Search

検索したいワードを入力してください

疎遠になった友達との関係性の戻し方・疎遠になる理由・特徴

Author nopic iconライム
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年04月14日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

疎遠になった友達との関係性の戻し方・疎遠になる理由・特徴

疎遠になった友達との関係の修復法とは

人の心とは複雑なものです。今まで一緒に行動していた友達が急に疎遠になり、連絡が取れない事は人付き合いが上手な人でもよくあることです。他人の心を掴むような行動を常に取るのは難しく、いつのまにか相手を傷つけたり、気に入らない態度をとっていないのに嫌われたりと人の心の複雑さを目の当たりにしている人は多いです。

関係の修復法はこれといった対策がないです。疎遠になった理由が分からなければ、人を呼び戻す事は難しいからです。

仲の良い友達に仲を持ってもらったり、学生時代の集まりを催してみたり、滅多にかかない手紙やプレゼントを送っても、疎遠になった友達を呼び戻すチャンスはあります。

昔からの友達の場合

じぶんは昔からの友達と思っていても、相手はそう思っていないかもしれません。学生時代につるんでいたから一緒いたかもしれないし、じぶんが思っている関係ではない場合もあるので、勝手に友達だと思わない事も大切になります。

昔からの友達が疎遠になったら、今度結婚するから結婚式に来てくださいと結婚式に招待するのもいいでしょう。また同窓会を開くので連絡をするチャンスを得たりと色々方法はあります。

友達はじぶんとのベクトルの違いで、疎遠になったかもしれないので相手のプライドや相手を尊重する事を忘れずにイベントに誘いましょう。何か大きなことがあるので、その節目のけじめとして、見届けて欲しいと言えば快く集まりに来てくれるでしょう。

いつもとは違う形で連絡を取る方法

手紙やサプライズのプレゼントにコメントを入れておくなど、今までとは違う方法で連絡を取る方法があります。常に疎遠になっている友達を誘うにはそれなりの目的やなぜその友達でなければならないのかと言った理由が必要になるので、そういったことにも答えられるようにしておきましょう。

NGな行動とは突然家に押し掛けたり、家の場所を知っていないのに住所を調べて押し掛けることです。疎遠になった友達は執念深い行動をあまり良く思いません。なぜ疎遠になったのか相手が嫌な行動は何かを考える事も必要になってきます。

普段使わない方法で連絡を取りましょう。相手の性格や趣向をよく考えて行動する事を考えておき、二度と疎遠にならないように行動していきましょう。

疎遠になるスピリチュアルな理由は存在するのか

スピリチュアルな世界では、人の縁はツインソウルや前世での繋がりがないといつまでも一緒にいられないといった理由もあります。相手に他人にはない魅力を感じる時は、じぶんが前世でそのような人と関わって来たこともあるので、疎遠になった友達に惹かれる理由となってきます。

スピリチュアルな理由を考える事も必要ですが、今を生きている事を考えて行動していきましょう。あなたはあなたしかいないのです。

疎遠になる理由をスピリチュアルなことのせいにして諦めることも時には必要です。なかなか前世を見る事は不可能なので、もし知る事のできる機会に出会えたら、疎遠になった友達との仲を見てもらうのも良いでしょう。

疎遠になる友人の主な特徴とは

疎遠になる友達の考えが読めなくなったり、じぶんの環境が変わり、そのことを羨ましく感じて疎遠になる場合もあります。または価値観が違って来てしまったり、意見の衝突やお互いの環境の違いなどさまざま理由があります。

人の心を掴むのはなかなか難しい事です。仕事で上手くいって出世しても必要以上に自慢したり、生活が変わった事を友達などにいわない事も疎遠になることを避けられます。

結婚相手とは違い、婚姻関係でお互いの仲を繋げる物はありません。信頼が深く関わってきます。どうして疎遠になったのかを考えられる冷静さと思いやりを持つようにしましょう。

どんなに仲の良い友達でも、疎遠になる事はあり得ます。その時にどのような態度や対応をするのか相手を大切に思っているのかが問われます。

相手が上手くいっていない場合

疎遠になる相手の仕事やプライベートが上手くいっていない場合は、疎遠になる事もあり得ます。疎遠になる理由が分かっていれば、連絡が取れた段階で、じぶんなりに相手に合わせた行動を取るようにしましょう。なるべく同じ価値観で物事を考えるようにしていかなければ、相手はまた疎遠になります。

妬みからくる疎遠とはなかなか友達の関係を修復できません。出世をしたり、結婚をした場合はどうしても付き合う人も変わってきます。その時にじぶんは昔からの価値観を守れるのかを言われたら、ほとんどの人が考え方が変わったり、付き合う人が変わって考え方が変わってしまいます。

疎遠になる友達はあなたの生活や仕事への妬みから、疎遠になる事も十分あり得ます。

疎遠になった時はどう対処するのか?

今まで友達として付き合っていた人がいきなり疎遠になる事はあり得ます。常に連絡を取れる場所にいなかったり、会う頻度も少なかったりすると疎遠になりがちです。

また相手が人間不信の場合や、友達関係などで辛い思いをした人ならなおさらです。疎遠になった場合の対処法は疎遠にならないように常に連絡を絶やさない事です。

大物タレントがグループ間で仲が悪く、グループを解散したニュースなどが数年前に報道されました。人の心を掴んで仕事をしている人でさえ人の心を掴むのは難しいです。

対処法はじぶんで編み出すしかないですが、一番の防衛策としては連絡を絶やさない事です。

息子夫婦の場合

息子夫婦は息子が嫁の方が重要だと一度思ってしまうと、なかなか息子の心を掴む事が出来ずに疎遠になる事はよくあることです。まずは息子の嫁と仲良くする事を考えて、息子夫婦と付き合っていきましょう。

オレオレ詐欺などが頻繁に起こるのも、息子や娘との仲が希薄になるからであって、詐欺をする人はそこをついてきます。じぶんなりに息子にできることを考えて、迷惑にならない程度に息子の役に立つことをしていきましょう。

息子が疎遠にならないようにするには、孫の気持ちをこちら側に持っていき、孫が祖母に常に会いたいという関係を築ければ、会いやすくなります。息子がダメならば孫の関心をこちらに向ける事で疎遠になる事を避けられるでしょう。

昔の友達の場合はどうするか

昔の友達は一度疎遠になればなかなか、昔のような関係に戻る事は難しくなります。もし昔の友達が疎遠になったら、じぶんなりに新しい友達を作って人生を楽しむ事を考えた方が一番良いです。どうしても疎遠になった友達と別れたくない場合は、疎遠になった理由を考えて二度と疎遠にならないようにする事は鉄則になります。

昔の友達が疎遠になる事は多々あります。じぶんの環境が変わったり、歳をとって考え方が変わったりと本来ならば疎遠になった友達を追うような事はやめて、新しい友達を作るのが一番良いです。

もし、仲の良い昔からの友達と疎遠になったら、疎遠にならないように常に連絡の取れる場所にいるか、相手の考えと違う事をしないことです。またじぶん自身を見失うことのない行動を取れば、疎遠になる事はないでしょう。

40代で疎遠になった場合の対処法は

40代というのはある意味複雑な世代です。結婚しているのか、また仕事がどのようなものに就いているのかで仲の良い友達とも疎遠になりがちです。40代で疎遠になったら、なかなか昔のような関係に戻る事は難しくなります。あなたの仕事や環境が変わって相手の気持ちに変化が出てしまう事もあるからです。

先ほどから、常に連絡を絶やさない事を対処法として紹介していますが、価値観自体が変わってしまってそのことが原因の場合はなかなか関係の修復は難しいです。

40代で疎遠になった友達がいれば、よほど会いたいと思う人でなければ別れる事も視野に入れて付き合いましょう。40代の友達はある意味、男女の関係よりも複雑です。

疎遠になった時に年賀状に何と書くか

また、食事にいきましょうとか体を壊してませんかなどといった言葉で相手に嫌な思いをさせないようなことを書きましょう。仕事やプライベートに踏み込むことは書かない方がよいです。

年賀状の住所が変更になっていて、届かない例もありえます。住所が変わったらSNSなどで調べる事も可能ですが、なるべくネットの力を使わないで疎遠になる事を避けるようにしていきましょう。

年賀状はおおやけに相手の近況やじぶんの近況報告ができる便利なツールです。無駄にしないためにも年賀状には相手の嫌な事や、相手の考え方とは違う事を書かない事が大切です。また結婚報告を年賀状でする場合も疎遠の関係がなくなってから、実際に会ってきちんと報告した方がよいでしょう。

疎遠になる理由を考える

そもそもなぜ疎遠になったのかを考えましょう。じぶんに非はないのか、また他の友達も疎遠になっていないかを考えましょう。昔からの友人を疎遠にしてしまった場合は、人間関係に問題がある場合も考えられます。常にじぶん本人行動や言動になっていないかを良く考えて、行動を振り返る余裕も必要になります。

距離を置きたいとなぜ考えるのか?

疎遠になった友達や息子夫婦はなぜ、じぶんと距離を置きたいと感じているのかを考えましょう。一度疎遠になればなかなか相手の気持ちを掴む事は難しいです。また疎遠になっている関係を修復できても、また疎遠になりやすいです。

距離を置きたいと相手が考える理由を解決するようにしましょう。直接相手には聞けないので、身近な家族や共通の友達などにアドバイスを求めてもよいでしょう。疎遠になるには理由があるので、できるだけ理由を解明する必要があります。

いつまでも学生時代や若い頃のようにいかない

昔のように学生気分のままでいることは不可能です。人は常に変化しています。環境や自分の立場の変化、年齢による考え方の変化もあるので、なかなか昔のままいることは難しいです。

昔のままのテンションでいつまでも一緒にいる友達を持っている人もいるので、相手にとってじぶんはどのぐらい必要とされているのかが問われます。いつまでも学生時代や若い頃のようにいかないと考えて友達と付き合うことも時には必要になってきます。

去る者は追わずという言葉の意味

これまで、疎遠になった友達との関係の対処法を書いてきましたが、去る者は追わずといった言葉が一番、疎遠になった友達には合う言葉です。人は別れを経験して、新しい出会いがあります。その自然の摂理を受け入れることができないと、いつまでも過去を引きずることになるので、必要以上に過去を美化しない事も大切になってきます。

疎遠になった友達ができたら新しい友達を探そう!

歳を重ねるとどうしても、疎遠になる友達はでてきます。結婚や仕事や環境の変化などによる疎遠はじぶんではどうしようもありません。理由を考えて、相手に疎遠にならないように仕向けるのは無理です。相手にも人権があり、あなたの奴隷ではないからです。

もし、疎遠になった友達がいれば新しい出会いを求めましょう。常にプラス思考でいることで疎遠になった友達とまた会える機会を作る事ができるでしょう。疎遠になった友達がいれば必要以上に追いかけないようにしましょう。