Search

検索したいワードを入力してください

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

Author nopic iconプリンクリーム
ビジネス用語 / 2018年05月22日
「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

「とりあえず」の敬語での言い方

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

普段、どのように「とりあえず」という言葉を使っていますか。何となく使い方を知らずに使っているという方は意外と多いのではないでしょうか。

また、「とりあえず」という言葉をよく使う人は結構います。そのため、「とりあえず」と言う言葉に対して敬語ではないと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、「とりあえず」と言う言葉は敬語として使うことはできます。

しかし、「とりあえず」は絶対に敬語というわけではありませんので,その使い分け方をここで紹介させて頂きます。また、「とりあえず」以外にも同じような意味を持つ言葉はたくさんあります。

そこで今回は、「とりあえず」と言う言葉の敬語での使い方について、例文とともにご紹介します。「とりあえず」を何となく使っている、または敬語について学びたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「とりあえず」のメールでの使い方

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

そもそも、「とりあえず」とはどのように使うのでしょうか。そこで、ここでは「とりあえず」という言葉の意味とメールでの使い方についてご紹介します。

使い方

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

「とりあえず」とは、あることを差し置いて違うことをするときに使います。つまり、後回しにすることをいいます。また、この言葉をわかりやすく言うと、その場しのぎの言葉であると言えます。

使い方としては、「とりあえず昼食にしよう」「とりあえず掃除をしよう」というように「とりあえず」を文章の冒頭に置いて使用します。

メールで使うときにはメールの送信先によって使い方は異なりますが、上司や取引先など敬語を使う場面では次のように使います。「おはようございます。今日は○○した後、とりあえず会社に戻ります。」や「お疲れ様です。とりあえず◯◯が終わってほっとしています。」などのように使います。

「とりあえず」の敬語での例文

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

では、「とりあえず」という言葉を敬語で使う場合はどのように使うのでしょうか。そこで、ここからは「とりあえず」という言葉の使い方について、より分かりやすいように例文を紹介していきます。

報告

まずは、報告するときに「とりあえず」を使う場合です。報告ということですから、上司や取引先などに報告するときなどがあります。

例えば、上司に「◯◯の仕事は終わったか。」と言われた場合は「現在、◯◯の途中でまだ終わっていません。とりあえずこの仕事が終わり次第すぐに取り掛かります。」というように使います。

このように、「とりあえず」という言葉を使う前に一言添えてから「とりあえず」を用いると上司や取引先など敬語を使わなくてはいけない場面でも「とりあえず」は普通に使うことができます。

一応

「一応」という言葉は、上司や取引先に使う場合はどうでしょうか。

ここで先ほどの例を挙げると、上司に「◯◯の仕事は終わったか。」と言われた場合「現在、◯◯の途中でまだ終わっていません。一応この仕事が終わり次第すぐに取り掛かります。」というように使います。

これを聞いて、どこか違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか。「一応」は、「とりあえず」よりも敬語の度合いが低くなります。つまり、「一応」は敬語とは言い難く、上司や取引先に対して使うのはあまり良くありません。そのため、敬語を使う場面では「一応」はあまり使わないでおきましょう。

置き換え

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

「とりあえず」という言葉は、使う前に一言添えてから用いると上司や取引先など敬語を使わなくてはいけない場面でも使うことができます。しかし、この言葉は、別の言葉に置き換えることができます。

また、これから紹介する「とりあえず」を置き換えた言葉を使うと「とりあえず」のように、使う前に一言添えなくても使うことができます。

具体的に置き換えられる言葉は、「一旦」「さしあたって」「さしあたり」「ひとまず」「さしづめ」などです。

あまり聞きなれないものもあると思いますが、上記に挙げたものはほんの一例です。他にも敬語として使える言葉はたくさんあります。上記のような言葉を使うと上司や取引先など敬語を使う場面で「おっ、この人は敬語が分かっている」と思われますので、どれか一つだけでも覚えておくと便利です。

「とりあえず」と「ひとまず」の敬語の違い

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

「とりあえず」とよく似た言葉に「ひとまず」という言葉があります。では、この二つの言葉はどのように使うのでしょうか。使い方に違いはあるのでしょうか。ご紹介します。

「ひとまず」の使い方

「ひとまず」とは、「ひとまず昼食にしよう」「ひとまず掃除しよう」というように使います。これを見ると、使い方は「とりあえず」と何ら変わりはありません。

つまり、「ひとまず」はほとんどの場合「とりあえず」の言葉に置き替えることができます。「とりあえず」という言葉を「ひとまず」という言葉に置き換えることもできますし、逆に「ひとまず」という言葉を「とりあえず」という言葉に置き換えることもできます。

しかし、「ひとまず」を敬語として使う場合は「とりあえず」という場合と同様に一言添える言葉があるといいでしょう。

NGワード

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

この言葉以外にも、「とりあえず」と似た言葉はあります。しかし、「とりあえず」、「ひとます」は敬語として使える一方で敬語にはふさわしくないものがあります。

それは、先ほどもご紹介しましたが「一応」や「だいたい」、「まあまあ」などが上げられます。これらの言葉は、友達同士や同僚に使うのにはいいですが相手に馴れ馴れしい印象を与えてしまいますので上司や取引先などに使うのには良くありません。

先ほどの例に置き換えると、上司に「◯◯の仕事は終わったか。」と言われた場合「現在、◯◯の途中でまだ終わっていません。だいたいですがこの仕事が終わり次第すぐに取り掛かります。」というように使われ、砕けた文章になってしまい、敬語からはかけ離れた言葉遣いになってしまいます。

これらの言葉は日常的にもよく使う言葉ですから、一見敬語としても使えそうですが、NGですので覚えておいてください。

敬語は当たり前

敬語は「使えて当たり前」で、社会人になればほとんどの場合が当たり前のように敬語で会話をします。そのため、敬語をきちんと使うことができていないと、あの人は一般常識がないのかなと思われたり、時には相手に対して嫌な思いをさせてしまうこともあります。

また、社会人となれば敬語が使えないと、上司などから嫌われてしまい会社の中で出世できなかったりしてしまったり、会社にいられなくなったりすることにもなりかねません。そのため、最低限の敬語は身に付けておくべきです。

敬語と一言に言っても、言葉によって相手を敬う気持ちの度合いは異なります。この言葉の選択は本人次第ですが、最低限守るべき敬語のラインはありますので守るようにしましょう。そして、ある程度敬語について理解できたら、人によって敬語の度合いを使い分けるといいでしょう。

敬語を上手く使おう!

「とりあえず」の敬語での言い方・メールでの使い方・例文

今回は、「とりあえず」という言葉の使い方についてご紹介しました。使い方について、お分かりいただけたのではないでしょうか。

「とりあえず」は、普段からよく使う言葉ですし敬語としても使うことができます。しかし、「とりあえず」と言う言葉は冒頭でも紹介しましたが、その場しのぎの言葉です。そのため、「とりあえず」と言う言葉をあまり頻繁につかわないようにしましょう。また、普段から「とりあえず」と言う言葉を極力使わないというのもいいのではないでしょうか。ちょっとしたことですが、言葉は使い方により相手の捉え方が大きく変わります。

そのため、細かいことですが、今回紹介した「とりあえず」と言う言葉以外も使ってみましょう。そして、敬語のスペシャリストになりましょう。

関連記事

Related