Search

検索したいワードを入力してください

面接の時の好きな言葉の答え方・好きな言葉の理由・書き方

Author nopic iconキョンシー
転職・就職 / 2018年04月26日
面接の時の好きな言葉の答え方・好きな言葉の理由・書き方

面接の時の好きな言葉の伝え方

面接の時の好きな言葉の伝え方を紹介していきます。「面接」は面接官にどれだけ自分の主張をアピールできるかどうかです。自分をアピールしなければ採用してもらえない可能性があります。まずはしっかり準備をしておかないといけません。

面接の際に「好きな言葉は何ですか?」とよく聞かれる事があります。なぜ聞かれるのか、それはその人がどのような言葉を心に抱いているのかがわかるからです。

その言葉にしっかりとした信念があるような説得力を持って面接で答えることができれば採用に大きく貢献する可能性があります。まずは自分の好きな言葉「四字熟語」や「座右の銘」を見つけていきましょう。

好きな言葉を見つけておくと、自分のやることに責任感が出る可能性もあります。

座右の銘

座右の銘は面接の時に使えます。座右の銘とは、常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉で、常に自分がどのような人間でありたいかを設定するようなものです。座右の銘を設定しておくと人間としても一つ成長することができます。

座右の銘を選ぶ際には、自分の価値観をアピールしていくことが必要です。単純に好きな言葉だけを選んではいけません。そして自分の人格を含め、日常の行動なども評価した上で自分の適性と合っている座右の銘「好きな言葉」探していきましょう。

面接官はいつもの仕事ぶりではなく、初めはその人が仕事上で困難に陥った場合はどうやって対処していくのかを気になったり聞いてきたりします。座右の銘を決めておけばそういった時に、そのような行動をとるという事が分かります。

四字熟語

面接で使える「四字熟語」を紹介していきます。四字熟語は非常に意味が深い言葉が多いです。その言葉によってその人がどのような人間かを少し見極められてしまうといっても過言ではありません。

「四字熟語」はどのように決めるのか、それはまず四字熟語の意味をしっかりと理解しておくことが必要です。意味を理解してないと「その四字熟語どういう意味ですか?」と聞かれてしまった時に応えることができなくなってしまいます。

しっかりと四字熟語を面接で伝えることができれば、かなり評価が上がることは間違いないでしょう。いざ面接で言うのは厳しいです。面接の練習をしっかり行い特に好きな言葉を言う時は、頭が真っ白にならないためにも念入りに練習するようにしましょう。

一言

面接で使える好きな言葉の一言を紹介していきます。正直一言だけではなかなかアピールすることは難しいです。まずは印象を強く持たせることが大切です。一言の場合「ありがとう」や「感謝の気持ち」といった優しい言葉で印象を持たせることもできます。

「信念」や「気持ちで負けない」など仕事を熱心に取り組んでくれる事を印象に残すこともできます。仕事において「気持ち」というのは非常に重要な要素になっています。気持ちで負けない強い気持ちを持って仕事をすることができるこれが今一番必要な人材と言えます。

四字熟語や座右の銘などもしなければ一言でも自分の好きな言葉を言う事ができればそれだけでプラスに働きます。

面接で使える四字熟語の意味と例文

面接で使える「四字熟語」の意味とその使い方(例文)を紹介していきます。四字熟語を設定しても意味が分からなければ意味がない場合があります。そしてその四字熟語を使った文を考えておくとさらに良いです。

四字熟語の際は、あまり変な四字熟語は選ばないようにしましょう。自分の性格を表すような四字熟語が良い言葉ではない場合は、少し嘘をついてでも良い言葉を選ぶようにしましょう。しっかり面接へ向けての言葉を用意しておかないと少し不利な状況になります。

有言実行

まずは「有言実行」という言葉です。有言実行とは自分が言った事は実行することです。これは仕事上ではとても責任感がある人と感じ取られ好印象なのは間違いありません。ですがこれを仕事でしっかり実行しなければ全く意味がなくなり信用が落ちてしまうので注意です。

もし自分が有言実行をできない場合は、面接で言って合格をしたら人間としてそうなっていくように心がけていくようにしましょう。言った事は必ず実行することは努力で直すことができます。

例文としては、「自分がやってきた行動や言動は全て有言実行できている」といったような例文が一般的に挙げられています。

獅子奮迅

獅子奮迅の意味を紹介していきます。これは好きな言葉で選んでいる人はあまり多くありません。意味を理解している人が少ないからです。意味をしっかり理解していることができれば使う人が増える可能性もあります。

「獅子奮迅」の意味としては物事の対処するのに、勢いがあることを言います。行動に勢いがあってやる気を感じるような状態を言います。これは仕事上としては必要なことです。仕事はやる気が一番重要です。

「獅子奮迅」の例文としては、「その日は結局、3人を同時に相手しての獅子奮迅の大活躍となる。」であったり「いい物を安く手に入れるため、獅子奮迅の働きをする。」というような例文が一般的に多く挙げられています。

全身全霊

「全身全霊」という言葉の意味を紹介していきます。全身全霊の意味としては何かをやることに自分が何が何でも全力で取り組むことを言います。スポーツや行事などたくさんの事を全力で取り組む際に使う言葉です。

全力という言葉でも「全身全霊」という言葉は精神的にも全力で取り組むという意味にもなります。精神的にも全力で取り組むというのはどうやれば良いのか難しいです。より一層集中力を高めてやることが一番意味が近いでしょう。

「全身全霊」の例文とは「彼女は自分の事を、全身全霊で愛してくれます。」や「その競技に自分は全身全霊をかけて勝負する。」というような例文です。例文を考えて作り面接官にアピールすることができれば、仕事に対する情熱が伝わってきます。

完全燃焼

「完全燃焼」という言葉を紹介していきます。完全燃焼とは「十分に力の限りを尽くして事に当たることです。」これは面接官が少し年齢が重なっていた場合、さらに説得力が増し印象がアップします。

完全燃焼のメリットとしては、自分がこの仕事を一生続けることができるという主張をアピールすることができます。好きな言葉で「完全燃焼」という言葉を選ぶ人は多いです。有終の美を飾る際に「完全燃焼」という言葉を打ち立てることができます。

例文としては「試験で完全燃焼し、その後はゆっくりと過ごした。」といった例文で、自分の目標まで最善の努力を尽くしその目的を達成したら脱力感に浸るという意味でも使います。

好きな言葉の理由

好きな言葉の理由を紹介していきます。面接で「その好きな言葉の理由は何ですか?」と聞かれてしまった場合、頭の中が真っ白になる可能性があります。好きな言葉を言って安心してしまっているからです。

面接官を考えてもいなかった質問を不意にしてくることがあります。その対策としてはその場だけの質問ではなくその後の質問も考えておく必要があります。好きな言葉はよく知っていると面接官に悟られるケースがほとんどです。

その場合「好きな言葉」を徹底的に攻めてくるケースもあります。いかなる質問をされても良いようにしっかりと理由も準備しておくことが必要です。

好きな言葉の例文の書き方

好きな言葉の例文の書き方を紹介していきます。好きな言葉を聞かれた際に例文も用意しておきましょう。例えば「努力は期待を裏切らない」という好きな言葉の例文を言う場合、文を組み立てておく必要があります。

自分の好きな言葉を言った後に、なぜその言葉が好きなのかを言いましょう。その後その言葉をどのような時に知ったかを言っておくと効果的です。自分の体験談を言うとより信憑性が上がります。

好きな言葉の例

好きな言葉の例を紹介していきます。好きな言葉の例は人それぞれたくさんあります。「努力系」の言葉や「感謝系」の言葉などたくさんあります。就職の場合は「やる気」を主張させるような言葉を言った方が良いです。

進学の場合は「感謝の気持ち」や「今までの頑張り」を主張しておくと良いです。時と場に応じた対応をしていくことで最初から有利に面接を進めることができます。

笑顔

好きな言葉を「笑顔」という人は多いです。笑顔という言葉は就職や進学にも非常に重要です。面接ではずっと「笑顔」で続けることができればそのようなことを言う事ができます。より信憑性が上がります。

まずは「コミュニケーション能力」が高い人が多いです。職場の雰囲気が悪くなってしまっても笑顔の人がいるだけでたくさんの人を笑顔にすることができる場合もあります。人間関係を上手くやっていく上でも、常に笑顔の人は評価が高いです。

面白い

面白い人は職場の中でも高評価です。まずは会社の雰囲気やムードを上げてくれる効果があるからです。面白い人はリーダーシップにも向いています。自ら積極的に行動して仕事に取り組んでくれるからです。

ただ面白いと言っても責任感が全くない面白い人ではいけません。やる時はやる人がふさわしい場です。必ずしも面白い人が高評価というわけではないですが、真面目に学業や成績をとれている人は全く問題ないと判断してくれるでしょう。日々の生活が大事になります。

ありがとう

「ありがとう」という言葉は好きな言葉の中でもかなり多いです。「感謝の言葉」として必ず用いられる言葉の一つです。その言葉を言われるだけで自分も相手も良い気持ちになります。感謝の気持ちをしっかり言える人は仕事の中でも欲しい人材になります。

なかなか恥ずかしがって声が小さくなってしまう人や、お礼も言えない常識がなってない人も中にはいます。そういった中ではっきりと大きな声で「ありがとうございます」や「ありがとう」としっかり言える人は必ず良い人材と判断されます。

面接でも何か褒められたりしたら素直に笑顔で「ありがとうございます」と言えればさらに高評価となります。

面接では好きな言葉を巧みに使おう!

面接は一発勝負です。ですがそこまで焦ったり神経質になる必要はありません。なぜなら練習をすることができるからです。面接はある程度練習を積んで行えば、本番でも問題なく自分をアピールすることができます。

好きな言葉を聞かれたときは、好きな言葉の例文や好きな言葉を使った自分の体験談などを交えて話すことができれば面接ではかなり有利に立てます。そして表情も穏やかにして、自分はこういった場面でも笑顔で取り組むことができるというアピールができます。

面接は人として評価されます。まず自分自身の日々の生活から見直して、コミュニケーション能力や社交性を身に付けていくことができれば、面接を成功させる可能性が高くなります。

関連記事

Related