Search

検索したいワードを入力してください

「好奇心旺盛」の意味と使い方・言い換え|履歴書/長所/短所

Small 9f988993 000f 4eb0 b8b5 30d0c8cdcdf3櫻宮ヨウ
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年05月10日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2018年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「好奇心旺盛」の意味と使い方・言い換え|履歴書/長所/短所

「好奇心旺盛」の意味と使い方

「好奇心旺盛」と聞くとどのような印象を受けるでしょう。一つの言葉にはさまざまな多面性がありますので、「好奇心旺盛」とだけ聞いてもどのような性格であるかなどを断言することは難しいでしょう。

そこで、まずは「好奇心旺盛」という言葉の意味や使い方などの基本的な情報についてお話ししていきます。

「好奇心旺盛」な人の印象

「好奇心旺盛」な人とはどのような印象を受けるでしょうか。一般的にはさまざまなことに果敢に挑戦したり、すぐに行動を起こせる向上心の高い人、積極性がある人を表す際に用います。もちろんこの場合は「良い」意味で用いられることが圧倒的です。

マイナスの印象で言うと、好奇心旺盛すぎて周りが見えなくなってしまうなどがあげられます。

「好奇心旺盛」とは

「好奇心旺盛」とは「好奇心」と「旺盛」の二つの言葉でできています。読み方は「こうきしんおうせい」となり、意味はこれまでに見たことない未知の物・事柄、珍しい物や不思議な物や事柄に対して興味や関心を盛んに抱くさまを示しています。

「好奇心旺盛」という言葉を二つにわけそれぞれの意味について確認してみましょう。

「好奇心」はお話しした「好奇心旺盛」の意味の中に登場した「珍しい物や事柄、未知の物」に対し興味を持ったり関心を持つ心を意味します。言い方を変えると「物好きな心」とも受け取れます。

これは珍しい物や知らない事にとにかく敏感で、関心や興味を持たずにはいられない気持ちや、すこし風変わりな物事を好んでしまう気持ちのあらわれです。

「旺盛」は活動力に満ち溢れている、盛んである、そのさまを意味しています。

この二つが合わさる事で、先にご紹介した「好奇心旺盛」が持つ意味が完成します。

好奇心旺盛の使い方

「好奇心旺盛」という言葉の使い方は主に、誰かの性格や行動を説明する際に用います。

「彼は好奇心旺盛な人だ」

「好奇心旺盛なので行動力が人一倍ある」

「自分は好奇心旺盛なのでフットワークが軽い面があります」

このように自己紹介、他己紹介として使うことが一般的です。このような人物に憧れて「○○さんのような好奇心旺盛な人(性格)になりたい」などと表現するのもOKです。

履歴書や自己PRでのアピール方法・例文

「好奇心旺盛」と言う言葉は、エントリーシートや履歴書での自己PRでアピールするにはうってつけの言葉です。もちろん言葉にはそれぞれ表と裏がある物もあり、好奇心旺盛ということが時にはマイナスの評価の働くこともあります。

しかし、一般的には行動的であるとか、前向きであるという面が「好奇心旺盛」と言う言葉には強く印象付けられていますので、自己アピールする際に「好奇心旺盛」と言う言葉をうまく盛り込んでみましょう。

物怖じしないことをアピールする

「わたくしは子供のころから好奇心旺盛で、初めてのことでも物怖じせずに行動したり、気になることがあればすぐに調べていました」

このように昔から好奇心旺盛であることを盛り込むことも悪くないでしょう。そしてただ単に好奇心が強いだけではなく、そこから派生する自分の強さや強みであったり、好奇心旺盛だからこそできるポジティブで物怖じしない度胸があることをアピールすることもおすすめです。

好奇心旺盛であることが、職場や仕事に対してどのような良い影響を与えるのかを明確にアピールすることがポイントです。

前向きである、ポジティブあることのアピール

「好奇心旺盛なので常に新しいことにチャレンジし続けています」

「好奇心旺盛なので行動力は人一倍です」

前向きであること、ポジティブに物を捉えて挑戦することを恐れないこと、これらはプラス要素として働きかけるうえで重要です。しかしこれだけでは自己アピールとしては不完全でしょう。

ここからさらに「具体的な話」を盛り込むことで好奇心旺盛なあなたの良い所を存分にアピールすることが可能です。

できれば学生時代に何をしてきたか、そのときどの様な苦労があって乗り越えたのか、中途採用を希望される方は前職でのエピソードがおすすめです。ただし、いろいろな方向に手広く話を広げるのは危険です。

できれば1つのエピソードに的を絞り、好奇心旺盛だからこそチャレンジした事、苦労や困難にも打ち勝ち成しえた、手に入れたエピソードを簡潔にまとめるとよいでしょう。

ポイントは「特技」や「強み」

今お話ししたとおり、ただ「わたしは好奇心旺盛です」と言うだけでは何も相手に伝わりません。

上手に好奇心旺盛な性格だからこそ手にした特技であったり、強みな部分を存分にアピールする必要があります。それらを簡潔にまとめる理由は、長すぎると「自慢話」になり兼ねないからです。

好奇心旺盛でその結果得たものがあるというのは素晴らしいことですが、度を越えたアピールはマイナスポイントに働きかねませんので注意しましょう。

長所や短所に使える「好奇心旺盛」の言い換え

「好奇心旺盛」をアピールする際、何度も繰り返し「好奇心旺盛」ということはあまりお勧めできません。これはもちろん、「好奇心旺盛」と言う言葉だけではなく全てにおいて通じるでしょう。

またシチュエーションやシーン、相手に応じてうまく言い換えをすることで印象をよくすることもできますので、できるだけ言い換える言葉のストックはたくさん持っておくことをおすすめします。

知識欲が盛ん

長所として「好奇心旺盛」を言いかえするには最適な言葉が、「知識欲が盛んです」という言葉です。意味としてもほぼ「好奇心旺盛」であることと大差ない上に、好奇心旺盛よりも知的な印象を与えるでしょう。

視野が広い

好奇心旺盛ということは、視野を広く持ちさまざまなことに常にアンテナを張っています。新しいこと、楽しいこと、おもしろいことを見つけては挑戦していくことができる好奇心旺盛な人ならではの言いかえの表現です。

視野が広いということは、仕事においても、人間関係の構築においても必要不可欠ですので長所としてのアピールにはうってつけです。