Search

検索したいワードを入力してください

恥ずかしい行動5選・彼女彼氏の前ではやらないほうがいいこと

Author nopic iconrasasa
カップル / 2018年09月28日
恥ずかしい行動5選・彼女彼氏の前ではやらないほうがいいこと

恥ずかしいとは

恥ずかしい行動5選・彼女彼氏の前ではやらないほうがいいこと

恥ずかしいとは、自分が人と違っているときに感じる感情です。たとえ非常識な行動をしていたとしても、まわりの人がおなじ行動をしていれば、恥ずかしいとは感じません。

恥ずかしいとは、自分と人とのギャップを感じた時の素直な反応です。普段、気づかずにやっていたことを人前で行ったときに指摘され、恥ずかしい思いをしたことが誰にでもあるはずです。人と違うと気づかなければ、恥ずかしいという感情は湧いてきません。

恥ずかしい言葉

罰ゲームなどで、恥ずかしい言葉を言わされることがあります。

恥ずかしい言葉とはなんでしょうか。その代表が「くさいセリフ」です。普通の生活のなかで、壁ドンをしながら真顔で映画俳優のような口調でくさいセリフを言うのは、本当に恥ずかしい行為です。

これが半分本心だとしたら、穴に入りたいほど恥ずかしい言葉になります。本心を言葉にするのは、本当に恥ずかしい行為だといえます。

小恥ずかしいとは

恥ずかしいに「小さい」を付けた小恥ずかしいとは、きまりが少々悪い時や少し恥ずかしい気持ちを言いあらわした言葉です。

ものすごく恥ずかしいわけではないですが「なんだか恥ずかしく感じる」と、少しおちゃめな言い方をする表現が小恥ずかしいです。普段の生活のなかでは多用されませんが、ふざけた場面やマンガやテレビのなかでよく使用されています。

恥ずかしいと思われる行動5選

恥ずかしい行動5選・彼女彼氏の前ではやらないほうがいいこと

口が裂けても言えないぐらい恥ずかしい体験をしたことがある人は多く存在しています。年代や国、場面ごとに恥ずかしいと思われる行動は違ってきます。

人は恥ずかしい行動をくりかえし、成長してマナーを身につけていきます。それが恥ずかしい行為だと十分にわかっているはずなのに、ついやってしまうこともあります。気をつけましょう。

行動1:鼻くそをほじる

鼻くそをほじるのは子どもなどに多い行動ですが、つい人前でやってしまう人がいます。

鼻くそをほじるという行為は周囲に注意を配っておらず、気が抜けている証拠ですので、普段から人目のある場所では気を引きしめて行動することを心がけましょう。それでも鼻が気になる人は、普段からケアを怠らないように気をつけましょう。

行動2:人前でおならがでる

いつも人前では礼儀作法も完璧なのに、おならがでて恥ずかしい思いをすることがあります。

おならは自然に出るものですが、がまんできない人は腸に問題を抱えている可能性があります。腸の状態をチェックすることも大切です。

人前でおならがでる人は食生活を見直す必要もあります。イモ類などのガスが溜まりやすい食品は避け、野菜を中心とした食生活を心がけましょう。

行動3:SNSで元恋人をストーカー

SNSで元恋人をストーカーする行動は恥ずかしい行為です。元恋人はもう自分とは関係のない人間です。自分がほかの人からそのような行為をされたら、どれほどいやな思いをするか考えてみてください。

常に自分を客観視して恥ずかしい行動を控えることが、大人の選択です。

行動4:間違った知識をひけらかす

間違った知識をひけらかしてしまう行為は、誰もがよくやる恥ずかしい行動のひとつです。

知らずに知識をひけらかした後で間違っていると気づいたとき、穴があったら入りたいほど恥ずかしい思いにとらわれます。できれば相手に、謝意と共に訂正を入れることをおすすめします。

知識をひけらかすときは、吟味に吟味を重ねて下調べしてからの方が無難です。絶対の自信がないときは、知識をひけらかすのはやめておきましょう。

行動5:自分の匂いをかぐ

自分の匂いをかぐ行為を他人に見られたとき、ひどく恥ずかしくなります。匂いは気になります。それが悪い臭いであればあるほど、確認したくなります。また、匂いフェチのように自分の匂いをかぐことで安心する人もいます。

自分の匂いをかぐ行為を人前でやった場合、ひどく恥ずかしい思いをしてしまうので、普段から気をつけてやらないようにしていきましょう。

恥ずかしい行動をとりたくないあなたにおすすめ

「マナーコンサルタントがこっそり教える実は恥ずかしい思い込みマナー」は、普段なにげなくやっていることを再考できる便利な本です。

マナーはたいへん難しい分野なので、間違った思い込みを捨てる意味でも定期的にこのような本で勉強しておくとよいでしょう。

恥ずかしい思いは自分の中からなかなか消えません。ひどいときには心の病となることもあるでしょう。恥ずかしい思いをしないためにも、普段から勉強しておきましょう。

恥ずかしい時の対応あるある

恥ずかしい行動5選・彼女彼氏の前ではやらないほうがいいこと

恥ずかしい思いをしたとき、人は笑ったり怒ったりして、なんとかその事実をごまかそうとします。それらの行為は自然発生的に出るもので、ふだん自分が恥ずかしい行為をしたときに取る行動がそのまま出てしまいます。

恥ずかしい行動という失敗に、自分がどう対処するかが問題です。精神的に、物理的に、自らの失敗である恥ずかしい行為の事実を消す行動をします。

以下に、恥ずかしいときの対応あるあるをご紹介していきます。

対応1:笑う

恥ずかしい行動をしてしまい、笑うことはよくあります。笑うことで、恥ずかしい思いをした自分をごまかしています。大丈夫、気にしてないと周囲にも自分自身にも言い聞かせています。

恥ずかしい行動をして、まわりから笑われてしまうこともあります。これはかなりの屈辱で、いつまでもそのことが残ってトラウマになってしまう可能性があります。

失敗を笑う行為は笑う人の方が恥ずかしいことだと思い、気にしないことです。

対応2:赤面する

恥ずかしい行動をして赤面することはよくあることです。赤面症の人は特にそうですが、恥ずかしいとすぐに顔が赤くなる人がいます。赤面は意識しても防ぐことができないので、仕方ないと割り切りましょう。

恥ずかしいときに赤面するのはむしろ自然な現象です。恥ずかしいことを恥ずかしいと思えなくなる方が問題なので、気にしないことです。

対応3:ごまかす

恥ずかしいことをしてしまったあとで、それをごまかそうとする行動もありがちでしょう。

不都合なことをごまかす行動は人間の本能的な自衛手段です。とっさにごまかす行為は自分では止められません。それで本当にごまかせることも多々あるので、わざとらしくない行動であれば効果があるといえる行為です。

恥ずかしいことをその場でごまかせたとしても、本当に自分がまちがっていたとしたら、次から行わないように気をつけましょう。

対応4:怒る

恥ずかしのあまり怒る行為も、よくあります。恥ずかしい行動をごまかす思いと、バツの悪さから周囲にあたりちらす意味で怒る行為が行われます。これはよくない反応です。

恥ずかしい行動はだれでもすることです。冷静になり、恥ずかしいことを認めてしまったほうが、自分自身もらくになれます。

対応5:無言

恥ずかしい言動をしたあと無言になる人がいます。これも自然な行動です。バツが悪いのと、ごまかす方法も見つからなくて無言になるしかない状態です。時が過ぎるのをじっと待っている状況です。

恥ずかしい言動は誰でもしてしまいます。あまり気にし過ぎないことが大切です。

恥ずかしい想いをしないために

恥ずかしい行動5選・彼女彼氏の前ではやらないほうがいいこと

恥ずかしい気持ちになってしまった体験談は、ほかの人からすると、笑えるものばかりです。でも、本人はその場から逃げ出したくなるほど恥ずかしかったことでしょう。

あなたがそんな恥ずかしい体験をしたらそれは勉強だと考え、今度はどうしたら恥ずかしい気持ちにならなくて済むかを考え、行動してみて下さい。勉強をすれば、きっとドジを踏まない、素敵な人生になるでしょう。

恥ずかしいときは素直に言う

恥ずかしいと感じたときは、素直に恥ずかしいと言いましょう。そのほうが自分もまわりもいやな雰囲気にならずにすみます。

ごまかしたり逃げたりすると、あとで自分が後悔することになります。他人とうまくいかないきっかけにもなりかねないので、恥ずかしい気持ちをごまかさずに、素直に恥ずかしいと言葉に出して表現しましょう。

関連記事

Related