Search

検索したいワードを入力してください

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

Small 63bfe216 216d 4479 a631 c350e34f28edしげるちゃん
人の心理 / 2018年05月20日
面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

男女別面倒を見る人の心理

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

あなたの周囲には、面倒を見るのが好きな人はいますか。あなた自身は人の面倒を見るのが好きですか。大好きでたまらないという人もいれば、あまり関わりたくないという人もいます。それぞれ人の性格や考え方により、面倒を見ることについての好き嫌いは大きく分かれます。そこで面倒を見たい人にとって、なぜ彼や彼女たちは人の面倒を見たいと思うのでしょうか。

面倒を見るという事とは?

面倒を見る事について改めて考えてみましょう。面倒を見る事とは、その人の性格や考え方、資質によるものが大きな割合を占めています。つまりそこには面倒を見られる側の心理が入り込む余地がありません。もっと言うと、相手は面倒を見てもらいたくないとしも、面倒を見る人は面倒を見ることが好きなので、相手の意向をあまり気にする事はありません。

この事から、面倒を見るという行いが、それを望む人にとってはとても有難い事として受け取られますが、そうでない人にとっては有難迷惑になる危険性をはらんでいます。そういう意味では面倒を見るという事は、人との関わりという点において、とても難しい要素を含んでいる事は確かであり、おいそれと人の面倒を見ることの難しさを感じずにはいられないでしょう。

それらのことを踏まえた上で、それぞれの場合における、男女別の面倒を見る人の心理の違いについて考えてみましょう。

親の面倒を見る

「親の面倒を見る」については、このあと詳しく見ましょう。ここでは男女別親を見る心理の違いについて考えてみます。男性の子供、あるいは女性の子供といった、性別の違いによる親の面倒を見る心理的な違いについて、その差はほとんどありません。むしろその人の親からの育てられ方により、面倒を見たい度合いが異なります。

小さな頃から親の愛情を一身に育てられた子供は、その愛情を返そうと親の面倒を一生懸命に見ます。それは男性や女性といった性別で分けられる事ではありません。その人が心から親の面倒を見ることを欲しているからです。

逆にそれほどでも無ければ、率先して面倒を見ようとは思いません。できるなら、そんな面倒なことには関わりたくないと感じています。その事は単に良い悪いで片づけられる事ではなく、親と子の性格的な相性も絡んできます。面倒を見たくないからと言って、子供が一方的に冷たい人だという事とは別の問題です。

子供の面倒を見る

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

子供の面倒見るについては、男女別に面倒を見る心理の違いが現れます。特に母親については女性特有の母性本能が、子供の面倒を見る上で大きな関わりを持ちます。自らのお腹を痛めて産んだ子供へ注ぐ愛情は、父親のそれとは計りしれないほどの深さや広さを感じさせます。

父親は仕事などの関係で、日常的に子供と接する時間も母親と比べると少ないので、子供との心理的な距離も普段の接する時間に比例するかの如く、微妙な距離感が空いてしまいます。それはある意味致し方のない事であり、だからと言ってそのことを咎められる必要は何一つありません。

そこは夫婦の役割分担として、父親は家族のために一生懸命に仕事をこなし、母親は子供や夫のために家庭を守る事に専念することができれば、家族としては申し分ない形だと言えるでしょう。

親の面倒を見る方法

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

親が年老いたら面倒を見たいですか。面倒を見るというあなたは、前述したように子供の頃親に大切に育てられたのでしょう。面倒を見るのには抵抗がある、あまり面倒を見たくない人は、小さい頃に親の愛情を感じられなかった可能性があります。それとも親不孝ばかりで迷惑をかけて、その罪滅ぼしの気持ちで親の面倒を見ることもあるでしょう。

いずれにしても親はやがては年老いて、誰かの助けなしに日常生活を送ることが難しくなります。もしそうなった時に、あなたは面倒を見る手を差し伸べますか。それとも他に兄弟姉妹がいれば、誰かに親の面倒を見る役目を託しますか。それさえ難しい時には、親が施設へ入り、間接的に面倒を見る手段をとりますか。

いずれにしても面倒を見る側、面倒を見られる側両方にとって最良の方法を模索することが大切です。親の面倒をないがしろにする事は、いずれはそのツケが自分にも回ってくる事を心しておかねばなりません。

できれば誰の世話にもなりたくない

親にとって一番いいのは、幾つになっても誰にも面倒かけることなしに、日々好きな事をしながら楽しい日常生活を送ることが一番の望みでしょう。最近では、多くの書物やテレビ番組において、人生100年時代到来が叫ばれています。いつまでも健康で長生きするための特集記事や特集番組が、ここぞとばかりに組まれています。

それらを目の当たりにするとついその気になって、「私たちも元気に100歳の天寿を全うするぞ」という気にさせてくれます。その事はとても歓迎される事であり、いつまでの元気な親の姿を見られる事は、いずれは歳を重ねていく子供たちにとっても、大きな励みになります。

そうは言っても、いつ何どき体や心に起きる急激な変化により体調を壊したり、思うような日常生活を送ることができなくなる可能性は、高齢である以上否定する事はできません。もしそうなった時に誰がどのように親の面倒を見るのが良いのでしょうか。

長男や長女が親の面倒を見る?

親にとって一番の望みは、率先して面倒を見るのを望む子供に面倒を見られることでしょう。あなたが逆の立場ならどうでしょう。面倒を見る事が嫌で仕方がない子供に、自分の面倒を見ることを望みますか。どうしても仕方がない場合にはそれも致し方ありません。でもできることなら、そうであっては欲しくはないでしょう。

一般的には長男や長女が親の面倒を見るパターンが多いです。他の兄弟や姉妹もその事を期待しますし、できれば親も、長男や長女の責任としてそうされる事を望みます。でもその長男や長女だからと言って、親の面倒を見る事を望まない時には、結果的には嫌々親の面倒を見る事になります。そうなった場合には親にとっても迷惑であり、長男や長女にとっても面倒な話になります。

近頃では少子化が進み、親の面倒を見る子供も少なくなっており、子供にとっても親の面倒を見ることが負担となる状況に陥っているのも事実です。

面倒を見たい人が見るのが一番良い

そのような残念な事にならないためにも、あらかじめ兄弟間で将来誰が親の面倒を見るのか、誰が見たいのかを話し合っておく必要があります。兄弟姉妹の存在自体が少ない昨今において、これまでの慣習に従うような、長男や長女が親の面倒を見る時代は終わりを告げています。囚われた心は新たな発想を阻みます。ぜひ兄弟姉妹間での話し合いを持つ事をおすすめします。

案外自分が親の面倒を見ると、名乗り出る次男や次女がいる場合があります。なぜなら下の子はとても親から可愛がられて育てられる事が多く、その子たちもそうした親の愛情を一身に受けた事を身を持って感じているので、親の面倒を見る事に抵抗を感じていないケースが多々あります。

もしそうなれば面倒を見る方にとっても面倒を見られる方にとっても、まさしく「相思相愛」です。その場合、面倒を見る事を託す立場の人間は、面倒を見る立場の人間へのサポートを忘れない事はとても大切です。

どうしても面倒を見る人が見当たらない場合は

このように面倒を見る事を望む子供がいる親はとても幸せです。その子供もきっと親の面倒を見る事で、幸せになれる事でしょう。それでもどうしても親の面倒を見る兄弟姉妹がいない場合には親が施設に入り、そこで専門スタッフのもと残りの人生を過ごす事も、一つの選択肢として考えておく必要があります。

当の親本人が子供に迷惑をかけたくないという理由で、最初から施設に入る事を望んでいる場合もあります。親の方から、たまたまそのような話を切り出してくれれば、親の意向は理解できますが、こちらからどうしたいかを聞くことは、少しばかり抵抗があります。でも思い切って話を切り出すことで、スムーズに事が運ぶことも案外多いです。

資金も多くかかることではありますが、親自身が入居費用などをすでに準備していることもあります。最終的には親の意向を最優先することが、親本人にとっても、子供達にとっても一番幸せなことです。

面倒を見るコツ

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

面倒を見るにはちょっとしたコツがあります。それは決して難しいことではありません。それは面倒を見ることで、相手にその見返りを期待しない事です。その事はお互いの関係をスムーズに保つ上でとても大切です。

甥へのプレゼントの見返りを期待しない

例えば入学祝いなどで甥にプレゼントをあげたとしても、相手から自分の子供へのプレゼントの見返りを期待してはいけません。プレゼントをあげるあげないは、その人の気持ちの問題です。そのことで見返りを期待すると、お互いの関係がギクシャクして今後の付き合いにも大きく影響します。

甥に限らず面倒を見ることに対しての見返りを期待する事は、百害あって一利なしです。それなら最初から何もあげない方が、よほど精神衛生上良いです。

彼女の面倒を見ると感じたときの男の心理とは?

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

男性が彼女の面倒を見ると感じるとき、それはまさしく彼女との結婚を意識したときです。その瞬間は何かをきっかけにあまりにも突然訪れる場合もあり、もしくは長い時間を経る中で徐々にその時がやってくることもあります。

突然のプロポーズ

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

打ち明けた男性本人もビックリします。もちろん言われた女性も突然のプロポーズに、驚きと嬉しさを隠せません。その瞬間はとてもロマンチックであり、とてもダイナミックです。果たしてその時何が起こったのでしょうか。

当然のことですが、男性は好きな女性の事をとても愛おしく感じます。それは髪をかき上げる仕草や上目使いで見る表情、優しい言葉遣いや何気なく体に触れる手の温もりだったりします。それらの事柄全てが、ロマンティックな情景や雰囲気の中で一気に凝縮したときに、「この娘は絶対に離したくない、一生俺が面倒を見るのだ」と思わせる瞬間があります。

それがいつとは言えませんが、その時こそ彼女を面倒見ると感じる男の心理に大きな影響を与えます。そのタイミングを逃さない事はとても大切であり、逆にその時をためらうかの如くプロポーズを遠慮すると、その後に訪れる後悔の念に苛まれらます。男なら行くときは行くのが肝心です。

お互いの気持ちの高まりとともに

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

二人の気持ちが呼応するかの如く、ゆっくりじっくり高まる中で、彼女の面倒を見ると感んじる男性の心理もあります。むしろ突然のプロポーズよりもこちらのケースの方が多いです。

男にとって好きな女性にプロポーズする事は、とても勇気が必要です。彼女がすんなりプロポーズを承諾してくれればなんの問題もありません。しかし万が一プロポーズが拒否されたり、そこまで行かなくとも考えておきますと言われたときには、男としてはとてもいたたまれない気持ちになり、不安で一杯になります。

その様な事態にならないためにも、彼女の気持ちをしっかりと確認した上で慎重にプロポーズをしたいと考えるのは、ある意味男としては当然のことと言えます。その瞬間の男の気持ちは、彼女の面倒を見るという決意の気持ちで満ち溢れています。

面倒を見るの敬語での言い方

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

面倒もお世話も意味上ではあまり差がありませんが、「面倒」は目下や年下を相手にするときに使い、目上、年上については「お世話」を使う方が妥当です。

謙譲語

「お世話させていただきます」

謙譲語は敬語の一つで、話す側がそれを聞く側の人に対して、へりくだることで敬意を表す言葉です。したがって、このように表現することが適当でしょう。

丁寧語

「お世話される」

丁寧語も敬語の一つです。話す側が聞く側に対して敬意を表す言葉として、丁寧な言葉遣いで表現します。したがって、このように話すと、聞く側にとっても聞き心地の良い表現になります。

気持ちの良い面倒の見方を身につける

面倒を見る人の心理・親の面倒を見る方法・コツ

人の面倒を見る事はとても尊い事です。困っている人、悩んでいる人にそっと手を差し伸べられる人は、過去に自分がそうされた事で、とても救われた気持ちになった経験があるのでしょう。もしそのような経験がなくても、見返りを期待せずに面倒を見る事は、やがては自分に良い事としてその恩恵を受けることになります。

あなたも気持ちの良い面倒の見方を身につけましょう。一人一人がそのような心がけで人と接することができれば、煩わしい人間関係がとても楽しいものへと変わっていくでしょう。

関連記事

Related