Search

検索したいワードを入力してください

「けつかっちん」の意味と使い方・由来・方言・言い換え・対義語

Author nopic iconいしみく
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年05月10日

更新日:2020年01月28日

記載されている内容は2018年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「けつかっちん」の意味と使い方・由来・方言・言い換え・対義語

「けつかっちん」の意味と使い方は?

「けつかっちん」という言葉をご存知でしょうか。最近、バブリーな芸人さんが使っていることでよく耳にするようになってきた「けつかっちん」という言葉ですが、実際に日常生活で使うことは、あまりありません。

バブル時代にできた言葉ですので、特に最近の若い人には馴染みのない言葉でしょう。しかし、知名度も多い言葉なので、全く知らないというのも少し恥ずかしいかもしれません。

今回はこの「けつかっちん」という言葉について、意味や使い方、由来など調べていきますので、いざというとき恥ずかしい思いをしないよう、理解を深めていきましょう。

「けつかっちん」の意味とは?

「けつかっちん」とは、「この次にも予定があり押している」という状態を指す言葉です。ただ予定が詰まっているだけではなく、急がないと予定に間に合わなくなるといったニュアンスが含まれています。

元々業界用語として使われていた言葉ですので、芸能人、特にお笑い芸人が使っている印象があります。普段の日常生活で使用する人は少ないですが、いまだにレビやラジオで芸人さんが使用しており、耳にする機会があります。

「けつかっちん」の使い方は?

「けつかっちん」は、あとの予定が押している状態ですので、使用する場面は忙しいときです。

業界用語として使われていた背景から、業界では「今日はスタジオがけつかっちんなので巻きでいきましょう」や、「けつかっちんの演者がいるから18時で撮影は終了」といった使われ方をします。

もし、これを日常生活や仕事で使うとするならば、友達とのランチの予定を決めるとき、「その日は14時から歯医者でけつかっちんだよ」や、16時から次の打ち合わせが入っているにもかかわらず、今の仕事が終わっていないときには、「16時から打ち合わせがけつかっちんなんだよ」と使うことができます。

ビジネスで使うのはNG?

意外と便利そうに見える「けつかっちん」という言葉ですが、ビジネスシーンで使うのに向いている言葉ではありません。

今はあまり使われることのない言葉ですので、相手が意味を知らない場合もあります。相手が若い世代の人でもし言葉の意味を知っていたとしても、「死語を使っていておじさん臭い」と思われてしまう可能性があります。

また、相手が言葉を知っていて意味が伝わるとしても、ふざけた印象になってしまうこともあります。あえて使うということは控える方が賢明です。親しい間柄であったり、友人との会話内で使用する分にはよいでしょう。

「けつかっちん」の由来って?

「けつかっちん」の由来は、撮影の終わりを表す「けつ」と、映画やドラマの撮影で使用されるカチンコの「かっちん」を合わせて作られた造語です。

バブル時代はテレビ全盛期でもあり、業界用語と呼ばれる言葉がたくさん生まれた時代です。「けつかっちん」という言葉も例に漏れずバブル時代に生まれました。

映画やドラマの撮影は綿密にスケジュールが組まれており、そのスケジュールに沿って撮影が行なわれています。そして、撮影の時間を区切るのに使われているのが「カチンコ」です。カチンコが鳴らされて撮影が始まり、カチンコが鳴らされて撮影が終わります。

撮影の終わりである「けつ」に「カチンコ」を鳴らされた後で、撮影をすることは絶対にありません。そのことから「もう撮影をしない、撮影をすることができない」ということを指すようになりました。

今の意味になった理由は?

由来は「もう撮影ができない」ということでしたが、なぜ今の「次の予定が押している」という意味で使われるようになったのでしょうか。

一説としては、忙しい芸能界では撮影を長引かせることができない理由に、スタジオや演者のスケジュールが詰まっていることが多かったことから、次の予定が詰まっていて撮影をすることができないという意味として使われるようになったと言われています。

「けつかっちん」て死語なの?

「けつかっちん」という言葉ができたのは、80年代から90年代初期のバブル時代です。その頃はよく使われていましたが、今では使う人も少なくなっており、「けつかっちん」は死語と言われています。

「けつかっちん」が使われていた時代を過ごしてきた芸能人やお笑い芸人の方には現在でも使用する人はいますが、やはり日常生活で使う人を見かけることはありません。

では、なぜ今になってこの死語である「けつかっちん」が再注目されているのでしょうか。その理由をご紹介しましょう。

なぜ今注目されているの?

バブル用語をネタにしたお笑い芸人の平野ノラさんが、「OKバブリーケツカッチン!」とネタの一部に「けつかっちん」を使用していることで再度注目を浴びました。その平野ノラさんのネタを真似して使う人がいたり、昔実際に使っていたことがあって懐かしさから使ってしまう人が増えています。

また、死語を知らない世代である女子高生が、平野ノラさんの真似をして「けつかっちん」をTwitterやインスタグラムなどのSNSで使っていることも広まった一因となっています。

「けつかっちん」って方言じゃなかったの?

最近再熱してきた「けつかっちん」という言葉ですが、この言葉を方言だと間違って覚えていた方も多いのではないでしょうか。言葉ができた背景も、使われていた場面から見ても明らかに業界用語である「けつかっちん」が、なぜ方言だと間違った認識をされてしまうのでしょうか。

調べていくと、「かっちん」が、さまざまな地方で方言として親しまれていることが分かりました。

いろいろな地方の方言である「かっちん」

近畿地方では、お餅が入ったうどんのことを、「かっちんうどん」や「かちんうどん」と呼びます。この「かっちん」はお餅のことです。

また、沖縄県では「勝連」という地域があり、現地の方々の方言では「カッチン」と呼びます。その地域にある「勝連城」という城跡は「カッチングスク」という方言で呼ばれています。

新潟県の田上町では、鉛でできたベーゴマのことを、「カッチンゴマ」と呼びます。コマどうしがぶつかる時に「カッチン」と音が鳴ることから、「カッチンゴマ」と呼ばれています。

他にも、静岡県や愛知県の名古屋市では、ビー玉のことを「かっちん玉」と呼ぶ人もいます。九州地方では、髪につける「パッチンどめ」を「カッチンどめ」と呼ぶなど、「かっちん」という言葉はとても多くの地域で方言として親しまれていることから、「けつかっちん」も方言だと勘違いしている方もいるでしょう。

関西出身の芸人が多用していたからという説も

「けつかっちん」を多用していた人に、関西弁をしゃべる関西出身のお笑い芸人が多かったからというのも、方言と誤認された理由のひとつとも言われています。

「けつかっちん」という言葉ができた頃は漫才ブームの最中であり、関西出身の芸人さんが多くテレビ出演していました。そういった人たちが「けつかっちん」という言葉を使用していることが多く、関西地方の方言との間違った認識が広まりました。

「けつかっちん」の他の言い方って?

業界用語である「けつかっちん」ですが、他にも、同じ意味でさまざまな言い方があるのでご紹介していきます。

けつカチ・あとカチ

「けつかっちん」の言い方を少し変えた、「けつカチ」や「あとカチ」があります。

「けつカチ」は、かっちんではなくカチンコの「カチ」を、撮影終わりのケツに付けた言葉です。また、「けつ」ではなく「あと」を使った「あとカチ」という言い方もあり、「けつ」というのが恥ずかしい女優さんは「けつかっちん」や「けつカチ」よりも、「あとカチ」の方を好んで使います。

尻ボールド

日本では、撮影シーンの情報が書かれているボードと音を鳴らす拍子木の付いた道具を「カチンコ」と呼ばれていますが、「ボールド」と呼ばれることがあります。

「尻ボールド」は、撮影開始のときに都合上カチンコを鳴らすことができない、カメラに映すことができなかったとき、それを判別できるよう撮影終わりに鳴らすカチンコを逆さに持って鳴らすことを言います。

撮影の最後に鳴らすという意味で「けつかっちん」と同じ使い方をすることから、「尻ボールド」を「けつかっちん」と同じ意味で使う人もいます。

「けつかっちん」の対義語・反対語は?

「けつかっちん」の対義語や反対語はあるのでしょうか。結論から言いますと、明確な対義語・反対語はありません。状況的に逆のことを示しているニュアンスの言葉がありますので、そちらをご紹介していきます。

巻きで終わる

業界用語で撮影を急ぐことを「巻き」と言います。バラエティ番組でADが「巻きで!」と書かれたカンペを出していたり、ディレクターが出演者に指でぐるぐるとうず巻きを書くような姿が映されている映像を見たことがありませんか。

そういった「巻き」の指示がなく予定よりも早く撮影が終わったとき、「撮影が巻いた」と言ったり「巻きで終わった」と言うことがあります。

「けつかっちん」は、次の予定があり急いで終わらせなければならないという状況ですが、「撮影が巻いた」は早く終わらなくても大丈夫な状況で早く終わったということを指すので、逆の状況を示す言葉です。

オンスケ

「オンスケ」はオンスケジュールの略で、物事がスケジュールどおりに進むことを指します。ちなみに「オンスケ」は業界用語ではなくビジネス用語です。

「けつかっちん」は予定が詰まっているから急がなくてはいけない、という状況で使われることが多い言葉ですが、「オンスケ」は滞りなく順調に進んでいる、という状況で使われる言葉ですので、状況的には反対の場面で使われる言葉です。

この記事もケツカッチンとなりました

いかがでしたでしょうか。「けつかっちん」という言葉の意味や使い方、由来などをご紹介していきましたが、理解を深めることはできたでしょうか。

バブル時代に生まれた「けつかっちん」ですが、今のバブルブームによって再熱しています。したがって、死語というくくりではありますが、耳にする機会が増えています。バブルと呼ばれる世代を過ごしてきた方々には懐かしさが、バブルを知らない世代には耳に新しい言葉として受け入れられていることがわかりました。

「けつかっちん」も日常で使うにも便利な言葉であり、伝わる人にはとても面白く楽しい言葉です。他にもバブル用語にはたくさんの面白く便利な言葉があるので、興味がわいた方はぜひ調べてみてください。