Search

検索したいワードを入力してください

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

Small e6545a17 7727 49d6 99a3 660c8991ea6d花巻ゆい
雑学 / 2018年05月04日
【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

日本が二重国籍を認めない理由って何?

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

日本で二重国籍を取得したい人もいますが、日本は二重国籍を認めていません。どうして日本では二重国籍を認めていないのでしょうか。今回は、なぜ日本が二重国籍を認めていないのか、その理由を紹介します。

日本は血統主義だから二重国籍を認めない

皆さんは血統主義をご存知でしょうか。血統主義というのは、生まれた時の国籍が親の国籍になると言う決まりです。日本はその血統主義なので、二重国籍を認めていません。

しかし、全員が二重国籍じゃないわけではありません。一定期間までは二重国籍でも良いという決まりもあります。それは2つあって、1つ目は20歳に達する前に二重国籍だった場合、22歳までに選べば良いというものと、20歳に達した後に二重国籍になってしまった場合は、2年以内にどちらかを選択すると良いという決まりです。

いずれの決まりも、最終的には二重国籍ではなくなってしまいます。もしも、子供が二重国籍の場合、しっかりと長いスパンで考えてみましょう。

国別日本との二重国籍事情を教えて!

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

1つ前の項目で日本は二重国籍を認めていないお話をしましたが、実は世界には二重国籍を認めている国もあります。また、日本と同じく認めてない国もあります。今回は、そんな二重国籍を認めていない日本との国別の二重国籍事情を紹介します。

アメリカの二重国籍事情を教えて!

アメリカといえば先進国のイメージで、移民も多く受け入れている印象がありますが、日本も先進国のイメージがあります。そんな日本は二重国籍を認めていませんが、アメリカはどうなのでしょうか。今回はアメリカの二重国籍事情について紹介します。

二重国籍に対して特に何も言っていない

アメリカは二重国籍を認めるとも言っていないし、二重国籍を認めないとも言っていません。そのため、日本は22歳までに選択しなければいけないのに対して、アメリカは成人しても特に選択をする必要はありません。

しかし、だからと言ってアメリカは二重国籍を支持するわけではありません。二重国籍があると2つの国に絡むことなので、問題が出る可能性もあります。そのため、二重国籍について何も言っていませんが、支持をするわけではありません。

一応二重国籍でも問題ない

アメリカは、二重国籍に対して何も言っていないので、二重国籍で良いのか心配になりますが、二重国籍を持ったところで違反になることはないです。そのため、二重国籍を持ちたい人は持って良いです。しかし、何か問題が起こった時は大変なので、そういう問題は起こらないように気をつけましょう。

カナダの二重国籍事情を教えて!

カナダはアメリカの近くにあり割と有名な都市ですが、日本と同じく二重国籍を認めていないのでしょうか。はたまた二重国籍を認めているのでしょうか。今回はそんなカナダの二重国籍事情を紹介します。

二重国籍を認めている

カナダでは、日本とは違い二重国籍を認めています。そのため、カナダとカナダ以外の二重国籍を認めている国とでしたら、二重国籍を持てます。しかし、日本は二重国籍を認めていないため、日本とカナダの二重国籍は持てません。

カナダで二重国籍の場合は特別認証制度を申請する

カナダで二重国籍を持った場合は、カナダには特別認証制度というものがあるので、申請しておいた方が良いです。なぜかというと、特別認証制度というのは、カナダの移民や難民などが短期的にカナダに来る際の手続きを円滑にするのを支援します。

特別認証制度に申請をしておくと、もし、二重国籍者などが緊急でカナダに来なければいけない場合に、カナダのパスポートがなくても、別の国のパスポートで行くことができます。

しかし、カナダに二重国籍を持っている方はできるなら、カナダのパスポートも持っていた方が便利です。やはり、カナダのパスポートを持っていないと、特別認証制度ができたとは言えども手続きが混雑してしまいます。そのため、時間などに余裕があるカナダの二重国籍者の方は、カナダのパスポートを持っていた方が、いざという時に時間に余裕を作れます。

韓国の二重国籍事情を教えて!

日本からとても近い韓国ですが、あまり移民を受け入れているイメージがありません。そうなると韓国は日本と同じく二重国籍を認めていないのでしょうか。実は日本と違って認めているのでしょうか。今回はそんな韓国の二重国籍事情を紹介します。

二重国籍を認めている

日本からとても近く、日本人は韓国によく旅行に行きます。そのため、考え方が日本と同じじゃないかという考えになりそうですが、実は韓国は違います。韓国は二重国籍を認めているため、二重国籍を認めている国とでしたら二重国籍を持てます。

中国の二重国籍事情を教えて!

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

中国は世界で一番人口の多い国ですが、人口が多いということはもしかすると移民を受け入れているのでしょうか。はたまた、中国人が多いのでしょうか。日本と近いということで、中国に行く方も多いので気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな中国の二重国籍事情を紹介します。

二重国籍を認めていない

中国の近くの韓国が意外にも日本とは違い二重国籍を認めていたので、中国も二重国籍を認めそうですが、実は中国は日本と同じく二重国籍を認めていません。

しかし、法律自体は日本と同じなのかと思いきやちょっと違います。日本は20歳に達する前に二重国籍だった場合は、22歳までに選択をするという二重国籍の期間があります。それに対して中国は親が外国に定居していて、生まれた時に外国籍を保有していたら成人などに関係なく中国国籍を持てないことになっています。

フィリピンの二重国籍事情を教えて!

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

フィリピンに旅行に行く日本人は比較的多いです。そんな旅行客の多いフィリピンですが、旅行だけではなく二重国籍は認めているのでしょうか。今回はそんなフィリピンの二重国籍事情を紹介します。

二重国籍を認めている

フィリピンは、韓国と同じく日本人がよく観光で訪れる場所です。そのフィリピンは二重国籍を認めています。そのため、二重国籍を認めている別の国とフィリピンの国籍を持てます。

フィリピンで英語を学ぶ際はパスポートを持とう

現在、フィリピンに語学留学する人がとても増えています。そのため、フィリピンに行く人が多いですが、二重国籍者でフィリピンに留学する人はパスポートを持っておいた方が楽です。英語の留学となると、短いもので1カ月などがありますが、本気で英語を話せるようになるには、半年から1年はいた方が良いです。

長ければ長い方が英語を母国語のように自然に話すことができます。そのため、長期滞在した方が覚えれます。しかし、年単位なので短期旅行で行くのとはわけが違うので、フィリピンに国籍がある人は、今後英語に慣れたら本格的に住む可能性も出てくるので、パスポートを持っておいた方が良いです。

そうすると、フィリピンとしての国籍を証明できるので、違法滞在などにもならず、違約金も取られないので、フィリピンのパスポートも取得しておいた方が良いです。

二重国籍者の海外の行き来の仕方はどうやるの?

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

1つ前の国別の二重国籍事情で日本は二重国籍を認めていませんが、世界には二重国籍を認めている国があるのが判明しました。それでは、二重国籍を持っている方はどのように海外に行って、どのように元の国に帰ってくるのでしょうか。今回は、二重国籍者の海外の行き来の仕方を紹介します。

日本のパスポートのみなどのように海外の場合は?

日本のパスポートのみなどのように、海外では海外のパスポートのみを持っている方がいます。その方が二重国籍で他の国を行き来するにはどのようにすれば良いのでしょうか。今回はその仕方を紹介します。

アメリカの場合を教えて!

もし、アメリカと日本とで行き来する場合に日本のパスポートしか持っていないとなった場合は大いに問題があります。本来日本は二重国籍を認めていませんが、説明を分かりやすくするために日本で解説すると、日本からアメリカへ渡る際に日本のパスポートで渡ろうとすると入国拒否される可能性があります。

なぜ、アメリカの国籍があるのにアメリカのパスポートで入国しないのかとなります。そのため長期滞在する場合は両方のパスポートがあったほうが良いです。

短期間海外に行く場合は?

二重国籍者は2つの国に住んでいますが、それは短期間の方もいるでしょう。そう言った場合、パスポートは2つ持っているのでしょうか。二重国籍者で片方の国を短期間滞在する場合の事情を説明します。

主で住んでいる国のパスポートで入国

日本は二重国籍を認めていませんが、説明として日本とアメリカを用います。日本に主で住んでいてアメリカに短期間で行く場合はパスポートを両方持っていない人も結構います。短期間なので、旅行で日本人として行くのと同じなので、そういう場合は持っていない人も多いです。

二重国籍者の日本の税金はどうなるの?

二重国籍となると、2つの国に国籍があるということになります。その国にいる人は基本的に税金を払わなければいけません。しかし、二重国籍者の場合はどうなのでしょうか。その事情について紹介します。

税金を払わないといけないの?

2つ国籍を持っていると2つの国の分税金を払うことになります。しかし、2つの国の税金となると相当な額になってしまい金銭的に厳しくなります。二重国籍者の場合、税金は両方の国に払わないといけないのでしょうか。二重国籍者の年金事情を紹介します。

日本と他の国とで事情が違う

日本の税金の基準は、二重国籍だとしても、どちらの国に住んでいて、またその人の収入はどちらの国のものであるかという部分を基準にしています。そのため、日本に住んでいて、収入源が日本しかない場合は、日本の場合だと日本に税金を納めることになります。

多くの国が日本と同じように、税金の基準が収入の場所などによって定められています。しかし、国はとてもたくさんあり、一概に全部の国がそうではありません。別の基準を設けている国もあるので、そう言った相談機関に相談するのが無難です。

居住地基準の場合もある

1つ前で日本はどこに住んでいるのかと、収入はどの国なのかを基準として税金を取るか取らないかと判断すると言っていましたが、別の国では居住地基準だけの場合もあります。居住地基準ですと、日本とは違い収入源は関係なく、住んでいる場所による場合があるので、上でも言ったように、その国その国で違うので、国の税金に関する相談機関に相談しましょう。

二重国籍事情を知って世界に詳しくなろう!

【国別】日本との二重国籍の事情・認めない理由・行き来の仕方

日本の二重国籍事情を知るのも大事ですが、今後海外で活躍したいと考えている場合は海外の二重国籍事情を知っておくのも大事です。そうすることで、世界の国々のさまざまな事情が見えてきて博識になります。万が一に備えてさまざまな世界事情を知っておきましょう。

関連記事

Related