Search

検索したいワードを入力してください

裏目に出る行動の特徴・原因・仕事での対策方法・対処法

Author nopic iconそらあおぐ
仕事の悩み / 2018年04月05日
裏目に出る行動の特徴・原因・仕事での対策方法・対処法

裏目に出るときの原因

良かれと思って起こした行動が裏目に出てしまって、逆に他人の迷惑となってしまうことがあります。このようなときには負の連鎖に陥ってしまって、何をしても裏目に出るという状況が続いてしまいます。

では、このような裏目に出てしまう行動は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。また、裏目に出る状況が続いてしまったときにはどのような対処法を取れば良いのでしょうか。

おせっかい

裏目に出る行動の基本的な基準はおせっかいです。他人のために何かをしてあげることは、常にその人から感謝されたり、その人のためになるとは限りません。もしかすると、手出しや口出しをしたことで、相手を嫌な気分にさせてしまったり、相手が予定していた段取りを狂わせてしまう可能性があります。

なので、相手が助けを求めていない状況で、勝手に手助けをしてしまうことは、相手にとって迷惑行為となってしまう場合があります。そのため、感謝されると期待していたにも関わらず、結果が相手から「余計なことをして」と思われてしまうような裏目に出ることがあります。

許容量を超える

裏目に出る行動をする人の原因として、頑張りすぎてしまうということがあります。頑張りすぎてしまうことで、1人であれもやろう、これもやろうと思ってしまいます。すると、やるべきことが多くなりすぎてしまうことがあります。

やるべきことを多く抱えすぎてしまった人は、それらを消化するために必死になります。しかし、自身の許容量を超えてしまうと、1つ1つの作業が雑になってしまい、ミスをしてしまうことになり、逆にするべきことを増やしてしまったり、周囲の人に迷惑をかけてしまったりなどしてしまいます。

良かれと思って、あれもこれも無理にやろうとした結果が裏目に出ることとなってしまいます。

裏目に出る行動の特徴

裏目に出る行動をしてしまう人は、基本的に頑張りすぎてしまうか、おせっかいをしてしまうことが原因となってしまうことが多いです。では、これらの裏目に出るような原因を持ってしまっている人には、どのような特徴が見られるのでしょうか。

他人を構いすぎる

先に述べたように、助けを求めていない人に対して、口出しや手出しをしてしまうことは裏目に出る行動の原因となってしまうことがあります。仕事などでは、余計な手出しや口出しをしてしまうことで、相手の仕事のペースや段取りを崩してしまう可能性があります。

また、食事の取り分けなどのような些細なことでも、「自分の食べたい物を、自分が好きな量だけ取りたい」と裏目に出ることもあります。必ずしも優しい行動が相手のためになるとは限らないということです。

優しくしすぎる

上記で述べた通り、相手のためと思って優しい行動をしたつもりが裏目の出る結果となってしまうことはよくあります。

相手の方が収入が少ないからと、毎回食事代などを出していると、相手は支払ってもらうことが当たり前のようになってしまいます。すると、今まで自分が支払っていたため、今更「少しは払って欲しい」とは言い出しにくくなってしまいます。

このように、相手に優しくしすぎるような行動をしてしまうと、裏目の出る結果となってしまい、自分が辛い目に遭う状況を作ってしまうことがあります。

サービス精神が強い

飲み会や、複数人で遊びに行ったりする場合は、場を取りまとめる幹事のようなリーダー的存在や、その場が楽しいものとなるように、盛り上げ担当などの役割が必要になります。

これらの役割の人は、自分が楽しむだけでなく、その場に参加した人たちを楽しませるという役割も担っています。そのため、周囲で盛り上がっている人たちを横目に見ながら、全体の空気を把握したり、次の行動の段取りを準備したりしないといけません。

すると、一番頑張ったはずである、幹事や盛り上げ役の人は、他の参加者の人たちとゆっくり接する機会がなかったために、印象が薄くなってしまいます。合コンなどの場では、一番頑張ったはずにも関わらず、自分だけパートナーが見つからずに余ってしまうということもあります。

他人のために動くサービス精神が裏目に出る結果となってしまい、頑張った分だけの成果が得られなくなってしまう時があります。

テキパキと動きすぎる

テキパキと動ける人は、何をするにも効率良く動くことができるので、優秀な人の印象があります。しかし、効率良く動けることが裏目に出る結果を生んでしまうこともあります。

テキパキと効率良く動ける人は、あれもこれもと多くのことができる人でもあります。そのため、ついつい他人のことを手伝いすぎてしまったり、多くの仕事を抱えすぎてしまったりすることがあります。

先に述べた通り、自身の許容量を超えるようなことをしようとした場合には、1つ1つの作業に時間をかけることができなくなってしまうため、ミスなどをしやすくなってしまいます。せっかく高い能力を持っているにも関わらず、自身の許容量を見誤ることによって、裏目に出る行動を自ら取ってしまうことで、その能力を存分に発揮できないような状況を作ってしまいます。

仕事で裏目に出るときの対策方法

裏目に出る行動をしてしまう場合には、なんらかの対策方法を用意しておかないと、ずっと裏目に出る行動を取り続けてしまいます。裏目に出る行動は、状況によって内容が変わるため、その対策方法は場面によって合わせる必要があります。

職場

職場で良くある裏目の行動はおせっかいです。先に述べた通り、人にはそれぞれの仕事の仕方があります。なので、手伝うつもりの行動が裏目に出る結果となってしまうことがあります。

このような職場でおせっかいをするタイプの人は、自分の仕事の仕方に自信を持っている人が多いです。そのため、自分の仕事の仕方を押し付けてしまうことも多いです。場合によっては、相手が迷惑そうにしている態度を見て、「せっかく人が手伝ってあげているのに」と間違った考えに至ってしまうこともあります。

おせっかいな人は、助けを求めていない人にまで口出しや手出しをしてしまうことが多いです。そのため、まずは人を手伝う前に相手が助けを必要としているかどうかを確認しましょう。まずは、しばらく相手のことを観察することです。行動や表情で判断することができます。また、いきなり手伝うのではなく、「手伝えることある?」と相手に聞いてみましょう。

人間関係

職場では真面目すぎたり、優秀でありすぎると、そのことが裏目に出る結果となって、人間関係がうまく保てなくなってしまうことがあります。真面目であったり、優秀なことは良いことですが、誰もが仕事に対して真面目であったり、優秀であるわけではありません。中には、のんびりそれなりの仕事さえしていれば良い、という考えの人もいます。

このような人たちの間には、仕事に対する取り組み方に温度差があります。そのため、温度が高い人の方が、頑張って仕事をしようとして、温度差の低い方の人にあれこれと仕事の話しをすると面倒に思われてしまいます。

悪いことをしてなくても、他人から面倒と思われてしまうことで、その人の周囲の評判まで連鎖して悪くなってしまいます。一生懸命に頑張ることは大事ですが、他人と自分の考えが常に一緒ではないということを認識して、相手によって接し方を変えるようにしましょう。

気遣いが裏目に出るときの対処法

先に述べた通り、他人に優しく接しすぎることで裏目に出る結果となってしまうことがあります。なので、他人に気遣いしすぎてしまうことにも注意が必要です。

親切

他人に親切にしすぎることで裏目に出る結果を作ってしまうことがあります。他人に親切にすることによって、その相手は自分から親切にされることが当然のように思ってしまう危険性があるためです。このような状況を作ってしまうと、自分が損ばかりする状況となってしまいます。

このような状況にならないために、ときに自分の行動を客観的に考えてみるようにしましょう。損か得か、ということに着目して物事を考えると良いでしょう。人間関係を損得で考えることはいけないことのように思ってしまいます。

しかし、他人に親切にしすぎる人は自分が損ばかりする状況を作ってしまうため、損得だけで考えたくらいの方が、お互いのためになる結果にたどり着きます。

恋・恋愛の仕方が裏目に出る人と出ない人の違い

恋愛では裏目に出る行動をしてしまうと、好きな人からの印象が悪くなってしまうため、致命的なミスとなってしまいます。しかし、恋愛では、少し厚かましく接するくらいでないと、アプローチの意味がありません。

では、うまくアプローチが成功する人と、アプローチが裏目に出る人とは、どのような違いがあるのでしょうか。

自分磨きばかりする

自分磨きを頑張っている人は多いです。スキルアップのために勉強をしたり、料理や英会話の教室に通ったり、体型を良くするためや維持するために、ジムに行ったりヨガに通ったりなどします。

これらは確かに個人としての価値を高めます。自分の価値を高めることで、恋愛に役立てようとします。しかし、これらの自分磨きに時間をかけると、出会いのために使うべき時間がなくなってしまい、いつまでも良い人と巡り会えないということもあります。

また、自分の価値を高めすぎることで、異性から高嶺の花と勘違いされてしまうこともあります。これらは恋愛のためにした努力が裏目となってしまう人のパターンです。

尽くしすぎる

好きな人に尽くすことは良いことのように思われますが、これも裏目に出ることのある行動です。尽くすということは、優しくしすぎるという状況を作ってしまっています。そのため、相手は優しくされることが当然のように感じてしまいます。すると、尽くすことを緩めることができなくなってしまい、常に尽くし続けなければならなくなります。

また、片思い中に尽くしすぎてしまうと、都合の良い人として扱われてしまう危険性があります。

計算高い

小悪魔と呼ばれるような、異性のことを翻弄できるような恋愛テクニックを持っている人はどのようなアプローチをしても裏目に出ることが少ないです。このような計算高い人は、相手が喜ぶことを見極める能力があるためです。

相手が喜ぶことを見極める能力があることによって、どのくらい積極的に行動して良いか、引き際はいるのか、ということが判断できます。これは、恋の駆け引きがうまいということでもあるため、相手を惹きつけることもできます。

裏目に出る行動には注意しよう

裏目に出る行動は自分の印象を下げてしまうこうとになります。せっかく何か行動を起こして、損をしていてはもったいないです。なので、裏目に出る行動をしないように注意しましょう。

関連記事

Related