Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】「渡す」の敬語の使い方|謙譲語/お願い/香典

Author nopic iconagohigegai
カテゴリ:ビジネス用語

初回公開日:2018年04月29日

更新日:2020年06月23日

記載されている内容は2018年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【種類別】「渡す」の敬語の使い方|謙譲語/お願い/香典

「渡す」の敬語表現は?

渡すとは、こちらから相手へ物品などを移すことを言います。渡すの敬語表現は接頭語の「お」をつけて渡すを丁寧な形にした「お渡しする」となります。渡すはこちらから相手の手へ移すことですので、自分の行動を表すので敬語の形としては「謙譲語」が主な敬語表現の形です。

謙譲語など

謙譲語とは自分の言動をへりくだって相手を高め敬意を示す敬語表現です。「渡す」は自分の行動ですので、謙譲語での敬語表現がふさわしいです。敬語の形としては、接頭語に「お」をつけて渡すを丁寧な形にし、丁寧な敬語である「〜します」や謙譲の敬語である「いたします」をつけて「お渡しします」や「お渡しいたします」が適切な敬語の形になります。

相手に依頼する場合には、相手の行う動作なので尊敬の敬語表現を用います。

相手から渡して欲しいとき

相手から何か渡してほしい時には、相手の行動を高めて敬意を示す尊敬の敬語表現、尊敬語の形にします。この場合は謙譲の敬語表現と同じく接頭語の「お」をつけ、語尾は尊敬の敬語である「ください」をつけて「お渡しください」が適切な形です。

使い方としては、「こちらの書類を、〇〇様へお渡しください」となりますが、これだと丁寧さにかけると感じるならば、「お手数ですが、こちらの書類を〇〇様へお渡し願います」や「お渡しいただきたいのですが」とします。

また自分に渡して欲しいときには「直接私へお渡しください」「私に渡していただけるとありがたいのですが」「直接当方へお願いいたします」とします。

お渡しさせていただくはNG

丁寧にしようとして、とっさに口から出てしまいがちなのは「お渡しさせていただきます」。しかし「させていただく」というのは自分がなにかしらの恩恵を受けることに対して敬意を示す場合に使われる言葉ですので、何かを渡す際には不適切になります。

させていただくを使う場面とは、「相手の許可を得て」「恩恵を受ける」場合に使うことが正しいとされています。また「させていただく」は日本語的にも少し回りくどく感じますので、渡す場面の敬語表現は、シンプルに「お渡しいたします」「お渡しします」とした方が相手に伝わりやすいでしょう。

ビジネスでお願いする時の「渡す」の敬語の使い方

誰かに何かを渡して欲しい、そんな時にはどのような敬語の表現で依頼をすれば良いでしょうか。その場合にふさわしい「渡す」の敬語表現は「お渡し願います」や「お渡しいただけますか」です。「こちらをお渡し願います」という言葉を添えて渡したいものを手渡しましょう。

その時に「ご面倒ですが」とクッション言葉を添えるとより丁寧な印象です。クッション言葉は「ご面倒ですが」「お手数ですが」などがふさわしいです。もちろんよりシンプルに「お渡しください」や「渡して欲しいのですが」でも構いません。相手との距離感を考えて使い分けましょう。

メールなど文字にすると「渡してください」は少し言葉が強く、受け取り方によっては命令されているように感じる場合もあるため、「お渡し願いますか」や「お渡しいただけますか」など問いかける(許可を得る)書き方にしたり、クッション言葉を置いてやわらかな表現にすると、丁寧になります。

種類別「渡す」の敬語の使い方

渡す、と言っても何を渡すかで言い回しは変わります。シーン別にふさわしい言い回しをご紹介します。

香典を渡すときの敬語表現

「御霊前にお供えください」と一言申し添えて渡します。その場合「御愁傷様でした」「御力落としなく」などのお悔やみ言葉も添えて、相手の気持ちに寄り添うことも大切です。渡すの敬語表現というよりは、気遣いの表現を用います。

香典は遺族に渡すものではなく、故人に供えるのですので、上記の「御霊前(=故人)にお供えください」という表現が最もふさわしくなります。

書類を渡すときは「渡す」の敬語表現です

「お渡しします」で十分敬語として用いることができます。さらに丁寧にしたいのであれば「お渡しいたします」でしょうか。誰かに書類を渡すときには、「こちらの書類をお渡ししますので、ご覧ください」などと添えて渡します。

書類を渡して欲しいと依頼された場合に、「了」と返事をする際には「こちらの書類をAへ渡します」や「渡しておきます」でも十分ですが、これでは丁寧さに欠けると感じるならば、ほかに言葉を添えます。

その場合には、受け取った旨を表す「受領いたしました」や「承りました」を用いて、「確かに受領いたしました。Aに渡します」や「A宛の書類を受領いたしました」とします。そのほかには「申し伝えます」なども同じように使うことができます。

お土産を渡すときは

お土産を渡す際には、「渡す」とそのまま使わずに、「皆様でどうぞ」や「お気に召すと良いのですが」と一言を添えて渡します。食べ物ならば、「お口に合うと良いのですが」や「よろしかったら皆様でお召し上がりください」でもいいでしょう。敬語というよりは、気遣いの言葉を添えて渡します。

ビジネスで手土産を渡す際には、先方の上座の方に渡します。その場合、紙袋は外し正面を相手方に向けて渡すのがマナーです。手土産は自社のある地域の銘柄を選びます。菓子折りであれば、個別包装のものや包丁などを使わず簡単に分けられるもの、賞味期限が長いものを選ぶと、渡される側にしても面倒がなく親切です。