Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

Author nopic icon
節約 / 2018年04月12日
【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

状況別生活が苦しいときの相談方法

皆さんは、今生活が苦しいとか、就職先がみつからず生活できない、どこにも相談ができなかったり、あるいは相談場所がわからないなど悩んでる人はいませんか。相談場所がわからないのはもちろんですが、生活が苦しいことを誰かに話すことは、とても勇気が入り大変なことでしょう。

しかし、今は誰もが同じく生活でき、相談する場所も数多くあります。代表的な主な制度を紹介します。

・生活保障制度
・生活困窮者自立支援制度です。

これらはどこで手続きできるのか。今住んでる地域の福祉事務所、役所、役場などで異なるので確認した方が良いでしょう。生活が苦しいと言えばシングルマザーの方も同じでしょう。ご紹介していきます。

シングルマザー

【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

現在生活は苦しくありませんか。今シングルマザーであり、お子さんを育ててる方は多くいるのでのはないでしょうか。そんな時両親をなるべく頼ることはしたくない、あるいはできない方もいるのではないでしょうか。小さいお子さんがいるとフルタイムで働くわけにもいかず、ますます生活は苦しくなるでしょう。

では、そんな時どこに相談してどうしていけば良いのかを説明します。生活が苦しいと削るのは食費などですが、子供がいると余り食費は削りたくないのが本音でしょう。パートを辞めたくないと言う方もいるのではないでしょうか。そんな時は、パートに行きながら生活保護と言うことも考えた方が良いでしょう。

しかし、1人で生活保護を受けに行きなくないと言うときにも、地域により付き添いもあるので相談することをおすすめします。

次に、シングルマザーの方だけが生活が苦しく困ってるわけではありません。シングルファザーの方もご紹介します。

シングルファザー

【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

今シングルファザーの方は母子家庭の方と違い、約半数以上は両親と住んで仕事をしていると言う方が多いと言われています。しかし、シングルファザーの世帯は生活が苦しいです。どうしてかと言うと、母子家庭より父子家庭の方が受けれる制度が少なく、相談先がないと言うのも原因の一つだからです。

シングルファザーの世帯はどこに相談をして、どのような制度が受けれるの言うと、相談先は行政(役所)の窓口に行き、一緒に受けれる制度を相談した方が多くの制度を受けれる可能性が高くなるので、一度行くことをおすすめします。

では、次に誰もが心配をしている年金の話です。将来貰えるのかどうかについてもご紹介します。

年金は?

次に年金の話ですが、数多くある年金から今回は皆さんもわかる「厚生年金」の話をします。厚生年金は正社員、公務員、この頃場所によってはアルバイトの方まで入れる年金です。

しかし、年金は何歳から貰えるのでしょか。当たり前ですが、会社に行ってる人であれば誰でも貰える年金のことです。65歳以降貰えることになっています。ここで気を付けなければいけないのが、会社に勤める年数で貰える年金もかわってきます。

そこで、貰える金額が気になります。会社に勤務して18年~19年と20年~21年では、貰える年金がかわるでしょう。男女別に見てみましょう。

20年~21年勤務の場合は男性約17万円~19万円、女性8万円~10万円となります。20年~21年勤務で大体貰える金額なので、18年~19年だと少し減ってしまう可能性があるでしょう。

次に、生活保護をご紹介します。

生活保護とは

少し絞ってお話します。生活保護は知らない方はいないのでないでしょか。生活が苦しい、母子家庭、病気の方、国民の皆さんが受けれる制度です。しかし、生活保護を受けるには地域により受けれる条件が変わってきます。もっとも厳しい条件を二つお伝えします。

・受けれる条件①:貯金がないこと。これは調査員の方が銀行とかも調べたりするので、貯金があれば受けれなくなる可能性が高くなるでしょう。本当に生活が苦しいのであれば、貯金は0円~1000円未満で相談に行った方が良いでしょう。

・受けれる条件②:借金がないこと。例えば、借金が少しでもあると、多くは自己破産を進められるケースが多いです。これから先を考えて自己破産をしても支障がないのであれば、きちんと手続きをした方が良いでしょう。その他にも条件はあるので、地域の行政などに問い合わせをおすすめします。

次に、立場別相談できる場所をご紹介します。

立場別生活が苦しいときの相談方法

今生活が苦しいと悩んでる主婦に方や夫さんはいませんか。結婚していたり配偶者がいると余り相談する場所がないのが現実です。例えば、生活が苦しくても主婦の方や夫さんが収入があると、生活保護を受けるのも少し難しくなってしまうのが現実でしょう。

では、今現在は母子家庭、父子家庭、独身の方より結婚をしていれば持ち家や車、家のローン、保険に入ったり、子供がいれば教育費、借金などがあるのではないでしょうか。そうなった場合生活が苦しくて悩んでいるのであれば、もう少し専門的な所に相談をしなくてはいけないケースもあると考えなくてはならないでしょう。

なぜ専門的な所なのかと言いますと、生活保護を受けるには生活が苦しくてもローンや借金があれば自己破産、保険は解約などをしなくてはいけないケースもあるからです。これらのことも考え、どうしていけば良いのかご紹介していきます。

主婦

まず、主婦の方ならどうすれば良いのか考えていきましょう。主婦の方なら生活が苦しい時はどうしますか。中々旦那さんに相談ができないのが現実ではないのでしょうか。主婦の方なら毎日の節約、毎月のやり繰り生活が苦しい方は多くいるでしょう。

主婦の方は生活が苦しいと、サラ金やカードでお買い物しがちですが、毎月のカードの返済とサラ金の返済を考えたら余り利用しない方が良いでしょう。もし返済などで生活が苦しくなってしまったら、2回~3回は無料で話を聞いてくれる法律事務所もあるので、相談して苦しい生活から立て直すことをおすすめします。

では、公務員の方はどうすれば良いのかご紹介します。

公務員

【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

公務員の方も生活に苦しい方が多くいるのではないでしょうか。誰にも相談できない、一人で悩んでいるなど公務員の方は相談する場所が少ないのが現実です。そんな時は主に相談できる場所を二カ所ご紹介します。

法律事務所とNPO法人などをご利用をしてみることをおすすめします。例えば、住宅ローンや生活が苦しいときなどに相談するのも良いでしょう。

では次に、派遣の方は生活が苦しい時にどこに相談できるのかご紹介します。

派遣

派遣の方ですが、今現在生活に苦しんでる方はいませんか、どうしても派遣と言うのは毎日不安に感じてしまうでしょう。しかし、突然派遣の方が生活が苦しくなってしまったらどこに相談すれば良いのかお話します。

フードバンクと生活困窮者自立支援制度などです。特に派遣の方には相談しやすい制度なのではないでしょうか。一度相談するのをおすすめします。

苦しい生活からは中々抜け出せないと言う方は、多いのではないでしょうか。特に女性に多いパートをしている方が生活が苦しくなった場合、どこに相談したら良いのかご紹介します。

パート

パートの方がどこに相談したら良いのかお話します。色んな理由でパートをしている方が多いのではないでしょうか。決して楽ではない苦しい生活の中でパートをしている方も多いでしょう。少し生活が楽になれば良いと思うのも当然です。

・女性センター女性が相談できる所です。
・生活保護これは男女が相談できます。
必ず生活が苦しいことを伝えるのをおすすめします。

では、次に金額が高いのに生活が苦しいときの相談方法をご紹介します。

金額別生活が苦しいときの相談方法

例えば、年収が高いのに生活が苦しいと言う方は多くいるのではないでしょうか。そんな時どこに相談をして良いのか迷ってしまう時があるでしょう。年収が多かったり、収入が多くあると生活保護を受けることができないでしょう。

主に年収や収入が多い方の生活が苦しいのは、ローンや借金、子供の教育費などそんな方には法律事務所をおすすめします。子供の教育費などは、地域により行政に相談も良いでしょう。

次は、なぜ年収700万円で生活が苦しいのかご紹介します。

700万

生活が苦しいのは、母子家庭や給料の少ない方だけではないでしょう。年収700万円を貰っていれば、普通に考えて裕福に感じるのではないでしょうか。実は、年収が多くても生活が苦しいと感じている方は多くいます。なぜ年収が高いのにも関わらず生活が苦しいのかには、以下のような理由が挙げられます。

・住宅ローンがある
・子供が3人~4人大家族が多い
・カードで買い物が多いなどです。

現実を考えると年収が多いと子育ても楽におもうのではないでしょうか。子供を大学まで行かせた場合約2,000万~4,000万円は掛かるでしょう。私立か公立かによって金額も上下します。これに付け加え住宅ローンや借金もあれば返済が付いてくるので、年収700万円でも生活が苦しい現実になるでしょう。

では次に、年収300万の方はどこに相談ができるのかご紹介します。

300万

年収300万ともなると独身や結婚されてる世帯にも別れます。そんな時年収300万で生活ができている世帯は良いのですが、やはり急な出費は困るのではないでしょうか。例えば、お子さんがいれば学費が足りない、介護が必要な方がいれば介護費に月に1回は掛かってきます。そんな時はどこに相談をすれば良いのかお話します。

もし急な出費や少し生活費が足りないなどの場合は、役所の窓口で相談して事情を話せば、役所でその家庭に合った金額を貸してくれる時があるので、まず相談することをおすすめします。

では次に、改善方法をご紹介します。

生活が苦しいときの改善・対策方法

【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

生活が苦しい時の改善や対策方法なのですが、毎日仕事に行っても生活がきつい時があるのではないでしょか。まず生活がきつい時は、今の生活を見直すのも良いでしょう。いくつか例を挙げます。

・家計簿を付ける
・光熱費を見直す
・部屋を借りてる方は家賃の見直し、その他ローンや保険の見直しも良いでしょう。

これだけを見直せば、少し楽な生活にはなるのではないでしょうか。それでも生活が苦しいと言う方に便利な制度一つご紹介をします。

生活困窮者自立支援制度とは

【状況別】生活が苦しいときの相談方法|主婦/700万

生活困窮者自立支援制度とは、生活が厳しい方に対しての制度です。例えば住む所がない、明日食べるお金がない、そして長年働いてなくて職を探したいという方は相談するのも良いでしょう。もし生活で困ったことがあれば、直ぐ相談することをおすすめします。

苦しい生活から明るい未来

一般の方が気軽に相談でき、頼りになる制度を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。生活が苦しいことを誰かに相談するのはとても勇気がいります。そのため、まずは自分の身の回りを見直してから相談するのも良いでしょう。制度と言うのは誰もが使えるので、生活が本当に苦しいなら一人で悩まず、相談して解決することをおすすめします。

関連記事

Related