Search

検索したいワードを入力してください

恋愛で使える心理学集・恋愛テクニック|男性行動/女性行動

Author nopic iconkahoma
人の心理 / 2018年05月02日
恋愛で使える心理学集・恋愛テクニック|男性行動/女性行動

恋愛で使える心理学集

恋愛では相手が自分のことをどう思っているのかわからずやきもきすることがあります。しかし、心理学を使うことで相手の気持ちが読めたり、逆に相手に自分のことを好きにさせたりすることが可能です。

決して覗くことのできない相手の気持ちを想像してやきもきするよりも、心理学を活用して恋愛をスムーズに進めることでストレスを感じることなく、また恥ずかしい思いをすることもなく、自分に有利な恋愛の進め方をすることができるでしょう。

ここでは状況に応じて恋愛で活用できる心理学についてご説明していきます。

男性の行動と心理学

男性は本能的に、縄文時代から「狩りをする」狩猟本能が備わっています。そこで、恋愛でも追わせることが心理学的に大切なポイントです。いつも自分から連絡をしてしまったり、「会いたい」としつこく男性に詰め寄っていては狩猟本能は刺激されず、興味を失ってしまいます。

しかし、少し嫉妬させてみたり、そっけないかもと感じるくらいの距離感を保つことで、男性の「あの女性を追いたい」「気になる」という心理が芽生えます。

その一方で、外では狩り、すなわち仕事で大きな緊張感とストレスを抱えている男性はプライベートな空間や家ではリラックスして甘えたいと考えます。そこで、彼女や奥さんにしたいのは、自分にやさしくホッとさせてくれる女性です。

いつも自分を精神的に追い詰めてくる女性に対して恋愛感情を抱くことはありません。この子は俺に優しいな、と思わせることが大切です。

女性の行動と心理学

男性と比べて女性は恋愛感情が分かりにくいと言われています。しかし、心理学を男性よりも使いこなしていることも多く、また使いこなされることも多いのが特徴です。

男性と同じく、本能的な部分では複数の男性ではなく1人の男性に対して恋愛対象とする傾向にあります。これは、妊娠・出産が同時には1人の相手としかできないためです。

とはいえ、その1人に絞り込むまでの男性を恋愛対象として選出するまでの心理学にはかなりわかりやすい反応を見せます。女性のパーソナルスペース(体から周囲30センチ以内)に入り、不快感を感じる場合には心理学的にその男性を恋愛対象としては見られないということです。

また、このような感覚的な恋愛感情だけでなく、収入や社会的地位、自分をどれだけ大切に扱うかどうかも総合的に見ているのが女性の心理学的な特徴です。警戒心が強く1人に絞り込むだけでなく総合力も試されます。

復縁の決め手となる心理学

別れてしまった相手との復縁をしたい、という場合に使える恋愛の心理学があります。それは「認知的不協和理論」です。人は一度宣言したり、行動したことに対して一貫したいと思うようにできています。

そのことを利用した心理学なのですが、別れてしまった相手に再会し、お互いにまだ好意や未練があると感じた場合には「あのとき、一生幸せにするって言ってくれたよね」と聞いてみましょう。

たとえ過去のことであっても、一度宣言したことを守れていないという罪悪感や、言動が一致していないということから、復縁を考え直すきっかけになることもあります。

好きにさせる心理学

異性に自分のことを好きにさせるための恋愛テクニックは昔からたくさんありますが、心理学に基づいたもので最も効果的なものは「単純接触効果」でしょう。

たとえあまり興味のない相手であっても、何度も顔を見たり話をしたり、近くにいることが多ければ多いほど好きになる可能性が高いという物です。そのため、好きにさせたい異性がいた場合、できるだけ一緒の空間にいることや、顔を合わせる機会を増やすことで好きにさせることができると言われています。

また、二人だけの秘密を共有する「カリギュラ効果」も効果があると言われています。授業中2人でお菓子をこっそり食べたときに「共犯だよ」なんて言われると、より親密になったような気がしてしまいます。

心理学に基づいた恋愛テクニック

ここからはさらに、心理学に基づいた恋愛テクニックをご紹介していきます。知らず知らずのうちに実はやっていた、なんてものもあるでしょう。あるいは、自分が異性を好きになるときのパターンがいつも同じであることに気づく方もいるでしょう。

大切なのは、心理学を理解しそれを使いこなすことで他人の感情をコントロールできれば、恋愛面でもストレスが少なく、相手を意のままに自分に好意を頂かせることも可能です。

相手が視界に入るほど好きになる

前述した「単純接触効果」ですが、同じ時間を何度も過ごすうちに好きになる、だけではなくさらに実験を進めることで、より長い時間顔をみている相手のことを好きになるという結果もわかっています。

実験の内容は、特徴があまり変わらない女性2名の写真を男性に見せます。しかし、このときほんの数秒長く見せた女性の写真の方を好きだと答えた男性の方が多かったという物です。

そのため、できるだけ相手の視界に入ることでより、自分を意識させることができると言われています。

相手と同じしぐさで親近感をわかせる

「ミラーリング」という心理学の効果が実証されている物です。相手がグラスを手に取ったら、自分もグラスを同じ方の手で取る、相手が頭を触ったら自分も頭を触るという風に、同じ動きをすることで親近感がわくという物です。

あまりにも露骨にマネをしていることがわかると不快感や違和感を感じる可能性がありますが、さりげなく相手が気づかないレベルで行うことで「なぜか不思議と親近感を感じる」と思わせる効果があります。

やってもらったら恩返しする「返報性」

人は、なにか相手に親切にしてもらったらお返しをしなくてはならないと思ってしまいます。これを「返報性」と言います。

そこで、好意を持っている相手に対し見返りを求めることなく親切にしましょう。すると相手は自然と、自分に対しても親切にしてくれるようになります。そして、互いに親切にしあっているうちに思いやりが生まれ、恋愛へと発展する可能性は高くなります。

ギャップ萌えも恋愛の心理学

怖そうな先輩が実は優しかった、なよなよしていそうな彼が実は頼もしかった、など男女問わず人はギャップに弱いです。これも「ゲインロスの効果」と呼ばれる恋愛の心理学の効果です。

このギャップを、敢えて自分で演出することで相手に好意をもってもらうこともできます。初めて会った時にラフな格好だったのであれば次はミニスカートで露出を増やす、普段しっかりしている印象だと思われているのであれば少しだけ弱みを見せてみるなども効果的です。

あくまで「さりげなく」狙っている感をださずに、少しだけギャップをみせることが大切です。

心理学でわかる恋愛の脈あり行動

さて、気になっている相手が脈ありかどうか、恋愛の心理学を用いて確認することはできるのでしょうか。5つのポイントで確認していきましょう。

緊張したときの動き

緊張したときに、人は手にその様子が現れます。特に、頭や髪の毛を触ることで落ち着こうとする傾向が強く出る人は多くいます。

そのため、そこまで緊張する場面でもないにも関わらずあなたといるときにやたらと、手をそわそわとさせていたり、頭を触ったり、髪を直すしぐさが多い場合には、あなたに対して緊張していることがうかがえます。

LINEなどの返信が速い

男性は女性と違い、あまり恋愛で駆け引きをしません。そこで、LINEなどの返信が遅い場合には、本当に忙しいか興味がないかのどちらかであることが多いです。

しかし、返信がとても速い場合や、まるでチャットをしているかのような速さで返信が返ってくる場合は、あなたとの会話を終わらせたくないという心理が働いている可能性が高く、脈があると思っても良いでしょう。

嫉妬に対する反応

前述のとおり、男性は狩猟本能があります。好きな女性に対しても自分が追いかけたいです。

そこで、あまり関係が進まないじれったい相手には、ライバルの存在を匂わせて少し嫉妬感を煽ってみましょう。「会社の先輩に2人きりでごはんに誘われちゃった」などと言ってみて、少しでも気にしている様子があれば脈ありの可能性大です。

「YESの法則」でYESを言うか

恋愛心理学でもよくつかわれるものに「YESの法則」があります。簡単な質問に対したくさん「YES」と言ってもらい、断りにくくしておいて、最終的に自分のお願いにも「YES」と言ってもらう物です。

例えば、「今日は天気がいいね」「そうだね」「明日も晴れるといいね」「そうだね」「そうだ、明日ピクニックに行きたいな」「いいよ」という風にです。これは少し極端ですが、このように、人は「YES」を繰り返した後には「NO」を言いづらいという心理が働くため、上手に使うことでお願いを聞いてもらい誘導しやすくなります。

アイ・アクセシング・キュー

目の動きと心理を関連付けたものを「アイ・アクセシング・キュー」と言います。目は口ほどにものをいう、なんてことわざもありますが、まさに目の動きで何を考えているか分かってしまうと言われているほどに、目の動きはその相手の心理を表していることがあります。

左上を見ているときは何かを思い出しているときです。「昨日何していたの」という会話に対し左上をみていれば、あなたに対し誠実に思い出そうとしている証拠です。

しかし、同じ質問に対し彼が右上を見ているときは要注意です。右上を見るのは何かを想像したり構成を練っているときです。嘘をつこうと一生懸命考えている可能性が高く、あなたに対しての誠実さが感じられない可能性が高いです。

ちなみにこれは右利きの方の場合です。左利きの男性の場合は逆で考えましょう。

恋愛に関する心理学の本

恋愛に関する心理学の本でおすすめのものを2冊紹介します。心理学というと、専門的で難しい印象がありますが、ご紹介する本はどちらもとても読みやすいです。

楽しく読み進めるうちに気がついたら、恋愛における心理学に詳しくなっていることでしょう。早速みていきましょう。

書籍「スパルタ婚活塾」

この本を元にドラマ化もされた書籍です。数々の恋愛本で定評のある、著者の水野さんの軽快で毒のある文章がクセになること間違いなしです。

タイトルは「婚活塾」ですが、恋愛における心理学をうまく突いた内容となっており、今まで自分が「モテるため」「よかれとおもって」やっていたことが実は心理学的には間違っていたという発見のある一冊です。

読み終えた後にすぐに友達に進めたくなってしまうことでしょう。それだけ衝撃的なインパクトがあります。

Blockquote firstBlockquote second

笑えるんですが使える情報があり、
そうか!!!
と納得。熟女が自信なさげに震える姿ほど萎えるものはない。と。
30代後半以降の女子は心に刻み付けましょう
イザその時が来たら余裕を持ってコトに挑みましょうぞ

漫画「はじめての恋愛心理学」

心理学者として有名な、ゆうきゆうさんが、恋愛心理学について解説した書籍です。マンガのため、サクサクと読み進めることができます。

さらに、難しい専門用語を使わずにやさしい言葉で解説をしてくれているので、小学生でも理解できる内容です。面白さと「あるある」とうなずいてしまうエピソードが満載です。

Blockquote firstBlockquote second

とても読みやすい内容で2時間くらいで読了しました。
恋愛だけでなく、様々な場所で活用できると思います。

恋愛では心理学を活用し、脈ありかは総合的に判断

恋愛にはさまざまな心理学があります。これらを場面に応じて活用し、さらに脈があるかどうかは1面だけではなく総合的に複数の観点から判断しましょう。

そして、脈がなかったとしても恋愛の心理学を使い、自分に好意をもってもらうことは可能です。少しずつ修行を積んで、気になっている異性を振り向かせましょう。