Search

検索したいワードを入力してください

懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

Small 43584146 0ad6 4bd8 be85 70da8f633bb1いりあす
転職・就職 / 2018年05月12日
懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

懲戒解雇後の再就職への影響

懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

懲戒解雇された後に再就職することは、非常に難しい時があります。まず懲戒解雇の理由を再就職の際に言うか言わないかを考えなければなりません。これを言うことで再就職がうまくいくかいかないかが決まってくるからです。

懲戒解雇は世間一般でいうと、「悪いことをしてクビになった」という印象です。再就職の場合もこれが付きまとってきます。再就職先に話して、悪い印象を与えてしまうと、再就職することはできません。

ハローワークに再就職を探しにいった時にでも、懲戒解雇されたことを話しておかないと、黙っていて再就職先にバレた場合には、ハローワークにも迷惑をかけることになります。話をしておくと、ハローワークでも相談にのってもらえますので、正直に話しておくと良いです。

再就職先へ懲戒解雇はバレるのか

懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

再就職する際に、再就職先に懲戒解雇されたことはバレるのでしょうか。ここでは再就職する際に懲戒解雇がバレるのかについて考えます。

確認

再就職する際には面接をします。その時に再就職先に「懲戒解雇されましたか」という確認は、まずされません。面接時には前職を辞めた理由は基本的には聞いてはいけないからです。これを聞いて面接を受けにきた相手が不快な気持になるからです。

再就職する際に、懲戒解雇されたことを話さない限り、相手にバレることはまずありません。ただし再就職する会社が、辞めさせられた会社がつながっている場合は、バレる確率はかなり高くなります。

再就職する場合に、懲戒解雇されたことをバレないようにするには、辞めさせられた会社から離れた地域で就職すれば、懲戒解雇されたことはバレない確率も高いですし、嫌な雰囲気からも逃げることもできます。また見知らぬ土地で再出発しようという気持ちにもなります。

懲戒解雇後の再就職の成功例

懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

懲戒解雇は理由により、再就職できる可能性も高くなります。特に本人が犯罪的なものに巻き込まれてなければ、再就職時に面接で話をすれば、会社も話を聞いてくれる場合もありますし、うまくいけば採用になる場合もあります。

懲戒解雇の理由が犯罪などでない場合以外は、会社で上司などに意見などをして、上層部から睨まれた場合です。この場合は会社の言いがかりだと判断すれば、再就職先へも懲戒解雇の理由を、そのように話せば良いです。

懲戒解雇になった場合、まず自分に非がないと判断すれば、それを踏まえて再就職を考えれば良いです。決して卑屈にならず前向きな考えをしていけば良いですし、ハローワークなどに相談しながら、再就職に向けて進めば良いです。

懲戒解雇後の再就職の仕方

懲戒解雇になった後に再就職するためには、どのような仕方があるのでしょうか。ここでは再就職の仕方について考えます。

面接

懲戒解雇の場合は、面接でそれを言うか言わないかで再就職できるかどうかが決まります。懲戒解雇の理由が犯罪などでなければ言うことができますが、犯罪などであれば理由を言うことはできません。つまり面接では、懲戒解雇されたことは言えないという事になります。

では面接で辞めた理由を聞かれた場合、どのように返事をすればいいでしょうか。一番言いやすいのは、「自分に合わなかった」と言う理由です。辞めた会社の悪口などを言うと、逆に印象が悪くなる場合があるので、注意が必要です。

面接を行なう場合は相手が辞めた理由を聞く事は好ましくないとされていますので、面接担当は敢えて聞く事はないですが、本当にその会社に就職したいのなら、面接では懲戒解雇された事は言わない方が良いです。

縁故

懲戒解雇された場合に再就職する場合には、親戚の縁故という選択肢があります。親戚なので、懲戒解雇された理由は話す事はできます。このため再就職することは、ハローワークなどに行くより楽になってきます。

しかし縁故で就職した場合は、世話になった人に対しての負い目があることで、気を使う事になり、再就職した職場で辛い事があっても、辞める事も躊躇してしまいます。そのためストレスが溜まったりするので、別の意味で厳しい事になります。

しかし再就職先が、辞めた会社よりも良い会社だった場合は、懲戒解雇になった辛い思いを忘れる事ができますし、新しい気持ちで過ごす事もできます。これからの人生が明るく思えるようにもなりますので、縁故も一つの選択肢として考えることも良いことです。

アルバイト

懲戒解雇された場合の再就職先として考えるのが、アルバイトです。アルバイトなら辞めた会社のことを聞かれることもありませんので、少し気持ちは楽になります。またアルバイトなら働く時間も自分である程度決めることもできます。

ただしアルバイトは賃金面で正規職員よりかなり低い水準なので、生活するには厳しい面があります。家庭を持っている場合などは、生活が安定しませんし、先行きも不安になってきます。

アルバイトは次の就職先が決まるまでの繋ぎと考えて、アルバイトしながら就職活動しなければなりません。特に家庭を持っている場合は再就職は死活問題なので、真剣に就職活動をすることが必要になってきます。アルバイトをしていく内に、自分に合った就職先が見つかれば、懲戒解雇になった心の傷も癒えてきます。

懲戒解雇後の再就職での履歴書の書き方

懲戒解雇された事を、あえて履歴書に書く事はありません。履歴書には「自己都合」などと書けば、特に問題はありませんし、退職理由を書かなくて良いなら、書かずに越した事はありません。

再就職する時には、必ず履歴書を出しますが、履歴書に懲戒解雇された事を書く人はいませんし、懲戒解雇された会社もそれを口外する事もありません。それらの事を考えても、履歴書に退職理由として、懲戒解雇は書かなくて良いです。

では職歴の欄には退職理由をどう記入すれば良いのでしょうか。結論から言えば、何も記入しない方が良いです。職歴の欄には、「○○会社を希望退職」と記入すれば問題はありませんし、履歴書を読んだ人事の担当も、気には止めないはずです。また面接担当者も、その部分を聞くこともありません。

海外での懲戒解雇後の再就職の仕方

海外では日本のように会社へのこだわりはなく、個人主義で仕事を行なっています。そのため個人に会社で働ける能力さえあれば再就職することは可能です。海外では懲戒解雇ではなく、「契約解除」で会社を辞めることになります。

つまり海外では日本で懲戒解雇になっても、働く能力があれば再就職することが可能です。もちろん自分で仕事を探すことになりますが、懲戒解雇を気にすることもなく働く事ができます。

海外では日本ほど仕事に対する甘さはなくて、入社しても結果を出さなければ、すぐに契約解除となり、会社を追われることになります。また前歴も日本ほど拘りがないので、たとえ日本で大手企業にいても、結果を出なければ解雇されることになりますので、再就職もしっかり検討しなければなりません。

職種別懲戒解雇後の再就職の仕方

懲戒解雇後の再就職は、どのような職種を選べば良いでしょうか。ここでは職種別に再就職することを考えてみます。

サラリーマン

サラリーマンを懲戒解雇された場合は、サラリーマンに再就職することが一番良いことです。前の技術も生かせますし、何よりも職場環境が同じであることが良いです。

サラリーマンに再就職する場合は、以前の会社のまわりでは、元上司や同僚などがいて、懲戒解雇になったことが発覚しやすいので、再就職するなら近くても隣の市で働く方が良いです。

また前の会社と、新しく勤める会社が何らかの関係でつながっている場合がありますので、新しい会社選びは慎重にならなければなりません。

再就職するなら、思い切って隣の県まで足を延ばしても良いです。少なくとも前の会社関係者は、いないはずですし、見知らぬ土地で再出発することを考えて、気持ちを転換してみるのも良いです。

公務員

懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

公務員には、「懲戒免職」があり、これで退職した者は、再度公務員になることはできません。しかし一般企業で勤めていて懲戒解雇された場合は、職種が違うので再就職することも可能になります。

公務員は前歴を重視しますので、前の職場がどこであったかを確認します。ただ退職理由までは調べることはありませんので、懲戒解雇されたことは隠そうと思えば隠すことはできます。ただしバレた場合は、理由を問わずに、懲戒免職となります。

公務員に転職することは、一般の会社に転職するよりも、難しいですしリスクも高くなります。どうしても公務員になりたいと思えば、懲戒解雇されたことを隠して、面接を受けても良いです。うまくいけば公務員に再就職することもできます。

介護職

介護職は人員不足ですので、再就職するためには良いと言えます。一部の施設では無資格でも勤めることもできますので、比較的ハードルは低いです。しかし世間で3Kと言われますので、再就職するには気持ちの切り替えが必要です。

介護職が人員不足と言われていても、懲戒解雇されたことは再就職でのネックにはなります。介護職もサービス業ですので、懲戒解雇された者を簡単には雇うことはできません。特に社会福祉法人は難しいと言えます。

しかし事業所によっては、人を見るところもありますので、必ずしもダメだとは言えません。むしろ懲戒解雇のことは話して、理解してもらった上で再就職することも可能だと言えます。介護職には守秘義務があって、職員の前歴を守ることもできますので、懲戒免職を隠して勤めることもできます。

看護師

懲戒解雇後の再就職の仕方・影響・バレるのか・成功例|履歴書

看護職も人員不足なので、比較的再就職はやりやすいと言えます。大病院でなければ、懲戒解雇になった理由を話せば、再就職できる可能性はゼロではありません。その職場が人を見るところなら、能力さえあれば、再就職できる可能性は高くなります。

看護師は医療業務なので、技術力が求められます。その半面命を預かることで厳しい面もあります。しかし資格されあれば、勤めることは可能です。

看護師に求められるスキルさえ身についていれば再就職は可能です。厳しい仕事をすることになりますが、やりがいはある職種です。懲戒解雇されて辛い思いをしたことを忘れることもできますし、新たな気持ちで再就職するには最適な職種と言えるでしょう。

懲戒解雇後のスムーズな再就職

懲戒解雇された時には、「これからどうしよう」と不安になることが多いです。懲戒解雇になると罪を犯したような気になりますが、自分に非がなく会社の都合である場合もありますので、あまりネガティブにならずに、再就職を考えていくことが必要です。

自分に非がない場合は、ハローワークに出かけて再就職に向けて行動を起こすことが必要です。そこで懲戒解雇になった理由を話して、そんな場合でも雇用してもらえる職種を探すことも必要です。

懲戒解雇は決して良いことではありませんが、そのことで再就職が妨げられることは避けなければなりません。自分に非がない場合は胸を張って、すぐ再就職に向けて行動を起こすことで、新しい自分の人生が始まります。

関連記事

Related