Search

検索したいワードを入力してください

「躊躇われる」の意味と使い方・読み方・類語・例文|躊躇う

Author nopic iconライム
ビジネスマナー / 2018年06月13日
「躊躇われる」の意味と使い方・読み方・類語・例文|躊躇う

躊躇われるという言葉の意味と使い方とは

躊躇われるという言葉は、「人前ではいいにくい」「遠慮したくなる」「控えたいと思う」という意味で主に使われます。躊躇われるという言い方をする場合は、相手を敬って使う場合と、そうでない場合にも使われますが、遠慮されているという言い方にも言い換えることができます。

躊躇われるという言葉の主な使い方としては「大きな会場で催された会なので、当人は肝心なことを言うのを躊躇われた。」と使います。躊躇という文字が使われることでより敷居を上げているイメージを演出できます。実際に親しい人に対し手紙やメールで書く場合はひらがなで書いても良いでしょう。

それでは、「躊躇われる」について述べていきましょう。

躊躇われるという漢字の読み方

「躊躇われる」は、「ためらわれる」と読みます。ためらいは「躊躇」という字を書き、音読みでは、「ちゅうちょ」と読みます。漢字で「ためらわれる」と書くのは難しいので、ひらがなで書いても問題はないでしょう。ただ、読み方は知っておいた方が良さそうです。

躊躇われるという言葉の類語って何?

躊躇われるという言葉の類語は「ぐずぐずする」「葛藤が生じる」「心が揺れる」という言葉になります。主に心に迷いが生じる事を指しています。または相手に気兼ねをして、遠慮している様を表しているので、躊躇われるという表現をした場合は、相手を思いやることをしている場合もあります。

躊躇われるという言葉自体をあまり使わない場合は、これらの類語を使って、今の気持ちを表す言葉を表現しても構いません。場面場面に合わせた使い方をしていきましょう。

「躊躇われる」と「躊躇う」の主な違いって何?

躊躇われるという言葉は他人がためらうことをしている場合に使います。また躊躇うという言葉はためらうと読み、躊躇するという意味やぐずぐずして決めかねているという意味を、自分自身に使う場合に使われます。

相手に向けて躊躇うという言葉を使う場合は、躊躇われると使い、自分自身に使う場合は躊躇う(ためらう)と使います。自分自身の今の感情を表しているのか、相手に向かって使っているのかでどちらの言葉を使うかで、選ぶようにしましょう。

躊躇われるという言葉を使った例文など

先ほどもご紹介しましたが、躊躇われるという言葉を使った例文は躊躇っている人がいれば作る事は可能です。例えば「今は仕事が忙しいので、今休憩を取るのは躊躇われる。」や「さすがに会社まで入っていく事は躊躇われた。」などと使います。

躊躇われるという言葉自体はあまり使われない言葉なので、類語などを活用して、今の気持ちを表現しても良いでしょう。躊躇われるという言葉を使う際は、自分に対してなのか、相手に対して使っているのかを明確にしましょう。

普段の生活ではあまり使わない言葉

私生活で躊躇われるという言葉をあまり使わない人もいるでしょう。他にも言い換えがきく言葉なので、「躊躇われる」という状況では、「遠慮する」などの他の言い方の方がピンとくる方も多いでしょう。

そもそも親しい仲では、躊躇われるという場面には遭遇しないので、そういう意味でも使う場面が少ない言葉になります。躊躇われるという言葉は親しい仲や子供へ言う場合は、他の類語を使った方が分かりやすく伝わりやすい場合もあります。

子供や若い人はあまり使わない言葉である

子供や若い人は「躊躇われる」という言葉はあまり使いません。子供や若い人に躊躇われると使っても良く理解できない場合があるので、先ほども述べたとおり、躊躇われるという言葉の類語を使うようにしましょう。

日本語には一つのワードでさまざま意味を持つ言葉があります。どの場面に合う言葉なのかを自身で選び、適切な言葉を当てはめて、会話や文章を作り出す必要があります。よくわからない言葉ならば、使うことを避け、わかる言葉で相手に意思を伝えるようにしましょう。

ビジネスシーンで使う事はあるのか?

躊躇われるという言葉は丁寧な言葉です。遠慮するという意味の言葉や控えたいと思う場合の言葉を丁寧な言葉に換えたので、ビジネスシーンでは重宝される言葉になります。躊躇われるという言葉を使う場合、相手はどうしたいのか迷っている状況にいるので、今相手がどのような気持ちなのかを仲間に伝えて、話を進めやすくすることもできます。

ベテランのビジネスマンでなければ、とても使いこなせる言葉ではないですが、どのような意味なのかを覚えておくことで話に置いてけぼりにされることはないでしょう。なるべく早く、躊躇われるという言葉を使えるようにしましょう。

ひらがなで書く場合と漢字で書く場合

なかなか躊躇という漢字を正確にかける人はいません。ひらがなで書いても十分に相手にその意思や思いは十分伝わるでしょう。間違った漢字で書くよりは、慣れないうちはひらがなで書きましょう。躊躇という漢字を書く事ばかりに気を使い、本来の文章がおろそかになるならばひらがなで書いた方が無難です。

躊躇われるという感情はどのようなものか

躊躇っている場合というのは、遠慮や控えるということをしている場合が多いので、躊躇っている人は、思いやりがある人だと言えます。また常識があり、間違った事が嫌いな人でもあります。相手が躊躇っていると感じたら、相手が行動しやすいように、こちらが一言声をかけたり、助言をしてあげたりしましょう。

躊躇われるという感情は誰にでもある感情ですが、年齢を重ねるたびに、なかなか遠慮や控えるということをしなくなります。いつでも相手を思いやる気持ちを持ち続けるようにしましょう。

後悔を残しているという意味も

後悔を残すという直接の意味とは違いますが、躊躇われるという言葉の奥底には、後悔が残っているという意味が隠れていることもあります。ただし、躊躇われることをして、その後、後悔が残るかどうかは本人次第です。

躊躇われていると感じたら、躊躇っている相手がその後、後悔をしないように助言や手助けをしましょう。躊躇われる場合はさまざまな理由で躊躇っている場合が多いので、その人が後から後悔しないようにするのも、人としての努めです。躊躇われる人が多くなれば、それだけ住み良い世の中への足がかりとなります。

物事に躊躇われるということはどのようなことか?

大勢での食事の際に、自分の好きな食べ物をどれぐらい食べるか躊躇っているなどという場合にも「躊躇う」は使えます。目の前に好きな食べ物があるけれど、ダイエット中などで、食べるかどうか迷っているという場合なども「躊躇われる」はぴったりの状況です。

最近の若い人にはなかなか使う機会がない言葉ですが、躊躇われるという場面に遭遇しないわけではありません。もし親しい人が躊躇っている場合は、助言をしてあげるとよいでしょう。それはビジネスマナーというよりは人としてのマナーの基本といえるでしょう。

80年代の歌謡曲の歌詞でよく使われる言葉

80年代の歌の歌詞は直接的な感情を表す言葉が多かったです。外来語なども盛り込まれて作られた歌詞もありました。歌の特徴として、景気が良い時は暗い歌詞や暗い、曲が流行ります。また時代が混迷してくると、明るい歌詞や曲が多くなります。

80年代の歌詞は、時代とは逆走した躊躇われるという歌詞が多く登場しているのも時代の流れと言えるでしょう。

躊躇われることがないような日々を送らない為に

躊躇われる日々とは後悔の残るようなことをした後に訪れる人生です。躊躇うことをしてきて、罪や自身に後悔の残る生き方をしてきた場合は、躊躇われる人生になってしまいます。つまり人生に遠慮や後悔、控えるということがつきまとう人生です。

そのような人生にならないように、後悔を残すようなことはやめて将来を見据えることのできるような、人生を歩めるようにしましょう。

躊躇うことを知っている人は好かれる人が多い!

躊躇われる人はどこでもいますが、なかなか躊躇うような気持ちを持ち、過ごしているような人はなかなかいません。年齢を重ねるごとに遠慮や控えることがなくなるので、いつまでも新鮮な気持ちを持つことで、人に好かれて友達が増えて、職場でも良い環境で仕事ができます。

躊躇われる人がいた場合は、助言や手助けをして、迷っている状態から抜け出るようにしてあげましょう。ビジネスシーンで躊躇われるという言葉を使えるようになれば一人前です。思いやりを持ち、人と接するようにしてスキルを上げていきましょう。

関連記事

Related