Search

検索したいワードを入力してください

「令夫人」の意味と使い方・「奥様」との違い・対義語|大使

Author nopic iconゆうこ
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年05月10日

更新日:2020年07月28日

記載されている内容は2018年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「令夫人」の意味と使い方・「奥様」との違い・対義語|大使

「令夫人」という言葉

「令夫人」とは、あまり日常的に聞く言葉ではありませんが、結婚式などで見かけたことがあるはずです。「令夫人」はめったに使わない言葉ですが、意味だけでも知っておくと、ビジネスの場で役立つことがあります。

それでは、以下から「令夫人」という言葉の意味や使い方についてご紹介していきます。

「令夫人」の意味

まずは、「令夫人」の意味からご紹介しましょう。「令夫人」とは、目上の人の妻のことを指して使う言葉です。通常、夫の名前と並べて、「令夫人」と表記するのが一般的です。「令夫人」という言葉を一番多く見かけるとしたら結婚式でしょう。では、結婚式においてどういったシーンで「令夫人」という言葉が用いられるのでしょうか。

令夫人の使い方

「令夫人」は結婚式のシーンにおいて用いられるのが多い言葉です。特に、結婚式の招待状や席次表の中で見かけることが多いでしょう。「令夫人」は、上司や恩師などの目上の方の奥様で、かつ面識がなく名前が分からないという場合に相手に敬意を表して使われる言葉です。

結婚式などの招待状の宛名

最近、結婚式のスタイルも大きく変化してきました。昔は、会社の人は全員、親戚もあったこともないような親戚がほとんどです。さらには友人も数多く招待して、200人300人規模の結婚式は有名人ではなくとも当たり前の時代がありました。

それが今では、100人以下の参列者の結婚式がほとんどです。また、近しい親族だけを招いて10~20人程度でという結婚式も増えてきており、友人は二次会から参加してもらうという形の結婚式も増えています。また、海外でふたりだけで結婚式を挙げてくるという場合や、さらには、結婚式を挙げずに写真だけにしてお金を節約して、新婚旅行や新居にお金をかけたいというカップルもいます。

昔は「令夫人」が多かった

このような現代の結婚スタイルからは想像もつきませんが、昔の結婚式ではあったこともない上司の奥様をご招待したり、恩師の奥様をご招待するということがよくありました。それだけ、結婚式が人生における大きなイベントであり、家という括りが生活において大きな位置を占めており、新郎新婦だけではなく両家の両親にとっても重大なイベントであったことがうかがえます。

そのため、結婚式の招待状にはあったことない名前の分からない奥様の名前を書く代わりに、「令夫人」と表記するのが一般的でした。

席次表の肩書き

また、「令夫人」は席次表の肩書としても使われます。席次表は、結婚式などで配席が決まっている場合に、参列者が自分の席を確認するために使ったり、結婚式であれば両親が参列者へお酌に回る際に必要なアイテムです。席次表では、名前以外に肩書きが表記されます。

肩書きは、会社関係の目上の人であれば「●●株式会社●●部部長」のように役職で表記しますが、役職がない人であれば「新郎上司」「新婦同僚」などと付けられることになります。また「新郎友人」「新婦叔父」などのように、友人や親族などにも全員に肩書きが記載されることになります。

席次表は名前が分かっていても「令夫人」を使う

このときに、新郎新婦の上司の奥様や、恩師の奥様のような目上の方の奥様には、「●●様令夫人」や「同令夫人」のように「令夫人」という肩書が使われることになります。

招待状のときと異なる点は、招待状では名前が分からない場合に「令夫人」とするのに対して、席次表では招待状の返信が来ているため当然名前はわかっていますが、肩書きとしては「令夫人」と表記する点です。

席次表や招待状で使うときの注意点

席次表や招待状において「令夫人」を使うときには、敬称において注意が必要です。「令夫人」はその言葉そのものが、すでに敬意を示している言葉です。そのため「様」や「御」などはつける必要がありません。

よく「御令夫人」や「令夫人様」などと表記している誤った例を見かけますが、注意して使う必要があります。

「令夫人」と「奥様」誤った使い方

「令夫人」はよく誤った使われ方をされることがあります。近年、結婚式のスタイルの変化から、招待状において「令夫人」という表記がなされることは非常にまれになっています。しかし、新郎新婦の両親や親戚のすすめで、すべてのゲストの奥様に「令夫人」という表記をするという誤った使い方がされることがあります。

昔は「令夫人」が多かった