Search

検索したいワードを入力してください

レディースのワンピースのシルエットの種類と名前・生地

Author nopic iconりーたん
コーディネート / 2018年12月26日
レディースのワンピースのシルエットの種類と名前・生地

レディースのワンピースの種類と名前

一口にワンピースと言っても、シルエットで種類が異なります。通販サイトでワンピースを探していると、シルエット別にカテゴリーが分類されていることもあります。他にも、ワンピースの生地を名前に入れているアイテムも増えてきました。しかし、その名前を知らないという人も多いのではないでしょうか。今回はワンピースのさまざまな種類を紹介していきます。

襟付き

次に紹介するシャツワンピースもこのカテゴリーに入りますが、襟付きワンピースはかっちりさと可愛らしさが両立できるワンピースです。

この画像のように襟と袖の部分も付いているワンピースを選ぶと、重ね着風で一見凝ったコーディネートをしているように見えます。実際は1枚になっているので朝、コーディネートを考える時間も短くなってとても楽です。

シャツワンピース

襟が付いて、前ボタンのシャツワンピースはシャツ特有のかっちりとした印象を与えつつ、ワンピースで女の子らしいテイストも演出できます。画像のようなマルチストライプはおしゃれな印象になり、無地はオフィスシーンにも似合います。

シャツワンピースはウエストマークをすることでフィット&フレアに、体によりフィットしたデザインを選ぶことでIラインシルエットにもなります。自分の体型によって色々な種類のシルエットを選べるので、シャツワンピースは誰にでも合うワンピースと言えるでしょう。

Aライン

Aラインのワンピースは胸下から裾に向かって広がっていくシルエットになっています。有名人ではオードリーヘップバーンが愛用していたことでも知られているワンピースの種類です。

Aラインのワンピースは細身で胸の小さい女性に特におすすめです。胸の大きい人はお腹周りが大きく見える危険性があるので、注意してください。少女のような可憐さの出るタイプなので、胸を強調したり色気で勝負したりするよりもピュアで可愛らしい雰囲気を意識しましょう。

フィット&フレア

数あるワンピースの種類の中でも特にスタイルアップ効果が期待できるのが、フィット&フレアのワンピースです。ベルトやリボンでウエストマークをすると、さらに女性らしいラインを強調することができます。

女性らしさに可愛い印象がプラスされるので、彼氏とのデートなど可愛い女の子を演出したい日に特におすすめです。黒や紺を選ぶと落ち着いた大人っぽい印象に、白やピンクなどのパステルカラーを選ぶとフレッシュな印象にもなります。ジャケットを合わせるとかっちりした印象になり、お仕事用としても着回せる優れものです。

Iライン

Iラインのワンピースは体型に沿ったデザインではなく、胸下からストンと直線的に落ちるようなシルエットのワンピースです。この種類はボディラインを強調しすぎないため、画像のように肌見せ部分の多いワンピースなど、セクシーなワンピースとは特に相性が良いです。縦長のシルエットになるため、スタイルアップ効果もある種類です。

Iラインのワンピースは適度にフィットしたシルエットが特徴的です。胸が大きくて上半身にボリュームがある人は、Iラインシルエットのワンピースを着るとすっきりとした着こなしになります。

タイト

タイトワンピースは体のラインが見えるため、特に男性からの人気が高いワンピースの種類です。女性としては勇気がいるワンピースですが、ここぞという日や女っぷりを高めたい日に着ると女性としての魅力が高まります。足元はヒールを合わせるのがおすすめです。

タイトワンピースはボディラインを強調するため、デザインは凝ったものではなく、画像のようにできるだけシンプルなものを選ぶと失敗しません。着ている時はお腹がだらんとしないよう、腹筋に力を入れると良いでしょう。

ワンピースの生地の種類と名前

ワンピースはシルエットだけでなく、生地の種類でも名前が異なります。こちらも通販サイトなどを見ると、よく商品名の中に生地の名前が入っていることがあります。生地の名前や種類がわかっていると、商品を選ぶときに便利なので知っておくと良いでしょう。

コットン

夏などの暑い時期におすすめなのが、コットン製のワンピースです。暑い時期は汗をかきやすいので、洗濯しやすくて汗を吸収してくれるコットンのような種類が肌にも優しくておすすめです。

コットンのワンピースは単体ではシンプルです。1枚でサラッと着こなすとカジュアルな印象に、ジャケットを合わせるとオフィス風に、大きめのアクセサリーを合わせるとラグジュアリーな雰囲気に、といったようにさまざまな着こなしができます。

サテン

サテンのワンピースはパーティーシーンでよく見られる種類です。絹やナイロン、ポリウレタン、ポリエステル、綿などの糸を使って作られています。見た目は光沢があり、高級そうなイメージが強くなります。汚れがつくと目立ちやすいので、できるだけ綺麗に保つような努力が必要です。1日中着ていたときは洗濯するか、クリーニングに出すのが良いでしょう。

ツヤとハリのある素材なので、1枚着るだけでも豪華な雰囲気を出すことができます。一緒に合わせるアイテムはシンプルなものにして、アクセサリーは一点豪華主義がおすすめです。

シルク

高級素材の代名詞とも言えるのがシルク(絹)です。シルクは天然素材なので、お手入れが重要ですが、長く着られて肌にも優しいので敏感肌の人にもおすすめの種類です。

ワンピースに限らず、基本的にシルク100%の服は少ないです。ワンピースやスカートなどの洋服の場合、服の一部にシルクが使用されているというアイテムが多くなっています。

ポリエステル

ポリエステルはコットンと並び、比較的多くの洋服で使用されている種類です。シワになりにくく、丈夫で綺麗な光沢があります。

ポリエステル製のワンピースはジャージワンピースに使用されていることが多く、伸縮性があるので体によくフィットして快適な着心地になっています。ポリエステルはコットンやシルクと異なり、人工的に作り出した合成繊維のため、お手入れが必須で生地が傷みやすいのが難点です。洗濯する際は自宅ではなく、クリーニングに出すのがおすすめです。

ナイロン

ナイロンはポリエステルと同じく、人工的に作られた合成繊維の種類の1つです。ポリエステルと同じく安価で丈夫、シワになりにくいという利点を持っています。その一方で生地が傷みやすく、肌への負担が天然素材に比べて大きいというマイナス面もあります。購入する際はそういった長所と短所を把握した上で選ぶようにしましょう。

季節ごとのワンピースの種類が知りたい!

1年を通して着たいのがワンピースです。ただ、1年間ずっと同じ種類のワンピースを着続けるのはコーディネートがマンネリ化し、生地が傷むのも早くなってしまいます。次は季節別に、おすすめのワンピースの種類を紹介していきます。

春に着るワンピースのシルエットは生脚が増えてくる時期なので、Aラインかフィット&フレアがおすすめです。スタイル良く着こなすのがポイントです。

デザインとしては、定番の花柄とチェック柄のワンピースが特におすすめです。色も明るめのパステルカラーを選ぶと良いでしょう。足元はカジュアルにしたいときはスニーカー、少し大人っぽく着こなしたいときはパンプスを選ぶと着こなしの幅が広がります。

夏は薄着の季節です。アウター効果による着やせ効果が期待できないので、できるだけスタイルがよく見えるシルエットを選びましょう。特におすすめなのが、フィット&フレアのワンピースです。どんな体型にも合わせやすいシルエットで、ヒールでもスニーカーでもスタイル良く着こなせるワンピースの種類です。

柄としては、画像のように薄い色を選ぶとエレガントな印象になり、元気な印象にしたいときはビビットカラーを選ぶと夏らしさが演出できます。自分の好みとTPOに合わせてデザインを選びましょう。素材は夏らしいコットンが特におすすめです。

秋におすすめのワンピースは、チェック柄です。画像のようにシャツワンピースはチェック柄とも相性抜群なので、特におすすめの種類です。

秋は寒くなってくるのでタイツを履きがちですが、暑い日は生脚にソックスを合わせて肌の面積を多くすると野暮ったくなりません。色はパステルカラーよりもボルドーやマスタードイエロー、モスグリーンのようなこっくりとした色を選ぶと秋らしさが出ます。素材もニットを選ぶと同じような効果が得られます。

冬は寒くなるので体のラインを隠しがちですが、そんな時こそタイトワンピースの出番です。タイトワンピースは肌見せが少なくても、ボディラインを強調できる種類です。

少しセクシーでも、黒タイツを履けば露出を減らしながらシルエットで女性らしさを演出できるので、タイトワンピースは特に冬におすすめです。おすすめの素材はニットワンピースで、冬らしさもカジュアルな印象も出せます。また、デコルテ周りがゆるっとしたものを選ぶと肌見せもできます。

ワンピース水着の種類

通常の洋服だけでなく、水着でもワンピースタイプの種類があります。画像のようにキャミソールワンピースのような見た目で、ビキニと比べて露出はかなり低くなっています。

ワンピースタイプの水着は気になる胸やお腹を隠してくれて、露出を減らしながらも女の子らしさを演出できる優れものです。下にビキニを着れば歩いたり泳ぐときはワンピースで、写真撮影の時だけビキニになるということもできます。ワンピースタイプは、水着になるのが恥ずかしいという人には特におすすめの種類です。

ワンピースの種類を上手に活用しよう!

いかがでしたか。一口にワンピースと言っても、シルエットや生地でたくさんの種類に分けられます。雑誌や通販サイトでよく見かける名前が、実際にはどんな種類を指しているのか知っていると服選びの時にとても役立ちます。また、自分の欲しいデザインを他の人に伝える時にも便利です。

着る人の体型や好みだけでなく、季節やTPOを考えて自分に合った種類のワンピースを選べるとより一層おしゃれを楽しめるでしょう。皆さんも、自分のお気に入りの1着を探してみてください。

関連記事

Related