Search

検索したいワードを入力してください

本気で痩せる方法&コツ|おすすめの運動|おすすめの食事

Small 6ceb6355 1ad3 4b86 a1f6 baee16ebf1f4マサ
ヘルスケア / 2018年03月30日
本気で痩せる方法&コツ|おすすめの運動|おすすめの食事

ダイエットをする前に

ダイエットをする前に、肥満になるメカニズムを簡単に説明します。カロリーには、摂取カロリーと消費カロリーがあります。摂取カロリーの源泉になっているのが食物です。

摂取カロリーが消費カロリーよりも過度に多い場合は、肥満体質になりやすいです。この公式を原点にダイエットに取り組めば、ダイエットする目的意識が強くなるでしょう。何事も理を理解すれば、信念を持って解決へ向かっていけます。

ダイエットの注意点

ダイエットをしてスリムになると意気込んでも、挫折する人は多いです。挫折する理由の中で一番多いのは目標倒れでしょう。ダイエットを短期間で成功させようと思ったら、挫折する可能性が高いです。

人は慣れの動物と言われていますが、ダイエットも徐々に慣らしていくことが大切です。耐性が付いていないのに、先を急げば息切れしてダイエットに失敗するだけです。命に関わるような肥満体の人はすぐに病院にいくべきですが、そうでない人は中長期的な目標でダイエットに取り組んでいきましょう。

その間に一進一退することもあるでしょう。しかし最終的にダイエットに成功したらいいです。そのためにはなるべく一喜一憂せずに、やるべきことを地道に実行していく姿勢が必要になってきます。千里の道も一歩からです。ダイエットも地道に取り組みましょう。

本気で痩せる方法とコツ

本気で痩せようと決意している人は真剣度が違うでしょう。しかし間違った方法でダイエットに取り組んでも、なかなか成果が上がらずに落ち込んでしまいます。ダイエットは正しい方法で取り組んでこそ、確実な成果を上げることができます。

以下に紹介することは、ダイエットにおいて効果的な二つの方法です。二つのことを地道に繰り返すことによって、少しずつダイエットの成果を得ることができるでしょう。本気で痩せたい人の役に立つように、できる限り具体的に紹介していきましょう。

こまめな運動で痩せる

強豪校の部活のようなハードな運動は必要ありません。ハードな運動はダイエットが挫折する原因になります。それよりも少しだけ負荷のかかる運動を、小まめにする方がいいでしょう。小まめな運動を繰り返すことによって、少しずつ消費カロリーは増えていきます。

消費カロリーが増えていけば脂肪が付きにくくなり、結果的にダイエットに成功します。ダイエットに適した小まめな運動はいろいろありますが、今回は家でもできるスクワットを紹介します。スクワットは注目されているダイエット運動です。

スクワット

スクワットはダイエットに適した運動です。適している理由は少ない回数であっても、消費エネルギーが多いことです。両手を後頭部辺りで組みましょう。それから腰を下に落としていきます。腰を落とした状態で数秒間停止しましょう。

この動きを10回するようにしましょう。このスクワット方法の注意点は反動でしないことです。意識的にゆっくりした動きでしましょう。最初は一日に一セット10回を数回程度でいいですが、慣れてきたら一セットを10回ぐらいするようにしましょう。

規則的な食生活で痩せる

規則的な食生活も痩せるためには大切なことです。食生活が乱れていたら健康にも悪影響を与えますし、余分な脂肪が付く可能性もあります。特に寝る前の食事は、痩せるためには絶対に避けるべきです。

痩せるための食事の工夫としては、朝食をしっかりと食べて夕食を少なめにすることを、お勧めします。昼間の仕事の人は午前中に、消費カロリーを放出する人が多いでしょう。朝食をしっかりと摂って、仕事中の活動に備えましょう。

しかし夕食以降は活動することが少なくなるので、多くのエネルギーを吸収する必要がありません。従って夕食は少なめの方が痩せるためには効果的です。活動が少ないのに食物で多くのエネルギーを摂取すれば、脂肪が付く可能性が増えてきます。

間食を摂らない

本気で痩せたい人は、間食を控えた方がいいでしょう。職場で出された間食は断りにくいので食べてもいいです。しかし休日中に間食を摂ることは我慢しましょう。間食の量が多くなくても、習慣になれば多くの摂取カロリーになってしまいます。

間食を絶つのも最初はつらいでしょう。でも間食が痩せることの大敵であるのは、多くの人が知っています。それでもなかなか間食がやめられないのは、なぜでしょうか。間食がやめられない理由の一つに、空腹感を感じることが挙げられます。

それでは空腹感を感じないようにするには、どうすればいいのでしょうか。しっかりと昼食を食べるのが効果的です。空腹感は昼食と夕食の間に、感じることが多いです。その間を気をつけたらいいです。昼食は流し込むように食べずに、しっかりと噛んで食べましょう。それだけで満腹感が長持ちします。

エステに通う

一人で痩せる努力をするのがつらい人は、エステに通えばいいでしょう。最近のエステはダイエットに特化した、施術が増えてきました。その中には足だけ痩せる、リフィートという施術内容もあります。痩せたい部分をカウンセリングのときに、しっかりと相談しましょう。

本格的なエステ店は利用者に合った、施術のプログラムを組んでくれます。費用がかかるのが難点ですが、一人で痩せる努力ができない人は利用しましょう。良いエステ店を選ぶポイントがあります。

ポイントの一つは、カウンセリングのときに親身になって聞いてくれることです。二つ目はホームページやパンフレットに、明確な施術内容を掲載していることです。三つ目はメールや電話の対応のときの丁寧さです。

ダイエット仲間を作る

自分に合ったダイエット方法を見つけたとしても、長続きしない人はいます。その理由として挙げられるのは、目標を持続する難しさです。人は弱い生き物です。ついつい怠けてしまいます。そのままダイエットをやめる人もいるでしょう。

そんなことを防ぐために、ダイエット仲間を作ることを、お勧めします。仲間と一緒にダイエットを続けたら、ダイエット談義に花が咲くでしょう。実際に痩せることで、笑い声が絶えない集まりになっていく可能性があります。

近所にダイエット仲間がいない場合は、インターネットでダイエット仲間を募ってもいいでしょう。地域密着型のソーシャルネットワークシステムがあれば、それを利用するのもいいでしょう。真剣に痩せたいと願っている人は、近所にもいる可能性があります。

スクワット以外のおすすめの運動で痩せる

スクワットが痩せる体質を作るのに、効果があるのは紹介しました。スクワット以外でも痩せる運動はあります。それらの運動を紹介していきましょう。いずれもやる気さえあれば、誰でもできる痩せるための運動です。

最初は苦しいでしょう。それでも痩せる喜びを味わったら長続きしやすいです。何事もある程度は継続することが大切になります。痩せるための努力も同じです。自分なりのペースで痩せるための運動をしましょう。

水泳

水泳をしている人に太った人は少ないです。その理由は水泳は消費カロリーが高くて、ダイエット効果が高いからです。家にプールがある人は別ですが、水泳するにはプールのある場所に行かなくてはいけません。

近所の公民館でもプールを開放しているケースがありますので、町を紹介しているフリーペーパーや冊子で確かめましょう。泳ぎが苦手な人であっても問題はありません。全く泳げない人は水中を歩くだけでも、痩せるには効果的です。

水中で歩くことは想像以上の水の抵抗があります。その抵抗に負けずに歩くことで、消費カロリーが増えていきます。

ランニング

有酸素運動のランニングは、痩せるには効果のある運動種目です。早朝に近所の大きな公園を歩けば、雨の日でない限りランニングをしている人を見ることがあるでしょう。ランニングをしている人の中には、痩せるためにランニングをしている人もいるでしょう。

最初から長距離をランニングするのは難しいので、最初は短い距離から始めてください。そのうちに体力が付いてきて、長距離のランニングができるようになります。

ランニングをするときは、人がいない早朝をお勧めします。早朝の空気を吸えば健康的な気分になります。その後の朝食はいつも以上に美味しく感じるでしょう。

登山

登山をしている人はマイペースで動いているように見えますが、登山も痩せるには効果的です。登山で痩せる利点は、自然を感じながら痩せる効果が出ることです。近所に山がない人は頻繁に登山をするわけにはいきませんが、休日にすることがなければ登山してみましょう。

登山は長く続ける人が多いです。やはり大自然を感じながら、歩くことが爽快なんでしょう。痩せるために始めた登山が、次第に趣味になる人がいても不思議ではありません。

痩せるためにおすすめの食事内容

痩せるためには、食事内容にも気を配ることは大切です。でもどんな食事内容がいいのかが、分からない人はいるでしょう。そんな人のために効果的に痩せる食事内容を紹介していきましょう。

痩せる食事内容は、簡単に料理できるものがいいでしょう。これから紹介する食事内容も、材料さえあれば簡単に料理できます。面倒くさがり屋の人でも、問題はないでしょう。

カレーライス

カレーはカロリーが多くて、ダイエットには不向きとされていました。しかし最近はカレーダイエットを推奨する医師もでてきました。カレーで痩せる理由を説明していきます。説明を読めば、納得して食べることができるでしょう。

カレーの成分

カレーには多くのスパイスが含まれています。

代表的なスパイスを挙げましたが、いずれも血の巡りをよくして、代謝を活性化してくれる働きがあります。代謝が活性化すれば、痩せやすい体質になります。

カレーはできたら、朝に食べるのが効果的と言われています。その理由は朝に食べたら体温が上昇して、より代謝が活性化しやすいからです。カレーライスは缶詰の商品もあるので、朝食にしてもいいでしょう。

スパイスの種類スパイスの種類
スパイスの種類レッドペッパーシナモン
スパイスの種類ターメリッククミン
スパイスの種類コリアンダーカルダモン
スパイスの種類オーススパイス

痩せたらいいことが一杯ある

人は太って不都合を感じたときに、初めて真剣に痩せようとします。しかし肥満体質になった体は、一朝一夕には元には戻せません。元の体型に戻す過程で、何人かの人が挫折してしまいます。しかし健康を損なう肥満体質からは、一刻も早く抜け出すべきです。

ダイエットを長続きさせるには、痩せた効果を想像しましょう。階段の上り下りが楽になる。膝の痛みが解消される。動きやすくて健康的な気分になる。そんな楽しみを想像すれば、ダイエットが長続きしやすいです。

他にも痩せることの効用はあるでしょう。痩せたらいいことは一杯あります。そんな痩せた自分の姿をありありと想像して、ダイエットに励みましょう。

関連記事

Related