Search

検索したいワードを入力してください

裁判官の平均年収と手取りやボーナス|30歳/40歳

Author nopic iconそらあおぐ
転職 / 2018年08月22日
1404718f 427a 41e0 98bd 0c991502ba6f

裁判官の仕事

トピック1053388/要素5040544

日常生活を送っていて、裁判所でドラマのような裁判を経験するようなことはあまりありません。しかし、ニュースなどでは裁判が行われているということをよく耳にはします。

裁判は日常生活でよく聞きはするものの、触れることがないため、どのような流れで、どのような人たちが関わるのかあまり知らないという人は多いです。しかし、裁判と聞いて、被害者と加害者、弁護士と検察が関わることはわかります。また、裁判の判決を下す重要な役割をする裁判官がいるということもわかります。

ですが、被害者と加害者、弁護士と検察はどのような人かは何となくわかりますが、裁判官に関しては判決を下す人ということしかわからないという人は多いです。

裁判官が裁判ですること

上記で述べた通り、裁判官は裁判で判決下す人です。裁判官の判断によって、人の人生が大きく変わってしまうことも多いので、非常に責任の重い仕事です。

裁判官は裁判判決を出すために、被害者や加害者、弁護士、検察官、証人などの話しを聞いたり、証拠を確認したりします。また、裁判官が仕事をしているのは裁判のときだけでなく、事前に提出されている資料を確認しています。慎重な判断を要求されるため、資料は時間をかけて細かい部分まで確認しています。

また、裁判の内容によって、法律以外の知識も多く必要となるため、多くの知識を必要とされます。

その他の仕事

トピック1053388/要素5040548

裁判官の仕事は裁判に関することだけではありません。逮捕状や捜索差押令状などの発布も裁判官の仕事になります。これらは、捜査機関が人権侵害するような過剰な捜査をしないために行われます。

民事裁判と刑事裁判

裁判は大きく分けると、民事裁判と刑事裁判があります。民事裁判は社会生活内のトラブルである、お金の貸借りや給料、人身損害に対する損害賠償、雇用などに関する内容が扱われます。刑事裁判は犯罪を犯した人を検察が起訴することで行われます。

民事裁判での裁判官

民事裁判では社会のトラブルを取り扱います。そのため、民事裁判での裁判官は双方の意見や、その意見の根拠となる証拠や証言から、法律を適用して判決を出します。判決の内容には賠償の支払いを命じることもあれば、和解や調停などで解決を図る場合もあります。

刑事裁判での裁判官

刑事裁判の場合は起訴するのは検察です。検察は被告が犯罪を犯したという証拠などを提出して、求刑を求めます。裁判官はまず、被告が本当に犯罪を犯したかどうかを、証拠や証言などから判断します。そして、最終的には被告の量刑を判断することになります。

裁判官の勤務時間

トピック1053388/要素5040551

裁判官は裁判で判決を出すことが仕事です。そのため、自分が担当している裁判が開かれるとき以外は、基本的に自由に執務を進めていて構いません。なので、一般企業のような出勤時間や退勤時間が決められているわけではありません。ただし、自分の担当している裁判に遅刻するようなことがあれば、懲戒処分の対象となります。

基本的に忙しい

上記で述べた通り、裁判官は裁判があるまでは、自分のペースで仕事を進めることができます。なので、裁判官が楽な仕事と勘違いしている人もいます。

先に述べた通り、裁判官は人生に大きく影響を与える判断をしないといけません。なので、担当している裁判の資料は非常に細かい部分まで確認します。また、1人の裁判官が多くの裁判を担当するため、常に裁判の資料に目を通したり、過去の判例などを確認したり、必要な知識を身につけたりなどしているため、基本的には毎日が忙しい状態となります。

裁判官の休日

トピック1053388/要素5040555

裁判官は担当する裁判が開かれていないときは、自分のペースで仕事を進められるため、自分で仕事を調節して休日を作ります。しかし、上記で述べた通り、裁判官は基本的には毎日忙しい状態が続きます。なので、なかなか休日を作ることは難しいことが多いです。

裁判所は土日が休みなので、裁判官は週末が休みやすいですが、仕事に追われている裁判官は多く、土日も仕事をしているという人が多いです。

裁判官の夜勤

先に述べた通り、裁判官の仕事は裁判だけではありません。逮捕状や捜索差押令状などの発布なども裁判官の仕事です。警察はこれらの令状がなければ身動きができないことがあります。また、深夜であろうと急ぎでこれらの令状が必要となることもよくあります。

なので、深夜に令状を発布するために、裁判官がいつでも動けるように自宅や裁判所などで待機することがあります。これを令状当番と言います。令状当番は夜勤の翌日に裁判とならないように配慮しながら裁判官たちで交代して行っていて、月に1回か2回ほどの頻度で回ってきます。

裁判官になるには

トピック1053388/要素5040559

裁判官は裁判で判決を出すという非常に重大な役割を担った仕事です。また、弁護士や検察と渡り合えるだけの法律の知識が必要となります。その裁判官になるためには、まずは司法試験を受けないといけません。しかし、司法試験を受験する前にも、司法試験を受験する資格を持たないといけません。

司法試験を受験できるようになるためには、法科大学院の課程を修めるか、司法試験の予備試験に合格する必要があります。また、司法試験は5年以内に3回までしか受験することができません。

司法試験合格後

司法試験に合格すれば、すぐに裁判官になれるわけではありません。まずは司法研究所で1年間の研修をしないといけません。研修が終われば、やっと裁判所の採用試験を受けることができます。

しかし、裁判所の採用試験の倍率は高いため、なかなか裁判員になることができずに、立ち止まってしまう人も多いです。

裁判官の平均年収

トピック1053388/要素5040562

先に述べた通り、裁判官は法律だけでなく、非常に多くの知識を必要をされます。また、人の人生に影響を与えるような大きな判断をする非常に責任の重い仕事でもあります。一般的に、高度な知識や技術が必要とされ、責任の重い仕事は年収が大きいです。そのため、裁判官の年収の大きいと考えられます。

手取り

裁判官は年齢や仕事をする裁判所などによって、年収が変わります。裁判官全体の平均年収としては、930万円前後と言われています。月収の平均は60万円ほどで、ボーナスもあります。なので、裁判官の仕事は重い責任に見合った高収入となります。

ボーナス

上記で述べた通り、裁判官にはボーナスがあります。裁判官のボーナスは年齢が上がると、金額も上がります。ボーナスの額は30代前半で180万円、30代後半で205万円、40代前半で230万円、40代後半で260万円ほどと言われています。

裁判所別の平均年収

トピック1053388/要素5040565

先に述べた通り、裁判官は仕事をする裁判所によっても年収の額が変わります。裁判所には簡易裁判所や高等裁判所、最高裁判所などがありますが、上位になるほど裁判官の年収の額は大きくなります。

簡易裁判所

訴訟の一審の管轄は地方裁判所と簡易裁判所に分かれます。これらは裁判での請求額によって分けられます。しかし、基本的には請求額が140万円を超える場合には地方裁判所、140万円以下の場合には簡易裁判所と分けられることが多いです。この簡易裁判所で仕事をする裁判官の初任給は23万円ほどと言われています。

最高裁判所

地方裁判所や高等裁判所などの判決が不服であれば、控訴、上告をします。その行き着く先は最高裁判所になります。なので、裁判所の中でも、さらに裁判官の責任が重大となります。なので、その責任に見合った年収が得られます。年齢などにもよりますが、最高裁判所の裁判官の年収は3000万円を超える場合もあると言われています。

年齢別の裁判官の年収

トピック1053388/要素5040570

先に述べた通り、裁判官の年収は年齢によっても変わります。裁判官の仕事は責任が重く、知識が必要なため、年収は高めで40代になれば年収が1000万円を超える人も出てきます。

30代

仕事をしている裁判所にもよりますが、30代前半の裁判官であれば、その年収は720万円ほどと言われています。また、30代後半になると826万円ほどにまで上がります。

40代

40代になってくると、裁判官も階級がかなり上がってきている人が多いです。そのため、年収が1000万円を超えてくる人もいます。40代前半の裁判官であれば年収は930万円ほどです。40代の後半になってくると年収は1040万円ほどになると言われています。

裁判官の年収に関する法律

トピック1053388/要素5040575

上記で述べた通り、裁判官は階級が上がると年収の上がります。これは「裁判官の報酬等に関する法律」によって定められています。また、階級以外にも簡易裁判所判事、判事補、判事などのいくつか区分にも分けられています。

裁判官の年収推移

トピック1053388/要素5040576

裁判官は非常に責任の重い仕事のため、年収も大きいです。20代の裁判官の年収でも530万円ほどあります。その後、40代後半になる頃には年収は1040万円ほどになると言われています。なので、20代から40代後半まで、順調に年収は増加していきます。50代になると年収の増え方は少し落ち着きますが、すでに十分な額の年収となっています。

裁判官と他職種の年収の違い・比較

トピック1053388/要素5040579

裁判官は裁判で判決を出すという非常に責任の重い仕事です。そのため、双方の話しを理解するために、非常に高度な知識を要求されます。

裁判を進めるためには法律の知識が必要になります。法律に関する職業の代表が弁護士や検察官です。これらの職業も大きな責任と、高度な知識を要求され、同じ裁判の場にいるため、よく年収を比較されます。

弁護士

弁護士は勤務や独立、独立であれば受ける仕事の量や内容によって、その収入は変わります。ですが、弁護士の平均年収は勤務であれば1000万円、独立であれば1400万円ほどと言われています。

なので、数字だけで見ると、最終的には裁判官の方が少し高くなることがあります。ただし、弁護士は優秀であるほど仕事が増えるので、裁判官よりも大きな年収を得ている人も多くいます。

検察官

検察官も裁判官と同様に法律によって年収が決まっています。検事総長年収では1800万円を超えます。しかし、検察官全体の平均年収は610万円ほどになっています。そのため、裁判官よりは年収は低いことになります。

裁判官は責任の重い仕事

トピック1053388/要素5040586

裁判官は年収が高いです。しかし、他人の人生に大きな影響を与える判断をしないといけません。また、裁判官になるまでにも大きなハードルがいくつもあります。なので、裁判官を目指すのであれば、それだけの覚悟を決めて行動を起こしましょう。

関連記事

Related