Search

検索したいワードを入力してください

くびれ美人の定義や特徴・くびれ美人になる方法|ウエスト/女優

Small 80fee369 7ba9 4993 9be8 dad0e5c0d68acandyrin
ダイエット / 2018年04月10日
くびれ美人の定義や特徴・くびれ美人になる方法|ウエスト/女優

くびれ美人の定義が知りたい

突然ですが「あなたにとって理想のスタイルは」と聞かれたらみなさんはどう答えますか。もう少し脚をほっそりさせたい、お腹周りをスッキリさせたい、全身ほっそりとしたモデルのような体形になりたいなど、人によって答えは違いますが「女性らしいスタイルは」と聞かれたら、細いだけでなく、出るべきところはちゃんと出ているメリハリのあるスタイルと答える方が多いのではないでしょうか。

いわゆる「くびれ美人」といわれる女性がそれにあてはまりますが、女性らしいスタイルの代表ともいえるくびれ美人の定義はどういったものを指すのでしょうか。

ウエストが細いだけではくびれ美人とはいえない

「くびれ」とはウエスト部分が他と比べて細く締まっている状態を指します。だからといってただウエストが細いだけではくびれ美人とは呼べません。

バストやヒップなどに適度なお肉が付いていることも大切なので、単純に体重を落として痩せるだけでは手に入れることができないスタイルです。また、くびれ美人を目指してウエストだけやたらと細くすれば、全身のバランスがおかしくなります。

くびれ美人の目安の基本サイズ

くびれ美人には目安になる基本のサイズがあります。身長、体重が人によって違うように、バストやウエストのサイズも違います。

全体のバランスから考えられたウエストとヒップの比率で理想のくびれなのかがわかるのですが、その比率は「ウエスト:ヒップ=1:0.7」です。現在の自分のウエストとヒップを測ってみて、ウエスト÷ヒップ=0.7になっているなら、あなたは「くびれ美人」ということになります。

下着メーカーでの黄金比

先ほどのくびれ美人を求める計算では、バストに関する数値は全く触れられていません。「出るべきところが出ている」ころがくびれ美人の条件と考えると、バストとの比率も知りたいです。

下着メーカーのワコールでは、スリーサイズの黄金比を表す計算式を発表しています。こちらは身長を元にし、バストのサイズも求められる計算式のため、さらに理想のスタイルがわかると考えられます。その計算式は

バスト:身長×0.5
ウエスト:身長×0.38
ヒップ:身長×0.54

この計算でもウエストとヒップの比率はほぼ1:0.7になりますので、くびれ美人の比率は黄金比としても置き換えることが可能といえます。

くびれ美人の美しいスタイル以外の特徴

単純にスタイルがいいだけではくびれ美人といい切れません。他にも色々な要素が集りはじめて「くびれ美人」と評価を得る事ができるため、その特徴をご紹介します。

くびれ美人は健康的

女性は「ダイエット=痩せる」と考える方が多く、無理な食事制限だけでなく、絶食に近い食事内容で痩せてしまい体を壊してしまう人もいます。メリハリのあるボディになるためには脂肪と筋肉のバランスや女性らしい丸みも必要です。

そのため、無理な食事制限でガリガリになるのではなく、適度な運動や筋トレなどで引き締めるべきところは引き締め、バストは落ちないように努力をしています。

その結果、健康的で若々しく見え、急激に痩せることはせずに健康に気を配りながらくびれを保つようにしているため、肌もきれいでなめらかさやツヤも失っていません。

女性らしいカーブ

くびれ美人は正面からだけでなく、横から見てもきれいな体形をしています。真横から見たとき、ご自分の体形はS字になっているでしょうか。

S字の真ん中あたりをウエストと考え、そこから上のラインがバスト、下のラインがヒップになるのですが、きれいなS字は女性を美しく見せてくれるラインといわれ、くびれ美人は特に背中からヒップにかけてのカーブがとてもきれいです。

このおかげで洋服のサイズに困ることなく、好きなデザインの服を選んで着る事ができます。試着を一切しなくても洋服が体に合うことがわかるのもくびれ美人の特徴です。

スタイルだけでなく歩く姿も美しい

お腹周りや背中の筋肉が適度に鍛えられているため姿勢がよく、自然とインナーマッスルも鍛えられているおかげで、内蔵も正しい位置にある人が多く、そのおかげで歩く姿が美しい特徴もあります。

あなたもくびれ美人になる方法

世の中には生まれつき太りにくく、スタイルキープがたやすい方もいますが、ほとんどは影で努力をしてスタイルキープしたり改善したりしています。

「千里の道も一歩から」ということわざもありますので「私には無理」と諦めず、まずはくびれ美人になれる方法を色々と試してみましょう。

これから紹介する方法はどれも簡単にできるものばかりです。体調に合わせて選んだり回数を加減したりなどで自分に合うものを取り入れてください。

振り向き運動でくびれ美人

まずは誰でも簡単にできる壁に対して振り向く運動をご紹介します。やり方は

1.壁から20cmくらい離れて背中を向けて壁に対して平行に立ちます。
2.足を肩幅くらいに開き、胸の高さまで両手を上げたら手の平を外側へ向けます。
3.息を吐きながらゆっくりと後ろに向かって振り返り手の平全体で壁をタッチします。
4.息を吸いながら元へ戻し、反対側も同じように行います。

振り返るときに反動を付けずウエストをひねる力だけで行うように意識することがポイントで、回数は左右で10回×3セットが理想ですが、慣れないうちは1セットから行いましょう。

壁トレーニングでくびれ美人

正しい姿勢が意識でき、壁で体を支えながら行うので筋力が弱い人でもやりやすく、動きをコントロールしやすいトレーニングです。

1.仰向けに寝てお尻も着くように壁に両脚を伸ばして預け、両手は体の横に自然に伸ばします。
2.両脚を伸ばしたまま息を吸いながら右に倒します。
3.息を吐きながら1の状態に戻し、次は息を吸いながら両脚を伸ばしたまま左に倒します。
4.往復で10回繰り返します。

脚を倒すとき、肩や肩甲骨が床から離れやすくなるため、離れないように気を付けながら下半身のみねじることと、右へ倒したときは左のつま先、左へ倒したときは右のつま先を遠くへ伸ばすようにするとくびれ効果がより期待できます。

壁トレーニングでくびれ美人:PartⅡ

もう一つ壁を利用したくびれ美人を目指せる方法をご紹介します。

1.壁を背にして右のつま先を壁につけて膝を曲げて立ち、左脚は軽く曲げて両手は左右に伸ばします。
2.そのまま上半身を右にねじり、左手を左の足先に近づけ右手は天井に伸ばします。
3.次に上半身を左にねじり、右手を左の足先に近づけ左手は天井に伸ばします。1~3の動きを5回繰り返します。
4.今度は脚を逆にして同じ動きをします。

上半身をねじるとき、顔も同じ方向へ向けてください。

すきま時間にできる運動

椅子に座ったままでできる、耳を引っ張りながら上半身をひねる運動です。ハードな腹筋が苦手な方にもおすすめで、気分転換にもなりますので、気が付いたときにこまめに行ってみてください。

1.椅子に座り、親指とひとさし指で両耳の真ん中部分をつまみ、ひじを軽く張り視線は遠くを眺めるようにします。
2.耳を後ろへ引っ張りながら上半身を左にひねり、10秒間キープしたら正面に戻します。
3.3回繰り返したら反対も同じ動きを行います。

ひねる方の耳を見るようなイメージで上半身をひねるとより効果が期待できます。

くびれ美人な芸能人はこの人

テレビや雑誌に登場する芸能人はみなさんステキな方ばかりですが、その中でもくびれ美人として知られる方は日々の努力を惜しまない方ばかりです。特に女性から人気の高い方をご紹介します。

女優

石原さとみさんは「女性がなりたい顔」として女性から人気の高い女優ですが、くびれ美人としても憧れられています。そんな石原さんも、太りやすい体質でコンプレックスがあり、デビュー当時は現在と比べるとややふっくらとした印象がありました。

ですが、食事を野菜中心の和食にしたり、食べ方を工夫するなどで健康的にダイエットを行い、今では誰もがうらやむスタイルをキープしています。

現在のサイズは身長157cm、体重45kg、バスト82cm、ウエスト58cm、ヒップ82cmとまさに理想のスタイルです。

タレント

高校・大学とチアリーディング部に所属し、一時カナダ留学も経験している中村アンさんは、レポーターとしても活躍しているタレントです。モデルや女優業もこなし、SNSでは自身のトレーニングをしている姿を公開しています。

現在のサイズは身長163cm、体重47kg、バスト82cm、ウエスト60cm、ヒップ86cmとまさにパーフェクトボディといえるくびれ美人ですが、留学中は体重60kgまで太ったこともあり、色々なダイエットを組み合わせ体質改善をし、現在の体形を手に入れたまさに努力の人です。

くびれ美人になれるダイエット方法

色々なダイエット法が世の中にあふれていますが、くびれ美人になるためのダイエット方法は運動と食事をバランスよく行う、いわゆる「王道」のダイエットです。ですが、けっして無理な食事制限や運動ではなく毎日続けられる内容ばかりです。

くびれ美人の食事は特別ではない

くびれ美人を目指すための食事は、全体的にカロリーを控えめにすることが一番のポイントですが、最近よく聞く炭水化物抜きダイエットのように主食となるごはんなどを食べないダイエットはおすすめしません。

流行っているからなどの理由で行うと体を壊したり、リバウンドしやすい体になったりする可能性が高くなります。

こちらの本は、1年で26kgのダイエットに成功した方の著書で、痩せるためだけではなく、作り置きおかずとしても利用できるので、忙しい方や調理が苦手な方にも役立つ本です。

くびれのための基本的な腹筋

くびれ美人を目指すため腹筋も欠かせません。ですが、くびれを作るための腹筋は脇腹あたりの腹斜筋を鍛えるため、ねじりを入れた腹筋が必要となります。やり方は

1.仰向けに寝てヒザを立てます。
2.片手を頭に添え、添えた手と反対側の足を上げてひじとヒザを付けるように内側にねじりながら起き上がります。手を変えて同じ動きをします。
3.10回を1セットとし、3セットを目安に行ってください。

くびれに効果が期待できるロシアンツイスト

こちらもくびれを作るエクササイズです。腕だけを振るのではなく、ウエストをひねることを意識して、リズミカルに行うのがコツです。

10往復3セットが目安ですが、体調に合わせて無理せず行ってください。

有酸素運動も取り入れましょう

筋トレだけでなく、ウォーキングなどの有酸素運動を1日に20分以上行うことで、脂肪燃焼の効果が期待でき、よりくびれ美人を目指すことができます。軽く息が上がる程度に行うことがポイントで、筋トレなどの無酸素運動の後に行うとより代謝を上げて脂肪を燃焼してくれる効果が期待できます。

普段の姿勢や骨盤矯正も大切

運動や食事だけでなく、普段から正しい姿勢で過ごすようにしたり、自分でできる簡単な骨盤矯正の運動を行い体の歪みを整えるようにします。やり方は

1.仰向けに寝たら90度にヒザを曲げます。
3.左右交互にヒザを倒す動きを1~3分続けます。
4.次にうつ伏せに寝たら左右にお尻を1~3分振ります。
5.お尻全体をポンポンとたたいたら4をもう一度行います。
6.起き上がり両脚を伸ばして座ったら胸の前で手を交差させます。
7.お尻を交互に出して10歩前に進んだら10歩後ろへ下がります.
8.7を3~5分続けたら、両手を上に上げて同じようにお尻歩きをします。

毎日やる必要はありませんが、週に2~3日行うとより効果が期待できます。

くびれ美人はなぜモテる?その理由は

くびれは基本的に女性特有といわれます。人はない物ねだりをする特徴があり、男性にとってくびれがある女性の体は、魅力的なだけでなく健康であり子孫繁栄もイメージさせるといわれています。そのため、細くて華奢なスタイルは女性からはうらやましく感じることがあっても、男性からはあまり魅力を感じないといわれています。

あなたもくびれ美人を目指しましょう

ウエストがキュっとしまったくびれ美人は、女性の憧れでもあり男性からモテるスタイルでもあります。手に入れるためにはそれなりの努力が必要ですが、決して無理な方法ではありません。

普段の姿勢に気を付けたり、くびれに効果が期待できる運動を取り入れたり、バランスのよい食事に変えたりするだけでも美しいくびれを手に入れることは可能です。

今回の記事を参考に、くびれ美人に変身してあなた自身が憧れの女性になってみませんか。

関連記事

Related