Search

検索したいワードを入力してください

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

Author nopic iconyui
雑学 / 2018年05月11日
飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

飛行機に乗るぞ!機内持ち込みヘアスプレーはOK?

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

日本でも飛行機を利用して国内や国外に行く方がたくさんいます。今では飛行機の利用は昔よりもずっと簡単に考えられているため、飛行機を利用する人は年々増えています。初めて飛行機に乗る人は特に何を持っていけばいいのか、飛行機に何が持ち込めて何が持ち込めないのかなどわからなくてパッキングがなかなか進まなかったりします。

また、ヘアスプレーは男女共に使用する人が多く飛行機に持ち込みたいと考える人が多いです。しかし、持ち込み不可のものを持ってきてしまうと空港ですべて没収、処分されてしまいます。

せっかく頑張ってパッキングした荷物をもう一度開けたり、旅行のために買ったものを目の前で没収、処分されるのは辛いです。

そういったことがないように、今回は、実際に空港で働いていた筆者が飛行機の機内持ち込みができるものとできないものについて、ヘアスプレーをメインに教えます。

国内線の飛行機 手荷物(ヘアスプレー)

今では国内線の飛行機の利用といえば早い場合、中学校の修学旅行でも使われます。社会人になってからも研修や出張で飛行機を利用することがあります。また、旅行で飛行機を毎年利用する方も多くいます。

国内線の飛行機を利用する場合手荷物(機内持ち込み)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。ヘアスプレーを飛行機に手荷物として持ち込む際は検査場を通る時に前もってカバンから出し、持ち込むことを検査員に伝えるとスムーズに検査場を通過することができます。

国内線の飛行機 受託手荷物(ヘアスプレー)

国内線の飛行機を利用する場合、受託手荷物(預ける荷物)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えもYESです。国内線は手荷物、受託手荷物ともにヘアスプレーの持ち込みは可能となっています。

手荷物と同じく1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。カウンターで受託手荷物として荷物を預ける際に「持ち込み不可のスプレーなどは入っていませんか」と聞かれますが、「ヘアスプレーが入っています」とカウンターのスタッフに伝えるとOKです。

国内線の手荷物と受託手荷物で持ち込めないスプレー

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

ヘアスプレー以外でどういったスプレーが飛行機に持ち込めてどういったスプレーが持ち込めないのか確認してみましょう。(国内線では手荷物、受託手荷物ともに飛行機に持ち込めるスプレーの大きさや量などは同じです)

その他持ち込めるスプレー
・日焼け止めスプレー
・制汗スプレー
・化粧水スプレー
・虫除けスプレー

1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

その他持ち込めないスプレー
・殺虫剤
・カセットコンロのガスボンベ
・医薬品以外の酸素スプレー
・冷却スプレー

スプレーの大きさや量などは関係なしに上記のスプレーは持ち込み不可となっています。「引火性ガスを使用しているスプレー」や(火気と高温に注意と書いているものは絶対にダメ)「医薬品(放射性物質が含まれているもの)」以外のスプレーは基本飛行機の持ち込みが可能です。

国際線の飛行機 手荷物(ヘアスプレー)

国際線の飛行機は国内線の飛行機と持ち込みのルールが少し異なります。国際線の飛行機を利用する場合手荷物(機内持ち込み)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。しかし国内線とはルールが異なるのでしっかり確認してください。

「1容器100ml以内、容器の大きさが100mlであること。そしてジップロックのような透明な袋で袋の口がしっかり閉まるものに入れること。」そうすると1人あたりの持ち込みが可能となっています。液体物もスプレーと同じルールになります。

例えば150mlの容器でヘアスプレーの残量が半分ぐらいだとします。しかしこれは持ち込めません。なぜなら、容器の大きさがサイズオーバーしているからです。容量だけでなく容器の大きさもしっかりと確認する必要があります。

国際線はルールが細かくとても厳しいので気を付けてください。

国際線の飛行機 受託手荷物(ヘアスプレー)

国際線の飛行機を利用する場合受託手荷物(預ける荷物)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。国際線も決められたルールをきちんと守っていれば手荷物、受託手荷物ともにヘアスプレーの持ち込みは可能となっています。

1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。受託手荷物の場合は国内線と同じルールになります。

国際線の手荷物と受託手荷物で持ち込めないスプレー

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

国際線では手荷物と受託手荷物で飛行機に持ち込めるスプレーの大きさや量なが異なってしまいますが、飛行機に持ち込めるスプレーと持ち込めないスプレーの種類は同じです。

その他持ち込めるスプレー
・日焼け止めスプレー
・制汗スプレー
・化粧水スプレー
・虫除けスプレー

手荷物では1容器100ml以内、容器の大きさが100mlでジップロックに入れること。受託手荷物では1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)

その他持ち込めないスプレー
・殺虫剤
・カセットコンロのガスボンベ
・医薬品以外の酸素スプレー
・冷却スプレー

スプレーの大きさや量などは関係なしに上記のスプレーは持ち込み不可となります。「引火性ガスを使用しているスプレー」や(火気と高温に注意と書いているものは絶対にダメ)「医薬品」(放射性物質が含まれているもの)以外のスプレーは基本飛行機の持ち込み可能です。

ANA 手荷物(ヘアスプレー)

ANAの飛行機を利用する場合手荷物(機内持ち込み)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

国内線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

国際線を利用する場合は1容器100ml以内、容器の大きさが100mlであること。そしてジップロックのような透明な袋で袋の口がしっかり閉まるものに入れること。そうすると1人あたりの持ち込みが可能となっています。

ANA 受託手荷物(ヘアスプレー)

ANAの飛行機を利用する場合受託手荷物(預ける荷物)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

国内線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

国際線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。受託手荷物の場合は国内線と同じルールになります。

スカイマーク 手荷物(ヘアスプレー)

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

スカイマークの飛行機を利用する場合手荷物(機内持ち込み)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

国内線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

スカイマークは現在国内便しかありませんが、国際便も利用可能になる可能性があるという話が出ています。もし、スカイマークの国際便が利用可能になるのであれば、利用する前に前もって飛行機に持ち込める荷物の確認を行ってください。

スカイマーク 受託手荷物(ヘアスプレー)

スカイマークの飛行機を利用する場合受託手荷物(預ける荷物)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

国内線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

先ほどもお話ししましたが、スカイマークの国際便が利用可能になるのであれば、利用する前に前もって飛行機に持ち込める荷物の確認を行ってください。

ピーチ 手荷物(ヘアスプレー)

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

ピーチの飛行機を利用する場合手荷物(機内持ち込み)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

国内線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

国際線を利用する場合は1容器100ml以内、容器の大きさが100mlであること。そしてジップロックのような透明な袋で袋の口がしっかり閉まるものに入れること。そうすると1人あたりの持ち込みが可能となっています。

ピーチ 受託手荷物(ヘアスプレー)

ピーチの飛行機を利用する場合受託手荷物(預ける荷物)にヘアスプレーは持ち込めるのか。その答えはYESです。

国内線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。

国際線を利用する場合は1容器500ml以内、合計2ℓまで(500g以内、合計2kgまで)だと1人あたりの持ち込みが可能となっています。受託手荷物の場合は国内線と同じルールになります。

もし持ち込み不可のスプレーを持ってきてしまったら

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

持ち込み不可のスプレーを検査場に持ち込むとその場で没収、処分されてしまいます。カウンターで持ち込み不可のスプレーを持っていてヘアスプレーなど持ち込み可能なスプレーが入っていると嘘をついても、受託手荷物も1度X線検査があるのでそこでバレてしまいます。

飛行機に乗る前にゲートで呼び出され荷物を開けて再検査というめんどくさいことになってしまうので嘘はつかずに、もし持ってきてしまった場合はカウンターで自己申告し処分してもらいましょう。

スーツケースに入れるとヘアスプレーは持ち込める?

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

上記でもお話ししましたがヘアスプレーはスーツケースに入れても機内に手荷物として持ち込むのか受託手荷物として持ち込むのか、国内線なのか国際線なのかにより異なってきます。また国際線では国内線と違いルールが細かくとても厳しいです。ヘアスプレー以外のスプレーも同じです。

ヘアスプレーをスーツケースに入れての持ち込みは可能になりますが、自分がどのようにして持ち込みたいのか前もって確認しておきましょう。

また、最初の方でお話ししましたが、ヘアスプレーを飛行機に手荷物として持ち込む際は検査場を通る際に前もってカバンから出し、持ち込むことを検査員に伝えるとスムーズに検査場を通過することができます。

そして、カウンターで受託手荷物として荷物を預ける際に持ち込み不可のスプレーなどは入っていませんかと聞かれますが、ヘアスプレーが入っていますとカウンターのスタッフに伝えるとOKです。

旅行に行く際は前もって荷物チェック!

飛行機にヘアスプレーは持ち込みできるのか|国内線/国際線

いかがでしたでしょうか。今回は、ヘアスプレーをメインに飛行機の機内に持ち込めるかどうか詳しくまとめてみました。ヘアスプレーは男女共によく使うものですが、他のスプレーについても詳しくまとめてみました。

念のため飛行機に乗る前には、持ち込み不可のものが入っていないかなどの確認を行いましょう。

飛行機を利用する前にこれを見て安心してヘアスプレーや、その他のスプレーを安全に飛行機の機内に持ち込むことができるといいでしょう。また、前もって確認ができていれば空港で没収や、処分されることはないでしょう。

関連記事

Related