Search

検索したいワードを入力してください

【線別】定期で途中下車していいのか|JR西日本/ICOCA

Author nopic icon夢野 旅人
雑学 / 2018年05月02日
【線別】定期で途中下車していいのか|JR西日本/ICOCA

識別定期券で途中下車が可能でしょうか?

全ての種別定期券は基本的に定期区間では途中下車が自由にできます。いつも定期で通勤や通学で利用していても途中下車しないで通過していることは意外に多く知らないことも多くあります。ぶらり途中下車することで、新しい発見ができます。気づかないで通過していた駅やその周辺こそ新鮮です。

お気に入りの歴史散歩やショッピングなどに幅広く有効に定期券を利用することで、賢くかつ手軽に小旅行することができます。人との出会いを含め大いに活用したい途中下車によって、これまでの生活の幅を拡大できるでしょう。うまく上手に活用して未知なる世界を広げることが期待できます。途中下車の仕組みは使い方次第で楽しめる機会が増えていきます。

人はいつもと同じことが習慣化するとその先にはマンネリ化に陥りがちなのですが、これを打破して新しい風を取り入れることこそ大切で、それも身近に気軽にできることが途中下車によるメリットでしょう。

JR西日本定期券の場合途中下車できますか?

JR西日本では、全ての定期券は基本的に定期区間では途中下車が自由にできます。いつも定期で通勤や通学で利用していても途中下車しないで通過していることは意外に多く知らないことも多くあります。ぶらり途中下車することで、新しい発見ができます。気づかないで通過していた駅やその周辺こそ新鮮です。

お気に入りの歴史散歩やショッピングなどに幅広く有効に定期券を利用することで、賢くかつ手軽に小旅行することができます。人との出会いを含め大いに活用し途中下車によって、これまでの生活の幅を拡大できるでしょう。うまく上手に活用してどんどん未知なる世界を広げることが期待できます。

人はいつもと同じことが習慣化するとその先にはマンネリ化に陥りがちなのですが、これを身近に気軽にできることが途中下車によるメリットでしょう。

JR西日本新幹線ではどうなのか?

山陽新幹線区間では、通勤定期と通学定期がありますが、いずれも定期券の区間内の駅であればどの駅でも途中下車できます。自由席に限定される以外の制約はなく、種別関係なく自由席のある定期、臨時全ての列車に乗車もできます。

バス定期の場合途中下車はどうなのか?

全国的にいうバス会社の多くは一般的に路線バスを定期運行しているものであり、基本すべて定期券を発行していますが、その場合には多くが途中下車はもちろん自由に行うことができます。

東武バス、西武バス、阪急バス、阪神バス、近江バス、京阪バス、西鉄バス、その他市営や都営バスなど数えればきりなく共通事項ですが、夜行バスや深夜バス、長距離、中距離を結ぶ高速バスは除外されるケースが一般的です。

また、同じ区間を他の提携していないバス会社路線と重複があっても乗車できないケースがあります。基本的に途中下車を有効に活用して日常生活を充実させることは可能です。

一部地域のバス会社では、途中下車が不可能な例もありますので、詳細はそのエリアを運行しているバス会社営業窓口に確認するのがベターです。なかでも路線の廃止や休止、運行経路の変更など条件により定期券のメリットも異なる場合があるので注意しましょう。

上野東京ラインの場合はどうでしょうか?

上野東京ラインでは、並行して走る山手線や京浜東北線、たとえば同線には途中駅のない例えば神田駅で下車することは可能なので、もちろん定期券利用での途中下車もすることができます。基本的に定期券の購入区間では途中下車できます。

大宮駅から東京駅までは京浜東北線と同じ扱いにより、どの駅でも自由に乗降することができます。都心エリアを多く通る沿線なので、途中下車自体楽しめるのもこの線の特徴です。

中でも大宮―赤羽駅間は特例区間のため、埼京線利用で浦和、川口経由でも同じ取り扱いになりますので自由に選択できます。列車事故など東京上野ラインが不通になっても選択肢が他にある路線ですし、真逆の定期も同じです。

休日に定期券を活用することにより交通費の自己負担もなく出かけられるメリットがあります。しかも休日であればその恩恵はより強く、定期区間を何度でも途中下車できます。定期以外区間に追加精算も可能です。

種類別定期券で途中下車可能なのでしょうか?

エリア毎の種別定期券には通勤定期券と通学定期券が発売されていますが、いずれも途中下車が可能で自由です。もちろん本人しか利用できないことは言うまでもありません。一般的には在来線での定期券が大半ですが、新幹線自由席を利用できる定期券もあります。呼び名はエリアで異なりますが、新幹線利用でも途中下車は料金加算は一切ありません。

この新幹線定期券は自由席を利用できますが、距離を制限なく発売しているわけではなく、概ね200キロ圏内として発売しています。(一部エリアではこの距離は拡大)このほかに在来線特急自由席が利用できる定期券もありますが、区間については駅の窓口などで確認が望ましいです。

ICOCAの場合

JR西日本の発行している在来線ICOCA定期券では、一般定期区間と同じ区間内の途中下車は自由に行えます。大阪管内の特例として、大阪環状線大阪ー京橋間のICOCA定期があれば途中駅での下車は問題ありませんが、この区間の定期券があれば東西線北新地ー京橋駅、あるいはその逆の区間の利用ができる特例が適用されますが、東西線内での途中下車は不可です。

また、例えば山陽新幹線と並行している在来線区間では同じ2駅の在来線の定期券があれば特急券を別途購入すれば利用することが可能です。がこれは磁器タイプ定期券に限定されており、JR西日本新幹線利用を在来線ICOCA定期券での対応はしていません。捕捉しますと、ICOCA定期券では新幹線利用ができないため、別途乗車券と特急券の購入が必要となる点です。

在来線特急利用の場合には在来定期券ICOCAであっても別途特急券のみを購入すれば利用でき新幹線と異なります。

ICOCA定期の恩恵

ICOCA定期券のメリットは途中下車メリットだけでなく、デポジットがついています(初回のみ有償)ので、万一紛失した場合には再発行が可能です。

suicaの場合

suica定期券の場合でも、定期区間内であれば何度でも自由に途中下車することが可能です。suicaの場合には定期とクレジットが一体型のカードとしての機能を有するカードが5種類用意されていて便利です。定期区間以外のエリアでは、その差額もチャージから差し引かれる仕組みで定期利用であれば、負担なく途中下車できる強みがあります。

なお、ICOCAカードと同じで現金を使わないので利便性も高く、利用者も増加してきています。定期券購入やチャージによりポイントもたまりやすいカードとして知られていますが、これは在来線だけでなく新幹線利用の場合でも同じで通勤、通学区間では自由に途中下車可能です。

途中下車した後、同じ駅でなく数駅離れた定期区間の駅から乗車しても有効ですし、途中下車は何度繰り返しても構いません。また、このカードのメリットは紛失した場合も再発行できるのが最大特徴です。

状況別定期で途中下車可能でしょうか?

定期券を有効に使用すれば個人負担もなく容易に通勤経路を往復することができますが、その恩恵は休日に感じることができます。いつも余裕もなく通過していた駅で降り、ぶらぶらしてみるだけでも気分転換が図れます。刺激のない生活の中から新しい光を見出すことが重要になります。

定期区間を超えて乗車した場合にも、追加で精算すれば得した料金で遠出もできますので行動範囲も拡大できます。身近な場所なのに初めて見る景色に癒されることもきっとあります。

通勤距離が長ければなおさらその恩恵が強く、沿線によりバラエティ豊かな世界があります。親しみある通勤路線ですが、知らない土地も多いのは誰しも同じ条件です。遠方から通勤している人にとり、都心部は魅力的でしかも刺激的です。

日頃利用している生活圏で見たことのない素敵な場所が隠れているはずです。身近過ぎるからこそ気づかない宝さがしの機会は簡単につくれます。

快速利用の場合はどうなのか?

快速利用で通勤・通学していると快速停車駅以外の途中駅での途中下車する機会が少ない傾向にあります。冒険心や好奇心が旺盛であれば、途中駅を開拓することでなにか発見できるでしょうし、小さな幸せを感じれる可能性だってあるでしょう。

例えば東京駅からの下り東海道本線であれば、快速停車駅以外にもグルメスポッをはじめレジャースポットも多くあります。そして定期利用で途中下車することにより小さなきっかけから、大きな発見も期待できるでしょう。定期券の2地点間の移動だけに終わらせない努力も大切なことです。

各駅停車ぶらり途中下車することで、灯台もと暗しのように新しい発見ができる期待値も高まるでしょう。人情や人のやさしさを感じることもあるでしょう。懐かしい情景に遭遇することもあるでしょう有効期間内であれば何度でも利用できますし、カードタイプであれば保証もついていますので利用価値も高く安心して使用できます。

バスも同じですか

バスの定期券でも鉄道と同じで、区間内のルート上にある停留所には自由に乗り降りが可能です。通勤や通学定期の距離が長ければ、さらに途中下車のエリアも増えます。鉄道駅と同じでバス停からの新しい発見も期待できます。

鉄道とバスの組み合わせの場合

鉄道とバスの両方を利用している場合には、定期区間の途中下車は鉄道とバス両方が対象となり利用価値は高くなります。沿線に魅力的な場所があれば気軽に立ち寄れるのは強みです。

定期券の恩恵を受けよう

各種定期券を利用して、日常生活で付加価値あるメリットが生み出せます。通過してきた途中駅やバス停など魅力の発掘につなげることができます。

身近に利用価値を高めよう

いままで通過していたに過ぎない途中駅でしたが、一度定期券で途中下車すると、新しい発見があります。初めてのグルメスポット、穴場のカフェ、名所、劇場、施設などすべてが新鮮であることでしょう。身近にありながら見過ごされていた名店などに出会えれば、好奇心もどんどんわいてきます。正しい定期券途中下車は、切符ICカード定期とは異なります。

この特典を有意義に活用することで、生活範囲が拡大できることもあるでしょうし、またこのきっかけにより、よりその町に興味がわいてきたりとさまざまです。降りるまでは勇気がいりますが、いざ途中下車するのは一種の冒険です。そして生活パターン改善にもつながる可能性もあります。

有効利用して利用価値を高めましょう

全ての定期券は基本的に定期区間では途中下車が自由にできます。いつも定期で通勤や通学で利用していても途中下車しないで通過していることは意外に多く知らないことも多くあります。ぶらり途中下車することで、新しい発見ができます。気づかないで通過していた駅やその周辺こそ新鮮です。

お気に入りの歴史散歩やショッピングなどに幅広く有効に定期券を利用することで、賢くかつ手軽に小旅行することができます。人との出会いを含め大いに活用し途中下車によって、これまでの生活の幅を拡大できるでしょう。うまく上手に活用してどんどん未知なる世界を広げることが期待できます。途中下車の仕組みは使い方次第で楽しめる機会が増えていきます。

人はいつもと同じことが習慣化するとその先にはマンネリ化に陥りがちなのですが、これを打破して新しい風を取り入れることこそ大切で、それも身近に気軽にできることが途中下車によるメリットでしょう。

関連記事

Related