Search

検索したいワードを入力してください

「処世術」の意味と使い方・本・名言・読み方・類語|人間関係

Author nopic iconライム
言葉の意味 / 2018年05月17日
「処世術」の意味と使い方・本・名言・読み方・類語|人間関係

処世術の言葉の意味と使い方はどうすればいいのか?

仕事でもプライベートでも、誰でも処世術を身につけて世の中で生きています。処世術とは世の中を渡り歩くために必要な能力として知られています。他人より世渡りが上手な人や人の心を掴むのが上手い人は、早い出世をしたり、大きな成果を手にしています。

処世術は人間関係を円滑にできる人も指しています。すぐに友達になってしまい、相手に気に入られる事も、処世術があると言います。処世術の言葉の使い方は「君は処世術があるね。」とは使いません。

処世術がある人に対して、他人同士で処世術がある人を指す場合に「処世術」という言葉を使って会話をすることもありますが、普段の会話では出てこない言葉です。

処世術に関するオススメの本って何?

処世術を学ぶには、ドラマを見たり、映画から学べる事もありますが、本からも学べる事ができます。本に書いてある事を実践しながら、普段の仕事や生活に取り入れる方法をとる方が、より効果的と言えます。

処世術におすすめの本は色々ありますが、ビジネスや営業職の方が使うような本の方が効果があります。また毎日実践できるような事が書いてある本が良いでしょう。

超一流の処世術

筆者本人が、処世術のセミナーを開くなど処世術に関しては自信があり、この本でも処世術というものはどのようなものであるか、またどう実践すべきかをビジネスや営業マンの視点から書き、またビジネスとしての処世術の学び方を書いています。

日本は資本主義ですが、競争社会になっており、どれだけ成果を上げられたかの成果主義の国でもあります。仕事で処世術を使うつもりでなくても、普段の生活で処世術を学ぶには最適な本だと言えます。

Blockquote firstBlockquote second

この本では、著者が長年培ってきた成功や失敗の体験を通じて得た『余計な敵を作らずに、圧倒的な成果を生み出す』ノウハウが、体系立てて紹介されています。
しかし、ここに書かれている内容は、「これなら自分にもできる」と思えるものであり、また、著者だから得られたノウハウということでもなく、仕事や社会生活の中で誰しもが経験を通じて一度は感じたはずのものです。
なので、決して世の中に出回っている“上から目線のハウツー本”とは違い、読んでいて心の中にストンと落ちる内容となっているのだと感じました。

処世術の言葉にまつわる名言や格言とは

処世術の名言や格言を偉人から学ぶ事もできますが、処世術というだけあって自身で経験した事をもとに、家訓のような物を作っても十分処世術の名言や格言となり得ます。

まず偉人の名言や格言を紹介していきましょう。「相手を説得する場合、激しい言葉を使ってはならぬ、結局は恨まれるだけで物事が成就できない。」という名言を残した坂本龍馬や「大将たるものは家臣に慈悲の心を持って接することが、もっとも重要である。」と言う言葉を残した、武田信玄の言葉にもあるように人の心に訴えたものが多いです。

これらの名言や格言を見ると、処世術とは他人の立場に立ち、どれだけ相手の事を考えられるかということが問われているのが分かります。

「処世術」の言葉ってどう読むの?

「処世術」はそのまま、「しょせいじゅつ」と読みます。「処」と言う文字は落ち着くという意味も持つので、落ち着いて世の中を渡るための術だという覚え方をすれば、より覚えやすいでしょう。

若いうちは処世術と言った言葉とは無縁でしょう。早い時期から処世術という言葉とどのようなことが処世術なのかを知る事で、他人やライバルとの差を広げる事ができます。処世術は単なる世渡り上手でなく、相手の事も考えて行動できる人なので多くの人の賛同を得る事ができ、大きく成果を残す事が可能です。

処世術の言葉の類語や言い換えの言葉って何?

処世術の類語や言い換えの言葉は「遊泳術」「世渡りの術」「立ち回り」と言った言葉になります。これらの言葉を見ていると、ゴマをすって世の中を渡り歩いている、商売人や芸能人のことを連想しますが、現代では処世術という言葉自体が主にビジネスや家庭、学校で必要な能力となっており、昔の詐欺師のようなイメージは消えています。

処世術というとどうしても、お調子者だと考えがちですが、一人の人が生きていくために必要な最低限のコミュニケーション能力です。処世術とは誰もが知らず知らずのうちにしていることですが、人により世渡りの仕方も違うので、人生は面白いこととも言えます。

人間関係で処世術を使う場合どうなるか

処世術を使う事は、長く職場や家庭、学校にいるために必要なことになり、誰でも知らず知らずのうちに自分なりの処世術を持って生活しています。生まれた時から人は他人との関係を上手く築ける能力はある程度は持っています。

人間関係で処世術を使う場合は、どれだけ相手の心を掴むことができるかです。たとえば、営業の取引先の人の奥さんの誕生日を会話で覚えておき、サプライズのプレゼントを取引先の人にしてみたり、車のセールスマンなら、芸能人のような人は騒がずに自然に対応したり、また子供を連れて、車を見に来ていれば子供におもちゃを与えるなどの行為が処世術となります。

アメリカ流もしくはアメリカ式

アメリカ人と言うのは日本人より陽気で、物事を気にしない性格の人が多いです。また物事の考え方も人種差別をしたりすることもないので、オープンマインドな考え方の人が多いです。要するに「来る者を拒まず」の精神が強いので、アメリカで暮らす場合、日本人はそれにあった処世術をしていきましょう。

アメリカ人がしている処世術とは、あえてメールやLINEを使わない通信手段をとったり、人間関係でも一歩踏み込んだことをするので、日本ではアメリカ人の処世術は受け入れられない場合があります。国ごとに文化が違うので、その国ごとの処世術を駆使していく必要があるでしょう。

お局様が使っている処世術とは

どうして長く、女性が会社にいられるかというと信頼される仕事をしてきているからです。お局様と言われる人は女性である事をある程度捨てています。男性並みに仕事をして、それなりに成果を出せているので、長く女性が会社にいることができています。

お局様が若い頃は今とは文化も違ったので、女性が仕事をする事自体を切り開いてきた人達でもあります。お局様と呼ばれている人は男性以上に仕事をして、女性である事をある程度捨てているので、現在の立場を得る事ができています。

仕事別に見た場合のやった方がよい処世術とは

処世術も子供がするものから、ビジネスマンから学生まで色んな人がそれこそ処世術を駆使して暮らしています。処世術は仕事によって変わってきますが、している仕事が何を重視しているかを把握するのが一番の処世術となります。

まず人の道に外れるような事をしない、嘘をつかない、また嘘を多くついて自分の立場が苦しくなるような事にならない事が必要です。処世術とは相手の心を掴んで、仲間を増やして敵をなるべく作らないで、自身の仕事を有利に進めていく事です。それは仕事の内容でも処世術自体は違ってきます。

営業マンの場合

まず、営業マンの場合は100万ドルの笑顔がないと、とても営業で成績を伸ばす事は無理です。相手の心を掴むには常に笑顔で、また上から目線で話す事をやめましょう。仕事でも営業職の人は処世術というものを人より持っていないと営業で成功する事は難しいです。人の心理の裏をつくような発想がないと営業で生き残る事は難しいです。

ただ闇雲に営業しても仕方ないです。需要のある人に営業する事も必要になり、需要があるかの目利きも必要になります。目利きも処世術となります。つまり営業では人への思いやりからくる行動や考え方が必要になるでしょう。

看護師の場合

看護師とは人を救う仕事です。患者同士で看護師の評判が悪くなれば長く職場にいられなくなります。見せかけの優しさではなく、親身になって患者の事を考えて行動していくだけで、看護師としての評判はよくなり、長く病院にもいられるようになり、職場が変わっても信頼を得る事ができるでしょう。

不安になっている患者の気持ちに答えるためにも、医師レベルの医学の知識をある程度は身につけておくべきです。医師に聞けない事も看護師に聞いて安心する事で患者の信頼を得る事ができます。

処世術とは誰もが持っているのか?

よほどの人でない限り、処世術は誰もが持っています。世の中を渡り歩くためだとしても、自分がより暮らしやすい環境で生きていくためにも処世術は必要になります。

処世術を駆使する事と周りの空気を読む事は同じくらいに必要です。周りの空気を読めない人は処世術を駆使するどころか、職場や学校にいる事だけでも難しくなります。生まれつきの性格に自分自身で向き合い、子供の頃から処世術を親から学ぶ必要があるでしょう。例えば「こうすれば面倒でないでしょう。」と親が教えてくれれば素直に従う事などから学べます。

動物でさえも持っている力である

弱肉強食の動物は、自身を守るために言葉や行動でない処世術を持っています。例えば体の色を変えて、保護色にして見つかりにくくしたり、臭い匂いで相手を追い払ったりと動物なりの処世術を持っています。

人間の場合は言葉を操る事ができて、心があるので高度な処世術が必要です。自分の気持ちやしたいことを念頭において、どれだけ自分の能力を発揮できるかが生きていくには必要になります。元々持っている能力を発揮するためにも、その人にだけできる処世術が必要になってきます。

「どうにかなるさ」の考え方とは

処世術を駆使して暮らして、仕事もそれなりに上手くいっている人でも自分の力ではどうにもならない事があります。自分が重い病気になったり、時代の流れで仕事がなくなることもあるからです。

「どうにかなるさ」の考え方は「なるようにしかならない」という考え方にも似ています。処世術を駆使して来て成功してきても、いずれ落ち目になったり、うまくいかなくなることもあるからです。その場合は腹をくくって落ち着いて構える事も必要になります。処世術を持ってしても解決できないこともあるので、時には運命に任せる事も必要になります。

自分らしく生きるために

処世術というと我慢して、相手に合わせて生きている人を連想しますが、自分も楽しみながら、他人の心を掴む事のできる人が本当の意味で処世術を持っていると言えます。

処世術はずる賢い性格と思われがちですが、そう思われないためにも自分なりの処世術を駆使してできるだけ多くの人の賛同を得るようにしたいです。そのためには自分の個性を重視して生きていく事も必要になります。

自分の生き方に賛同してくれる人を選ぶ事ができるので、無理な処世術を駆使しなくても同じような考え方を持つ人と仕事をする事で自分らしく生きる事ができます。人の考え方に常に合わせるイメージを処世術に持っている場合はそのような生き方もあるということを覚えておきましょう。

処世術を駆使して世渡りをしよう!

どんな世の中でも生きてくには処世術が必要になります。子供や動物でも持っている能力です。成果主義が重視されている日本では処世術が必要不可欠になっています。人の心をどれだけ掴めるかが必要になるので、普段からの立ち回りや思いやりを重視して人と接するようにしましょう。