Search

検索したいワードを入力してください

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

Small 79a4331b 7afc 4d15 93ae 414c85b6569cnaru
掃除 / 2018年05月10日
フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

フローリングのカビの解決方法

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

フローリングにカビができてしまい慌てて掃除をしてしまい、結果失敗してしまったという経験はありませんか。実はフローリングのカビは正しい掃除方法を行わなければひどくなってしまいます。

では、フローリングにカビができてしまった場合の解決方法について詳しくご紹介していきます。

エタノールを使ってカビを取り除く

フローリングのカビの中には、エタノールを使って掃除をすると落とせるものがあります。エタノールの使い方はスプレーボトルにエタノールを入れてスプレーし、汚れてもいい雑巾や布なのでふき取っていくだけです。

注意しておきたいことは、エタノールを使った場合フローリングがごくまれに変色してしまう可能性があります。もし賃貸や絶対変色させたくない場合は目立たない場所に少しスプレーをして3日ほど様子を見てから使いましょう。

広がってしまっているカビには?

広範囲に広がってしまっているカビには、逆性石鹸がおすすめです。もし、エタノールで変色してしまった場合にもこの逆性石鹸がいいです。使う時は逆性石鹸と一緒にモップやフローリング用のワイパーなども一緒に使いましょう。

では使い方を説明します。まずカビ部分をモップやフローリング用ワイヤーを使って大まかに掃除します。ある程度カビが取れたら逆性石鹸を水で薄めて雑巾にしみこませふき取っていきます。

頑固なカビの場合は、水で薄めた逆性石鹸をスプレーボトルに入れてスプレーし、少し時間がたってからふき取っていきましょう。

フローリングのカビの種類について

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

カビの種類はこの世の中にたくさんあります。その中でもフローリングに生えやすいカビ「黒カビ」についてご紹介します。

黒カビとは

フローリングにはよく黒カビが生えます。基本的には結露の多いところに生えるので、フローリングの上に直接布団を敷いていたりした場合によく発生します。

この黒カビは、低温・乾燥につよいためこまめに掃除してあげなければフローリングが大変なことになってしまうでしょう。黒カビ自体に害はないのですが、喘息やアレルギーの原因になるといわれています。

カビはそのまま放置していると広がってしまいます。見つけたらまずは適切な対処方法で掃除しましょう。

賃貸のフローリングのカビの対処方法

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

賃貸に住んでいる場合、フローリングにカビができてしまうとかなり焦ります。最悪の場合、フローリングの張替えもしなくてはいけない場合があります。では、賃貸のフローリングにカビが発生してしまった場合の対処方法についてご紹介しましょう。

フローリングにカビができた場合の対処方法

賃貸のフローリングにカビが生えてしまった場合、まずは適切な方法で掃除を行います。フローリングにカビが発生してしまった場合の適切な対処方法についてはこの記事内で紹介しています。

もしそれでも株が残ってしまった場合、ワックスをかけてあげましょう。ワックスをかけてあげることでカビが目立たなくなります。それでもカビが目立ってしまう場合はフローリングの張替えをしなくてはいけません。

賃貸で済む場合は、フローリングにカビが生えてしまわないように住むようにしましょう。カビが生えないようにするには「布団を敷きっぱなしにしない」「掃除をこまめにし、換気してあげる」ということが重要です。注意しておきましょう。

畳にカビができてしまった場合は?

賃貸に住んでいて、部屋に畳を敷いてあることがあります。この畳にカビがはえてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

賃貸の場合、畳の修繕や交換については契約書を確認して「部屋を借りている人が負担する」と記載されていなければ大家さんが交換をしてくれます。しかし、たばこの火を落としてしまった場合や食べ物のシミ、カビなどの場合は借りている側が修繕しなくてはいけない場合が多いです。

畳にできたカビはエタノールスプレーで細かく掃除をしていくか思い切って交換することをおすすめします。可能であれば畳を外して日に当ててあげてもいいです。畳は雑巾で水拭きしてしまうとカビが生えやすくなるので注意しておきましょう。

フローリングのカビに効くおすすめのグッズ

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

フローリングのカビを落とすためにおすすめのグッズをご紹介します。フローリングのカビを掃除するときはご紹介する道具を一式そろえておくと便利です。

無水エタノール

フローリングのカビには基本、エタノールを使って掃除を行います。たくさん入っているので何回か使うことができます。このエタノールを水で薄めてスプレーし掃除していきます。

無色透明の液体で、フローリングのカビ以外にも換気扇やレンジ、オーブンなどの掃除にも使うことができます。一つあれば家のいろんな場所を掃除できるのでおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

無水エタノールの用途
濃度は99.5%以上。
汚れを落とすのに使えます。揮発性が高いので機械類の掃除や窓の掃除またシールの汚れにも対応できます。
個人的にはシールの汚れはそこまで落ちなかったです。

消毒用エタノールの用途
濃度は70%~80%
消毒用に使えます。水を含まないと殺菌効果が得られません。理由としては、水を混ぜると浸透しやすくなり菌の細胞膜を通り越して菌の内部に侵入して殺してくれます。また、親水性の部分が水と引き合い界面活性剤のような形になるので菌のタンパク質を破壊してくれるからです。

ゴム手袋 Mサイズ

カビを掃除するとき、エタノールを使用するのでゴム手袋をしておきましょう。ゴム手袋はしっかり手にフィットするタイプのものがおすすめです。細かい作業を行えるので掃除に最適です。

しっかり手にフィットしてくれるのに、手袋をつけたり脱いだりしやすいように加工されています。使い終わったら捨てるだけなのでカビを直接触ってしまっても問題ありません。一つ持っていれば掃除だけではなく、調理や園芸にも使うことができます。

Blockquote firstBlockquote second

主に清掃や調理の際に使用することを目的として購入しました。
その他に自転車や車のメンテナンスにも使用しています。
手にもはめやすく、薄さもちょうど良く、手にフィットして作業がしやすいです。
作業の途中で破れたことも今のところありません。

手が汚れるというストレスから解放され、もっと早く買っておけば良かったと心から思いました。

ぞうきん

カビにエタノールをかけたらきれいな雑巾でふき取っていくのでこちらのぞうきんもそろえて準備しておくことをおすすめします。給水性に優れていてとても掃除しやすく、絞りやすいサイズに作られています。このぞうきんは10枚セットなのでカビ掃除以外の掃除にも幅広く使えます。

Blockquote firstBlockquote second

普通の雑巾です。10枚も入ってるので泥だらけの場所や汚い場所にも新品のまま使うのが気にならないです。汚れの落ち方も他のぞうきんとなんら変わりありません。新しいのならテーブルをふくくらいなら問題ないでしょう、ただし台所などで使うのには少々きがひけます。

逆性せっけん(オスバン)

オスバンは逆性せっけんのことです。エタノールではカビが広がってしまったり、消毒液独特のにおいが気になる方におすすめです。この逆性せっけんはせっけんという名前がついていますが、洗浄力はほぼありません。

普通の洗剤は水に溶けるとマイナスの電気を帯びて陰イオンに代わりますが、逆性せっけんは陽イオンに変化します。普通のせっけんとは逆なので「逆性せっけん」と言われています。この逆性せっけんは必ず薄めて使用しましょう。薄めて使用するので長持ちします。

フローリングのカビは業者に頼むべき?

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

フローリングのカビは業者に頼むべきなのでしょうか。また業者に頼むとどのような掃除を行ってくれるのかご紹介します。

業者に頼んだほうがいいカビって?

エタノールを使ったり逆性せっけんを使ってもカビが落ちなかった場合は、業者に頼んだほうがいいです。ワックスの下にまでカビが根を下ろしてしまっていたり、フローリングの表面だけでなく板そのものにカビができてしまった場合は、エタノールなどを使用してもカビを取り除くことはできません。

もし、自分でカビ掃除をしてどうしても取れなかった場合は業者にお願いしましょう。

どんな業者に頼めばいいの?

フローリングのカビを取り除くために、どんな業者にお願いすればいいのか説明します。基本的に自分でカビ掃除をしても取りのぞけなかった場合は、補修業者にお願いします。カビの状態が軽度で、自分で掃除をする時間がない場合はハウスクリーニングでも問題ありません。

探し方としてはホームページなどで検索します。ホームページに、今まで直してきた家の画像などが充実している場合は安心して申し込むことができます。3つほど検索して料金などをしっかり確認し、条件のいい業者を選びましょう。

どんな修繕をしてくれるの?

フローリングに発生してしまったカビの場合、ほとんどが張替え工事になります。カビを殺菌し、フローリングの張替え工事を行うのが基本です。張替えするほどの面積ではなかった場合は、カビ部分を殺菌してからウレタン塗装を行う場合もあります。

張替えにかかる相場は業者によって異なります。面積や工事内容にもよりますが約6万円ほどかかる可能性があります。

フローリングにカビができてしまわないようにしよう

フローリングのカビの解決方法・カビの種類と対処方法|黒

どの家にもフローリングのお部屋があります。フローリングにカビができてしまっているのを発見すると焦って拭き掃除を行ってしまいがちですが、絶対にやめておきましょう。掃除機などもおすすめしません。

カビの状態をよく見て、エタノールや逆性せっけんでしっかりカビを掃除していきましょう。落としきれなければ業者に頼むのもおすすめです。カビが生えてしまうのには必ず原因があります。カビが掃除をしてもすぐに発生してしまう場合は、家の建っている場所や生活環境を一度見直してみましょう。

関連記事

Related