Search

検索したいワードを入力してください

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

Author nopic icon24773
性格・タイプ / 2018年06月04日
前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

物事を前倒しに考えるってどう言う事?

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

「前倒し」とは、近日や未来などに予定していたもの事を繰り上げて行動に移すことを指して言います。また、予算などの金銭面で、重要となる収入や支出が早期に計上されていることなどを意味します。

つまり、「物事を前倒しに考える」ということは簡単に言うと、先に予定していたやらなければいけないことになるべく早く着手し、完遂させてしまうことです。自分の今後の計画をうまく立てられる人、目標を実現するのが得意な人が良く持っている意識と言えるでしょう。

前倒しに考える事のメリットとは

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

物事を前倒しに考えることによって得られるメリットはたくさんあります。特に仕事の面においては、前倒しすることの意識を持っておくと、さまざまな利点から成功しやすいとも言われています。

ここからは、仕事だけでなく私生活でも大事だとされている「前倒しで考える」ことのメリットにはどんなものがあるのかについて見ていきましょう。成功する人が持つと言われる「前倒し」の精神が、各状況でどのように発揮されていくのかについても紹介していきます。

やるべきもの事を成功・完遂させやすい

物事を前倒して行うということは、当初予定されていた時間よりも大幅に期間をかけて物事に着手できるということです。つまり、自分が最低限この時間でできるだろうと踏んだ時間よりも長くその物事と付き合えるため、「納得いくまで作業ができる」と言う点がメリットに繋がってくるでしょう。

納得できる仕上がりになると言う利点の他にも、「余裕をもって終わらせて別の物事に着手できる」点や「当初予定していなかったプラスアルファを考えられる」点でも優れています。完璧に物事を遂行したいのであればなるべく早く取り掛かるという意識を持つと良いでしょう。

冷静になって物事の良し悪しを判断できる

期間が短く重要なものほど、人間はその要件の良し悪しを冷静に判断することができなくなります。良いものを作ろうとすることへの熱意と期限というプレッシャーが、人を焦らせてしまうのが原因と言えるでしょう。

逆に言えば、期間を長く設定すれば物事を冷静に見極める時間を設けることができます。主題がそれたり迷走してしまわないためにも、当初の目的や路線を確認できる時間を設けるという意味で、前倒しの考えを持っていた方が良いでしょう。

気持ちに余裕が持てやすくなる

期間の短い物事との勝負は、先ほども述べたとおりプレッシャーとの戦いになります。プレッシャーが逆に力を発揮させると言う方もおりますが、ほとんどの方は緊張感に耐えられず自分の本来の力を出し切れないことでしょう。

しかし、時間に余裕を持つことによって、それらの問題は簡単に解決します。前倒しの考え方を持っていれば時間的に余裕をもって物事を始められる上に、気持ちも楽に事が進められます。期限を長くして身心的余裕を持ち、物事に着手できると言う点で「前倒し」の考え方が活かされてくるでしょう。

方向性の転換が可能

物事に取り掛かっている時、何らかの要素が加わって当初の目的や達成方法を変える必要が生まれることがあります。期間が短く期日に追われている時は、大胆にそれらを変えるのが難しくなってしまいますが、前倒しにして余裕が生まれていると、より良い方向へシフトすることが容易になるでしょう。急な要素に対する対応がしやすいのも、前倒しの精神の利点です。

前倒しに考える事によるデメリットは少ない

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

前倒しによって生まれる精神的・身体的余裕は人間に良い効果をもたらしてくれます。物事の到達度の限界を広げてくれるので、自身にもその物事に対してもメリットが多いと言えるでしょう。

しかし時として、期間の長さがデメリットになってしまう場合もあります。期間の延長による心の緩みが出てしまう時と、更なる物事を任されてしまう時です。特に後者は、仕事の面になると残業にもつながる可能性があります。前倒しの考え方が一概に良いものとは言えないことがわかります。

前倒しと後ろ倒しのスケジュールは何が違う?

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

前倒しのスケジュールと後ろ倒しのスケジュールの大きな違いは、いつ物事に取り掛かるかです。前倒しであれば物事を早めに取り掛かる事ができますが、後ろ倒しになると先送りになってしまうので、物事になかなか着手できない事になります。

やや消極的な面がみられる後ろ倒しですが、利点もいくつか備わっています。第一に、物事の始める時期に慎重になれるという点です。着手に最適な時を見つけ、そこから始められるという点で後ろ倒しは優れています。特に締め切りなどの制限がない物事に対して効果的にメリットを発揮するでしょう。

前倒しに物事を考える人ってどんな特徴があるの?

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

物事を前倒しに考えられる人にはいくつか特徴があります。成功しやすい・完璧主義ともささやかれる「前倒し」の精神が備わった人にはいったいどのような特徴があるのか、彼らの様子について探っていきましょう。

物事の考え方

物事を前倒しに考えようとする人は、着手しなければいけないそれらの完成度や心身的余裕を第一に考えている方が多いと言われています。周りの人間よりも良いものを生み出したい・余裕をもって作業がしたいという考えが働きます。

特に、夏休みの宿題を早めに終わらせたいと考えて行動していた方は、自然と前倒しに物事を考える力が身についています。現状よりも先の「宿題がなく思い切って遊べる」と言う利益を尊重した大変高度な考え方だと判断できます。その考え方が生かされることによって、大人になっても前倒しの精神が発揮されると言えるでしょう。

納期に対する姿勢

ビジネスの場になると、「納期」を重要視されることが増えてきます。コーポレートガバナンスにおいて非常に重要な要素と言えるもので、プロジェクトを進めていく際には必ずと言っていいほど必要になってきます。

納期に対する積極的な姿勢が見られる前倒しの精神を持った人は、物事を先送りにする人よりも納期をしっかりと守れる傾向があります。また、通常の納期よりも早めに提出し、多くの方から意見をうかがえるので、その完成度も相対的に高くなっていきます。

仕事での様子

納期の姿勢でもわかるように、仕事に対して前倒しの精神を持っている人は、大変積極的な精神を持っていると言えるでしょう。物事は着手するまでが大変だと感じている人も多い中で、積極的に推し進めていこうとする姿勢があると、仕事もはかどります。

責任感や取り掛かりの素早さを持っている人を尊重するビジネスの場では、前倒しの精神を持っている方は大いに重宝されます。仕事での成績も上がっていく事が予想されるので、上位の階級にも到達できることでしょう。

前倒しに考えてほしい時のアプローチの方法は?

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

仕事や友達との付き合いの中で、頼みごとをする機会はよくあります。その時、自分の都合が変わった時や相手の着手の様子から、もっと物事を前倒しに考えてほしいと考えることは少なくありません。

そのような時、相手に前倒しの考え方をさせるためのアプローチが必要になります。ここからは、相手に物事の着手を急かさせるためのアプローチ方法について紹介していきます。

書面などで依頼する方法

相手の物事への着手が遅いとき、着手を催促したいと言う気持ちが目覚めることがあります。しかし自分から物事をお願いしている以上、相手にそれを急かすのは非常に気が進まないと言う声も少なからず存在します。

このような時には、相手に失礼のないように依頼する方法を取らなければなりません。そこで、自身が非常に申し訳なく思っていることを相手に伝えるという方法を取りましょう。「大変恐縮ですが」「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」などの言葉を使用して、相手に失礼に思われないような依頼を行ってください。

口頭での言い方

こちらから用事を頼んだ以上、高圧的な態度をする事は許されません。納期がギリギリになっていないのに取り掛かっている様子がないような異常事態を除き、相手に失礼がない程度に前倒しをお願いしていきましょう。

この時、相手に自分が焦っている事をそれとなく気づかせると成功しやすくなります。自分が速めに仕事を終わらせることで依頼してきた相手が助かるのだということを暗に伝えることで相手の気持ちも変わっていきます。

お願いする時の方法

書面などで依頼相手に催促をお願いする時は、遠回しに伝えると物事の真意が読み取りづらくなるため、まず題名に「納期短縮のお願い(ご連絡)」と書いておきましょう。そうすることで相手にも伝わりやすくなります。

次にお願いする時に実践してほしいのが、「前倒しにしなければならない理由を述べる事」です。理由もわからず相手に前倒しを催促するのは相手に対して非常に失礼です。どうして前倒しにしなければいけないのか、その理由を明確にしたうえで相手にお願いをしてみてください。

お礼を言う時

相手が運よく依頼を了承し、自分の都合がつく頃に完遂してくれた時には、しっかりとお礼を述べましょう。できれば書類ではなく直接伝えた方が、今後の関係も良好になります。

お礼を述べる時には、前倒しにしたことでどのような効果が得られたかについて述べると良いでしょう。「クライアントが満足してくれた」「良い結果が出た」などの感想があると、相手も前倒ししたことへの満足度が上がります。

前倒しに物事を行いたい時はどうしたらいい?

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

前倒しに物事を考え、実行したい時は、「始める時」がとても重要になってきます。特に取り掛かりが億劫でいつも先延ばしにしてしまうといった方は、いつ取り掛かるか・早く取り掛かれるかで勝敗が決まります。

やる気が起きなくていつも先延ばしにしてしまうと言う方は、まずは1日5分だけでいいのでやるべきことに取り掛かりましょう。その5分が終わったら自由にして構いません。どんなに億劫でも5分だけという設定のもとで取り掛かれるようになると、次第に取り掛かりに対する姿勢が変わってきます。

前倒しの考えが身につく書籍『「前倒し」仕事術!』

どうしても物事が前倒しに考えられない、先延ばしにしていつも追い込まれるのに悩んでいると言う方は多いでしょう。そんな方は、中井紀之さん著『「前倒し」の仕事術!ムリなく始められる、3つの習慣』と言う本を手に取ってみましょう。

先延ばしにしてしまう方がドキッとするような習慣を指摘し、改善へと導いてくれるこちらの書籍は、「今スグ」「シンプル」「キッパリ」と言う3つのルールを実践することを目標にしています。いつも予定を繰り越して後悔している方必見の書籍となっています。

Blockquote firstBlockquote second

常にやる事&やりたい事がいっぱいで、でも全然片付かなくて
あっという間に1日が終わってる私には学ぶことが沢山の本でした。

前倒しの考えができる意識を作ろう!

前倒しに考えられる人の特徴・メリットと後ろ倒しとの違い

今回は前倒しの考え方による利点や前倒しの考え方を実践するための方法などについて学んできました。怠惰や億劫さが祟っていつも後悔をしてしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

前倒しの考え方ができる方は、やはりビジネスの場でもその考えを活かすことができます。せっかちと言われることもあるでしょうが、物事を成功させる・完成度を上げると言う点では大変優れた利点です。前倒しの精神をうまく使いこなせるように、いつも先延ばしにしてしまうという方は意識改革をしてみましょう。

関連記事

Related