Search

検索したいワードを入力してください

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

Author nopic iconサトゥ
雑学 / 2018年05月10日
かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

上手に書きたい!「&」の書き方・コツ

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

日常生活で本や雑誌を読んだりテレビを見たりしていると、「&」という言葉を見たり聞いたりする機会も多いでしょう。「&」という言葉は、日常の会話や手紙などでも使われることが多く、身近な言葉・記号として認識している方も、多いと予想できます。

しかし、文章や手紙などで「&」を使いたい場合、いざ書いてみると、上手く書けなかったり、書き方がわからなかったりする方も、少なくないと言われています。

そこで今回は、「&の書き方」をテーマにして、さまざまな視点から「&」という記号の書き方について、考察・ご紹介していきます。

「&」の意味・読み方

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

「&」という記号の書き方について見ていく前に、まずはそもそも「&」とは何なのか、記号の意味などについて、確認していきましょう。

比較的身近な言葉である「&」ですが、意味や正しい読み方などに自信がないという方は、意外といらっしゃると考えられます。この機会に、書き方だけでなく、「&」の意味や読み方についても、覚えておきましょう。

「&」の意味

まずは、「&」という記号や言葉に含まれている意味について、確認していきましょう。「&」の意味について、「weblio辞書」では、以下の引用のように解説しています。

「weblio辞書」の解説によると、「&」には複数の意味やニュアンスが含まれていると言えそうです。「&」の主な意味としては、「AとB」などと表現する際の「と」にあたる意味や、「そして」という意味、「また」「~しながら」などのニュアンスが含まれているとされています。

Blockquote firstBlockquote second

…と…、および、そして、…と…(との間に)、(…も)…も、(…と同時に)また、…しながら、…して(から)、それから、…しに

日本語における「&」の意味

続いては、日本語における「&」の意味について考察していきます。上記では、「&」という記号・言葉には、さまざまな意味やニュアンスが含まれていることをご紹介しました。

しかし、日本においては、「&」の数ある意味・ニュアンスの中でも、「AとB」などの2つの物を表現する際の「と」という意味・ニュアンスで使用するケースが多いと考えられます。また、解釈をする方も、上記のような意味・ニュアンスで、「&」の意味を解釈したり読み取ったりするケースが多いと予想できます。

「&」の読み方

続いては、「&」という記号の正しい読み方について、ご紹介していきます。「&」という記号を見掛けた際、「アンド」と読む方は多いと考えられます。「&」を「アンド」と読むのは、最もメジャーな読み方だと言えるでしょう。

しかし、「&」という記号には、他にも読み方があるとされています。「&」という記号の正式な名称として、「アンパサンド」という読み方が挙げられます。「weblio辞書」では、「&」の記号について、以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「&」は「アンパサンド」という名称であることが、読み取れます。

Blockquote firstBlockquote second

アンパサンド
別表記:アンパーサンド、ampersand
「&」記号の名称。意味は英語の「and」に相当する。

かわいい「&」の書き方

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

続いては、「&」という記号をかわいらしく書く方法について、考察していきます。上記でも述べたとおり、「&」という言葉や希望は、日常生活でも使用されることが多く、友人などへの手紙や、ショップなどのポップ・看板などでも、使用する機会が多いと考えられます。手紙や看板などで「&」を使用したい場合は、かわいらしく書きたいという方も、多いと予想できます。

ですからこの機会に、かわいい「&」の書き方を、ぜひ覚えておきましょう。

かわいい「&」の書き方【1】:丸っこく書く

「&」という記号は、数字の「8」などにも似ており、全体的には丸みを帯びた、曲線の多い記号となっています。そのため、かわいらしく書きたい場合は、なるべく丸っこく書くことで、「&」という記号が持つ丸みを帯びた形が強調され、コロコロとした見た目になると考えられます。

上記のような理由から、「&」をかわいく書く書き方の1つとして、コロコロとした見た目にする書き方が挙げられます。縦長ではなく丸っこく書くよう意識して書くことで、かわいらしい「&」が書けるでしょう。

かわいい「&」の書き方【2】:小さめに書く

「&」という記号は、「アンド」と読みます。「アンド」という言葉は、日本では「AとB」といった形で使用されるケースが多く、「AとB」の「と」にあたる部分だと言われています。そのため、文章などで使用する際は、「A」にあたる単語と、「B」にあたる単語の、間に「&」が使用されるケースが多いと考えられます。

「A」や「B」の間に「&」を書く際、「A」「B」の文字の大きさよりも、「&」を小さめに書くと、バランス良く見えたり、かわいい印象になったりすることもあります。ですから、文字の大きさを意識することもまた、「&」のかわいい書き方のポイントの1つだと言えるでしょう。

簡単な「&」の書き方

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

続いては、「&]の簡単な書き方について考察していきます。

上記でも述べたとおり、「&」は身近に感じる人の多い言葉・記号でありながら、いざ書いてみると、書き方や書き順に自信がないという方が多い言葉・記号でもあります。ですから、簡単に書ける方法や書き方を覚えておくと、いざという時に役立つ可能性があります。

「&」の書き順

「&」という記号は、書き慣れていないという方は多いものの、形や書き方自体は、複雑な記号というわけではありません。ですから、正しい書き順や書き方を覚えれば、簡単に書けるようになる可能性もあるでしょう。

「&」の書き順については、さまざまな説や見解が存在しています。しかし一般的には、右下から左上へと、斜めに直線を引き、そこからアルファベットの「S」を左右逆にした、いわゆる「逆S字」を書く書き順で書く人が多いと言われています。

上記の書き方は、全体的なバランスが取りやすいため、手軽な上にきれいに書ける書き方だと考えられます。

その他の書き方

上記では、一般的に使っている人が多いと言われている書き方を、「&」の簡単な書き方としてご紹介しました。しかし、上記でご紹介した書き方以外にも、「&」にはさまざまな書き方や書き順が存在しています。

上記でご紹介した書き方とは反対の手順で、左上から「逆S字」のような部分を書き、最後に足りない部分を繋げるようにして、左上から右下にかけて直線を引くという書き方もあります。

人によって、書きやすいと感じる書き方は異なる可能性があります。ですから、「&」の簡単な書き方もまた、人によって異なると言えるでしょう。ぜひ、さまざまな書き方で「&」を書いてみて、自分に合った書き方や自分にとって書きやすい書き方を、探してみて下さい。

「&」の省略した書き方

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

続いては、「&」の省略した書き方について、考えていきます。急いでいる時や、メモなどを取っている時などは、省略した書き方で書いた方がスムーズに書けるケースも存在します。

一般的な「&」の書き方は、上記でご紹介したとおりですが、省略する場合は数字の「3」を左右逆のようにして書く書き方も存在します。いわゆる「逆3」のように書き、右下の切れ目の部分に短く横の棒を付け加えることで、省略した形の「&」を書くことができます。

「&」の筆記体での書き方

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

英語などのアルファベットを使用した言葉を使うことが多い方は、読み書きに筆記体を使用するケースもあります。筆記体は、アルファベットを崩して書ける形なので、慣れるとアルファベットを使用した言語での文章が書きやすくなると言われています。

続いては、そんな筆記体で「&」を書く際の書き方について、考えていきます。結論から言うと、インターネットで検索した限りでは、「&」の筆記体の正しい書き方や書き順は、見当たりませんでした。英文では、「&」は「and」と、記号ではなく単語として表記するのが一般的です。

ですから、筆記体で綴った英文で「&」を使用したい場合は、「and」という英単語を筆記体で綴るというのも、1つの書き方だと言えそうです。

「&」のサインの書き方

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

著名人や有名人になると、ファンからサインを頼まれることもあるでしょう。そのような際に、グループやチームで活動していたり、「&」が入る名前で活動していたりする場合は、サインでも「&」という記号や言葉を書くことになります。そこで続いては、サインにおける「&」の書き方について、考察していきます。

結論から言えば、サインにおける「&」の書き方には、法則や正しい書き方などは、特にないと考えられます。そもそもサイン自体、それぞれに自分の好きな書き方で書く人が多く、中には本来の字やアルファベットを大きく崩して書いているサインも存在しています。

ですから、サインで「&」を使いたい場合は、自分なりに書きやすい書き方で書いても問題ないと考えられます。

自分に合った「&」の書き方を見つけよう

かわいい・簡単な&の書き方・略した書き方・筆記体での書き方

いかがでしたでしょうか?今回は、「&の書き方」をテーマにして、「&」の意味や読み方、可愛い書き方や簡単な書き方、省略した書き方などを、考察・ご紹介しました。

「&」という記号には、さまざまな書き順や書き方が存在するとされています。そのため、人によって、書きやすい書き方が異なる可能性もあります。ですから、「&」をきれいに書きたい場合は、自分にとって書きやすい書き方を見つけることが大切です。この機会にぜひ、自分に合った「&」の書き方を探してみて下さい。

関連記事

Related