Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】からし色を使ったコーディネート・着こなし・相性

Author nopic iconまる
コーディネート / 2018年12月26日
【季節別】からし色を使ったコーディネート・着こなし・相性

からし色ってどんな色?

数年前から、若い女性にも人気がじわじわと上がってきている「からし色」。しかし、中にはからし色と聞いてもイマイチぴんとこないという人もいるでしょう。

そこで、からし色が具体的にどのような色なのかをご紹介します。コーデに取り入れる前に、からし色のことを色々と学んでおきましょう。

くすんだ黄色

からし色は、文字のとおり植物の「芥子」のような色のことを指します。西洋ではマスタード色と呼ばれるなど、日本のみならず世界中で古くから愛されているカラーです。

色の濃淡で言えば、くすんだ黄色から黄土色、オレンジに近い濃い黄色まで色々なカラーが存在します。一般的なのは黄緑に近いくすんだ黄色で、日本では着物の帯などにも取り入れられることの多い古風な印象の強いカラーです。

落ち着いた大人のカラー

からし色は、オーソドックスな原色の黄色よりも大人っぽい印象を受けるカラーです。個性的な色合いをしていますが、主張は激しくなく、日本人の肌にすっと馴染むのが特徴です。

また、差し色としての効果も抜群で、靴やバッグなどちょっとした小物で取り入れてもインパクトを残せるのも魅力です。落ち着いたカラーなので、原色の黄色よりもコーデがしやすいのもポイントと言えます。

秋冬にぴったり

からし色は、その色合いから秋冬のコーデで取り入れられることが多いカラーです。特に秋には、からし色のファッションアイテムが多く出回ります。ニットからマフラーなどの小物まで、あらゆるアイテムに使われ、最近では若い女性からの人気も高い色になっています。

もちろん、コーデ次第では春夏に取り入れても違和感のないカラーです。秋冬には濃いめのからし色が、春夏には黄色に近い明るめのからし色が似合います。

からし色の服の相性は?からし色のコーディネート

ここからは、具体的にからし色を使ったコーディネートの例を見ていきましょう。からし色がどのようなカラーと相性が良いのか・どのようなファッションアイテムに取り入れるとおしゃれになるのかなど、からし色の特徴を活かすポイント交えてご紹介します。

トップス

からし色のトップスは、黄色と同じように白のアイテムとの相性が抜群です。からし色のトップスが大人っぽく古風な印象を与える分、白のボトムスが爽やかさと若々しさでコーデ全体にまとまりを持たせてくれます。

あるいは、黒や紺のボトムスと合わせてもおしゃれになるでしょう。白のボトムスと合わせる場合は、小物で黒系の色を足すと、引き締まったコーデになります。

ニット

からし色のアイテムで多く見られるのが、秋冬に大活躍するニットです。からし色のニットの着方として多いのはデニムのボトムスと合わせるやり方ですが、個性を出したい人にはチェックやボーダーといった柄物をおすすめします。

チェックとからし色のニットを合わせると、場合によっては古臭く見えてしまうことがあるので、前だけインやスニーカーといったコーデの仕方で若々しさを出すことが大切です。

スカート

からし色は、スカートにも多く使われます。その中でも、ロングスカートに取り入れられることが多く、フェミニンですが落ち着いたコーデがたくさん見受けられます。ロングスカートの場合も、トップスは白や黒といったシンプルなカラーがよく合います。

細身のトップスの場合は、フレアスカートなど広がりのあるスカートが似合い、ニット系のトップスの場合は、タイトスカート系のきっちりとしたデザインのスカートが合います。

ワンピース

からし色のワンピースは、個性を求める人におすすめのアイテムです。おばさん臭くなりそうと不安に思う人もいるでしょうが、意外にも可愛く若々しいコーデに仕上がります。からし色の単色のワンピースの場合は、靴や羽織物などで差し色を足すと、よりおしゃれなコーデになるでしょう。

また、単色コーデの場合は、画像のように柄物やニット生地など少し変わったデザインのワンピースのほうが、楽におしゃれなコーデに仕上げることができます。ベルトやコルセットなどで、さらにフェミニンに仕上げるのも良いでしょう。

ズボン

パンツ系にからし色を取り入れるなら、ワイドパンツがおすすめです。からし色は古風で年齢以上に見えることもあるアイテムですが、ワイドパンツのラフさがからし色に若々しさを出してくれます。

からし色のワイドパンツのインパクトが強いので、トップスはシンプルなデザインのアイテムでもおしゃれなコーデになります。デニムやモノクロ系との相性が良いので、コーデのどこかにそれらのアイテムを取り入れてみると良いでしょう。

小物

からし色は、小物でさり気なくコーデに取り入れるのもおすすめです。特に、ニット帽やベレー帽といった可愛らしいデザインの帽子との相性が抜群で、モノクロのシンプルなコーデをおしゃれに見せてくれます。

秋冬は、ニット帽やマフラーといった厚手の生地のアイテムに用いると可愛いコーデになります。春夏はマフラー類は着用できないので、バッグや靴といった小物で取り入れるようにしましょう。

季節別からし色のコーディネート

からし色は、季節ごとにおすすめの取り入れ方は異なります。ここでは、春夏秋冬でからし色をよりおしゃれなカラーに見せるコーデをご紹介します。今まで秋冬にばかりからし色を使っていたという人は、春夏のコーデにも注目してご覧ください。

春のからし色コーデは、パーカーやカーディガンでさり気なく色を足すのがおすすめです。暖かくなるとはいえ、朝晩は肌寒い日も多い春は、パーカーやジャケットなどの羽織物が欠かせません。そうしたアイテムにからし色を取り入れることで、嫌味なくおしゃれをアピールすることができます。

爽やかな春は、白のアイテムと合わせるとすっきりしたコーデに見えます。特に、アウターのからし色が映えるように、トップスに白を持ってくるのがおすすめです。

暑い夏は、からし色のプリーツスカートで涼しげにコーディネートするのがおすすめです。さらに、トップスに白を使うことで清涼感を出すことができます。夏のコーデにからし色を使うことはあまりありませんが、組み合わせ次第では、からし色が夏らしい明るいアイテムに変身します。

もしくは、からし色のワンピースでシンプルなコーデにしても夏らしさを出すことができるでしょう。その場合は、薄めのからし色のアイテムのほうが、より夏のコーデに合わせやすいのでおすすめです。

秋はからし色は最も活躍する季節です。そんな秋のからし色コーデは、ワイドパンツでラフに仕上げましょう。ロングスカートでも良いですが、ワイドパンツのほうが軽さが出てより秋らしいコーデになります。トップスには、ニットなど厚手の生地のアイテムを用いるのがおすすめです。

春夏とは反対に、秋は黒のアイテムと合わせると、より季節感のあるコーデに仕上がります。重くなりそうという場合は、裾インスタイルやノースリーブを合わせることで軽さを出すようにしましょう。

冬のからし色コーデは、コートで大胆に取り入れると可愛く仕上がります。厚着をする冬は、からし色の場合少し野暮ったく見えてしまうこともありますが、脱ぎ着をするコートなら重苦しくなく自然とからし色を取り入れることができます。

からし色のコートにも色々な種類がありますが、可愛いコーデにしたいならダッフルコートがおすすめです。少女っぽさが可愛いダッフルコートも、からし色なら子供っぽくなりすぎないので、20代以上の大人の女性でも気楽に合わせることができます。

からし色で大人のファッションを楽しもう

一見、色の合わせ方が難しそうに見えるからし色も、ポイントを押さえれば誰でも簡単におしゃれにコーディネートすることができます。また、からし色は秋冬の色というイメージが強いですが、春夏に取り入れるとまた違った印象になる不思議なカラーです。

いつも同じような色でコーデがマンネリ化している人や、コーデに差し色を足してよりおしゃれなファッションにしたい人は、からし色もぜひ検討してみてください。