Search

検索したいワードを入力してください

「さぞかし」の意味と使い方・類語・敬語での使い方・失礼か

Author nopic iconゆうこ
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年05月10日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「さぞかし」の意味と使い方・類語・敬語での使い方・失礼か

「さぞかし」という日本語

「さぞかし」という言葉を日常的に使いますか。聞いたことはあっても、具体的にどういった場面で使う言葉なのか、また敬語で使うときにはどのように使ったらいいのかなどについては知らない方が多いのではないでしょうか。

本記事では「さぞかし」という言葉について具体的に解説しています。「さぞかし」は日常的にはあまり使う言葉とは言えません。しかし、日本人が古くから使ってきた言葉で、自分の感情を表現するときや、相手の気持ちに思いをはせるときに使うととても便利な言葉です。

特に近年は、対面して言葉を交わし合うコミュニケーションが昔よりも減ってきていることから、言葉に工夫をしていくことが必要な時代となりました。まれにビジネスシーンや、フォーマルな場面において使うことがあるとも考えられます。
ぜひ参考にしていただくといいでしょう。

「さぞかし」の意味と使い方

まずは、「さぞかし」という言葉の基本的な意味や使い方について解説します。また「さぞかし」の漢字表記についてもご紹介しましょう。

「さぞかし」の意味

「さぞかし」という言葉は、「さぞ」と「かし」にわけられます。「かし」は「さぞ」を強調している助詞であるため、「さぞかし」の意味は「さぞ」の部分が重要となります。

「さぞ」とは、他人が経験したことに思いをはせて表現するときに使う言葉です。自分にとってはまったくわからない経験についてを表現するときよりも、相手の心情をかなり深く理解しているときに使う言葉と言えます。

「さぞかし」の使い方

「さぞかし」は日常のさまざまなシーンで使うことができます。日常的な会話の中で、相手の感情や心情に共感して使うこともありますし、ニュースや動画を見て共感的な感想を述べる場合にも用いることができます。また、なにかに対して皮肉や嫌味を表現する場合にも使うことがあります。

<他人の状態に思いをはせる>
・2時間も外で待っていたなんて、さぞかし寒かったことだろう。

<他人の心境に思いをはせる>
・かわいがっていた猫がいなくなって、おばあちゃんはさぞかしつらい思いをしているだろう。

<経験のないことに思いをはせる>
・話題のジェットコースターは、さぞかし恐ろしいことだろう。

<過去のことに思いをはせる>
・子どものころはさぞかしかわいかったことだろう。

<嫌味的に使う>
・仕事を押し付けて遊びに行くなんて、さぞかし楽しかったことだろう。

「さぞかし」の漢字

また、あまり広く知られていませんが、「さぞかし」は漢字で表記することもできます。「嘸かし」と書きます。口へんに「無」という字を書きます。

「さぞかし」の古文での使い方

ところで「さぞかし」はもともとは古語として使われていた言葉です。古語としての使い方がわかると、現代での使われ方についても容易に理解できることがわかります。

古語

「さぞかし」は「さぞ」と「かし」にわけられるということと、「かし」が「さぞ」を強調するということはご紹介しました。

「さぞ」についてはもっと具体的には、副詞である「さ」と係助詞である「ぞ」にわけられます。このふたつが組み合わされることにより「そのように」や「このように」という意味として使われます。それが「かし」により強調されることによって、より相手の状況や経験に共感するという意味合いが強くなります。

今も昔も同じ意味

このことから、「さぞかし」が昔と同じ使い方がなされていて、かつ昔と同じ意味合いで使われていることが分かります。そのため、「さぞかし」は少しかしこまったフォーマルな場や、ビジネスにおける場では使われるものの、日常的には使われないという理由もわかります。

「さぞかし」の類語

「さぞかし」には似た意味を持つ言葉がいくつかあります。しかし、使う状況や意味合いが少し異なることもわかります。

「おそらく」

「さぞかし」が自分が経験していないことを推測するときに使う言葉であるということはご説明しました。それであれば、「おそらく」という推量の意味合いで用いる言葉とも類語であると考えることができます。

しかし、「おそらく」が今後や未来のことを示して用いられることが多い一方で、「さぞかし」や時間軸に関係のない他人の経験にフォーカスしていたり、もしくは過去のことを推察するときに使われる言葉であるのが特徴です。そういった意味で「さぞかし」と「おそらく」は使われ方が異なることが分かります。

「さだめし」