Search

検索したいワードを入力してください

人に好かれる・恋愛・初対面・仕事での会話術・おすすめの本

Author nopic iconみいわあ
人間関係 / 2018年05月02日
人に好かれる・恋愛・初対面・仕事での会話術・おすすめの本

人に好かれる会話術

人に好かれる会話術にはどのような特徴があるのでしょうか。人に好かれたいと思っている人は、その会話術にどのようなパターンがあるのかを把握するようにすると良い会話術を覚えやすくなり、自然と人に好かれる会話術ができるようになるはずです。

今回は人に好かれる会話術についてを深く探っていきます。人に好かれる良い会話術の特徴をぜひ学んで参考にしてみてください。それでは会話術を細かく分けてお伝えしていきますので、気になった個所からでも一度読んでみてください。

簡潔にわかりやすく話す

人に好かれるためには、簡潔にわかりやすく話す事を意識するような会話術がおすすめです。緊張などをしている時は、話している内に気が散って自分が何を話しているのかが分からなくなり話が脱線してしまう事もあるからです。

また、相手からの答えが返ってくるまでの待つ間、相手から聞いた情報が頭の中で散乱して、どれが答えか見つけ出すのが困難になる危険性もあります。そうすると相手は何を言っているのか分からない人だと感じることでしょう。ですから人と会話をするときは、結論から答えるようにするのがおすすめの会話術です。

話がかみ合わない人にならないために

相手に質問をされて結論から答えた場合には、その後に理由や経緯を述べるようにしましょう。相手は場合によっては、まずは質問した答えを知りたいという事も多いからです。話が長すぎて結論が一番あとになってしまうと、相手の質問に答える事を忘れてしまう事もあるでしょう。

それでは相手はあなたとの話はかみ合わないと感じてしまう事もあるでしょう。普段から結論を真っ先に言うように意識して話すように心がけると人に好かれる秘訣です。

話のかみ合う質問を

また、質問の仕方が悪い場合にも、相手を「話しのかみ合わない人にしている」事がとても多いといわれています。質問を投げかける時には、誰が、何を、どこで、どのように、どうするのかといった具体的に話させるように、いくつかに分けたこまめな質問が良いでしょう。

一つの質問に対して相手が全てを答えたのなら、「という事は、このようになっていて、こうしたいと思っているんだね」というような確認作業をするとよいでしょう。解釈が違えば相手が、さらに分かりやすく答えてくれることでしょう。そのように相手が話した内容と、自分が捉えた事に認識のずれが防げます。

きちんとリアクションする

少々オーバーなリアクションでもいいでしょう。相手の話に興味を示すのは会話をするうえでのマナーともいえるからです。話に対しての反応が薄いと、相手と話す気力がなくなり、相手との会話を素早く終えたくなります。

また、リアクションがないよりは、例えオーバーなリアクションだろうとも何らかの反応がわかりやすくある人の方が、「自分の話を聞いているのだろうか」「相手にとってつまらない話をしているのではないか」といった不安を解消してくれるので安心できます。

相手からの反応がないと会話に集中でないため、うまく会話が成立しません。相手がこちらの目を見ずに話を聞いているのか聞いていないのかよくわからない時にもそのような不安を人は覚え不快になるでしょう。

ですから会話術に必要なのはリアクションであり、人に好かれ好印象を抱くことにつながる最も良い会話術だといえるでしょう。

話しすぎない

話しすぎてしまう人といると、人はとても疲れる傾向にあります。相手の話を聞く事の方が気づく事が増えて自分にとってのスキルになる事がありますが、人はリラックスして相手と自然な会話をすることで癒されます。

まら、話しすぎる人は自分の話をすることには慣れていても、相手の話を聞く事に慣れてはいない傾向にあるため、自分の話だけで会話が終わってしまう事が多いです。

ですから話しすぎてしまったと感じた時には、相手へ意見を求めたりし、相手から話を引き出すなどの配慮が必要でしょう。自分の話だけを聞いて相手の話は聞けない人といると不満がいつかは爆発する可能性があります。

そのように相手から話す事が負担だと思われたくないのであれば、相手の話を聞くようにしましょう。そうするだけで、相手から好かれる会話術を身につけられます。

相槌をうち質問しよう

相手に関心がある人は人に質問をするので、その質問が的を得た質問であれば、相手は楽しく質問に答える事ができ会話がスムーズになります。そのため質問が上手な人といると、あっという間に時間が過ぎるので、話していても楽しい相手だ感じ好印象を抱きます。

とはいえ、無気力になっていて人に興味がわかない時に質問が浮かばないという事はありがちな事です。その逆に質問に答えるのが面倒くさく感じるでしょう。

そのように相手に興味がわかない時には、質問するのは相手の本質を探るためだと認識し、聞く努力ととらえてみましょう。または相手の話した事を復唱して相槌に変えるとスムーズに会話ができます。

質問攻めは聞き返す

質問ばかりをされたら、逆に聞き返して相手に話をさせてしまいましょう。また「難しい」「何て言えばいいのだろう」と答えを濁すのも良いでしょう。質問されるのが嫌だと表面にだしてしまいますと、相手の質問が不愉快だと誤解されてしまう事になりかねません。

相手に嫌悪感を感じていない事を伝えるためにも現在の正直な感想を述べるだけでも相手からの好印象に繋がります。

人に嫌われる悪い会話術とは

人に最も嫌われる会話術の中には、表面上は良い会話術を参考にしているという事もあります。そんな人に嫌われる会話術とはどのような態度をいうのでしょうか。人に嫌われる会話術の主なタイプをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

タブーは?

相手と共に楽しめるような会話術を覚えるためには、会話する上でのマナーやタブーを知っておく必要があります。会話術でのタブーは、しらっとした態度で相手の話を聞く事や、相手の目を見ずに会話をするなどが主な会話するうえでの相手を嫌な気持ちにさせることです。

他にも、片方が一方的に話しすぎる、片方が質問ばかりをしている、相手の話を聞いてすぐに批判する、相手の話を聞いて馬鹿にする、勝ち誇る、見下すなどの行為です。

そのような態度は確実に相手から嫌われてしまうでしょう。または、相手が「自分は嫌われている」と認識し、相手から話す気力を奪ってしまいます。

上から目線での会話

人に嫌われる会話術を無意識にしている事が多いのが、自分が上の立場であると認識している時です。つまり、人の嘘を暴く事が仕事であったりと、その会話術が人の悪意を探る事が目的になっていたり、相手を試すためにわざとそのような態度をとる立場に置かれている場合があるでしょう。

仕事が覆面パトロールのような仕事だったり、接客業などの面接では、わざと悪い接客を見せることで面接相手の能力を知ろうとする事もないとも言えません。

しかし例え目的が状況を良くするためであっても、人の悪い面ばかり引き出そうとする行為は自分の会話術が悪い方向へ傾き癖が付く可能性があるので、お互いのためにも良い面を引き出すような会話術も同時に行う事がおすすめです。

悪い面を暴こうとする会話術

そのように人を試したり人の嘘を暴くことだけに集中するような会話術をみにつけてしまいますと、人に嫌われる会話術が癖になってしまう事も考えられます。

つまリ良い会話術は心の中も相手に対しての見方も優しくてポジティブだという事です。人は、表面上は良い会話術を意識して話していて、内心は相手に対してそのようにネガティブな事を考えながら話していると、相手から見透かさて嫌われてしまいます。

片方がそのような会話術を持っていると、相手のネガティブな悪い面が引き出され話す気力を無くす事も多くなるでしょう。ですので悪い会話術を習得した人が上の立場であったり、身内や目上にいれば、人を育てずにつぶすようなタイプという事になります。

周囲の人へもその思考は連鎖し、毎日会話をする身近な人がやる気をそがれてネガティブな思考に陥っていきます。

目上への生意気な態度

そのように相手から上から押さえつけられたり、悪い面を探るような会話をされた場合には、自分がその目上の人に対して、生意気であったり、馬鹿にしているというような気持ちが見透かされている場合があるという事も知っておきましょう。

相手のそのような上から目線での会話術に悩んでおられるときは、相手に対して尊敬の気持ちを育てる事がポイントになります。目上の相手を尊敬し、尊重するような心でいれば相手の態度も温かなものに変わる事が多いです。

納得がいかない時には、自分が同じような態度を年下からされたらどう思うかを想像してみる事をおすすめします。案外相手を可愛くないと感じるのではないでしょうか。相手に問題がある事も多いですが、自分自身を内省する事も人に好かれる会話術身につけるチャンスだといえます。

心の中のマイナスの会話術が負の連鎖を招く

相手から自分に対しての態度の悪い内面を感じた時に、人は、もうこの人とは二度と話したくはないと思っているのですが、仕事上の付き合いである場合は仕方なく応じているという事も多いことでしょう。そのため会社全体が不穏な空気に覆われてしまいます。

オーバーリアクションする場合にも、内心ではそのような態度でいては目の表情となり、それが見透かされる事につながりますので、相手の話を聞く上時には相手への敬意を払うように心がけましょう。良い気持ちが連鎖すれば居心地もよくなるからです。

会話術に関するおすすめの本

これを習得すればハッピーになれるような、会話術に関するおすすめの本をご紹介します。ここまで「会話術」についてをお伝えしましたが、こちらではその逆の、「相手の話の聞き方」についてご紹介します。ぜひご覧ください。

人生が変わる会話術

相手を変えることはすぐにはできませんが、自分の相手の話の聞き方を変えることで、相手に良い気持ちを抱けることにより、相手も次第に自分の望むような会話を心がける人になる事が期待できるのではないでしょうか。

こちらの本は、会話する事が楽しくなると好評のおすすめな一冊です。ぜひ読んでみてください。

Blockquote firstBlockquote second

現在外国に住んでいて、基本その国の言葉で生活する私には、会話術として売られている本は使えないものが多かった中、この本の中身は外国語だろうと、日本語だろうと問題なく使える技術でした。
読んでる途中で15年連れ添った夫との会話の中で早速実践してみたら、新しい情報をいくつも貰うことが出来ました。そして、そんな会話に満足したのか、疲れているはずなのに子供に荷物を届けに行くというお願い事もサクッときいて貰えました。お願い事云々は本の内容とは全く関係ありませんが、私にとっては一石二鳥でした。
ちゃんと実践していけは、誰とでも会話が成りたちそうだし、タイトル通り本当に人生が変わるかもしれません。
少なくとも、今後はちょっと億劫になりがちだった人に会うのも楽しみになりそうです。

恋愛で使える会話術の本とメッセージ

男性は理屈で動き女性は感情で動くとは良く聞きます。そのことで、「いい方が気に入らない」カップルは多いのではないでしょうか。こちらでは、男性とは、女性とはこういうものであるという認識したうえでの会話術の本をご紹介します。

男と女のもっとわかりあえる会話術

男性と女性の違いを分かった上でうまく会話したいという方におすすめの一冊です。相手を少しでも理解できたら、解釈も違ってくるので、会話もスムーズにいくようになるでしょう。ぜひ読んでみてください。

Blockquote firstBlockquote second

本書の読み進めていくうちに頭の中は表題の言葉が次々と降り注いできました。
知っているようで知らなかった、知っているのに使っていなかった、思わず納得の会話術が満載。
目次を見て気になったところから読んでもすごくわかりやすい。
そのまま次のページへ進んでしまい何度も読み返してしまう面白さ。
読み終えた後はすぐ実践に移したい衝動に駆られました(笑)

街コン

合コンなどではたくさん話して場を盛り上げる人が必要になることでしょう。だからと言って無理をして自分の性格を隠してまで人に合わせて場を楽しませないようにしましょう。

自分に自信がない時は、無理のない程度に近い理想の自分を演じるのも良いです。実際のそのような努力をすることで人は変わってゆくからです。また、相手といきなり深い話をするのは避けて、けれども意見を聞かれたら簡潔に自分の内面を話し手明らかにする方が相手に好印象を抱かれやすいです。

人は相手を気に入っても、何を考えているのか分からず、こちらに興味があるのかないのかすらわからないような相手に、好意を示す事が少し怖くなるでしょう。ですので自分の好みや自分の思考のパターンをアピールすると、好意を伝えられやすくなります。

モテる

相手に関心を示している事を表現する方が、最も効果的なモテる方法です。笑顔を多めにして安心感を持たせるのもポイントです。緊張して笑えない時は正直に胸の内を話す方が誤解をされません。そのような性格が好みの相手は、笑顔を見たいとあなたの笑顔を想像することでしょう。

また、初対面ならある程度の距離を置き、相手に近すぎない方がかえって相手から親近感を持たれるでしょう。自分の話を良く聞いてくれる相手に人は心を許し相手に好印象を与えるのだといわれています。

男性も女性も自分を否定するイメージがある人よりは、相手に共感する優しく心の広いイメージを与えた方が受け入れられやすいでしょう。相手の話を会うたびに効く姿勢を見せ、自分の意見などは控えめに話すのが良いでしょう。

初対面での会話術

初対面での会話術に必要な事は、相手と話をするときに相手に興味がある事を伝えるようにすることです。相手とは初対面ですから、相手はあなたの事をどのような人なのか警戒心をいだいているか好奇心を刺激されているかのどちらの可能性があります。

そのため第一印象が悪ければ、相手とは仲良くなる必要がないとお互いに判断します。これからたびたび会い、相手と会話をするようなことがあるような場面になっても、相手の印象がつかめなければお互いに距離を置き、いつまでも腹の探り合いという事にもなりかねません。

ですから相手と話す時には相手に興味がある事を会話や態度で表すようにするのが得策です。少々オーバーなリアクションをしめし相手にこちらの感情を分かりやすくすると、相手の心を開きやすくします。相手の目をしっかりと見て関心がある事を伝え、相手の話にこまめに相槌を打ち、話に共感している事を表現する事が必要になります。

相手に共感し質問をする

相手に興味がある事を示すためにも、相手の話に共感しながら質問をするというような会話術を心がけましょう。相手の気持ちに共感している事を伝えるためにも、相手の話に相槌を適度にすることが大切です。

しかし初対面の相手の話を遮り、いきなり自分の持論を述べて相手を励ましたりしてしまうことなどは、対等に話せないと相手が判断し、相手に何か話せば自分の考えをすぐに否定されると感じてしまうでしょう。しかし、その逆に自分の話に親身になってくれていると感じて喜ぶ人もいないとは言えません。

そのように相手の考えは否定的にとらえずに共感しながら会話をしていく事が良い関係が築けるため望ましですが、相手の話に共感するような相槌を打つ様な事が相手への共感と捉えられるので良いでしょう。相手が安心してその話題を続けられるように意識する事がポイントです。

質問は緊張がぬけてから

初対面の相手と挨拶をかわした後に、にこやかな雰囲気で相手に興味がある事を示す質問は相手に好印象を抱かせる会話術です。しかし、その後の相手が話しだしてすぐに自分の質問を繰り返すのはあまり良い方法ではありません。

相手の話に最初から質問を繰り返すと、相手の緊張がいつまでも続きリラックスできずに話をする気がうせてしまう事も考えられます。話の冒頭から質問を繰り返さずに、相手への質問は先にも述べたように相槌を打つだけにとどめておきましょう。

質問をするのは、相手の話が行き詰まっていると感じてからにしましょう。初対面の相手が話し始めてからすぐに質問を繰り返すと、相手は自分のペースで話す事ができずにますます緊張が高まってしまいます。

自分の話は相手が話し終わってから

自分の話をするのは、相手の話が終わってからと心得ている人は、良い会話術を持った人だといえるでしょう。その逆に、相手の話を遮って自分の話に持っていく人は話を聞かない人だと思われかねません。実際に、そのような人の話し方を参考にしたい、と思えず、会話術を教わろうとは誰も考えないのではないでしょうか。

相手の話が途切れたからといってすぐに自分の話に持っていくと、相手はあなたから尊重されていないように感じて、あなたに良い印象を抱かないこともあります。相手の心を開くためにも話の順番を守り相手を尊重するような態度をすることが相手に好かれるコツです。

仕事での会話術

仕事での会話術が最も必要に感じるのは上司との会話ではないでしょうか。仕事をしていればだれでも上司から注意を受ける事があるからです。その会話術が良ければミスをしないように注意すればいいだけなのですが、会話術がなければ「素直さが足りない」「仕事を真剣にとらえていない」と判断されて睨まれてしまう事もあるでしょう。

上司との会話術に必要な事は、相手の言い分をしっかり聞くという事が大切だと頭に入れておきましょう。上司に限らず、人はお互いに物の見方が違っている事がありますが、その事に気が付かないまま自分の物差しで相手をみるということがあります。立場が違えばその傾向が強まります。

捉え方の違いにより例え仕事の問題であっても、信頼関係の問題にまで発展し、上司との関係にひびが入り、仕事の問題であったはずが会社での人間関係に悪影響を及ぼす原因にまで発展してしまうことがあるからです。

上司の話を最後までしっかり聞く

そのようなトラブルに発展させないために気をつけたいのは、やはり、まずは相手の言い分をしっかりと聞いて理解する事が必要だという事になります。またそうした聞く姿勢をしっかりと持つ事が、相手の怒りを逆なでしないという事につながっていきます。

上司が他人のミスをあなたのミスだと勘違いしているような時もあるでしょう。そのような時には、話はしっかりと聞いた事を相手に示した後に自分の意見を最後に言う方がいいのではないでしょうか。上司は連帯責任を説いている場合もあるからです。

上司が話し始めてすぐに自分のミスではない事がわかったのなら、すぐに内容を明らかにするための質問を投げかけるのも良いでしょう。他人のミスをかばうようなことは後々にお互いのためにならないからです。またいつまでも腑に落ちず仕事への意欲を無くさないためにも意思表示は必要な事です。

クレーム対応

仕事での会話では「相手の話をしっかり聞く姿勢」をみせ、「相手の考えている事を理解する」事に重点をおいて話をきくようにしましょう。そうすれば相手の物事の捉え方をしっかり把握する事ができるようになるでしょう。

クレーム対応の時にも同じようにお客様の話をしっかり聞くようにしましょう。その時に大切なのは、上司との対応のときと同じように、「相手の捉え方の違いを把握するまでしっかり話を聞き相手を理解する事」です。

お客様の話す事を聞いたつもりになって「言い訳をしない」事も重要です。こちらの言い分をお客様に理解してもらいたいときにはお客様の話を聞き終えてから、最終的な対策を打ち出す話の中に言い分を織り込むのがポイントです。

クレーム対応の悪い例

お客様の疑問などに答える姿勢も持たずに、言い訳をしてすぐに次の会話へ持っていこうとすると、お客様はさらに機嫌を損ねてしまうでしょう。このようにお客様の気持ちを受け止めたつもりになっては、お客様の気持ちもおさまりませんし、これではお客様の気持ちを逆なでしてしまう事もあるでしょう。

クレーム対応の良い例

クレーム対応での良い例は、お客様の残念な気持ちや怒りを全て受け止めるという事です。そのようにお客様の気持ちを全て受け止めるように心がければ、お客様も苦情を話すことで怒りの気持ちがしだいに収まってきます。

ですから何を言われても低姿勢でお客様の苦情を受け止めるようにしましょう。そうすると次のような「建設的な言い訳」を会話の中に織り込む事もできるでしょう。

聞き手:「ハイ、もちろんでございます。大変ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ございません。当社も十分に商品の点検、検査をし商品を発送しておりますが、このような事になってしまいお詫びの申し上げようがありません。

大変ご迷惑をおかけしますが、担当から改めてご連絡を差し上げますので、申し訳ありませんが、しばらくお待ちいただけますでしょうか。」

良い例の会話

話し手:「昨日届いたマッサージチェアーが壊れていたんですけど」

聞き手:「それは大変申し訳ございません。」

話し手:「買ったばかりで壊れているってどういう事ですか。誕生日のプレゼントに購入したのに残念ですよ。」

聞き手:「大変ご迷惑をおかけしております。本当に申し訳ありません。」

話し手:「まあ、こっちもね、もうちょっと早めに買ってれば誕生日に間に合ったのだろうけど、これじゃあただの残念会になってしまった」

聞き手:「それは本当に申し訳ないです」

話し手:「返品でもいいけど、交換できるかね」

聞き手:「ハイ、もちろんでございます。大変ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ございません。このような事になってしまいお詫びの申し上げようがありません。大変ご迷惑をおかけしますが、担当から改めてご連絡を差し上げますので、申し訳ありませんが、しばらくお待ちいただけますでしょうか。」

友達に使える会話術

友達とは時に励ましあうように、愚痴をこぼしあう事も多いのではないでしょうか。そのような時には何を話してよいのかと悩みますが、ただ友達の愚痴をしっかり聞く姿勢を見せるだけでもよいでしょう。

相手を励まそうと、時々自分の経験を織り交ぜたアドバイスをすることも必要だと感じる人は多いのではないでしょうか。しかし、そうすると気持ちを発散できなかった相手がいつまでも悩み続けて気持ちのはけ口を求めて何度も愚痴を言ってくる可能性があります。

お互いに愚痴を言ってスッキリする事はありますが、毎回そのような愚痴を言う場合には相手はあなたにたいして心の中で無意識に、「話を受け止めてほしい」「気持ちをきちんと理解してほしい」という気持ちが隠されていいる事も考えられます。

ですから相手の話にアドバイスする事に重点を置くのをやめて相手の気持ちを思いやる事で愚痴もやみ、友情も深まる会話術になるでしょう。

人から好かれて楽しく過ごそう!

「人に好かれる・恋愛・初対面・仕事での会話術・おすすめの本」を今回はご紹介しました。いかがでしたか。人に好かれるのは相手の性格にもよる場合もありますが、往々にして人は、自分が話をしたら相手には「話をしっかり聞いて理解してほしい」と思っているという事です。

人に好かれる会話術を活かして、相手の気持ちをスッキリさせ、自分の事も受け入れられるような人から愛される可愛げのある人を目指しましょう。