Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】中世ヨーロッパの服装|男女/フランス/貴族

Author nopic iconmofu mofu blanc
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年05月09日

更新日:2018年12月26日

記載されている内容は2018年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【特徴別】中世ヨーロッパの服装|男女/フランス/貴族

男女別中世ヨーロッパの服装

中世ヨーロッパとは、ヨーロッパにおける時代区分の1つです。一般的に5世紀から15世紀頃、西ローマ帝国が滅亡した476年頃から東ローマ帝国が滅亡する1453年頃までを指します。

「中世ヨーロッパ」の言葉の響きは、どこかロマンにあふれたファンタジーの香りがしますが、実際はどうだったのでしょうか。中世ヨーロッパの当時の服装について、見ていきましょう。

中世ヨーロッパは1000年に渡る長い時代であるため、同じ中世の中でも服装の変遷があります。主だった特徴について調べたものを、まずは男女別にご紹介します。

男性の中世の服装

中世の男性の服装で特徴的なのは脚の部分です。脚に身に付けるものは、いくつか種類があり、ウエストから吊り下げて履くズボンのようなタイプやつま先から履く靴下のようなタイプがありました。

中世の男性の服装を初期と後期に分けて見てみましょう。

中世初期

中世ヨーロッパの男性の服装は、主にチュニックの重ね着とマントです。チュニックの丈は身分や時代により違い、マントは片方の肩や胸の位置で留めていました。

中世初期6世紀頃のスペインの労働者は、チュニックの裾の部分をたくし上げて半ズボンのようにして動きやすい格好にしています。腰にはベルト、足にはブーツを履いています。

中世後期

中世後期の13世紀の男性の服装を見てみましょう。肌着に靴下、上衣、ズボン、外衣、コートの組み合わせとなっています。上衣はチュニックの形で、袖ぐりは広く手首のあたりは細く絞った「ドルマンスリーブ」という形です。

外衣は、襟に毛皮がいた豪華なタイプや袖あるタイプやなしのタイプがありました。長袖とフードが付いた厚手の毛でできたゆったりとした上衣は、寒い時期や雨の日に着用されています。

女性の中世の服装

中世の女性はチュニックやガウンなどのスカートに当たる裾の部分が、引きずるほど長いのが特徴です。女性の中世の服装を初期と後期に分けて見てみましょう。

中世初期

中世初期6世紀頃の貴婦人の服装は、長袖の肌着の上に丈の長いチュニックを着て宝石の入ったベルトで締めています。ストールを片側の肩に掛け、髪にはターバン、ゴールドのイヤリングと首飾りをしています。

中世後期

中世後期15世紀頃、都市に住んでいた中流階級の女性の服装を見てみましょう。上半身がピッタリとした裾が長く毛でできたカートルという今で言うワンピースのような服を着ていました。袖は付け外しができるもので、下着は麻でできた長袖の裾の長いシフトドレスを着ています。

頭には白い麻の帽子を被り、髪を隠し汚れからも守りました。毛でできた膝上のストッキングは留めるためのガーターが付いています。木製の靴底のバックル付きの革靴を履き、ウエストには数珠の付いたベルトをしていました。

中世の女性は家事で忙しくても生活のために外でも働くのが一般的でした。女性の地位は低く、現代よりも女性は厳しい生活を強いられていたと思われます。

特徴別中世ヨーロッパの服装

中世ヨーロッパの服装は、中世の同時代の人すべてが同じ身なりをしていたわけではありません。性別の他に職業や地位、用途によっても服装は違っていました。中世の服装を特徴別に見ていきましょう。