Search

検索したいワードを入力してください

白シャツから透けないインナーの選び方|インナーには何色を着る?

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年04月30日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

白シャツから透けないインナーの選び方|インナーには何色を着る?

白シャツからインナーが透ける理由とは?

仕事でもプライベートでも、白シャツを着る機会が多い男性。
インナーは肌着としての役割もあり、汗の吸収や肌が透けてしまうことを防ぐためにも必要不可欠です。

では、なぜ白シャツの下に着ているインナーが透けてしまうのでしょうか

白シャツに白のインナーは透けやすい!

白シャツの下に、白のインナーを着てしまうと、肌の色とシャツのコントラストが大きいため、中に着ているインナーの境目がシャツから透けて見えてしまいます。

肌の色が透けて見えるのは防ぐことができますが、インナーが透けてしまってはダサくなってしまいますね。

白シャツの下に着るインナーのおすすめ色

同じデザインで同じ素材であってもインナーはカラーにより透けにくいものがあります。どんな色のインナーを選ぶといいのでしょうか?

白のインナーは透けやすいので避けましょう

合わせやすいとされている白インナーですが、実は透けやすい色です。

長袖のシャツの中に白いインナーを着ている場合、袖の部分から中の白いインナーが見えている…というのはよくあります。

あまりにも白すぎる色のインナーは避けましょう。首元がよれよれで清潔感のないインナーもNGです。

ベージュインナーは透けにくいのでおすすめ!

白シャツの下に着るインナーで、透けにくい色はベージュです。

ベージュは白よりも、肌の色とのコントラストが少なく、白シャツから透けていても目立ちにくいです。

ベージュの中でも、色が濃いベージュよりは、肌なじみのいいヌーディーなベージュがおすすめです。

黒やグレーのインナーはオシャレ度がアップ

黒やグレーのインナーを白シャツの下に着ると、色が濃い分どうしても透けてみえることはあります。

ただし、白いインナーのように「下着が透けている」というよりは、あえてインナーを見せているという透け方になるので、ワンランク上のコーデに挑戦したい方におすすめです。

白シャツの着こなしコーデ

メンズの白シャツを使った着こなしコーデをご紹介します。

1. 白シャツ×ダウンベスト

肌寒くなってくると、スーツの下に白シャツ1枚だと、なんだか肌寒く感じることも。白シャツの上にセーターやカーディガンはありきたりのコーデで物足りない…。

そんなときには、白シャツの上に袖なしのダウンベストを重ね着してひと味違うコーデを楽しみましょう。

通勤コーデとしてもおすすめです。

2. 白シャツ×スキニーデニム

白シャツとデニムの組み合わせは、オールシーズン使える王道コーデです。

カジュアルな着こなしですが、どこかすっきりとした印象に。