Search

検索したいワードを入力してください

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

Author nopic iconsatomin
ダイエット / 2018年06月01日
早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

早歩きの効果は?

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

早歩きダイエットをご存知でしょうか。早歩きダイエットとは、普段歩くペースを早歩きに変えるだけでダイエット効果が得られることで注目のダイエット法です。歩くことは、有酸素運動になるので30分以上早歩きするだけで脂肪燃焼が期待できます。

普段の生活に取り入れよう

通勤や通学の際に普段歩くペースを早歩きにするだけでダイエット効果が得られるので、ダイエットを始める方にはおすすめのダイエット方法です。ウォーキングは、普通に歩くよりも早歩きの方が消費カロリーの大きさが高くなります。

また、ダイエットはもちろん健康的な身体作りができます。普段、電車通勤の方など早めに家を出て早歩きを取り入れることでダイエット効果が得られるのでおすすめです。

早歩きの嬉しい効果は?

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

早歩きには嬉しい効果がたくさんあります。18歳前後になると基礎代謝が減少するので筋肉量も同時に減っていきます。減っていくのをそのままにしてしまうと筋肉が脂肪に変わってしまいます。

そんな時におすすめなのが、早歩きダイエットです。普段通りに歩いても体脂肪を減らす効果が得られず、大股で早歩きに変えることで同じ時間30分以上でも運動量が多く消費カロリーにも繋がってきます。

また、早歩きにはダイエット効果以外にも病気予防にも繋がります。早歩きを意識することは、大きな病気の予防にもつながり、運動不足も解消されて健康的な身体が手に入るのでおすすめです。

ヒップアップにも効果がある?

早歩きを大股で歩くことでウォーキングよりもヒップアップ効果があります。ポイントは、太ももの付け根が伸びていることを感じながら歩くことです。垂れていたお尻を引き締めてお尻の筋肉を引き締めてこの夏は水着を着ちゃいましょう。

早歩きダイエットのやり方

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

早歩きダイエット方法のやり方をご紹介します。普段よりも早歩きをすればいいだけではありません。間違った歩き方をしてしまうと姿勢が歪んでしまうので、意識して早歩きを心がけることです。早歩きダイエットには、やり方があるので正しい早歩きのやり方でキレイなボディラインを手に入れましょう。

正しい早歩きのやり方を実践することで痩せやすい体質に変わってきます。ここでは、早歩きダイエットのやり方をご紹介します。

速度はどのくらいで歩く?

早歩きをする時に、どのくらいの速度で歩けばいいか気になるところです。早歩きの理想のペースは、まずは4千歩を5分で歩きます。次に、6千歩を10分で歩きます。

このように、距離と達成時間を徐々に増やしていくことで無理なく続けていくことが理想な早歩きです。最初から無理してしまうと、疲れてしまったりかえってダイエットが続かなくなってしまうので、無理せず自分のペースで歩く距離を増やしていきましょう。

消費カロリーはどのくらい?

ゆっくり歩くよりも早歩きの方が消費カロリーは大きく異なります。普段とおりに1時間歩くのと早歩きで30分以上歩くのでは、早歩きの方が消費カロリーが高く時短にもなります。

例えば、50キロの体重の方が30分歩くと消費カロリーは、80カロリーです。早歩きだと130カロリーになります。こちらのカロリー計算は体重の重さによってカロリー消費量が変わってきます。効率よくダイエット効果を得たい方は、早歩きを取り入れてみてください。

脚やせの効果もあるの?

早歩きダイエットの効果はダイエットだけではありません。早歩きダイエットは脂肪を減らしてくれるだけでなく、身体を引き締める効果も期待できます。特に下半身の引き締めには効果的です。

上半身にも効果がある?

歩くので下半身しか痩せられないと思っている方は間違いです。下半身だけでなく上半身も引き締まるので理想のボディラインが手に入ります。痩せやすい場所は、人によって違いますが早歩きは全身運動なので全体的に痩せていきます。

ただ、背を丸めて下を向いてだらだらと早歩きをしても効果が得られません。きちんと、背筋を伸ばして胸を張り歩くことを意識して腕を振りながら歩くことです。

早歩きのコツを教えます

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

ここでは、早歩きを成功させるコツをご紹介します。生活の中で早歩きのコツを覚えるだけでダイエットに繋がります。またダイエット以外にも老化防止や大きな病気の予防にも繋がるので、この先の人生を考えて早歩きを取り入れてみましょう。

息切れが起ってしまう

ダイエット効果を早く得たいからと言って「息切れするほど歩く」ことは避けてください。歩くことは有酸素運動の効果が得るため、無理のないペースで早歩きすることがポイントとなります。急に激しい運動を行なうと、かえって酸素を取りこむ量が減少して脂肪燃焼効果が減少してしまいます。

息切れしないペースで無理せず軽く息が上がるくらいまでのペースにすることがポイントです。普段の生活に早歩きを取り入れて無理のないペースで徐々に歩く距離や早歩きのペースを上げていくと効果が得られやすいです。

無理をしないこと

無理をしてしまうと怪我に繋がってしまうので、初めて運動を始める方はまずはしっかりストレッチをして怪我をしにくい身体つくりをしましょう。ストレッチや準備運動することで、事前に怪我を防いで脂肪燃焼効果が働きダイエットに繋がります。

歩き方に意識する

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

だらだらと早歩きしてもダイエット効果は得られません。歩き方を少し意識するだけでも脂肪燃焼効果が得られるので、早歩きをする時はしっかり意識して行いましょう。

まずは、胸をはって背筋を伸ばして歩きます。踏み出しは親指を意識して踏み出します。着地は、踵から着地します。普段よりも早く歩くように心がけます。

猫背やすり足だらだら歩きでは、ダイエット効果を得られないので早歩きしている時は意識をして腕をしっかりと振って歩きましょう。ダイエット目的で早歩きをするならば、胸を張って堂々と楽しみながら歩いてみてください。

低いシューズを履く

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

日常的に早歩きを続ける場合は、ヒールなど高い靴を履いてしまうと足が痛くなったり、むくんでしまう可能性があるので、習慣的に続けていくのであれば歩きやすい低いシューズを履きましょう。歩きやすいシューズ選びは重要となってきます。

通気性や足に負担がかからない自分のサイズに合ったシューズを履きましょう。また、シューズだけでなく服装の選び方も大切です。通学・通勤する方は決まりの服装があるから仕方ないですが、歩く目的だけの場合は、通気性や速乾性や吸湿性の高い優れた服装にしましょう。

汗をよくかく時期は、水分を奪われてしまうのでしっかりと水分補給して早歩きダイエットをするのが理想となります。また、汗をかくと身体が冷えやすくなるので、身体を冷やさないようにアフターケアをしっかり行うようにしてください。

早歩きとランニングの違いは?

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

普通に歩くよりも2倍もの効果がある早歩きダイエットですが、ランニングにするとさらに効果が上がると思いがちですが、それは違います。

それは、走るより歩く方が脂肪が燃えやすいからです。ランニングすると糖質を消費するので、炭水化物を摂取したくなり逆に太ってしまいます。脂肪燃焼目的としたダイエットなら早歩きの方が断然効果的です。また、ランニングは足首や膝に負担がかかってしまいます。

気軽にできる早歩きの方がおすすめダイエット方法と言えます。またランニングは、ハードなため長続きしないで途中で挫折してしまう方が多いです。その点に老いても、早歩きの方が普段に取り入れやすいダイエットといえるでしょう。

早歩きは有酸素運動になるの?

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

日常生活に有酸素運動を取り入れるだけでダイエット効果が得られます。ただし、ただ歩くだけでは身体に刺激的にならないので、いつもより運動量を増やして早歩きを取り入れてみましょう。

ここでは、早歩きは有酸素運動になるのかご紹介します。まずは、有酸素運動について何かご紹介していきます。

有酸素運動とは何か?

有酸素運動とは、酸素をしっかりと体に取りこみ軽い運動を時間をかけて行うことです。有酸素運動の代表的な運動は、ウォーキングや水泳になります。有酸素運動の特徴は、脂肪燃焼効果があることです。そのため有酸素運動をダイエット目的で取りこむ方が多いです。

有酸素運動のポイントは、3つあります。1つ目は、20分以上有酸素運動を行うこと。2つ目は、息が上がらないで会話ができる程度にやること。3つ目は、目標心拍数を設定することです。

有酸素運動をするとダイエット効果の他に、高血糖や脂質異常や高血圧や動脈硬化の予防、改善につながるので健康的な身体つくりができます。

Blockquote firstBlockquote second

脂質異常症治療の基本は運動療法と食事療法の生活習慣の改善と薬物治療があります。運動療法として、運動の頻度はできれば毎日、少なくとも週3日以上、運動量は30分以上、強度は最大酸素摂取量の約50%の有酸素運動が一般的に勧められています。運動療法により血中脂質の改善効果が得られ、脂質異常症を改善します。

早歩きは有酸素運動?

早歩きは、ダイエット効果はもちろん健康的な身体つくりにも効果が得られます。そんな早歩きダイエットは有酸素運動なので脂肪燃焼効果が期待できます。

脂肪燃焼の効果がでるのは、有酸素運動を20分以上続けてからになるなので、早歩きを20分以上続けることがポイントになります。また、筋力が増えることで太りにくい体質にもなるので「お腹周りが気になる」方は、ぜひやっていただきたいです。

早歩きのカロリー計算の仕方は?

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

カロリー計算は、「消費カロリー=1.05×運動強度×運動時間×体重」になります。体重が50キロの方が早歩きをした時のカロリー計算は次のようになります。

20分以上早歩きした場合は、67キロカロリー消費する計算になります。1時間になると、200キロカロリーの消費になります。また、ただのウォーキングと比べると20分以上のウォーキングで40キロカロリーを消費し、1時間で120キロカロリーとなります。

このため、ウォーキングと早歩きを比べると消費カロリーが異なるため早歩きダイエットがおすすめと言えます。

さっそく早歩きダイエットを試してみよう

早歩きダイエットの仕方と効果・ランニングとの違い|脚やせ

ダイエットする時間がなかったりジムに行きたいけどお金がかかるから通えないこともあります。そんな時におすすめなのが早歩きダイエットです。

早歩きダイエットは簡単で普段の生活の中に取り入れやすいダイエット方法なので、初めてダイエットをする方におすすめのダイエット方法になります。またダイエット目的以外にも健康的な身体になるので自分の身体を見直してみてはいかがでしょうか。大きな病気の予防にも繋がります。

お金や時間をかけることなく気軽にできる早歩きダイエットです。習慣的に早歩きを取り入れることでカロリーを消費でき、太りにくい体質になります。通勤や通学で早歩きを取り入れてみてはいかがでしょうか。自分の生活リズムに取り入れて実践してみてください。

関連記事

Related