Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】転職での失敗談|後悔/50代/タクシー/農業

Author nopic iconライム
転職・就職 / 2018年05月05日
【年代別】転職での失敗談|後悔/50代/タクシー/農業

転職をしても上手くいかず失敗した話など

仕事をしていて自分に限界を感じたり、転職自体が上手くいかずに仕事を辞めて転職の道へ進んだ事を後悔する例はいくらでもあります。転職をして成功するのか失敗するのかは、本人の実力次第ですが、今どのような境遇にいるのかでも成功するのか失敗するのか変わってきます。

転職をして失敗する話は、例えば非正規雇用として仕事をしなくてはならなくなったり、慣れない仕事を選んでしまい、長く続ける事ができなかったりと失敗でもさまざまな例があります。

転職して失敗する場合は、自分は何に向いているのか分からずに辛い仕事に就いて、前の仕事の方が良かったと後悔している人が多いです。

後悔した失敗など

仕事に限らず、人間は何でも後悔の念を持つ事があります。例えばステップアップのための転職だったのに、迎え入れてくれる会社が今まで自分がやってきた仕事と明らかに違う事をする会社だったり、人間関係がよくなかったりと色々な失敗談があります。

始め面接で聞いていたことと違う待遇や仕事で後悔をしたり、勤務地や勤務時間が長くて後悔したりというのは誰にでもあります。自分が考えていた仕事ではなかったり、転職前の仕事と比較して、転職先の仕事の方が待遇や勤務時間が長く、後悔するなど具体的な転職の失敗談は前の職場と比べたり、転職自体に後悔する事がほとんどでしょう。

年代別に見た転職での主な失敗談

年代別に見ても、失敗談は職種や業種によってさまざまです。そもそもの転職する理由が結婚や家庭問題や引越しなどから転職する事もあるので、本来なら転職しなくても良いはずが転職をしたことでそのまま失敗に変わってしまっている場合もあります。

年齢を重ねるとなかなか思いどおりの仕事に就けません。それどころか掃除や警備といった仕事に仕方なく就いている人もいるので、ある程度の年齢の転職は失敗だらけです。どこかで割り切らないと仕事自体を続ける事が難しいでしょう。

他人の失敗談を聞いて、自分は同じ過ちをしないようにするしかないです。

30代の場合

30代は結婚をしている世代で子供もまだ小さいです。教育費や住宅ローンなどでお金がかかるので、サラリーマンよりかはもっと稼げる仕事がないかと考えてほとんどの人がそのような理由で転職しています。

30代の場合は転職をする事自体が失敗です。30代で諦めずに今の職場にいればそれなりの地位に就けるのに我慢できない人が多いです。

失敗談としてはサラリーマンよりガテン系の仕事に就いて、トラックの維持費やサラリーマンよりハードな仕事内容だったので、すぐにまた違う仕事を探したが、非正規社員の仕事しかなく、アルバイトを長く続けているといった失敗例などが多いです。自分はいいと思って転職しても、根本的な働き方が合っていないと失敗することは多くあります。

40代の場合

40代で転職をする場合は今いる会社に限界を感じている場合がほとんどです。40代でアルバイトや派遣社員、契約社員の人も多く、なかなか正社員になれなくて苦労している人が多いです。非正規雇用からの転職はどうしてもまた非正規雇用の仕事しかないです。よりよい仕事をしたくて転職しても、思いどおりにいかずに失敗することはあります。

失敗談とては、正社員から好きなことをするために自営業を始めたのはいいが、まったく客がこずに大きな借金を残して店をつぶしたことや、自分の可能性を試すために、大手のIT企業へ入社したが、年下の部下に馴染めずに仕事を辞めた例など失敗談としては年齢を重ねれば、重ねるほど増えていきます。

50代の場合

50代は会社を経営している立場の人も多く、会社員から転職して自分の会社を立ち上げて、そのまま会社の不振を失敗としている場合もあります。失敗談としては人が集まらなく、人件費ばかりが多くなり、会社をたたまなくてはならなくなったり、部下の失敗の責任を自分が背負う事になったりと、30代40代の時とは失敗談も違ってきます。

また家族や生活を守るために、よりお金の稼げる仕事だと思って始めても、体力や気力が続かない事もあるので、50代の人の転職の失敗は若い人とは違ってきます。

50代で転職を考える事が、もう失敗を招いている場合もあるので、30代や40代で賢い転職をしておくべきでしょう。

高齢者の転職の失敗の例

高齢者の転職の失敗の例は、転職をして収入が大きく増えて、年金が支給停止になったり、必要以上に経費のかかる仕事に就いてしまったりと、高齢者の転職での失敗は色々あります。

高齢者は生活や子供や孫のために仕事をしている場合がほとんどです。転職をして収入が減ったり、収入が減るだけでなく、仕事がキツくなったり、勤務時間や勤務地が自分の満足しないものになってしまったりする場合があります。ほとんどの高齢者は時給制で仕事をしているので、非正規雇用として時に不利な立場になる事も多いです。

また、体に負担のかかる仕事に変わって、そのまま体を壊して仕事を辞める事もあるので、転職して失敗する例は高齢者や立場の弱い人程、収入や生活にダイレクトに影響がでるでしょう。

職種別に見た転職の失敗談って何?

職種別に見ても、転職の失敗談はさまざまです。転職は年代に関係ないことがほとんどです。同じ仕事を長く続けれる人は少ないでしょう。

肉体労働の仕事に変えてみて、儲かると思っていても逆に体を壊したり、必要以上に経費がかかったりと思わぬ障害が起きる事もあります。転職して、自分がしたいと思う仕事でも、なかなか思いどおりにいかないことはたくさんあります。

転職をする人は今よりも良い条件で、収入や仕事を得たいと思っている人がほとんどです。ある程度の失敗は覚悟して始めるので、どれだけ失敗を想定して転職を進められるかが問われます。大きな資金のかかる転職などはリスクが高いので、お金をかけたくない場合は普通に企業へ転職する事を選ぶ方が無難です。

タクシーの運転手の場合

規制緩和が始まり、タクシー運転手というのは儲かりません。また勤務時間が異常に長いので、エコノミー症候群になり、体を壊す人も多いです。勤務時間がまちまちなので、生活が不規則になり、体調を崩してそのまま仕事を辞める人も増えています。

世間の景気のバロメーターとなっているタクシーの運転手なので、景気がよくないとそのまま売り上げに直結します。

失敗談はタクシー運転手に転職して、収入が減ったり、お客様とのトラブルなどで大きな損害を受けてタクシー会社を退社する事になったり、不規則な生活が祟って仕事自体を続ける事が難しくなったり、タクシーの運賃が安くなり、転職前よりも収入が減るなどの失敗談があります。

農業での失敗談など

農業は軌道に乗せるまでに時間が掛かります。無農薬農業で作物を育てていて、有機農業で育てている人の作物が売れてしまったり、無農薬農業の理解が得られなかったりとさまざまです。

当初は大きな収入を見込んでいたものの、なかなか収入が伴わずに、前の仕事を辞めなければ良かったと普通に考えたりと、昔ながらの生活は多少無理が生じる可能性があります。

今までの仕事をしていればよかったと思う事があります。また体を壊して農業自体を続ける事ができなくなったり、畑の領地を広げる事ができなかったりすれば、その農業は失敗に終わります。

林業での失敗談など

今現在、林業を始める事はやめた方がいいです。木や木材が売れない理由は時代の流れになっています。昔程、家を建てる人も減り、もし建てても木材は使わないで建てるからです。

また電子書籍や本離れなども林業がなり立たない事を示しています。サラリーマンや自営業の人は都会から、田舎や地方へ赴き林業をするので、地方の方が物価が高い場合もあり、田舎の不便さも加えて、林業へ転職する事を後悔している事も多いです。

転職して失敗することはどの職業でもありますが、時代にそぐわない事を仕事にするには勇気が必要です。必要以上に体力を使い、資金もかかり、道具の管理もしなければいけないので林業を始めて失敗したと思う人は多いでしょう。

転職は失敗を覚悟で始めよう!

転職を始める場合は今よりも生活を変えたいという思いや、今の家族や生活環境から転職する事もあります。今までと違う仕事に就いて頑張っていこうと思って転職する場合は、失敗を覚悟して始めましょう。

転職が失敗するのか成功するのかは本人次第ですが、最低限のリサーチやマーケティングをしましょう。これから成長する分野はどうしても競争が激しく、忙しくなるので体力が必要です。より稼げる仕事はそれだけ努力や能力が求められます。

転職は常に「背水の陣」である

大学を卒業して順調にいっていれば、転職を考える事はないでしょう。転職を考える場合は、家族や生活そのものを維持していくことも考えないといけないので、ある程度の年齢を過ぎた場合は理想を捨て、現実的に考えていく事が必要になります。

また、家族や妻や夫の協力が必要な場合は無理のない程度に協力をお願いしましょう。転職をして後悔しない事も必要ですが、理想を追いすぎて後悔するよりかは現実を見て仕事を選ぶようにしましょう。

畑違いの転職は苦労だけでは済まない

まず、自分に合わない仕事は長く続ける事が難しくなります。今までしていた仕事から大幅に変わる場合は、本当に長く続けて、ストレスにならない範囲で続けられるかを考えましょう。

デスクワークからガテン系の仕事に就く場合は、お金の面だけのメリットばかりを考えずに、仕事をコンスタントに続ける事ができるかを考えて決めましょう。また新聞やニュースなどから情報を集めて、問題になっているような仕事を選ばない事も必要になります。

自営業への転職は自信がなければやめよう!

物を売ったり、食べ物を売るのはなかなか難しいです。チェーン店に加入していない店舗経営ならば、本当に需要があるかを考えて始めましょう。物を売るのは難しいです。食べ物は期限があるので、売るのが難しいような食べ物を中心にした商売はやめておきましょう。

デフレ経済が続いているので、なかなか商売で一旗揚げるのは難しくなっています。

今の職場をできるだけ続けよう!

転職というとどうしてもデメリットが目立ちます。転職をしないことが一番です。どうしても転職をする場合は、今までしてきた同じような仕事を選ぶか、お金優先の仕事を選ぶ事をやめれば転職が成功する事はあります。

今の仕事でそれなりの職歴を作り、資格や免許が使いやすいような働き方をしましょう。職歴がないといくら資格を取っても、活かす事はできず、良い転職はできません。

関連記事

Related