Search

検索したいワードを入力してください

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

Small 1ccc79b0 24aa 48e6 af8e a075a75ab017つばめ
心理学 / 2018年04月11日
心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学は仕事に生かすことができるのか

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学を充分に理解していると、仕事に生かす事ができる時が出てきます。心理学は、普段の相手の行動を観察して、そこから相手がどういう事を考えているかや感じているかがわかりますので、仕事にも役立ってくる場合があります。したがって、現在心理学を学んでいる人がいれば、勉強により励むと良いでしょう。

心理学を知っているだけで、相手の心の内を読む事ができる部分はかなり凄いです。仕事の現場だと、相手が自分の言う事を聞いてくれない事もありますので、そういう時に心理学を知っていれば、相手を上手く促す事も可能になってきます。もし、仕事の現場で、本当に困った際には心理学に頼る事も一つの方法です。

仕事に役立つ心理学テクニック

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

ここでは、仕事に役立つ心理学テクニックを見ていきたいです。心理学テクニックはいくつかありますので、仕事で悩んでいる人や行き詰まっている人は、特に積極的に使用すると良いでしょう。心理学テクニックを駆使すれば、相手の行動を思いどおりに操れるようになり、仕事を上手く進める事もできます。

そうは言っても、心理学テクニックを少しでも間違えると、効果が薄れる可能性があります。そのため、できる限り心理学テクニックのやり方を間違えないように、充分に気を付けましょう。心理学テクニックを仕事で使う事は良いのですが、やり方を間違えていれば、何も効果を発揮しなくなりますから、そこだけは理解しておく事が大事です。

仕事に役立つ心理学テクニック1

仕事に役立つ心理学テクニックの1つ目は、仕事の関係で相手を説得しなければいけない時には、意識的に食事の席を設けるようにする事です。食事の席の場は、相手の意見を好意的に受け取る確率が高く、ある程度の用件ならば受け入れる可能性が大いにあります。そのため、相手を説得する際には、仕事場で行うのではなく、食事の席を利用しましょう。

食事の席であれば、和やかな雰囲気で話をする事ができて、相手からしても気分を害する事は無いです。相手を説得する時には雰囲気作りも重要になってきますので、そういう時に食事の席が大きな力を発揮します。したがって、どういう場所を選ぶかが相手を本当に説得できるかに関わってきますから、場所選びに関しては特に気を付けましょう。

仕事に役立つ心理学テクニック2

仕事に役立つ心理学テクニックの2つ目は、仕事をゲームと考えて、数値管理する事です。普通に仕事をしているだけでは全く面白くはなく、楽しい事も中々ないので、そういう時には仕事に対する考えを変えましょう。仕事をゲームをしていると頭の中で考えるようにして、意識的に面白さや楽しさを出していくと適当でしょう。

何事も楽しくなければ、続ける事ができないですから、仕事に関しても考えを変化させる事が重要です。ゲームならば、誰でも手軽に取り組む事ができて、数値管理を簡単にする事も可能です。もし、仕事が全く面白くなく、つまらないと感じた際には、仕事をゲームと見立てるようにしましょう。そうすれば、仕事に対する考えや意識が徐々に変わってきます。

心理学に関係する仕事の種類

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学に関係する仕事の種類は、いくらかあります。もし、それらの仕事に携わっている人がいるならば、積極的に試してみると良いでしょう。仕事で辛い事や大変な事があったとしても、上手くいけば、心理学で解決できる可能性がありますので、本当にやってみる価値はあります。

心理学は意外にも、いろいろな仕事に活用する事ができますから、具体的にどういう仕事かを見てみましょう。心理学と仕事の関係性がどういう物かを自分の目で観察する事で、わかる部分もありますから、決して無駄な事ではないです。

公務員

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学に関係する仕事の種類の1つ目は、公務員です。公務員は地域の人と接する事が多く、その人達と上手く良い関係を作っていかなければならないです。そういう時に、心理学を学んでいれば、相手の動作や行動から何を考えているかを察知する事ができて、何をすると喜んでもらえるかがわかってきます。

公務員は、特に地域の人達のためにする仕事ですので、心理学はかなり大事になっています。他の仕事に比べると、相手の気持ちをより理解している必要がありますので、できる限り心理学を学んでおく方が良いでしょう。そうすれば、公務員の仕事を今まで以上に全うできて、地域に充分に貢献できるようになります。

スポーツ

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学に関係する仕事の種類の2つ目は、スポーツです。スポーツは、心理的な部分に左右されやすいので、心理学はかなり役に立ってきます。心理学を活用すれば、心と身体の関係性が崩れていたとしても戻す事が可能で、スポーツで良いパフォーマンスをできるようになります。そのため、中々調子が上がらなかったとしても、心理学を生かせば、全く心配はいらないです。

スポーツをしている人で、心と身体の関係性が崩れた事により引退を余儀なくされた人もいますが、現代の心理学では改善する事が可能ですから、決して途中で諦めないようにしましょう。心理学がスポーツをしている人を助ける事は充分にありますので、本当に困っている人がいれば、積極的に心理学を活用する事が大事になってきます。

音楽

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学に関係する仕事の種類の3つ目は、音楽です。音楽を作詞作曲する際には、自分自身の気持ちが大きな影響を与えてきますから、そういう時に心理学を上手く活用すると良いでしょう。心理学には、気持ちを落ち着かせる行動や行いがありますので、それらを使用すれば、音楽の作詞作曲にも良い効果を与えます。

音楽の作詞作曲に関しては、その人の想像力がカギを握っていますから、どれだけ想像できるかが大事です。もし少しでも想像力が欠けていると、良い曲を作る事はできないです。そこで、心理学が大きな役割を果たす事になっており、高い想像力を促す事が可能なので、作詞作曲にも良い影響をもたらします。

病院

心理学に関係する仕事の種類の4つ目は、病院です。病院で入院している人は、何かしらの病気を発症しており、苦しい日々を送っています。そんな中で、心理学は人の気持ちを動かす事ができますので、上手く活用すると良いでしょう。特に病気は、その人の気持ち次第で改善に向かう事がありますから、心理学が役立つ場面が多くなります。

病院で入院している人からすると、病気が中々治らず、気持ち的にも全く晴れない状態が続いており、今後の生活に中々希望を持つ事ができないです。その時に心理学を利用して、意識的に気持ちを晴らす事ができれば、病気にも何らかの影響を与える可能性が出てきます。そのため、病院で入院している人は決して希望を捨てずに、心理学に頼ると適当でしょう。

子供関係

心理学に関係する仕事の種類の5つ目は、子供関係です。親としては毎日の子育てが大変で、疲れる事が多いです。特に子育ては、子供が自分の言う事を全く聞いてくれない場合が多く、中々上手くいかないです。そういう時に、心理学を利用して、今子供がどのような事を考えているかを察知して、次に何をすれば適当かを考えるようにしましょう。

特に子供の場合は、行動が単純ですので、心理学で読みやすい部分があります。そのため、親からしても子育ての負担を軽減できて、自分の時間をしっかりと取る事も可能です。もし、子育てが上手くいかず、悩んでいる親がいれば、心理学に頼ってみると良いでしょう。そうすると、今までよりも子供の事がわかってきて、子育てにも良い影響を与えます。

心理学関係の仕事の給料

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学関係の仕事を見ていく中で、多くの人が気になっている所はやはり給料です。お金をどれだけ貰う事ができるかは、とても大事な部分になってきますので、充分に注意深く見ておくと良いでしょう。特に、将来心理学関係の仕事に就きたい人がいるならば、参考になる事は間違いないです。

年収

心理学関係の仕事の年収に関しては、350万~500万円の間ぐらいとされています。350万~500万円をどう捉えるかは、人それぞれですが、一般的な観点から見れば、少ないと判断される事が多いです。より良い生活をするにはもっとお金が必要ですが、350万~500万円でも良いと言うならば、心理学関係の仕事の道に進めば適当でしょう。

心理学関係の仕事で、多くのお金を稼ごうと考えている人がいれば、何件か掛け持ちしなければいけない事を覚えておきましょう。心理学関係の一つの仕事をしているだけでは、単価が低く、中々お金を稼ぐ事ができず、生活が苦しくなります。したがって、少しでも心理学関係の仕事で、稼ぎたいならば、できる限り多くの仕事をしましょう。

心理学の仕事で役立つ資格

心理学の仕事をする上で、取っておく方が良い資格がありますので、まだ取っていない人がいれば、早めに取りましょう。資格を持っているだけで、心理学の仕事をより多くの人に届ける事ができます。特に日本の社会では、資格がかなり重要になっており、持っているかどうかでたくさんの人の目が違ってきますから、心理学の仕事に関しても資格を大事にしましょう。

プロフェッショナル心理カウンセラー

心理学の仕事で役立つ資格の一つ目は、プロフェッショナル心理カウンセラーです。プロフェッショナル心理カウンセラーは、名前にあるとおり、プロフェッショナルと付いていますので、より高い心理のカウンセリングを受ける事ができるようになっています。資格を持っていない心理カウンセラーとは全く違いますので、そこだけは充分に理解しておきましょう。

プロフェッショナル心理カウンセラーは、心理カウンセリングにかなり詳しく、カウンセリングに来た人の状況などをすぐに把握して、適切な治療方法を促します。そのため、カウンセリングに来た人も非常に安心できて、気持ちの負担も和らぎます。

臨床心理士

心理学の仕事で役立つ資格の2つ目は、臨床心理士です。臨床心理士は、心理カウンセリングに関わる資格の中で、かなり知名度があります。そのため、臨床心理士の資格を持っているだけで、心理カウンセリングに来た人にとっては、安心できる部分になっています。

もし、臨床心理士の資格を取っていない人がいたら、なるべく早めに取るようにすると、心理カウンセリングをより円滑に進める事が可能です。特に心理カウンセリングは、カウンセリングに来た人との信頼関係をどこまで構築できるかがカギを握ってきますので、とても大事な部分です。

心理学を仕事で活かすことに関する本の紹介

心理学をどういう風に仕事で活かせば良いかがわからない人がいれば、心理学に関する事が書いてある本を読むと良いでしょう。その本には心理学の活かし方がたくさん書いてあり、参考になる事は間違いないです。心理学と仕事の関係性に関して、全く知識が無かったとしても、本で学ぶ事ができますので、全く心配する必要性はないです。

心理学に関する事が書いてある本を読む時には、しっかりと隅々まで読むようにしましょう。本のどこに大事な内容が書かれているかがわからないですので、なるべく読み落とさない事が重要です。そうすれば、心理学の仕事への活かし方が充分に理解できます。

やさしい思春期臨床―子と親を活かすレッスン

心理学を仕事で活かすことに関する本の紹介の1つ目は、やさしい思春期臨床―子と親を活かすレッスンです。やさしい思春期臨床―子と親を活かすレッスンの本は、特に子供と親を相手にする時に役に立ってきます。どういう風に接すれば良いかを理解できて、心理カウンセリングの進め方もわかってきます。

Blockquote firstBlockquote second

子供が反抗期のため、読みました。
勉強になりましたが、親からの介入が難しいのが最大の悩みかもしれません。

Believing is Seeing.
子供を信じること、が一番心に刺さりました。

仕事で使える心理学

心理学を仕事で活かすことに関する本の紹介の2つ目は、仕事で使える心理学です。仕事で使える心理学の本には、心理学をどういう風に仕事で使用する事ができるかが書いてあり、とても参考になります。もし、心理学の使い方で悩んでいる人がいれば、仕事で閊える心理学の本を読んでみると良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

心理学をビジネスでどう活かすかについて述べられた本である。
第1章では、ビジネスパーソンならぜひ身につけたい交渉力、説得力を高めるために必要な心理要因について、事例を交えながら紹介されており、わかりやすい。
第2章では、相手にまんまとやり込められないために知っておくべき心理テクニックに触れられていて面白い。
第3章は、リーダーシップ論。どんなリーダーが、組織に有益なのか、部下のモチベーションを上げて成果の上げられる部署をつくることができるのかについて述べられている。この章を読ませたい上司の顔がつい脳裏に浮かぶ。
第4章は組織心理学。組織だからこその危うさなどについて書かれており、いつもの会議室で起こっていることにはこうした背景があるのかとわかった。
第5章はストレスについて。ストレスをうまく解消したり、ストレス耐性を高めることは、心身の健康を保つだけでなく、自分のモチベーションにもかかわることだと納得した。
心理学の理論や実験が至るところに紹介されており、科学的根拠を示しつつも、読み物としてもとてもおもしろい。
自分の仕事を振り返りながら読むと、新たな発見がある。
最新の知見も盛り込まれているようだ。
新書にしては、かなり深い内容が入っており読み応えがあった。
全部実行できるかどうかはわからないが、ことあるごとにこの本を読み返し、徐々に身に着けていこうと思った。

仕事の渋滞は「心理学」で解決できる

心理学を仕事で活かすことに関する本の紹介の3つ目は、仕事の渋滞は「心理学」で解決できるです。仕事の渋滞は「心理学」で解決できるの本は、普段の仕事の中でつまづいた時に、読むと良いでしょう。仕事でのつまづきの解決方法をさまざまに提示してくれますので、早い段階で、そのつまずきを解消できます。

Blockquote firstBlockquote second

仕事の渋滞に悩んでいたので読んでみたが、全く中身のない本だった。心理学と書いてあるが、それらしい事は書いていないし、エビデンスがほとんど書かれていない。ただのちょっとした仕事のコツやらアイデアが書いてあるだけ。買ってここまで後悔したビジネス書は初めて。この人のキャリアもなんだか微妙。あまり学歴で人を判断してはいけないが・・・。ドコモの派遣会社で働いた後、よくわからない海外の大学??アヴィラ大学をググったら、この人の名前ばかり出てくる。ビジネス書をいくつか読んでみて思うのは、ビジネス書専門作家が書いている本は大概中身がない事がわかった。実績が無い。どこかで働いていて、実績があって、その経験を記した作者の方が良いと思う。
コメント

心理学を仕事に生かそう

心理学は仕事に生かすことができるのか・役立つ心理学テクニック

心理学は使い方を間違えなければ、仕事に充分に生かす事が可能ですので、積極的に活用していくと良いでしょう。心理学を用いれば、仕事の見方が変わり、今まで以上に集中して取り組む事ができるようになります。そのため、現在の仕事を少しでも辛いと感じる人がいれば、心理学を生かしてみましょう。

最近では心理学に関する本がたくさん出ていますので、とても参考になります。もし、心理学の使い方がよくわからない人がいれば、そういった本に頼る事も一つの手段です。

関連記事

Related