Search

検索したいワードを入力してください

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

Author nopic iconCOLOR
自分磨き / 2018年05月30日
写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

男性女性別の写真写りが悪い人によくある原因・理由

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

現在カメラを持ち運ぶ人が増え、プロでなくても高いカメラ技術を持っている人も増えてきています。またスマートフォンのカメラ画質も高く、手軽に写真を撮る機会も多くなってきています。そんな中、写真写りが悪いと感じている人も少なくないでしょう。

人によって顔にいろいろなコンプレックスを持っています。そのため写真映りを気にする際にはコンプレックスをうまく隠したり、ごまかすようにとるように努めます。しかしそれでも写真写りが悪いという悩みは尽きません。カメラ着技術の向上により写真写りの悩みは増えたと言っても良いのではないでしょうか。

一言で写真写りが悪いと言ってもいろいろなパターンがあります。それはコンプレックスによりいろいろあり、さらにはシチュエーションによっても細分化されます。写真写りの悪い状態を解消するためには、写真を撮る側がすべきことと写真を撮られる側がすべきことがあります。

美人・イケメン

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

中には周りの人たちに美人またはイケメンと言われる人であっても、写真写りが悪いという人もいるでしょう。普段接していると整っている分、写真写りが悪いのはもったいないと感じる人も少なくないでしょう。しかし普段整っている分、写真写りの悪さが際立ってしまうという可能性もあります。

男性

男性であれば写真写りが悪いのもある程度は頷けます。それは女性に比べて写真に写る回数が少ないためです。写真写りの悪さは回数を重ねることで解消できる可能性もあります。イケメンの男性であれば慣れることで、よりカッコ良さを引き出した写真を撮ることができる可能性もあります。

イケメンの人が写真写りが悪い原因の一つは、いわゆる「雰囲気イケメン」である可能性もあります。雰囲気イケメンとは顔やスタイルだけでなくその人が醸し出す雰囲気を含めたカッコ良さのことで、これはその場にいるからわかることであり写真では伝わらないことが多くあります。

このことを解消するためには、ポーズを工夫してみればよいでしょう。クールに見られたいのであれば斜に構えてみたり、面白く見られたいのであればおとけたポーズで写真に写ってみれば、写真写りが悪いのを解消できる可能性があります。

女性

美人であれば写真写りが悪いのはとてももったいないです。しかし美人は表情の作り方が上手なので写真を撮るときにも、自然な笑顔を作ることができます。また誰かと写真を撮ったり誰かに写真を撮られることも慣れているので、リラックスした表情やポーズにも慣れている人が多いです。

美人の人が写真写りが悪い原因の一つとして、ハードルが上がりすぎていることが挙げられます。本来のその人物を知っている人から見ると少し写真写りが悪いだけで、かなりの落差があるように感じてしまいます。美人であればあるほど写真写りの悪さは際立ってしまうと言っていいでしょう。

この場合写真写りの悪さは解消する必要がないとも言えます。周りの人はその人が本当は美人であることを知っているので問題ありません。美人の人が写真写りが悪くても「それでも美しい」となる可能性もあります。写真写りを気にしないのも美しいといえます。

ブス

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

自分のことをブスだと感じる人の中には、写真を撮られること自体嫌だという人もいるでしょう。その上写真写りも悪いとすれば、写真がトラウマになってしまうこともあるでしょう。しかしブスと感じる人でも理由を知ることで写真写りの悪さを解消できる可能性もあります。

男性

自分のことをブスと感じる男性は、それをごまかすことができません。それは女性のように化粧をするということが一般的ではないためです。そういった男性の写真写りが悪くなってしまう原因は、自分がカッコよく映る角度や方法を知らないからです。

例えば見下ろすか見上げるかだけで写真写りは変わってきます。写真写りが悪いときにする人は、まず自分の角度を見つけてみるのがいいでしょう。慣れるまではその角度を研究し、慣れてきたら他の角度も試すことで写真写りを気にせず写真を撮ることができます。

女性

自分をブスと感じる女性は、自分の良さを把握できていない可能性があります。可愛らしい顔なのに無理に綺麗系の化粧をしたり、自分に似合った服や髪型を見つけられていないのではないでしょうか。写真写りが悪いのはそういったことが原因である可能性があります。

これを解消するためには、鏡を使って自分自身を見つめ直してみるとよいでしょう。似合う化粧や髪型、可愛く見える角度やポーズを研究してみてはいかがでしょうか。可愛くないからと自分を見つめることを避けていては、いつまでたっても写真写りの悪さを解消することはできません。

奥二重

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

一般的に綺麗なぱっちり二重の方が美人、イケメンであると言われます。最近は塩顏男子と呼ばれる一重の人も人気が出てきていますが、今でも二重まぶたに憧れる人も多いでしょう。奥二重の人は特に自撮りをする機会に、写真写りの悪さに悩むことが多いことが多いです。

男性

奥二重の男性は写真写りが悪いと、腫れぼったい印象になってしまいます。特に上のアングルからの写真ではまぶたが目を隠してしまうので、一重のように見えてしまうこともあります。無理に目を大きくすると目を見開いたようになり、自然な表情とは程遠いでき上がりになってしまうでしょう。

奥二重の男性が写真写りをよくするためには、目線を外すというテクニックがあります。レンズを見てしまうとどうしても意識してしまい、不自然な表情になってしまいます。目線を外せば奥二重に注目されることは少なくなり、映る気満々でないので自然な表情を出すことも可能です。

女性

奥二重の女性は化粧などで奥二重を解消することもできます。しかしそれにも限界があり、特にアップで撮られた写真などではそれが目立ってしまいます。その結果写真写りが悪く、さらに頑張って奥二重を隠そうとしていたこともばれてしまうでしょう。

奥二重の女性が写真写りをよくするためには、あえて目を瞑るというテクニックがあります。「楽しい」「暑い」「嬉しい」感情はなんでも構いません。感情を顔で全力で表せば奥二重も気にならず写真写りも気にする必要がありません。目つきが悪い人などにもおすすめのテクニックです。

歯並びが悪い

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

歯並びが悪い人は写真で笑うことがとても苦手でしょう。笑ってしまうと歯並びの悪さが目立ってしまうし、笑わなければ仏頂面になってしまうし八方塞がりの状態になってしまいます。歯並びが悪い人は特にアップの写真の時に気にすることが多いです。

男性

歯並びが悪い男性はそれだけで悪い印象を与えてしまうこともあります。白く整った歯はイケメンの条件とも言われ、悪い歯並びを治す人もたくさんいます。特に笑ってしまうと悪い歯並びが目立ってしまいます。

歯並びが悪い男性が写真写りをよくする方法は、口元を隠すとよいでしょう。飲み会であれば飲み物、旅行であればお土産などを使って口元を隠すことをおすすめします。また裏技としてわざと変な形の口をして悪い歯並びを目立たなくする方法もあります。

女性

歯並びが悪い女性の中には写真に対し恐怖心を持っている人も多いでしょう。普段は黙っていればいいですが、写真では歯を見せて笑うことを強要される機会も多いです。歯並び以外の部分が整っている分、歯並びの悪さが目立ってしまうこともあります。

歯並びが悪い女性の対処法としては、ひとつは男性と同じようにものと隠すことが挙げられます。そしてもう一つ、唇を尖らせてキスをするような口をする方法があります。悪い歯並びを隠すことができ、さらに可愛らしい表情を作ることができます。

ほうれい線

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

加齢とともにどうしても気になってしまうのがほうれい線です。スマートフォンのアプリなどでは白く飛ばすことでほうれい線を隠すこともできますが、デジタルカメラや一眼カメラではそうもいきません。

男性

男性のほうれい線はダンディさを際立たせると言ってもいいでしょう。つまり写真写りを気にする際にほうれい線に気をつける必要はありません。

女性

女性であれば写真を撮る際にほうれん線が気になるという人も多いでしょう。口元を隠すという方法もありますが、やりすぎると不自然になってしまいます。疲れていたり体調が悪かったりするとほうれん線が出てくるのも気が滅入る原因になります。

対処法は、カメラを上からのアングルで撮るようにしましょう。こうすると顔が上を向きほうれん線が薄くなります。もともと斜め上からの写真は綺麗に写ると言われるのでぜひ試してみてください。

口元

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

出っ歯だったりヒゲが濃かったり唇が厚かったり、口元にコンプレックスを抱えている人は多いでしょう。男性であっても女性であっても写真写りを気にする上で、最も気をつけたい場所と言っても過言ではありません。

対処法としては、気にせず大きな表情で写るという方法があります。小さなコンプレックスを気にせず大きな表情を作ることで写真写りが気にならなくなります。コンプレックスを気にして隠してばかりだと、かえって目立ってしまう可能性もあります。

状況別の写真写りが悪い時の対処法

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

中には特定のシチュエーションの時のみ写真写りが悪くなってしまうという人もいるでしょう。緊張してしまったり影ができやすかったりすると、そのシチュエーションで写真を撮るのが嫌になってしまいます。

写真写りが悪い代表「免許証の写真」

免許証は写真写りが悪い写真の代名詞と言っていいでしょう。急かされる状況、疲れている体調、優れていない機材が相まって、写真写りが悪くなってしまいます。これを解消する方法としては、疲れを減らすことが挙げられます。免許証の写真は朝早く撮ることが多いので、寝不足で写真を撮るということがないようにしましょう。

写真写りが悪いとよく言われる人の特徴

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

写真写りが悪い人の特徴を一言で言うとすれば、「緊張している」です。緊張して表情がこわばることで写真写りが悪くなってしまいます。リラックスして表情を柔らかく、本当に楽しむつもりで写真を撮れば、納得のいく写真を撮ることができます。

悪い写真写りから卒業するために

写真写りが悪い人によくある原因と対処法|美人/ブス

写真写りの悪さから卒業するためにはリラックスが必要なのですが、そのためには「慣れ」が必要になります。写真写りが悪い人は嫌だという理由で写真を避けがちですが、避けるより積極的に挑戦することで慣れることができます。慣れることで自分が良く見える表情やポーズも身につけることができるようになります。

関連記事

Related