Search

検索したいワードを入力してください

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

Author nopic iconユキムラ
ヘアスタイル / 2018年04月09日
【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ
【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

外国人のようなふわふわしたパーマに憧れますが、ヘアアイロンやコテで巻くと熱による髪へのダメージが気になりますし、忙しい朝に時間をかけてはいられません。

しかし貧乏パーマなら前日の夜に仕込んで眠るだけですので、髪が痛むことはありませんし朝のヘアセットにも時間がかかりません。家にあるもので簡単にできますので、手軽にチャレンジすることができます。今回は髪型別の貧乏パーマのやり方やアレンジ、コツなどの方法を紹介します。

貧乏パーマのいいところ

パーマといえば美容院でかけるもの、ヘアアイロンやコテで巻くものだと考える方が多いでしょう。熱をあたえて作るパーマはとてもきれいに仕上がりますが、どんなにスタイリング剤を使用しても髪へのダメージは避けられません。髪をカラーリング剤で染めているなら、ダメージはさらにひどくなってしまいます。

しかし貧乏パーマは基本的に熱をあたえないので、髪へのダメージはもちろん、ヘアアイロンやコテでやけどをする心配もありません。美容院でお金をかけずに、ふわふわのパーマが手に入ります。

貧乏パーマは美容院でかけるパーマと違い一日限りのパーマになりますが、その日の気分やコーディネートによっていろいろなヘアアレンジができることが強みです。まずは簡単にできる貧乏パーマのやり方を見て、今夜チャレンジしてみましょう。

髪型別で紹介!貧乏パーマのやり方

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

人によって髪の長さや量も違いますし、貧乏パーマのやり方に得手不得手もあるでしょう。ここでは髪型別に着目した貧乏パーマのやり方をいくつか紹介していきます。番外編も用意しているので、そちらも参考にしてみて下さい。

ロング編

ロングヘアの貧乏パーマは、三つ編みで作っていきましょう。

1、髪を霧吹きなどで軽く濡らします。

2、髪を両サイドふたつに分け、パーマをかけたい位置から三つ編みします。

3、毛先を数㎝残し、輪にしてヘアゴムと一緒に結びます。

また、三つ編みではなく編み込みをしていくと、トップからきれいなパーマがかかります。編み込みが難しい方は、後述するミディアムや、ボブとショートヘアの貧乏パーマのやり方を参考にして下さい。

ミディアム編

ミディアムの貧乏パーマも、ロングヘアと同じように三つ編みで作りたいところですが、ロングヘアと違ってあまり髪の長さがないので、同じように三つ編みすると不自然なパーマになってしまいます。それを防ぐため、ミディアムはロングヘアとは少し違った方法で三つ編みしましょう。

1、髪を霧吹きなどで軽く濡らします。

2、髪を上下に分けて、それぞれを三つ編みします。

髪の量が多い方やしっかりパーマをかけたい方は、上下に分けた髪をさらにふたつに分けて三つ編みすると、きれいに仕上がります。

ボブとショート編

ボブやショートヘアの貧乏パーマは、ロングヘアのように三つ編みするのは難しいので、ボブとショートヘアの貧乏パーマは髪をねじってパーマをかけていきます。この貧乏パーマは、ミディアムやロングヘアでもできます。三つ編みや編み込みが難しい方は、この貧乏パーマの方法でチャレンジしてみて下さい。

1、髪を霧吹きなどで軽く濡らします。

2、髪をトップから適量とり、ねじっていきます。

3、おだんごになるまでねじり、最後に毛先ごとヘアゴムで結びます。

4、数か所を同じようにねじっておだんごにしていきます。

おだんごの数が多ければ、細かいパーマができます。三つ編みや編み込みに比べれば、ねじるだけですのでとても簡単です。

番外編

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

髪型別に紹介したものは、ヘアゴムのみでできる貧乏パーマでした。ここからはその他、いろんな髪型に使える貧乏パーマのアイテムを紹介します。家にあるものから100円ショップなどで購入できるもの、あなたに合ったアイテムを見つけていきましょう。

ソックカール

靴下を使うソックカールと呼ばれる方法があります。やり方はとても簡単で、巻きたいところの髪を軽く霧吹きで湿らせて、靴下に髪を巻きつけていきます。巻き終わったら最後に靴下の両端を結ぶだけです。ボリュームのあるパーマができます。

シュシュに巻きつける

トップの高い位置でヘアゴムを使い、ポニーテールを作ります。ポニーテールにした髪をシュシュの真ん中に通して髪を巻きつけていきます。毛束を引っ張りながらまっすぐキープして巻きつけていくと、うまくまとまります。おだんごのようになったら完成です。ポニーテールはヘアゴムできつくしばらないことがポイントです。

また、シュシュの代わりにいらない靴下を代用することができます。つま先部分を切り落とした靴下を端からドーナツ状にまるめてソックバンを作ります。シュシュと同じように髪をソックバンに巻きつけていけば完成です。

ティッシュカール

ティッシュカールもソックカールと同じ要領で、細長くまるめたティッシュにねじった髪を巻きつけていきます。ティッシュカールはソックカールより細かく巻いていくので、ソバージュのような仕上がりになります。

ヘアターバン

毛先だけにパーマをかけたい時にヘアターバンを使います。髪を霧吹きなどで軽く濡らしヘアターバンを頭に付け、ずれないように数か所をヘアピンなどで固定します。後ろ髪を適量とりヘアターバンに巻きつけていきます。毛先だけにかかるので、上品な仕上がりになります。

ヘアカーラー

100円ショップなどで貧乏パーマに使えるヘアカーラーが販売されています。髪を巻きつけるだけなので、とても簡単です。スポンジでできているカーラーも売られているので、好きなものを選ぶといいでしょう。

貧乏パーマのおすすめヘアアレンジ

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

貧乏パーマできれいなパーマが仕上がった髪をそのまま下ろしたヘアスタイルももちろんおしゃれですが、アレンジするとさらにおしゃれ上級者になれます。いくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

リボンを使ってポニーテールに

パーマのかかった髪をひとつにまとめて、リボンで結びましょう。この時ブラシではなく、手ぐしで髪をまとめるとラフなポニーテールスタイルになります。簡単に大人かわいいポニーテールが作れます。また、リボンの代わりにバレッタでまとめてもいいでしょう。ロングヘアやミディアムにおすすめです。

サイドをねじってハーフアップに

髪の両サイドを少量とり、それぞれを内側にねじりながら後ろに持っていきます。ねじったものを後頭部で合わせ、ヘアゴムで結びます。ヘアゴムで結んだ部分を押さえながらトップの髪を少し引き出してたゆませると、こなれたヘアスタイルになります。ロングヘアやミディアムはもちろん、少し長めのボブにもおすすめです。

ヘアターバンをつけるだけ

ヘアターバンを貧乏パーマのかかった髪につけるだけのアレンジもおすすめです。パーマによってふんわりとボリュームが出ているので、ヘアターバンをつけることでやわらかな雰囲気を演出できます。

ショートヘアからロングヘアまで髪の長さに関係なくつけることができるアイテムなので、ひとつ持っているとコーディネートの幅が広がります。手軽に女性らしさを出せるアレンジがしたいなら、ヘアターバンをつけるといいでしょう。

アメピンでもっと手軽に

アメピンといえば黒で、ヘアアレンジした際に髪を固定したり隠すアイテムと認識している方も多いでしょう。しかし今は、アメピンを隠さずヘアアクセサリーとして見せる方法が流行しています。ゴールドやシルバー、ブルーやピンクといった色のついたアメピンもあれば、ビーズや貝殻のついたデザインピンも販売されています。

アレンジ方法として、アメピンをそのままとめるのは定番でしょう。人と差をつけたいなら、アメピンを二本使ってクロスさせたり、五本使って星の形をかたどればシンプルなのに目を引くワンポイントになります。ミディアムやロングヘアは、ポニーテールなど髪をまとめたヘアスタイルにゴールドやデザインピンをとめると、よりおしゃれ度が上がるでしょう。

貧乏パーマを上手く作るコツ

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

せっかく貧乏パーマを作るのですから、きれいに仕上げたいのは当然でしょう。ここでは貧乏パーマを上手く作る方法と、注意点を紹介します。

三つ編み編

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

髪は必ず軽く濡らしましょう。濡らすことでパーマがかかりやすくなります。また、三つ編みを編む強さを変えることでパーマのかかり具合を調節できます。

ゆるくてふわふわなパーマにしたい時はゆるく、しっかりウェーブしたパーマにしたい時はきつく編むといいでしょう。ロングヘアで紹介した方法で毛先までうまくパーマがかからなかったときは、コテで毛先を巻くときれいに仕上がります。

ねじる編

三つ編みと同じく、ねじる貧乏パーマも必ず髪を軽く濡らして下さい。パーマがかかりやすくなるのはもちろん、濡れていれば髪がまとまるのでねじりやすくなります。

しかしねじりがきつすぎると、パーマがかかりすぎてウェーブが強く出てしまいます。ウェーブの強いパーマが好みではないなら、ある程度ねじって毛先を根元に持っていき、輪にしてヘアゴムで結ぶといいでしょう。

また、ボブやショートヘアは襟足までねじってしまうとボリュームが出て頭が大きく見えてしまいますので、襟足の方はあまりねじらない方がいいでしょう。

髪を濡らす際の注意点

【髪型別】貧乏パーマのやり方・おすすめヘアアレンジ|ボブ

お風呂あがりの濡れた髪なら霧吹きなどで濡らす手間がはぶけますが、ある程度ドライヤーで乾かしてから貧乏パーマを作りましょう。濡れた状態が長く続くと、雑菌が繁殖して臭いやかゆみなどの地肌トラブルにつながりますし、寝るときの摩擦で髪が痛みパサパサになってしまいます。注意しましょう。

貧乏パーマを長持ちさせるには?

貧乏パーマを長持ちさせるには、ワックスやヘアスプレーが必要です。ワックスを髪にもみ込み、ヘアスプレーで固めて仕上げれば長持ちします。

また、熱をあたえることでパーマがもっと長持ちします。まずヘアゴムを外す前に、三つ編みやねじった部分にワックスやヘアスプレーをかけ、ドライヤーの温風で温めます。三つ編みはヘアアイロンで三つ編み部分を挟むと、より効果的です。温めた部分を冷風で冷やし、ヘアゴムをとってワックスやヘアスプレーでセットすればできあがりです。

スタイリングに使うもの

スタイリング剤にはいろんな種類がありますが、ワックスとヘアスプレーなら手軽に使えますし、市販されているものなら安いもので1000円以下で買えます。きちんとスタイリングして、貧乏パーマを長く楽しみましょう。

ワックス

ワックスにはいろんな種類のものがありますが、伸びがよくウェーブのキープがしやすいファイバータイプのワックスがおすすめです。ショートヘアは根元から髪全体に、ボブからロングヘアは中間から毛先のパーマがかかっている部分と前髪にもみ込んでいきます。

ワックスを手のひらに透明になるまで伸ばしてから髪につけていきます。ただしワックスの量には注意です。多すぎるとべたつきの原因になってしまうので、量を調節しながらつけていきましょう。ショートヘアには小豆一粒程度、ロングヘアには指の第一関節程度の量が適量です。

また、地肌にワックスをつけないよう気を付けましょう。炎症を起こしてかぶれたり、毛穴の詰まりの原因になります。

ヘアスプレー

ワックスをもみ込んだら、ヘアスプレーで固めます。ヘアスプレーにもいろいろ種類があり、最近はハードに固めるものだけではなく、手ぐしでアレンジできるものも売られているので、好みの形にキープできるヘアスプレーを選ぶといいでしょう。

ウェーブをキープするために、髪の表面にスプレーするのではなく、髪の内側からスプレーするのがコツです。そうすることで自然な形にキープされます。ウェーブをふわふわにキープしたいなら、手にスプレーして毛先にもみ込むことでふわっと仕上がります。

その夜はしっかりシャンプーする

スタイリング剤を使用した日は、シャンプーでしっかり落としましょう。もし地肌にワックスなどがついていた場合、毛穴が詰まってフケや抜け毛、薄毛の原因となってしまいます。

髪と時間にやさしい貧乏パーマを楽しんで

いかがでしたか。今回は貧乏パーマのやり方やアレンジ、コツを紹介しました。貧乏パーマにはいろんなやり方があって、方法によってパーマのかかり方が変わります。その日の気分やコーディネートで、パーマの雰囲気を変えることができるでしょう。まずは試して、あなたに合う貧乏パーマを見つけてはいかがでしょうか。

髪が痛まない、時間にもやさしい一日限りの貧乏パーマを楽しみましょう。

関連記事

Related