Search

検索したいワードを入力してください

メンズのツーブロックの後ろの髪型のやり方・セルフでの切り方

Author nopic iconまる
メンズファッション / 2018年12月27日
メンズのツーブロックの後ろの髪型のやり方・セルフでの切り方

男性に人気のツーブロックとは?

最近、若い男性を中心に「ツーブロック」という髪型が流行っています。髪型に興味がない人でも、一回は聞いたことがあるでしょう。ここでは、そのツーブロックが具体的にどのような髪型なのかご紹介します。

トップに髪を残したさっぱりとした髪型

最近男性の間で人気の「ツーブロック」とは、トップに髪を多めに残し、サイドや後ろの毛を刈り上げたスタイルのことを指します。刈り上げる範囲や髪のアレンジ方法次第で、雰囲気が簡単に変えられる髪型です。

ツーブロックは、全体的に爽やかな印象が出るヘアスタイルが多いです。パーマをかけても甘くなり過ぎずワイルドな雰囲気も出せるので、童顔の人にもおすすめです。

若者に人気の髪型

ツーブロックは幅広い年代の男性から指示を受けていますが、中でも20~30代の比較的若い年齢層の男性から圧倒的な人気を誇っています。

基本的にはどんな恰好にも合うので、スーツに合わせる人も珍しくはありません。髪色も黒ならチャラついて見えないので、ビジネスマンにも多く見られる髪型です。

後ろの毛のアレンジも重要

メンズの髪型はトップとサイドばかりが意識されがちですが、後ろの毛のアレンジも雰囲気を決める上では重要なポイントとなります。特に、ツーブロックのようなあっさりとした髪型は、後ろの毛のアレンジ次第でガラリと印象が変化します。

ツーブロックは刈り上げるイメージが強いでしょうが、後ろの毛は刈り上げた上に毛をかぶせたり、長く伸ばしたりするなどアレンジ方法が豊富です。

メンズのツーブロックの後ろの髪型のやり方

先ほども言いましたが、ツーブロックは後ろの毛のカット方法を変えるだけでまったく違った印象になります。具体的にどのように雰囲気が変わるのか、3つの主要なスタイリングでご紹介します。

刈り上げ

サイドの刈り上げと同じように、後ろの毛も刈り上げるスタイルは、ツーブロックで最もオーソドックスなやり方です。襟足を刈り上げることで全体的にさっぱりとするだけではなく、トップの毛をしっかり主張できるのが特徴です。

後ろの刈り上げに抵抗があるという人は、刈り上げる範囲を狭くしたり、刈り上げる毛の長さを長めにするなどして調節しましょう。あまり刈り上げすぎると厳つい印象になってしまうので、毛がわかる程度に程良く残すのがベストです。

かぶせる

ツーブロックの後ろの毛の刈り上げに抵抗がある人にもう一つおすすめのやり方が、毛をかぶせる方法です。毛をかぶせるとは、刈り上げた後ろの毛に、伸ばしたトップからの髪を覆うやり方のことを指します。

サイドの刈り上げも控えめで後ろの毛もかぶせると、ツーブロック感が薄れてしまいますが、よりナチュラルなヘアスタイルに見せたい人には最適な髪型です。また、画像のようにしっかり刈り込んだスタイルに採用すると、パンクな印象にもなります。

後ろ長め

後ろの毛を刈り上げずに、そのまま襟足を伸ばすやり方は、やんちゃな雰囲気を出したい人におすすめです。あまり見ないスタイルですが、個性的な髪型になるので普通のツーブロックに飽きている男性は試す価値ありです。

後ろの毛は伸ばしても、サイドの毛はしっかり刈り上げるようにしましょう。ツーブロック感が出るように、後ろの毛とトップの毛にレイヤーを入れて段をつけると、よりおしゃれなスタイルに仕上がります。

特徴別ツーブロックの後ろのやり方

ツーブロックにも、オールバックやモヒカンなど色々なアレンジ方法があります。それぞれのヘアスタイルに合った後ろの毛のスタイリング方法も違うので、自分に合う髪型を想像しながら確認してみましょう。

オールバック

ワイルドなオールバックのツーブロックの後ろの毛は、しっかり刈り上げるのがおすすめです。毛の流れが美しいオールバックは、後ろの毛を刈り上げることにより、より毛の流れがはっきりとして爽やかなヘアスタイルになります。

厳つくなってしまいそうなときは、毛の感触が残る程度に刈り上げるのがポイントです。また、刈り上げる範囲も狭くしてトップの毛を後ろに流すように整えると、美しいオールバックになります。

ソフトモヒカン

やや少年ぽい雰囲気が出るソフトモヒカンのツーブロックは、後ろの毛もそれほど刈り上げずにかぶせるのがおすすめです。ソフトモヒカン自体がややハードな見た目なので、後ろの毛を残すことで刺々しいイメージを和らげることができます。

特に若い人や初心者の人は、後ろの毛は長めに残すかかぶせるのがおすすめです。ツーブロックを強調したい場合は、サイドの毛をしっかり刈り上げるようにしましょう。

ショート

ツーブロックの中でも、比較的落ち着いて万人受けしやすいショートヘアは、後ろの毛もナチュラルのまま残すと爽やかな見た目になります。ショートのアレンジにもよりますが、サイドをあまり刈り上げていないならば、後ろの毛も普通のショートヘアのようにセットするのがおすすめです。

このスタイルは、プライベートからビジネスの場面まで、あらゆるシーンで使えるやり方です。髪のアレンジ次第で色々なイメージが作れるので、ツーブロックが初めての人は、まずはこの髪型から試してみると良いでしょう。

ロング

個性的でアーティストさながらの雰囲気が出せるロングのツーブロックは、後ろの毛も伸ばしてかぶせるか流すのがおすすめです。ロングなのでそのまま伸ばすという人も多いでしょうが、後ろをやや刈り込んでかぶせたほうがよりおしゃれな雰囲気に仕上がるでしょう。

ロングの髪の長さで後ろの毛のやり方も変えたほうが良いですが、大抵の場合はかぶせるか伸ばすやり方が合います。特に普通のショートヘアに近いロングの人は、後ろはそのまま伸ばしたほうが自然なスタイルにセットしやすいです。

パーマ

若い男性を中心に人気のパーマのツーブロックは、刈り上げから伸ばすやり方まで、どんな方法でもしっくりくるのが特徴です。ワイルドにしたい人は刈り上げを、甘くゆるふわに仕上げたい人はかぶせるか伸ばす方法がおすすめです。

また、前髪のありなしで後ろの毛のやり方を変えるのも一つの方法です。前髪がないアップバングには刈り上げ、前髪ありのショートスタイルにはかぶせる方法が似合います。その他、髪の長さやパーマの強さでやり方を変えてみましょう。

ツーブロックの後ろをセルフで切る方法

ツーブロックを自分でセットするのは大変です。特に後ろの毛は自分では確認できないため、失敗しやすいのが難点です。

しかし、コツさえつかめば自分でもツーブロックの後ろの毛を作ることが可能です。ここでは、その簡単なやり方をご紹介します。

ブロッキングしてから切る

ツーブロックを自分でキレイに切るためには、ブロッキング作業が重要なポイントです。特に、後ろは自分では見えないため、紐やゴムなどでしっかり刈り上げる範囲を決めることが大切です。

紐やゴムも切っている最中に動いてしまうことがあるので、切っていない側の手でしっかり押さえておくようにしましょう。始めにどこまで刈り上げるかを、バリカンなどで毛を刈り上げて線をつけるのも良いです。

バリカンで刈り上げる

ツーブロックは、基本的にはバリカンで作る髪型です。サイドの毛も後ろの毛も、バリカンを使って刈り上げていきます。先ほど述べたブロッキングをしたあとに、ゆっくりバリカンでカットしていきます。手やゴムが当たるところまで刈り上げたら、一度手で触って剃り残しなどを確認しましょう。

後ろの毛は首筋を伸ばして切る

後ろの毛は、そのままの状態でカルト剃り残しが出るなど失敗しやすいです。くぼんでいる部分や襟足などは、顔を下げて首筋を伸ばした状態で刈り上げましょう。最後に手や鏡で剃り残しをチェックするのを忘れないようにしましょう。

キッズにおすすめのツーブロックのやり方

ツーブロックは、子供にも人気がある髪型です。ここでは子供でもかっこ可愛く仕上がるツーブロックの髪型をご紹介するので、ぜひ子供の髪型選びの参考にしてみてください。

シンプルなツーブロック

シンプルでオーソドックスなツーブロックは、子供の見た目をすっきりと見せたい場合におすすめです。前髪も短くカットしアップバングにすると、子供が走り回る際にも邪魔になることはありません。

ストレートだとシンプルすぎるときは、少し毛を立たせてモヒカン風にすると、こなれた感じが出せます。子供のツーブロックの場合、サイドも後ろもあまり刈り上げすぎないほうが、より子供らしい可愛い雰囲気を残すことができます。

背伸びしたオールバック風ツーブロック

少し背伸びしたませた子供には、オールバック風のツーブロックがおすすめです。大人がやると厳つくなりがちな髪型ですが、子供がやるとどこかあどけなさも感じられるヘアスタイルになります。

オールバックなので基本はストレートですが、子供の好みに合わせてパーマやウェーブを入れてもOKです。オールバックの場合、サイドはしっかりと刈り上げ、後ろの毛はかぶせるようにするとワイルドに仕上がります。

くせ毛風ツーブロック

くせ毛の子供や、個性的なヘアスタイルにしたい場合におすすめなのが、くるくるとパーマをかけた外国人風のくせ毛ツーブロックです。くせ毛の子供はそのままツーブロックを作る要領で刈り上げますが、ストレートの子供の場合は好みに合わせてパーマをかけましょう。

刈り上げを少なくし、ナチュラルな髪の流れでセットしたほうが、外国人の子供のようなふわふわとした印象になります。後ろの毛は刈り上げでも良いですが、坊ちゃんスタイルになるのが嫌という場合は、そのまま伸ばしましょう。

女性におすすめのツーブロックのやり方

最近では、女性の間でもツーブロック風の髪型が流行の兆しを見せています。「興味はあるけどもう一歩勇気が出ない」という女性のために、女性らしさを残しつつかっこよく個性的に仕上がるツーブロックをご紹介します。

ナチュラルツーブロック

ナチュラルなストレートのツーブロックは、男性のみならず、女性にもおすすめの髪型です。刈り上げも少な目にして、限りなくショートヘアに近い髪型にすれば、ツーブロックに抵抗を感じる女性でも気軽に試すことができます。

もっとツーブロック感を出したいという人は、サイドを大胆に刈り上げ、トップの毛を伸ばしてかぶせると、ファンキーな仕上がりになります。スタイリッシュだけどエッジも効かせたい人は試してみましょう。

パーマツーブロック

ゆるふわ系でガーリーなツーブロックにしたい女性には、パーマをかけたツーブロックがおすすめです。ツーブロックというとロックでやや硬派なイメージを抱く人も多いでしょうが、パーマをかければあっという間に女性でも挑戦しやすいフェミニンな髪型になります。

この髪型の場合、サイドも後ろもあまり刈り上げないのがおすすめです。前髪もオンザ眉毛にすることで、よりエアリーで可愛らしいメイクも似合うヘアスタイルになります。

ツーブロックは後ろにも気を使おう!

ツーブロックは、前から見ても後ろから見ても美しいヘアスタイルです。しかしシンプルだからこそ、ヘアアレンジに合った後ろ髪にしないと、ちぐはぐな見た目になってしまうことがあります。ツーブロックにセットする際は、ぜひ後ろの髪の毛のアレンジにもこだわってみてください。

関連記事

Related