Search

検索したいワードを入力してください

自分の気持ちがわからない時に考えるべきこと|恋愛

Author nopic icongome
自分磨き / 2018年05月11日
自分の気持ちがわからない時に考えるべきこと|恋愛

恋愛で自分の気持ちがわからないときとは?

自分の気持ちを100パーセント理解できる人はそれほど多くはないでしょう。自分の気持ちをわかることができるのは常に自分を客観的に見ていると言えます。

ほとんどの人は自分の気持ちがわからないことで悩むことが多いです。常に悩み自分と向き合うことで一つ一ついろいろなことを解決してきたはずです。

人が人生で最も悩むことが多いのが恋愛でしょう。恋愛は相手がいていつも探り合っています。自分の気持ちがわからないのに相手の気持ちも考える必要がある恋愛はときには辛くさせます。

恋愛でうまくいくためにはまず自分の気持ちをしっかり理解しておくことが大切です。そのためにはどうするべきでしょうか。それは自分の中で解決するだけではなく相手と話し合うことが一番の方法でしょう。

彼氏に対する気持ちがわからないとき

彼氏に対する自分の気持ちがわからない時はどうすべきでしょうか。彼氏に抱くとして一番に挙げられるのは浮気でしょう。

やはり職場や趣味の場で彼氏が他の人と仲良くなってしまうのではないか、浮気するのではないかなど、いろいろ疑いを持ってしまうことでしょう。彼氏に対して信じきれないことがあります。

彼氏を信じきれない人は束縛したり常に監視したりしてしまいますがまずはそれをやめてみましょう。彼氏側からするとあらぬ疑いを掛けられより距離を取りたくなってしまいます。

彼氏を信じられないのは自分の気持ちがわからないために自分も疑われていると思うからです。愛情があるから彼氏を束縛するのではなく彼氏に依存しているのであるということに気づきましょう。

彼女に対する気持ちがわからないとき

彼女に対する自分の気持ちがわからない時はどのような場合でしょうか。女性というのはどんな人も魔性性があります。そのため女性を理解することは大変難しいです。

女性はどこか素直ではないところあるため、表面的に言っていることと心で思うことは違うことはよくあることです。彼女には翻弄されることが多々あるでしょう。

女性はどこかつかず離れずという状態を望んでいます。非常に束縛されることをどこか望んでいながら相手に束縛されることを嫌ったり気持ちを理解して欲しいため相手を試すということがよくあります。

もうそれだけでどのようにすべきか分からなくなってしまいますが、彼女に対する気持ちがわからないときは見守るということが一番大切です。そして必要とされるタイミングをよく理解しましょう。

好きなのかどうかわからないときに考えるべきこと

自分が彼氏や彼女が好きであるのかどうなのか自分の気持ちがわからないでいるときは、まず一度は距離を取ることです。離れてみることで見えてくるものが必ずあります。

もし同棲をしているのであれば一緒にいることはお勧めできません。同棲解消とまではいきませんが数日でも一緒にいることをやめてみましょう。

好きなのかどうかわからないのに付き合っていくことはのちのち情だけで付き合っていく可能性があります。そうなると逆に離れることができなくなります。

もちろん情だけでもずっと一緒にいることはできます。しかしそれが負の連鎖となることがあります。それはお互いに違う人を好きになったり、恋愛感情もないのに惰性でいることが普通になり、違う道を進もうにもできなくなります。

元カレや元カノに未練があるのかわからないとき

よく過去の恋愛を引きずる人がいます。別れたのに元カレや元カノを忘れることができずずっと過去に縛られるのはずいぶんと損な生き方と言えるでしょう。

ですがもうすでに過去の恋愛を忘れているのに自ら過去を引きずっている人もいます。それを未練があると自分で位置づけ、過去を取り戻したいとどこか願っています。

そのような人は自分の気持ちがわからないため迷走していると言えるでしょう。自分の中で区切りが見つからないためずっと引きずり続けています。

もし自分の中で過去の恋愛に未練があると思うときは相手が今どうしているのか見てみると良いでしょう。それができないときは周囲に聞いてみたりしてください。

現在の自分より相手は遥か先を進んでいる可能性もありますし、既に違う誰かと恋愛をしていることもあります。自分は立ち止まってしまっているということを理解することが大切でです。

自分の気持ちがわからないときのおすすめ診断とは?

自分の気持ちがわからない人というのは自分の性格や方向性を分かっていない傾向にあります。つまり自分がどういう人間なのか、何を考えているのか深いところに答えがあることがあります。

自分の気持ちがわからないときはまずは自分を知ることにつきます。たとえ周囲の人に聞いてみても自分の深層心理は見えてこないでしょう。そして周囲はいいことしか言ってきません。

人にはいろいろな側面があり自分でさえもそれに気付かず生活しています。まずは自分がどのような人間であるのか診断してみてください。面白い診断テストがありましたので参考にしてみてください。

結婚に関して自分の気持ちがわからないときとは?

結婚は人生の中でも大きなイベントですし人生のある意味節目です。今の時代は籍を入れない事実婚などいろいろな結婚のカタチがあります。

ですが誰かと人生を添い遂げると考えたとき、人はこれで良いのか、自分にはもっと違う相手や違う人生があるのではないだろうかと立ち止まって見てしまうことがります。

マリッジブルーという言葉があるように結婚に対してメンタルが追い付かない場合があります。それだけ結婚は人の人生を左右することです。

もし結婚するときに自分の気持ちがわからない状態になってしまったら、とことん相手と話し合うべきです。一人であれこれ考えていても結論は出ません。自分が何に悩んでいるのか改めて払拭できるようにするのが大切です。

ですが周囲に惑わされることは無駄なことです。周囲の言葉は自分の人生を惑わすことがあっても将来を決めてくれることではないからです。あくまでも自分で考える、それが結婚です。

離婚するべきか自分の気持ちがわからないとき

結婚よりも労力を必要とされているのが離婚だという人がいます。結婚生活を見直したときにお互い別々になったほうがお互いのためであるのか、それとも未来はもっとお互いが尊重できるようになれるのか葛藤することがあるでしょう。

残念ながらこの世は自分の運命を計り知ることはできません。常に自分の選択が運命なのだと生きています。しかし自分の寿命が分からないように将来の想像はできても知ることは無理なことです。

一度は運命の人だと思い結婚をした相手であってもその生活にはいろいろなことが起こります。そして一番の離婚で悩む原因が情です。情はいつも自分の気持ちを邪魔します。

相手に情があるがゆえに離婚を言い出せず、そして踏み出せずにいます。ですが情は自分のためにならないことを知りましょう。自分の将来は自分が決めることです。自分の気持ちがわからないときはまずは進むために情を捨ててください。

自分の気持ちがわからない人の特徴とは?

自分の気持ちがわからないと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。自分の気持ちがわからないためいろいろと模索して生きていることでしょう。

人にはそれぞれ個性があります。そんな中には自分の気持ちがわからないことすらも気付かない人もいます。そういう人の特徴は周囲の人にすぐ合せたり自己主張をまったくしないこともあります。

そのような人はある意味、天然ちゃんのように扱われ嫌われることはありませんが自分の意見はさほど持っていないため利用される傾向にあります。要は流されて生きている、と言っていいでしょう。

周囲がそれを理解していてくれている分には良いですが、そこに付け込んで悪意を持った人間が近寄ってくることもありますので気を付けましょう。

自分がどんな人間か考えたことがない

自分がどんな人間であるのか、周囲にどのような人間だと思われているのか考えたことがあるでしょうか。人は何かに突き当たったとき、自分自身を見直すことがたびたびあることでしょう。

ですが自分の気持ちがわからない、また自分の気持ちを考えたことが無い、そのような人にとって自分がどんな人間なのか考える機会がなかなかありません。自分の気持ちがわからないという人は生きることに身をゆだねていると言った方が合っているでしょう。

そういう人の中には既にレールが敷かれている人もいます。例えば家柄であったり人生の選択肢がないなど考える必要がないためさほど自分の人間性を考えるタイミングが無いということです。

ダラダラと生きている

この世の中は個性のある人同士が共存しています。したがって当然いろいろな考え方がありますし、自分で選択する以上は誰に文句を言われる必要ももちろんありません。

しかし、ダラダラと生きている人もめずらしくありません。中には周囲が驚くほど世間知らずで公共の手続きの仕方を知らなかったり、常識や教養にとらわれず日々生活している人などがいることでしょう。

そのような人は周囲に助けてくれる人が常に存在しています。親であったり友人であったり、誰かを頼ることが得意で自分で学ぶことがありません。良く言えば人たらし的な要素の人間性があります。

ダラダラと生きているのは自分の気持ちがわからないと言うよりも考えることを停止させているようにも見えてしまいます。しかし自立して生きることは人として必要なことです。

自分を見つめ直すこととは?

自分の気持ちがわからない人はまず自分自身を見つめ直してみましょう。自分の過去や人生を振り返ってみることも大切な時間です。

自分の気持ちがわからないのはいろいろな考えが交錯し自分自身で整理できずにいます。まずは混乱している頭の中を一つずつ整理してみることから始めてみてください。

それには時間が必要になることもあり得ます。あまり時間を急がず自分のペースで考える時間を作ってみましょう。そこから見えてくることも必ずあります。

自分の家族を見てみる

もし自分の気持ちがわからないときは自分の家族を見てみることをお勧めします。自分の家族は性格や価値観が似ていることもあります。客観的に自分を見ているような気分になるでしょう。

家族は身近にいる分、嫌な部分も見えてきます。家族だからこそ嫌な部分を指摘することができます。家族の嫌な部分、そして家族も自分の嫌な部分を指摘してくれることもあります。

もちろん家族の中には言い合えない家族もいるのは当然です。それも自分を知ることができます。家族が閉鎖的であれば自分も閉鎖的である可能性があります。育つ環境は性格に反映することもあるからです。

自分の気持ちがわからないことがあったら、ぜひ自分の家族を思い出してみてください。

子供のころの写真を見てみる

家族を思い返すと同時に自分の子供のころの写真を見てみるのもよいでしょう。子供の頃こそ無邪気に怖いものなく一生懸命だったはずです。

自分の気持ちがわからないのは子供であるがゆえであり、それが大人になるにつれていろいろな感情が現れ迷うことが出てきます。子供のときは意外と平気で残酷なことができたり馬鹿正直に自分のことをさらけ出すことができたでしょう。

自分のルーツを顧みることで自分がそのときに何を考えていたか想像するだけでも自分の気持ちがわかるきっかけができることがあります。

自分のコンプレックスと向き合うこととは?

自分にコンプレックスがある人は少なくはないでしょう。顔であったり性格であったり、それ以外にも自分にしかわからない部分でコンプレックスがある人は意外と多いです。

他人にはそれが長所やチャーミングな部分だと思う部分でも本人はそうではないと思う人はいるのではないでしょうか。そのコンプレックスと向き合うことも自分の気持ちがわからないときにつながっていることがあります。

まさに自分が嫌いであったり自分を受け入れられないと思う人は当然自分の気持ちがわからないでしょう。自分を受け入れられないのは自分を認めていないからです。

自分はこんなんじゃなかった、もっと良い人生を送れないのはなぜか、とネガティブに考えていても解決はできません。自分そのものを受け入れることも大切なことです。

自分の長所と短所を考えてみる

自分が大好きという人は意外と多く存在します。そういう人を見ていると非常に前向きで悪い部分も自分であると理解をしているように見えます。

自分の気持ちがわからない、自分が理解できないと悩んでいるときは自分の長所と短所を考えてみましょう。そういう人は長所と短所の両方を考えたとき、短所をたくさん思いつくのに長所がなかなか出てこないのではないでしょうか。

長所が思いつかないのは良い部分が見えずいつも消極的に行動してるからです。堂々とできずにいつもどこかビクビクしながら誰かと話をしたり相手に合わせてしまったりしています。

そうすると次第に誰かと合せていれば自分は傷つくことはない、と感情をブロックしてしまいます。人に合わせていてもその場は凌ぐことはできても自分のためにはならないことに気付きましょう。

自分の気持ちがわからないときに読むべき本とは?

人が自分の気持ちがわからないときは何かの教えを乞うためにいろいろなことをします。誰かに相談したり、インターネットで同じ気持ちの人を探したりします。

そしてその教えを乞うために本から、という人は少ないでしょう。本から学ぶことはたくさんありますし、今知りたい以上のことを知ることもできます。

そんなときに読みたい本をご紹介します。

好きなことだけして生きていく。心屋仁之助著

自分の気持ちがわからないとき、人はいろいろなことを手探りではありますが模索して生きています。また人間はそれができる生き物です。

人は何かの呪縛に取りつかれたかのように、日々やらなくても良いことをやらねばならないとして自己暗示をかけて生きているともいえます。

そうしたことをしなくてもいいのだ、と知らしめてくれるのが心屋仁之助さんの本です。テレビなどメディアでも有名な心理カウンセラーの方の言葉は重く、そしてなぜ自分は気付かなかったのか、すべてを解決してくれる本です。ぜひ参考にしてみてください。

Blockquote firstBlockquote second

私はサラリーマン歴7年ですが、今の現状を変えたいけれども何をしたらいいか分かりませんでした。この本を購読し、生き方への考え方が180度変わりました。起業家や投資家の人たちは当たり前の考え方みたいですが、私のような多くのサラリーマンは中々日々の労働に精一杯でこの本に書かれているようなことは思いつかないと思います。心屋さんの生き方をぜひ世のサラリーマンはこの本で知っておくべきと思います。

自分の将来像が見えないこととは?

人は今を生きることに必死過ぎて自分の将来像をみることが難しいことでしょう。しかしむしろ将来像は想像したくないという人もいるでしょう。今の自分が整っていないため将来が見えてこないこともあります。

例えば今の仕事や収入、貯蓄、恋愛、結婚といった生きていくなかで必ず通過しなければならないことがあります。まずは生きる地盤が必要なのは当然です。

人には考えねばならないことが多すぎて自分の気持ちがわからない状態になっている人は少なくはないでしょう。生きるためには仕事は大切ですし、それに見あった収入は当然です。そんな中一番大切なのは貯蓄です。

将来像が見えてこないのは自分がリタイアしたときに生活していけるのか不安になることです。ワーキングプアなる社会問題もあり、そうした中で自分を見失う人が増えています。

自分がわからないのは永遠のテーマであることとは?

考えれば考えるほど自分の気持ちがわからないと思う人は多いでしょう。考えるべきことが多すぎてひとつ解決したとしても新たに考えることが出てきます。

まるで自分の気持ちがわからないのは永遠に繰り返されることなのか、と思われるくらい深く悩むことがある人もいることでしょう。

ですが世の中は自分ひとりで生きているわけではありません。自分と同じように自分の気持ちがわからず迷走している人がいることに気付きましょう。

悩むことは大切なことです。悩み考えることは前向きに進んでいる証拠です。自分の気持ちがわからないからこそ考えることができますし、自分が進歩していることを感じてください。

関連記事

Related