Search

検索したいワードを入力してください

頭を下げる人の心理・嫌な場合の対処法|謝る/営業/類語

Author nopic iconライム
人の心理 / 2018年06月04日
頭を下げる人の心理・嫌な場合の対処法|謝る/営業/類語

「頭を下げる」という言葉の類語って何?

ビジネスシーンだけでなくても、頭を下げることはどんな時にも必要です。その時の気持ちを表現したり、頭を下げる事で解決に向かう事もあり、日本で暮らす限り生きていくには必要な事になります。

「頭を下げる」の類語は、「お礼を言う事」や「謝意や敬意を表す」事となります。頭を下げる事とはお礼や感謝の言葉を言う事と同意です。ビジネスシーンだけでなくとも、頭を下げる事で自分が有利な立場になったり、その時の気持ちを頭を下げる事で相手に誠意が伝わる文化が日本には根強く残っています。

頭を下げる人の主な心理とはどのようなものか

気持ち的には謝るつもりがなくても、頭を下げている場合もあります。よく記者会見で偉い人達が頭を下げる事が多いですが、本来の真意とはまた別の場合でその場をおさめるために頭を下げる事もあるので、心理的には謝るつもりはなくとも頭を下げている事はあります。

謝罪と頭を下げる事はセットになっているので、頭を下げない謝罪はほとんど意味がありません。また顧客に頭を下げてお礼を言ったり、近所付き合いで頭を下げる事も同じような意味で頭を下げています。

普通に謝る場合

友達同士で何かトラブルがあり頭を下げる場合や、上司や同僚に頭を下げる場合は大きなミスをしたり、何か取り返しのつかない事をしてしまったときが多いです。

普通に謝る場合で「ごめんなさい」や「悪い」と言った言葉で済む場合は頭を下げる事が少ないですが、「申し訳ない」や「すみません」という言葉で相手に謝る場合は頭を下げる事がセットになります。

普通に謝る場合でも、どのような言葉で謝るかで頭を下げる必要があるかが変わってきます。

自分の立場をわきまえてる人が多いのか

とりあえず謝っておけという人はどうしても、頭を下げる事が多いでしょう。事態を悪くしたくない場合や、今の地位や立場を失いたくない場合などにひたすら頭を下げる事もあります。

自分の立場をわきまえることは、ただ今の地位や立場を失いたくないという気持ちだけでなく、自分の部下や家族を守るために頭を下げて謝る事もあるので、小さなミスでも頭を下げて謝っている人は自分の立場をわきまえている人と言えるでしょう。

頭を下げるのが嫌な場合は違った事で対応する

若い人やプライドの高い人はどうしても頭を下げるという行為に納得ができず、頭を下げる事に躊躇したり、疑問を持つ人が多いです。頭を下げる事をしないで事態を収拾する方法がないかを模索する人は、プライベートでもビジネスでも上手に生きていく事ができます。

必ず、相手に頭を下げる事で誠意が伝わるとは限らないので、違う方法で償いをして頭を下げる事をしないで謝罪の気持ちを伝えるようにしましょう。

相手のお願いを聞く場合

いつでも頭を下げて謝る事で許されるとは限りません。余計に相手の反感を買う事もあるので、違った方法で相手の気持ちに応える事が必要になります。

まず口頭で謝罪しておき、違った条件を提案します。今回、不愉快な思いをさせた事を償うために、あえて頭を下げないで相手のお願い事を叶えたり、相手の希望を聞く事で事態を良くする方法です。

必要以上に頭を下げる事は常に正しいとは限りません。違った事をすることで相手の納得を得る事も可能です。

営業ではどうするのか?

営業ではどうしても、頭を下げる事は避けられないでしょう。いくら頭を下げる事が嫌な人でも、営業では頭を下げないと話が進まなくなり、思った通りの商談の回答も得られなくなります。

営業では頭を下げて相手と向き合わないと、とても相手に誠意が伝わりません。営業をしていく上では、頭を下げる事を習慣付けることが必要になります。ただ頭を下げるのではなく、相手にとってもいい条件を提示しないと商談になりません。

時には頭を下げる事と思わぬサプライズは営業には必要になります。

欧米でもひたすら頭を下げるのか?

欧米では日本ほど頭を下げる事はないです。謝る言葉はどの国も重い言葉が多いですが、日本ほど頭を下げる事を重視している国はないでしょう。日本はある意味商売上手な人が多い国で、礼儀作法が行き渡っている国でもあります。

最近は海外でもSNSが流行っていますが、一昔前は海外ではメールはあまり使わないツールでした。電話で話す事を重視している海外の人達は、お互いの気持ちを表す言葉を日本人よりも知っているので、頭を下げなくとも言葉で十分相手に誠意を伝える事ができていると言えるでしょう。

欧米でお辞儀をする場合はどのような時か

初対面で人と会ったり、本当に悪いことをして謝る場合などです。ビジネスシーンでも必要以上に頭を下げる事はしません。先ほども述べた通り、言葉で十分謝罪を表現する言葉を欧米の人は知っています。

また必要以上に頭を下げる事は謝罪に誠意がない事となるので、必要以上には頭を下げる事はしません。海外の人は日本人よりもコミュニケーション能力が高い人が多いので、頭を下げる人が少ないとも言えます。

頭を下げるという行為は社交辞令も含まれている

友達と会って別れ際に、また今度食事しましょうと言ったり、お酒を飲みましょうと言ったりする事も社交辞令ですが、謝る気がなくとも頭を下げる事もあるので、それ自体が社交辞令となっています。

プライベートでも日本人は頭を下げます。時には学生や子供まで頭を下げる事もあり、風習や習慣を大切にしている日本人にとって、頭を下げる行為はどうしても生活に必要な事となっています。

相手に服従するということを表している

服従という言葉は少し強い意味の言葉ですが、日本ではビジネスでもプライベートでも頭を下げる事で今の自分の気持ちを伝えたり、口頭で謝る事と同じ事となります。

特に取引先の相手に頭を下げている場合は、仕事においては服従している事を示していて、どうしても頭を下げて今の気持ちを表さないと、とてもいい方向へ話が持っていけません。相手に負担してもらう事をお願いする限りは、頭を下げてある意味服従しないと、会社を大きくする事はなかなか難しくなります。

本来の気持ちとは裏腹の頭を下げる行為

謝罪の言葉を述べて、頭を下げているのに相手に誠意が伝わらない事は多々あります。頭を下げて謝罪をしても相手に誠意が伝わらないのは、問題になっている事自体が大きすぎて、とても謝罪では解決できない場合などです。

謝罪しても、とりあえず頭を下げている場合や謝る意思がないのに頭を下げている場合もあるので、自分の心とは裏腹な行動と言動と取る場合があります。頭を下げて謝る事が常に相手に納得のいく解答にはならないことはもちろん、裏腹の思いがあって謝る事もあり、なかなか謝罪と頭を下げる事ですべてが上手くいくとは限らない事を示しています。

どのような場合でも、人の心を掴むのはなかなか難しい事です。

頭を下げるのは子供でもしていることである

幼稚園や保育園、小学生の頃から頭を下げる事を日本の大人は子供に要求します。謝罪という意味でなく、普段の礼儀を覚えるためや、他人への感謝の気持ちを高めるためです。

子供が悪いことをして、親に頭を下げる事を強要されている場合もありますが、ほとんどの場合は他人への感謝の気持ちや、人の気持ちを大切にする心を養うためです。そういう意味もあり、大人が頭を下げる場合とは状況や意味が違ってきますが、日本ほど子供が頭を下げる国は他の国と比べても少ないと言えるでしょう。

ビジネスシーンでは必要な行為になる

いくら頭を下げるのが嫌でもビジネスシーンの場合やプライベートの親類や結婚相手の両親へ頭を下げる事を避ける事はできないです。かしこまった場ではどうしても、頭を下げる行為をしないととても生き残ることはできないばかりか、常識のない人だと思われ兼ねません。

特に営業職や接客業などでは、頭を下げるのがなんぼの世界です。ビジネスシーンで頭を下げる事はどの職業でもまとわりつきます。頭を下げるのが嫌な場合はどうしても、仕事をして生きていく事は難しくなってしまいます。

日本ほど頭を下げる事を重視している国はない

日本は資源がなく、鎖国をしていた時代も海外との交渉では頭を下げて、海外とうまく交渉してきました。日本は礼儀正しい人がいる国で風習や習慣を他の国の人よりも重視します。そのことから考えても、頭を下げる事をしてきて築いてきた文化や文明などもあるので、日本人の勤勉さと同じくらいに頭を下げる事は日本人とは切り離せなくなっています。

とりあえず頭を下げておけ!

ビジネスや恋愛、プライベートでうまくいかないことがあれば、とりあえず謝罪の言葉を述べて、頭を下げる事をしておきましょう。頭を下げる事を知らない人は、それなりの地位に就く事は難しくなっています。頭を下げる事は厳しい社会を生き抜くための必須ツールの一つと言えます。

頭を下げるのが嫌でも頭を下げる事をしていけば、それほど事態が悪くなる事はないでしょう。

ビジネスは頭を下げる事から始まる

ビジネスでの常識を守ったり、ある程度のビジネスマナーを覚えておく事はどのような仕事をする上でも必要な事となります。頭を下げるのが嫌な人は、会社や組織で大きく出世することは難しいでしょう。まず頭を下げる事から始めれば会社でそれほど不利な立場にはなりません。

プライベートで頭をペコペコ下げるのはありなのか?

友達との待ち合わせ時間に間に合わなかったり、恋人を起こらせてしまったり、プライベートでも人が頭を下げることはいつでもあります。すぐに頭を下げる事は信頼を失う事もあります。相手に頭を下げていればいいと思っていると思われたら、友人関係や恋人関係を続けるのは難しくなるでしょう。

そうならないためにも、謝罪して頭を下げる場合はメリハリをつけましょう。

学生が頭を下げている場合に想定される事とは

学生が頭を下げる事をしている場合は、部活動やボランティア活動などで礼儀作法や人の思いやりを感じ取り、感謝の気持ちを表す事を学ぶためです。頭を下げるのが嫌だとかを考えてる人は学生時代からの教養が足りない人達とも言えます。

頭を下げる事は若いうちや子供のうちは、感謝の気持ちを学ぶ上では必要となるので、道徳を学ぶ際にはどうしても頭を下げる事は避ける事が出来ません。

頭を下げるのが嫌な人にならないようにしよう!

職場でもプライベートでも恋愛でも、学校でも頭を下げる事で感謝の気持ちを伝えたり、学んでいます。頭を下げるのが嫌な場合は他人への感謝の気持ちがない場合や、常識がない人がほとんどです。職場やプライベートを充実させるためにも頭を下げる事を忘れないようにしましょう。

コミュニケーション能力が低い、日本人に残された最後の砦が頭を下げる事となるので、上手に生きていくためには頭を下げる事に躊躇しないようにしましょう。

関連記事

Related