることもあります。

このように、良いことばかりではないのも事実です。

眉毛エクステのやり方とは?

眉毛エクステのやり方ですが、眉毛エクステを一本ピンセットで持ちます。ピンセットに取った眉毛エクステに専用のグルー(接着剤)をつけます。次に、付けたい場所に眉毛エクステを付けます。このままでも良いですが、場合によってはお好みで毛の長さをカットできます。

サロンでの手順は?

基本眉毛エクステはサロンで付けることになります。施術時間は、事前カウンセリングも含めて大体2時間くらいになります。サロンでの手順は次のようになります。

①カウンセリング:眉毛は骨格に沿って生えてるので、表情や動きも人それぞれです。その人のメイクも考慮しつつ希望を聞きながら、その人に合う最適な形を決めていきます。なので、事前に理想の眉を考えておきます。

②メイクを落とす:メイクや日焼け止めの油分があると、接着剤の付きが悪くなってしまうので落とします。

③プロテクションクリームを塗る:目や眉毛あたりの皮膚は薄くデリケートなので、傷つかないように施術開始前にクリームを塗って保護しておきます。

④眉毛エクステを付けていく:カウンセリングで決めた形になるように、眉毛エクステを専用のグルーで付けていきます。

注意すべき点は?

まずサロンは早めに予約することです。技術者も少ないので、ギリギリでは希望する日に付けることができなくなってしまいます。

サロンに行く前は眉毛を剃ったり抜いたりという自己処理は控えます。できる限り何も手を加えないで行くことで、理想の眉への成功に繋がります。

眉毛エクステをした後は、眉マスカラが使用できなくなるので、どうしても色を変えたい人は事前に染めるか脱色する必要があります。

美容整形を行った場合、安全のため二カ月は眉毛エクステの施術はできないことになっています。

また施術後に敏感な人は、かゆみがでたりする場合があります。違和感を感じたら施術サロン、もしくは専門医に相談する必要があります。そのことも踏まえて敏感肌の人や肌荒れが心配な人は、事前に相談するようにしましょう。

眉毛エクステのもちはどのくらい?

眉毛エクステのもちですが、大体1週間~3週間ほどで限界がきてしまいます。地肌に直接つけた場合は、1週間~2週間と早く限界がきてしまいます。

せっかく付けた眉毛エクステを少しでも長持ちさせるためには、アフターケアが重要になってきます。アフターケアをするのとしないのでは、明らかにもちが変わります。極端に言うとアフターケアをしないと二日でとれてしまうこともあります。

そんな眉毛エクステを長持ちさせる秘訣のアフターケアについてご紹介します。

アフターケアって何?

・触れない&濡らさない:眉毛エクステを長持ちさせるためにはしっかり乾燥させて、できるだけ触れないことが大切になってきます。特に施術後6~8時間は洗顔や入浴を避け、汗をかかないようにします。無意識にこすりがちな人も触らないよう注意が必要です。

・クレンジングはオイルフリー:油分の多いクレンジングは控えます。オイルフリーと書いてある水クレンジング、クレンジングリキッド、水系ジェルクレンジングなどを使います。サロンでも販売しているところもありますが、値段が少し高めになっている場合もあります。

・洗顔:洗顔をする時もこすらず優しく洗います。顔を拭く時もタオルの繊維が引っかからないように優しく、眉はおさえる程度にします。

・メイク:眉毛マスカラとペンシルが使用できなくなるので、パウダーを毛の流れに沿って使用します。

・睡眠:布団や枕などの寝具にこすれないように仰向けで寝ます。

眉毛エクステの値段っていくら?

デメリットにもあるように値段は少し高めに設定されています。まだメジャーになっていない眉毛エクステなので、技術者が少ないため施術できるサロンが少ないこともあります。

大体1本100~200円の間が相場になっています。まつげエクステのように30~150本の本数が限定されてるものと、本数ではなく時間内でつけ放題のメニューがあり、ぞれぞれ価格が設定されています。

以下の表のようにサロンによって価格の差があります。

眉毛エクステをつける目安としては、左右のムラをなくすなら40本くらい、しっかり増やすなら100本くらいになります。

眉毛エクステメニューの種類眉毛エクステの価格相場
30本4,000~4,500円
60本5,000~6,000円
80本7,000~8,000円
100本7,000~10,000円
60分つけ放題6,000~7,000円
90分つけ放題8,000~9,000円

眉毛エクステはセルフでもできるの?

まだキットが流通してないので手軽にとはいきませんが、資格を取得すればセルフで眉毛エクステも可能です。

自分の好きなとおりの形にしたい人、他人に触られたくない人、お店に長時間拘束されたくない人、安く済ませたい人にはセルフはおすすめです。

資格とはどんなもの?

「一般社団法人日本眉毛エクステンション協会」という団体が、眉毛エクステを普及させるために講師を育てる活動を行ってます。それぞれ目的によって3つのコースがあります。資格を取得すると、眉毛エクステサロン開業もできるようになります。

セルフで眉毛エクステをしたい方には、ビギナーコースです。受講料は2.5時間で5万円(税別)になります。2万円相当の眉毛エクステキットが込みの値段になってます。最後にビギナー修了書が発行されます。

他にも、プロの方を対象としたプロフェッショナルコースや、協会認定講師資格講座も行われています。

眉毛エクステのキットってあるの?

業務用を除き一般用としては、まだキットとして販売されてるのは少ないのが現状です。眉毛エクステをするにあたって必要な材料は、眉毛用エクステ本体、眉毛エクステ専用グルー(毛用)、エクステ用ピンセット、必要な人は眉毛エクステ専用グルー(皮膚用)になります。検索すると単品での販売で見つけることができます。

お手軽に1DAYエクステ

1DAYエクステとは、接着ジェルの中に眉毛ファイバーが入っており、好きなところにのせ、形を整えて乾燥させると完成するとても手軽な物です。その日の気分で簡単に使用できるのですが、色が選べないのと立体的にならないのが少し難点ではあります。

眉毛エクステの商材の選び方とは?

眉毛エクステもまつ毛エクステと同じように、品質と安全性に着目して選びます。

眉毛エクステのグルーとまつ毛エクステのグルーは主成分はほぼ同じなのですが、眉毛とまつ毛では毛の太さや皮脂量が違うので、間違わないように注意して選ぶ必要があります。

眉毛エクステのスクールの選び方とは?

まだまだスクール自体も多くはないですが、通学してしっかり学べるところと、通信教育でも学ぶことができます。自分に合ったスタイルを選択できます。

エクステ以外の眉毛のお手入れは方法?

今までご紹介してきたように眉毛エクステには、メリット・デメリットがそれぞれあります。アフターケアでもちは変わってきますが、どうしても一時的な処置にすぎず、手間もお金もかかってしまいます。また、敏感肌の人は肌荒れしないか気になるでしょう。

エクステ以外にもお手入れ方法がありますので少しご紹介します。

眉毛育毛剤(美容液)

自然に生やしたい人は眉毛育毛剤がおすすめです。一口のに育毛剤と言っても、目的によってさまざまなタイプの種類があります。

【眉毛発毛剤】新しく毛を生やす効果のある物です。

【眉毛育毛剤】今生えてる毛を丈夫に育てる効果のある物です。

【美容液】毛にハリ・コシを与える効果のある物です。

自分の眉のタイプに合わせて選びます。中にはまつ毛兼用で使用できるものもありますが、兼用でないものをまつ毛や頭髪に使用することはできません。購入時によく読んでから買うようにしましょう。

眉毛サロン

眉毛サロンとは、専用ワックスを使用してムダな眉毛を除去したり、毛抜きやハサミでカットして眉毛を整えてくれるサロンです。

料金は4,000円くらいになります。もちは一カ月ほどもちますが、お手入れが必要となってきます。お手入れ方法は伸びた部分をハサミでカットするか、毛抜きで抜く簡易的なものになります。

ムダな部分を処理しているだけなので特に制約はなく、どのタイプのクレンジングを使用しても問題ないですし、こすっても汗をかいても問題なく過ごすことができます。メイクも足りない部分をパウダーやペンシルで描きたすだけで大丈夫です。

このように自己処理が必要になってはきますが、なかなか左右対称に眉毛の形を整えることが上手くできない方には、サロンでベースを作ってもらえると自己処理も容易になってきます。

眉毛エクステで立体的な眉毛にしよう!

いかがでしたか。このようにまだメジャーではない眉毛エクステなので、サロンで施術するのもセルフで行うのも容易ではないですが、眉毛エクステで立体的な眉にできます。

少し高めではあるので、普段からつけるというよりは、旅行や海、パーティーなどのイベントで試してみてはいかがでしょうか。