Search

検索したいワードを入力してください

普通郵便は土日も配達しているのか・土日に投函した場合

Author nopic iconライム
カテゴリ:ビジネススキル

初回公開日:2018年04月15日

更新日:2018年04月15日

記載されている内容は2018年04月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

普通郵便は土日も配達しているのか・土日に投函した場合

土日は普通郵便の配達があるのかないのか

郵便がいつ届くのかというのは会社に入社しておけば、知っておいて損しない知識です。得意先への郵便を出す際にも役に立つこともあれば、上司や同僚が郵便の事で悩んでいるときに、ちょっとしたアドバイスをしてあげれば、仕事もスムーズに進むでしょう。

郵便局は普通郵便を中心に配達もしくは処理をする作業をしています。ゆうパックや速達、レターパックは普通郵便の不満を解消することを目的としてサービスが始まりました。

基本的なことを知っておけば、普通郵便が土日に配達されるのかが分かりますし、また土日の配達や郵便の引き受けがあるかないかを知る事で、郵便局を上手に利用できるでしょう。

速達を土日に出す場合

速達を土日に出す場合は、届くまでに時間がかかります。普通郵便ほど時間はかかりませんが、翌週の月曜か火曜には届くようになっています。速達は有償郵便として扱われるので、エアメールやレターパックなどと同じ処理がなされます。

速達として送る場合は中身が重要な場合も多いので、丁寧な取り扱いが行われます。手形や小切手、履歴書などを送る際は速達を利用しましょう。

土日は郵便職員が郵便局で仕事をしています。ポストの引き受けも集めたり、郵便を区分したり仕事をしていますが、通常土曜しか配達はしません。日曜はゆうパックやレターパックしか配達されないようになっています。土日の郵便事情を知らないビジネスマンは少ないでしょう。

窓口の引き受けの郵便の配達

窓口での引き受けは小さな郵便局では月曜日から金曜日しか行なっていません。土曜日に窓口引き受けをしているのは特定局をまとめる大きな郵便局のみです。

土曜日に確実に処理して欲しい場合は、大きな郵便局に行き普通郵便を処理してもらいましょう。土日はどうしても郵便の扱いのスピードが落ちます。月曜日から金曜日と同じ感覚でいると希望通りに届かないので、郵便はいつでも早めに送る事が必要です。

窓口での引き受けは土日は土曜日のみ大きな郵便局で取り扱っています。大きな郵便局でも土曜日の窓口での取り扱いはしていない場合もあるので、郵便局に合わせた利用の仕方が必要です。

ポストへ投函した郵便物について

ポストへ投函された郵便は定期的に集める事をしています。普通郵便と速達を分けるようにポストも作られており、用途に合わせた使い方ができるようになっています。

ポストに投函された郵便に火をつけたり、汚物で汚したりという事例はかなり昔にはありました。現在ではポストに大きな物が入れられないような構造になっています。

確実に普通郵便なり速達を送りたい場合は土日ではなく、平日の昼間に窓口で処理してもらった方が確実に相手に届くでしょう。土日の普通郵便の動きが気になったり、土日の配達や普通郵便の処理が不安な場合は、平日の窓口を利用するようにしましょう。

土日に普通郵便を投函した場合の取り扱いなど

大きな郵便局でも、小さい郵便局でも、街角にあるポストでも土日でも常に普通郵便は集められています。郵政民営化されて、民間の企業との競争が求められるので、どうしても国の機関として郵便局では民間の企業には勝てません。土日の普通郵便は取り扱いされています。基本土日には郵便の引き受けはしますが、配達は土曜しかしません。

土日でもポストの郵便は集められますが、平日と同じようなペースでの処理はされません。土日にポスト投函するよりも、平日に窓口への引き受けをしてもらった方が確実です。どうしても土日にポストに投函しなければならなくなったら、普通郵便が届くのは翌週の火曜日か水曜日になります。地方へ送る際はもっと遅れます。

普通郵便が土日をはさんで届く場合は?

普通郵便は土曜日に郵便局に到着すれば、その日に処理が終われば配達されます。また金曜に届いていて、土曜日に配達される事もあるので、土曜日に配達予定の郵便物があれば配達されます。通常日曜日は普通郵便の配達はありません。

土日をはさんで届く場合は、金曜日にポストに投函したり、窓口での処理をされた場合などに限ります。土日をはさんで郵便が届く場合は土曜日に普通郵便の配達が出来なかった場合や、金曜日に引き受けた郵便の場合のみです。

普通郵便中心に郵便局は仕事をしていますが、扱う量も多いので、処理が後回しになることもあります。レターパックや速達を利用する事で土日の配達や、普通郵便の不便さをカバーできるのでなるべく用途に合わせた郵便サービスを選んでいきましょう。

土日も郵便の引き受けはする事になっている

特定局でも街角のポストでも、大きな郵便局でも土日は普通郵便の取り扱いはしています。土日は平日よりスピードを落として、普通郵便が処理されるので、どの時点で相手に届くかを考えて、普通郵便を送る事も必要です。

土日の作業は配達自体が土曜日しかないので、主にゆうパックや大型郵便を優先しています。ポストでも大きな郵便局で土曜日の引き受けがあれば、普通郵便は集められますが、優先順位がその日の責任者により変わるので、作業内容にも普通郵便が届く時期が変わってきます。

ビジネスで普通郵便を利用しない場合は、土日のポスト投函は望ましくないです。普通郵便中心に郵便局は作業をしていますが、なかなかじぶんの思い通りの日に届くのは難しくなるので平日にポストへ投函しましょう。

通常配達は土曜のみ

先ほどから述べていますが、普通郵便の配達は土日は土曜のみです。速達も土曜日のみの場合が多いです。ゆうパックやゆうメール、ゆうパケットなどは土日も関係なく配達されます。普通郵便は月曜日から土曜日だということを頭に入れておき、普通郵便を投函するようにしましょう。

土日の普通郵便の配達は土曜日のみです。金曜日の晩もしくは土曜の早朝に郵便局に届いていなければ、土曜日の配達もあり得ません。地方に送る際は土日をはさまないように普通郵便を送りましょう。ゆうパックやゆうメールやレターパックのように時間や日時が指定できないので、投函する人の知識で届く日が変わってきます。

土日の郵便の輸送事情とは

郵政省と契約しているトラック会社、輸送会社が土日も郵便を運んでいます。土日も郵便局の間でトラックの流通はひっきりなしに行われていますが、普通郵便が金曜日の晩や土曜日の早朝に郵便局になければ、土曜日に配達をすることは難しいです。

他の宅配業者との競争もあるので、普通郵便以外の事業をスタートさせており、普通郵便自体を重要視していません。普通郵便を利用する人の知識がないと思い通りの日に届かない事があります。土日の郵便局でもトラックでの輸送はされていますが、郵便物が届いていないと配達も無理なので、考えて普通郵便を送る必要があります。

普通郵便は無償郵便です。ある程度じぶんで責任を負えるような物を送りましょう。

土日にゆうパックの集荷をしているのか

土日はゆうパックの配達も集荷もしています。ゆうパックの集荷をしているのは非正規雇用として働いている人です。集荷をしながらコンビニのポストや、取引先に行って普通郵便や速達やレターパックを集荷しています。ゆうパックやレターパックに関しては、土日は関係なく集荷、配達されているので、土日関係なく確実に届くでしょう。

集荷をしているのは郵便局のみではないです。他の宅配業者も仕事をしているので、集荷に来ている職員も、より高度な対応が出来るような人を採用して働かせています。

他社との競争を視野に入れて仕事をしているので、集荷については土日はもちろん営業しているので、平日や土日は関係なく利用できます。郵便局もよりよいサービスが出来るように、試行錯誤を重ねていると言っても良いでしょう。

集荷では普通郵便も集める

先ほども述べましたが、集荷では普通郵便も集めます。集荷に来た人に渡す事も可能です。確実に安心して届けたい場合は、郵便局の窓口を利用しましょう。

集荷の人は速達や普通郵便の知識がない人も多いので、いつ頃届くか聞いても即答できないでしょう。集荷を利用する場合はゆうパックのみにしたり、レターパックのみにすることも時には必要です。普通郵便は郵便局にいる郵便職員に引き受けてもらうようにしましょう。

普通郵便は土日の配達はしていないのか

先ほどから述べている通り、ゆうパックやゆうメール、レターパックは土日関係なく配達されます。普通郵便は土曜日は配達されますが、日曜日は配達されません。

土曜日に届くようにポストに投函するよりも、窓口でいつ届くかを聞いておき引き受けてもらった方が確実です。そのためには少しでも郵便の知識をつけておきましょう。普通郵便の扱いは、価格の問題もありスピードは遅いので、よりよいサービスを利用する事も時には考えましょう。

民間の宅配業と郵便局の違いとは

仕事に対する情熱や責任感が違います。クロネコヤマトなどはたくさんの事業所があり、物流も郵便局よりは発達しています。

仕事をしている職員がまだ郵政民営化の現実を受け入れていない点もあり、公務員の考え方が残りつつあるので、なかなか民間の企業との差を埋める事は難しいでしょう。郵便職員の一人一人の意識改革が必要になります。

普通郵便などもそのうちクロネコヤマトや佐川急便なども参入くるでしょう。どれだけ顧客の気持ちを捉えるかが重要になってきます。

普通郵便は保障されないのでレターパックなどで送る

普通郵便は古い感覚で処理と配達がされています。大切な郵便などを送る際は速達やレターパックを利用するようにして、手形や小切手、重要書類などは普通郵便で送らないようにしましょう。

送る書類に合わせて、郵便サービスを選ぶ事も必要です。普通郵便は無償郵便だということを覚えておき、送る書類に合わせてサービスを選ぶ余裕を持ちましょう。

余裕を持って郵便を送ろう

普通郵便はもちろん、どの郵便サービスを利用しても、早めに送る事が必要になります。ビジネスや大切な郵便はもちろん、土日の郵便事情を知る事で余裕を持って郵便を送る事ができます。最低限のルールを学んでおきましょう。

土日は引き受けをするが配達は土曜のみ!

普通郵便については配達は土曜日のみです。ゆうパックやレターパックなどは日曜日も配達されます。土曜日に届くように送るよりも、平日に届くように考えて送りましょう。

ビジネスマナーとして郵便局の知識を覚えている人は少ないです。上司に郵便を出しておく時にさりげなく、土日の郵便事情を話す事で頼りにされることもあります。土曜日は基本配達のみなのでそれだけは覚えておきポストへ投函しましょう。